「入管法改正 野党」の検索結果

「入管法改正 野党」に関する情報は見つかりませんでした。
「野党」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

“桜”問題 疑問残し閉会 野党「臭い物にフタ」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 “桜”問題 疑問残し閉会 野党「臭い物にフタ」  桜を見る会の問題で多くの疑問点を残したまま9日午後に臨時国会が閉会しました。結局、安倍総理大臣が出席しての集中審議は開かれることはありませんでした。  桜を見る会を巡る問題で大揺れとなった国会でした。安倍総理が国会から求められれば説明するとしながらも、与党の反対で総理が出席する集中審議は行われないまま閉会となったのです。  与野党のギリギリの攻防は最後の最後まで続きました。野党側が来年1月の通常国会まで会期を40日間、延長するよう求めたのです。一方、与党側は幕引きを図りたく、結局、会期延長は否決されました。  だったらと、野党側は国会閉会中でも審議を行える閉会中審査の手続きを行ったのです。この日、与野党が何度も話し合った結果、閉会中に内閣委員会の理事会を開き、野党側の質問に事務方が答えるということで合意しました。野党側としては最後の最後まで検討した内閣不信任案の提出は見送りました。
「桜を見る会」総理枠で攻防 野党は国会審議応じず
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「桜を見る会」総理枠で攻防 野党は国会審議応じず  安倍総理大臣主催の「桜を見る会」を巡り、野党側は総理の推薦枠について説明を求めましたが与党が応じなかったため、29日以降の国会審議に応じないことを決めました。  立憲民主党・安住国対委員長:「それ(総理推薦枠)を認めないとなると議論の前提が崩れるので、衆参ともに質疑には応じられない。審議には応じられない」  立憲民主党などの野党は、経営破綻したジャパンライフの元会長が2015年に安倍総理の推薦枠で招待されたとみて、確認や関連資料の提出を要求しました。これに対して与党は、招待者の名簿などは廃棄され、確認できないとして応じませんでした。与野党の幹部が断続的に協議しましたが決裂し、野党側は29日以降、予定されていた国会審議にはすべて応じないことを決めました。一方、与党は、野党側が欠席しても審議を進める方針です。
「桜を見る会」攻めるネタはあれど決め手なく終盤へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「桜を見る会」攻めるネタはあれど決め手なく終盤へ  国会は会期末まで事実上、あと一日となりました。野党は「桜を見る会」で政府への追及を続けていますが、最終盤、どのように臨むのでしょうか。国会から報告です。  (政治部・柊知一郎記者報告)  6日午後、野党党首が集まって話し合いをしましたが、結局、決め手に欠けた状態です。安倍総理大臣をなんとか国会の場に引きずり出したいと野党で一致して臨む方針は決めました。  立憲民主党・枝野代表:「『説明責任を果たせ』と辞めていった大臣には言っておきながら、自分は一切、国会で説明しようとしない安倍総理。会期を延長してじっくりと説明をして頂くことが必要」  野党側は「桜を見る会」の問題を格好の追及ネタにして国会を40日延長することを自民党に求めましたが、結局、断られてしまいました。野党側は9日に衆議院議長に申し入れをしますが、粛々と否決されることになりそうです。それでどうするのかという話になった時に内閣不信任案を提出するかどうかとなります。ただ、提出しても結局、否決されて「信任された」という結果が残ってしまうため、野党は9日まで判断を持ち越しました。野党側としては9回裏2アウトという状況です。ここから一発逆転に向け、最後まで作戦を練り続けるといったところです。
会期末まで残り1週間 野党の次なる一手は?
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 会期末まで残り1週間 野党の次なる一手は?  2日、国会では安倍総理大臣出席のもとで参議院の本会議が開かれ、桜を見る会についての質問が行われました。野党側にとっては直接、総理を問いただす最後の追及のチャンスとなりましたが、2日の答弁を聞いても国民が持っている多くの疑問が解消されたとは言い難いものがあると思います。会期末まであと1週間となっていますが、2日も本会議の後も野党は追及ヒアリングを行ったようです。この後1週間、野党はどうしていくのでしょうか。国会内から報告です。  (政治部・岡香織記者報告)  野党側は今も追及本部の会議を開いています。ジャパンライフの被害者と電話をつないで話を聞くなど、色んな方法で追及点を探ってはいますが、決め手に欠けるという声も漏れています。会期も残り1週間というなかで、いつもならこの時期には内閣不信任案をどうするかといった話が飛び交っていてもおかしくないのですが、まだそういう話は表立っては出てきていません。というのも、明確な対決姿勢を取る立憲民主党に対して国民民主党の一部の議員は議論を通じて解決するべきだと主張するなど、野党内で温度差があるからです。不信任案の提出についても「ここまで追及したんだから出すのは当然だ」と話す議員がいる一方で、「野党のまとまりを優先するべきだ」と内輪もめを懸念して慎重な意見もあります。ある議員も「何とか桜の話題を引っ張って火を消さないことが大事だ」と話すなど、本格的な追及は年明けの通常国会だとみています。追及を続けて安倍政権を追い込むためにも野党がどこまで一枚岩…
国会会期末で攻防大詰め 野党は内閣不信任案も視野
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 国会会期末で攻防大詰め 野党は内閣不信任案も視野  国会は週明けの会期末を控え、与野党の攻防が大詰めを迎えています。野党側は内閣不信任案の提出も視野に徹底抗戦の構えです。  立憲民主党・福山幹事長:「安倍政権の国会を軽視し、委員会から逃げる姿勢はひどい状況が続いているということだ」  野党側は「『桜を見る会』の一連の疑惑への説明が果たされていない」として、9日までの国会の会期をさらに40日間延長するよう与党側に申し入れています。ただ、与党側は拒否する構えです。その後について野党側は6日午後に党首会談を開いて対応を協議しますが、各党に温度差もあり、足並みをそろえて安倍内閣の不信任案が提出できるかが焦点となります。
街頭演説も…国会閉会後も野党「桜を見る会」追及
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 街頭演説も…国会閉会後も野党「桜を見る会」追及  国会の閉会後も野党は「桜を見る会」を徹底追及します。  立憲民主党・福山幹事長:「日本の与党と政府は国会から逃げ回り、本当の真実から逃げ回っています」  立憲民主党など野党の追及本部は街頭演説を行い、安倍政権の対応を批判しました。さらに、衆議院に対して受付票の60番が安倍総理大臣の推薦枠なのかどうか、当時の担当者に確認するよう質問状を提出しました。野党は17日までに回答するよう政府に求めています。
共通テストの記述式 萩生田大臣「延期事実でない」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 共通テストの記述式 萩生田大臣「延期事実でない」  記述式試験の導入について、萩生田文部科学大臣は6日午前に「延期の事実はない」と否定しました。また、野党側が文部科学省にヒアリングを行い、「採点ミス」について白熱した議論が交わされました。  英語の民間テスト導入の延期に続き、今度は国語と数学の記述式試験の延期を巡って野党内からは「ふざけている」などの批判の声が相次ぎました。  立憲民主党・蓮舫参院幹事長:「共通テストの記述式の導入は、私たち野党がずっと問題だと反対をしてきて、法案を出させて頂いていましたが、一切、取り付く島のなかった与党、あろうことか連立与党の公明党の幹事長が文部科学大臣に記述式の延期を要請しに行く。ふざけてるとしか言いようがないじゃないでしょうか」  さらに、記述式の試験導入問題について国会内で野党側による文科省へのヒアリングが行われました。今回の延期問題での焦点の一つである採点ミスについて話が及ぶと。  野党側:「採点ミスがあるんだということを前提にしている?今、示せない?」  文部科学省側:「企業秘密…」  野党側:「企業秘密に属することであるという、何となく理屈のような気もするけど…」「(採点ミスが)1%以上だったのか、1%以下だったのか?せめてそれくらいお答え頂けませんか?」  文部科学省側:「そこについても、もう一度、採点事業者と相談させて頂きたい」  野党側:「1%だったら5000人に採点ミスが起こるということだから、論外なんですよ。どうやって高校生にすすめるんですか。あり得ないですよ」  一方…
「桜を見る会」追及めぐり国会混乱 野党審議拒否も
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「桜を見る会」追及めぐり国会混乱 野党審議拒否も  28日も国会では「桜を見る会」の追及が続いています。政府が安倍総理大臣と昭恵夫人の推薦枠について説明責任を果たしていないとして、野党側は29日以降の審議拒否も辞さない構えです。  桜を見る会を巡って野党側は28日、オーナー商法を展開して経営破綻したジャパンライフの元会長が招待されていた問題などを受け、衆参両院の29日以降の審議拒否も辞さない構えです。  保存期間が1年未満というルールに従って廃棄されたという桜を見る会の名簿。反社会的勢力の人物が出席した疑惑など次々と疑問符が投げ掛けられるなか、28日、焦点になったのは名簿データの復元です。技術的な復元の可能性は不明のまま。野党4党派は復元したデータを速やかに国会に提出させることも求めていく方針です。野党側の審議拒否を受けて与党は…。  自民党・森山裕国対委員長:「政府のご答弁を私が右だ左だと言える立場にありませんので、今、話し合ったことは(政府に)ご連絡をしたいと思います」
野党追及本部が総理地元の「安倍事務所」に質問状
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 野党追及本部が総理地元の「安倍事務所」に質問状  安倍総理大臣の地元・山口県で視察を続けている野党の追及チームは2日朝、ツアーを企画した旅行会社を訪問しました。安倍総理を追及するための材料は得られたのでしょうか。 「桜を見る会」を巡り、野党の追及本部のメンバーが調査のため安倍総理の地元・山口県下関市を訪れました。  朝に野党議員らが訪れたのは桜を見る会のツアーを企画した「旅行会社」です。手に資料を持った野党議員らは会社の中には入れてもらえず、旅行会社の玄関前で短時間でのやり取りとなりました。  野党側が旅行会社に質問した内容は、まず「2013年から2018年にかけての領収書はこちらの会社が発行したものなのか?」。2つ目が「旅費について、宿泊費などの詳しい内容」。3つ目が「安倍事務所との間で桜を見る会のツアーに合わせて旅費、宿泊費について取引をしたか?」などです。  立憲民主党・黒岩国対委員長:「今、ツアー会社さんに行ってきたんですけど、この桜を見る会に関わった人たちがおびえている状態なんですよね。安倍総理のおひざ元で職員が涙ぐんでいると、私も下関に入ってこれほどね、この街が安倍さんのプレッシャーに押し潰されそうだっていうのがよく分かりました」  さらに、「本来は安倍事務所がきちんと説明をするべきだ」と強調しています。  無所属・柚木道義議員:「旅行会社は誠実な対応で悪くなくて、本来は安倍事務所が説明をするべきですね。公選法違反、政治資金規正法違反など、ツアー会社は一切、関わっていない。実は私も、きのうもその前の日も含めて…
憲法審で与野党「ネット広告の規制議論すべき」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 憲法審で与野党「ネット広告の規制議論すべき」  衆議院の憲法審査会で、憲法改正を問う国民投票を実施する際、インターネットの広告に規制を設けるよう議論を積み重ねるべきだとの意見が与野党から相次ぎました。  国民民主党・玉木代表:「ネットに関する規制はもう少し真剣に考えていかないと、世論の形成がどう図られていくのか。そこに公正性をどう担保してくのかということについては、特に国の最高法規についての議論ですから、しっかりと与野党で議論を積み重ねていきたい」  インターネット広告の規制については、立憲民主党や国民民主党の他に公明党からも議論すべきだとの意見が出されました。自民党は改めて、国民投票できる場所などを増やす国民投票法改正案の採決を求めましたが、野党側と折り合わず、今国会での成立は絶望的となっています。
立憲民主・枝野代表 国民民主などに合流呼び掛け
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 立憲民主・枝野代表 国民民主などに合流呼び掛け  立憲民主党の枝野代表は国民民主党や社民党の党首らと会談し、合流に向けた協議の開始を呼び掛けました。  今回、呼び掛けた背景には次の衆議院選挙を見据え、年内に野党で結束を固めておきたい狙いがあります。これに対して国民民主党の一部からは、事実上の吸収合併だと否定的な意見もあり、実現するかどうかは不透明です。それに先立って行われた野党の4党首会談では、枝野代表らは「桜を見る会」を巡る疑問点を国会で追及し続けるため、野党で連携を強化していくことを確認しました。9日の会期末には40日間の会期延長を衆議院の議長に申し入れることを決めました。一方で安倍内閣への不信任決議案の提出については、野党幹部が誰も答えを持っていないと漏らすなど、9日に最終判断をすることになりました。
会期末迫る野党 「桜を見る会」追及へ会期延長要求
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 会期末迫る野党 「桜を見る会」追及へ会期延長要求  「桜を見る会」を巡る問題です。立憲民主党など野党4党の幹部は国会の会期の40日間延長を求める方針で一致し、最後まで徹底抗戦する構えです。国会から報告です。  (政治部・柊知一郎記者報告)  この国会では閣僚2人が辞任し、「桜を見る会」を巡り多くの疑惑が浮上するなど、安倍内閣の多くの問題が指摘されました。しかし、何も実態は解明されていません。国会が閉じる直前のタイミングで、野党側は内閣の不信任決議案の提出に向け、結束を固めてもよいはずなんですが、今回はちょっと違います。不信任決議案を提出しても、逆に信任された形で終わってしまいます。そこで、桜を見る会という格好のネタでまだまだ追及していく道を選んだんです。だからこそ異例ですが、野党側から40日間という延長を与党に伝えました。6日には立憲民主党をはじめ、4党の党首が会談し、2の矢、3の矢をどう射ていくのか協議する予定です。
疑惑の物証を…攻勢強める野党が総理地元で調査へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 疑惑の物証を…攻勢強める野党が総理地元で調査へ  安倍総理大臣主催の「桜を見る会」を巡り、立憲民主党などの野党議員が1日午後から安倍総理の地元の山口県下関市を訪れ、関係者らからヒアリングします。  今回、山口県を訪れるのは、立憲民主党などの野党統一会派や共産党の議員ら「桜を見る会」追及本部のメンバーです。桜を見る会や安倍総理の後援会が主催した「前夜祭」の参加者らから直接、話を聞き、前夜祭の領収書や提供された食事の写真など疑惑を解明するための物証を得たい考えです。2日は下関市の安倍事務所や桜を見る会のツアーを企画した旅行会社から事情を聴きたいとしていて、今後の国会審議を通じて安倍総理への追及を強めたい考えです。
きょう臨時国会閉幕へ 野党は延長求めるも…
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 きょう臨時国会閉幕へ 野党は延長求めるも…  「桜を見る会」を巡る一連の疑惑や英語など民間試験の問題が取り上げられた臨時国会は、9日に閉幕します。野党は会期の延長を求めています。  10月4日に召集された臨時国会では、安倍政権が最重要課題と位置付ける日米貿易協定の承認などがあった一方、桜を見る会の問題が浮上して本会議や委員会で多くの質疑がありました。野党側は「桜を見る会で疑惑への説明が果たされていない」として、9日朝にも会期の延長を申し入れる方針です。与党側は応じない考えをすでに示していて、午後に国会は閉会することになります。次の論戦の場は来年1月にも召集される通常国会となります。
総理VS野党 「桜を見る会」追及ポイントに進展は…
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 総理VS野党 「桜を見る会」追及ポイントに進展は…  2日、国会では安倍総理大臣出席のもとで参議院の本会議が開かれ、桜を見る会についての質問が行われました。野党側にとっては直接、総理を問いただす最後の追及のチャンスとなりました。  このままいけば今国会で最後となる安倍総理との直接対決の場となりましたが、野党が追及したのは3つのポイントでした。ジャパンライフの元会長を安倍総理が招待したのではという疑問について、安倍総理は「個人的な関係は一切ない」と否定しました。そして、廃棄された招待者名簿の電子データは復元できるのではという追及には、これまでの菅官房長官と同様に「復元は不可能だと報告を受けている」と答弁しました。さらに、以前から指摘されている前夜祭の明細書についても「ホテル側から発行がない」と、これまでと同じ説明を繰り返しました。
「総理枠」を事実上認める「桜を見る会」が急転 
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「総理枠」を事実上認める「桜を見る会」が急転   「桜を見る会」の「総理枠」を巡って新たな動きです。政府はこれまで総理枠について認めていませんが、29日に「総理・長官等の推薦者」と書かれたある資料の存在を一転、認めました。  29日朝から国会審議を拒否し、対決色を強める野党側。  立憲民主党・福山哲郎幹事長:「国民に説明しないまま何でも力ずくでやればいいと思っている。まさに安倍政権の傲慢(ごうまん)な態度がこの対応に表れていると思います」  オーナー商法を行い、破綻したジャパンライフの元会長が桜を見る会に参加していた問題。招待状に書かれた60番という数字を巡って与野党の攻防が加速しています。  共産党・田村智子参院議員:「『60~63』は総理・長官等推薦者と皆さんが書いている。それをどうして認めないんですか」  内閣府担当者:「仕分け区分けや割り振られている付番をどういうふうに割り振ったかは今となってはよく分からない」  共産党・田村智子参院議員:「重大なこと言ってますよ。公文書に書かれたことの意味が分からないなんてことを言うわけですか」  野党側は60番が総理の推薦枠なのかどうか明らかにならない限り審議拒否を続ける構えでしたが、午後になって政府が新たな事実を公表しました。野党側に出された2015年の資料は内閣府が作ったものと初めて認めたのです。  立憲民主党・安住淳国対委員長:「これが正式に内閣府から田村議員に決算行政監視委員会で出してきた資料。この資料が政府のものであること自体を認めていなかった。内閣府が出した資料を内…
閉会目前、政府与党は逃げ切る構え 野党手詰まりか
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 閉会目前、政府与党は逃げ切る構え 野党手詰まりか  国会では政府・与党が最重要課題としていた日米貿易協定が承認されました。残る会期は6日となるなか、「桜を見る会」を巡る与野党の攻防が最終局面を迎えています。  (政治部・安間由太記者報告)  与党側は桜を見る会の説明は十分に尽くしたとして逃げ切る構えで、会期延長をしない方針です。  自民党・森山国対委員長:「総理も本会議でも2回にわたって答えておられますし、国民の皆さんのご理解も頂きつつあるのではないかと理解している」  政府・与党は懸案の貿易協定をクリアしたことで、今の国会をひとまず乗り切ったという雰囲気です。国会閉会後を見据えて、新たな経済対策や来年度の予算の編成で政権の成果を示す戦略に切り替えています。  立憲民主党・安住国対委員長:「無理やり閉じたって閉じないから、ふたをしようたって閉まらないから。大幅延長するよう申し入れをしたり具体的な行動を取りたいと思います」  一方の野党側は桜を見る会に焦点を絞って追及を続ける構えで、最後まで予算委員会の開催を求めます。ただ、重要法案もないなかで与党と交渉するカードがなく、手詰まり感が広がっているのが現状です。
臨時国会きょう閉会へ 来年は“解散”にらみ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 臨時国会きょう閉会へ 来年は“解散”にらみ  10月から始まった臨時国会は9日に会期末を迎えました。野党側は「桜を見る会」の問題で説明責任が果たされていないとして、会期の延長を求めています。  (政治部・山本志門記者報告)  (Q.「桜を見る会」を巡っては実態の解明がないまま終わるのか?)  政府・与党は「説明は果たされた」と強気の姿勢を貫いていますので、このまま国会は閉会することになります。しかし、そもそも政府側が招待者の名簿を破棄していますので、実態を解明しようがないというのが現状です。ただ、「何か隠してるのではないか」という雰囲気の広がりには強い警戒感もあり、国会を閉じることでしか防戦できないという事情もあるわけです。  (Q.次の論戦の場は来年1月の通常国会になる見通しだが、どう展開していくのか?)  野党側は、桜を見る会は安倍総理大臣に直結する問題だとして、来年も引き続き追及していく構えです。これに対し、与党側は26兆円程度の経済対策を通じて景気の浮揚を図り、良いムードでのオリンピック開催につなげ、この問題の収束を図りたい考えです。安倍総理の任期も2年を切るなかで、どのタイミングで総選挙に踏み切るのか、解散戦略とも絡んでくるだけに与野党ともに「国民の支持」を強く意識しながら戦略を練っていくことになります。
「臭いものにフタ」 “桜国会”延長要求も閉会へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「臭いものにフタ」 “桜国会”延長要求も閉会へ  10月から始まった臨時国会は9日に会期末を迎えました。野党側は「桜を見る会」の問題で説明責任が果たされていないとして会期の延長を求めています。  立憲民主党・安住国対委員長:「ここで幕を閉じるということは、与党の力を挙げて臭い物にふたをするというか、そういう力ずくの閉会というのは極めて異例なことで残念だと思っております」  野党側は「暮れも正月も桜を見る会の審議をする」として40日間の会期延長を求めています。一方、政府・与党は応じない方針です。すでに最優先課題の日米貿易協定は承認されていることもあり、桜を見る会の議論が続くのは得策ではないとして国会を閉じたい考えです。
総理「シンクライアント方式」名簿データは復活?
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 総理「シンクライアント方式」名簿データは復活?  安倍総理大臣は2日、削除された招待者名簿の電子データについて復元は不可能だと答弁しました。ここで注目された言葉が「シンクライアント方式」。疑惑は払拭できるのでしょうか。  立憲民主党・黒岩宇洋議員:「担当者が分かっているというところで、その方に確認して(招待状の)60番台は総理枠だったんではないですかと」  内閣府担当者:「当時の担当者を特定できるとは言いましたが、確認をするというところまで確約をしたのかというと、その記憶はない」  3日も続いた「桜を見る会」を巡る疑惑に対する野党の追及。総理による税金の私物化だという批判に始まり、前夜祭の会費、招待者名簿の廃棄、総理枠による反社会的勢力の推薦などなど、疑惑が疑惑を呼ぶ展開に。安倍政権を追い詰めたい野党は2日、今国会最後となる総理との直接対決に臨みました。野党が迫ったのは、削除したという招待者名簿のデータ復元についてでした。  社民党・吉田忠智議員:「データは本当に復元できないのでしょうか?どの手法でも復元できないとする理由は何でしょうか?」  安倍総理大臣:「内閣府が採用しているシステムは個々の端末ではなく、サーバーでデータを保存するシンクライアント方式であり、端末にデータは保存されておらず、またサーバーのデータを破棄後のバックアップデータの保管期間を経た後は復元は不可能であるとの報告を受けております」  この答弁にネット上がざわつきました。ツイッターでもトレンド入りしたのがシンクライアント方式。データをサーバー内で一括…
「桜を見る会」追及の矛先は“私人”の昭恵夫人へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「桜を見る会」追及の矛先は“私人”の昭恵夫人へ  煮え切らない説明に野党からは不満が噴出しました。国会で続く「桜を見る会」の追及。野党側は4日、疑惑の60番の数字について、安倍昭恵夫人との関わりを問いただしました。  消費者庁が高額な配当をうたった、いわゆる「マルチ商法」と認定し、総額1800億円の被害を生んだジャパンライフの元会長は誰の推薦で桜を見る会に招待されたのでしょうか。  衛藤晟一消費者担当大臣:「こんな人が招待者の中に入ってたのは信じられないこと。正直言ってびっくりしております」  招待状が出されたのはマルチ商法と認定される2年前の2015年とされていますが、すでにジャパンライフには2度の行政指導が行われていました。野党側は、招待状が広告や宣伝として利用され、被害が拡大したとみています。ジャパンライフの元会長に届いたとされる招待状には上二桁が60と書かれたナンバリングがあります。60から63までは総理、長官等の推薦者だったことが分かっています。  立憲民主党・黒岩宇洋衆院議員:「閣議決定で『私人である』という安倍昭恵夫人。『私人』からの推薦は『桜を見る会』の目的からして適切か」  内閣官房・中井亨参事官:「我々としては、要は安倍事務所からご推薦を頂くなかで、安倍事務所の中でどういうプロセスがあったか事前には承知をしていない」  上二桁が60と書かれた招待状を去年と今年の2回、受け取った人がいます。埼玉県で種苗店を営む野口勲さん(75)です。  「桜を見る会」に招待された野口勲さん:「安倍昭恵さんがうちへ種を買い…
「桜を見る会」追及本部が街頭演説「手応えある」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「桜を見る会」追及本部が街頭演説「手応えある」  「桜を見る会」の問題について、野党が合同で結成した追及本部は国会でのヒアリングの後に街頭演説を行っています。  (辻歩リポーター報告)  野党合同の「桜を見る会」追及本部は10日に国会で行われたヒアリングの後、東京の有楽町駅に移動して合同演説会を行っています。立憲民主党の福山幹事長が演壇に立ち、今国会の締めくくりとして桜を見る会だけでなく、萩生田文部科学大臣の「身の丈発言」など、安倍政権の国会運営、そして政権運営そのものに対して非常に厳しい声を上げていました。「安倍政権は総辞職すべきだ」など厳しい口調で政権を批判する声もありました。  今回の合同演説会は立憲民主党だけでなく、共産党、社民党など野党の各党が合同で行っているのが特徴です。社民党の福島みずほ議員は「人の集まりも多いし、反応がある」と話していました。福島議員は最近、集会や演説会で積極的に桜を見る会の話題に触れるということですが、聞いている人の反応は他の問題よりも良いそうです。「イージス・アショア問題」や「予算問題」で何兆円、何十億円といった話をされるよりも「ホテルの何千円」とか5000円、6000円の話の方が食い付きが良いそうです。今後も追及のメインテーマの一つとして、桜を見る会について積極的に言及していきたいと話していました。  今回の演説会に登壇する予定はありませんが、桜を見る会問題を初めて追及した共産党の田村智子議員は「今まで様々な政権の問題を追及してきたが、今回の桜を見る会については政権与党の反応も含めて今…
野党 総理の地元で「桜を見る会」参加者ら聞き取り
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 野党 総理の地元で「桜を見る会」参加者ら聞き取り  「桜を見る会」を巡って野党追及本部のメンバーが安倍総理大臣の地元の山口県下関市を訪れ、桜を見る会に参加した人などからヒアリングを行いました。  無所属・柚木道義議員:「税金の私物化とか選挙利用だと言われても仕方がないと安倍後援会の人ですら言ってる」  桜を見る会の参加者や地方議員らへのヒアリングを終えた追及本部のメンバーは、「国や社会に対して功労功績があった方ではなく、安倍総理の選挙に対して功労功績があった方を招いている」と批判しました。さらに、「問題が重大になったら、箝口令(かんこうれい)が敷かれる雰囲気を赤裸々にお話し頂いた」と感想を語りました。2日には桜を見る会のツアーを企画した旅行会社を訪れ、安倍総理への追及材料を得たい考えです。
ペルー野党党首ケイコ・フジモリ氏 1年ぶりに釈放
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ペルー野党党首ケイコ・フジモリ氏 1年ぶりに釈放  南米ペルーの最大野党党首で、不正資金疑惑で拘束されていたケイコ・フジモリ氏(44)が約1年ぶりに釈放されました。  ケイコ氏は2011年の大統領選挙で建設大手から不正献金を受け取った疑いで去年10月から拘束されていました。地元メディアによりますと、憲法裁判所の決定によって今月29日に釈放されました。ただ、不正献金の疑惑が晴れたわけではなく、捜査は継続されるということです。ケイコ氏はアルベルト・フジモリ元大統領の長女で、2011年と2016年の大統領選挙に出馬して敗れました。不正疑惑によって国民からの人気は落ちていますが、今回の釈放で2021年7月の大統領選挙に出馬する可能性が出てきました。
総理に“最後”の追及へ 「桜を見る会」推薦枠問題
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 総理に“最後”の追及へ 「桜を見る会」推薦枠問題  国会では2日午後から安倍総理大臣出席のもと、参議院の本会議が開かれます。野党側は「桜を見る会」を巡って直接、総理を追及する最後のチャンスとして徹底的に問いただす構えです。  (政治部・岡香織記者報告)  安倍総理の地元で関係者から事情を聴いている野党の追及本部は2日もツアーを企画した旅行会社に質問状を提出するなど、調査を続けています。  立憲民主党・黒岩衆院議員:「重要ないくつものお話を頂きましたので、そのことも大変、価値があったと。これを最後の国会の質問等でしっかりと生かしていく」  追及本部のメンバーは、「安倍総理の選挙に功労があった人を招いている。税金の私物化だ」と批判していて、公職選挙法違反の疑いが強くなったと追及する考えです。さらに、午後からの本会議では安倍総理を直接、問いただします。政府側が内閣府の資料を認めたことを受けて、オーナー商法を展開して経営破綻したジャパンライフの元会長は安倍総理の推薦で招待されたのではないかなど、一連の疑惑について回答を求めます。会期末まで残り1週間となり、内閣不信任案などの提出もにらみながら安倍政権を追い込みたい考えです。
説明責任果たされた? 政府・与党は逃げ切りを…
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 説明責任果たされた? 政府・与党は逃げ切りを…  2日、国会では安倍総理大臣出席のもとで参議院の本会議が開かれ、桜を見る会についての質問が行われました。安倍総理の答弁を聞いても桜を見る会を巡る疑問は残されたままです。与党は、この一連の説明で説明責任は果たしたというふうに考えているのでしょうか。国会記者会館から報告です。  (政治部・山本志門記者報告)  2日午後の本会議で安倍総理が事実上、最後の答弁に立ったことによって「現時点での説明は果たした」として、幕引きを図りたい考えです。政府・与党内では、当初から「税金の使い道の問題なので、対応を誤れば相当なダメージを受ける」として危機感を持っていました。報道各社の世論調査でも安倍内閣の支持率が下がり始めたことも追い打ちを掛けました。なので、安倍総理はじめ、与党幹部の発言も「これまでを反省」して「運用を全般的に見直す」と低姿勢を強調する一方で、「招待客は個人情報」で「名簿データは復元できない」などと本質に迫る部分は一貫して説明を控えました。ある自民党幹部が言うように、結局、この答弁で足並みをそろえる限り、「野党も戦いようがない」として攻め手を失っている現状を見透かしてもいます。政府・与党としては国会は延長せず、年末年始の休戦で逃げ切りたい考えで、この問題の行方は年明けの野党の出方次第となっています。
麻生大臣ならではの返し“潜水艦体験″巡る質問に…
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 麻生大臣ならではの返し“潜水艦体験″巡る質問に…  麻生財務大臣が海上自衛隊の潜水艦に体験搭乗していました。野党は「自衛隊の私物化」などと批判していますが、麻生大臣の説明は。  5月、本人からの希望による体験搭乗。野党からは自衛隊の私物化との批判も出ていますが、麻生大臣は…。  麻生財務大臣:「海上自衛隊の実情に触れるということで乗せて頂いたんだと思います。防衛予算の査定作業にあたったりするうえでも、これは現場環境というものを知っておくということは大事なことだったと考えて、なるべくこういうのは現場に行くので、潜水艦以外の現場にも色々行かせて頂いております」  過去5年間で総理や元総理、閣僚などを乗せての自衛隊潜水艦の航行はないといい、財務大臣が乗り込んでの航行は異例だったといいます。自衛隊の私物化との指摘があると記者が問うと麻生大臣は独特の物言いで返しました。  麻生財務大臣:「私物化は考えたことがありません。現場を歩かないで書く社会部の記者と違うから俺たちは。現場に行きたいと思っていますから」  この体験搭乗の必要性について防衛大臣は…。  河野防衛大臣:「副総理はNSC(国家安全保障会議)のメンバーでもあり、また、財務大臣、当然、防衛予算を査定する立場でありますから、当然、必要があって体験されたというふうに考えています」
”桜を見る会”は税金の私物化では 年々増加する参加者数・支出額を野党が追及
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 ”桜を見る会”は税金の私物化では 年々増加する参加者数・支出額を野党が追及 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
「桜を見る会」総理を追及 野党“最後”の直接対決
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「桜を見る会」総理を追及 野党“最後”の直接対決  2日、国会では安倍総理大臣出席のもとで参議院の本会議が開かれ、桜を見る会についての質問が行われました。野党側にとっては直接、総理を問いただす最後の追及のチャンスとなりました。  高額配当をうたったオーナー商法で総額1800億円の被害を生んだジャパンライフの元会長に招待状が届いたとされる問題。安倍総理が一連の疑惑に答えました。  安倍総理大臣:「『桜を見る会』の個々の招待者やその推薦元については個人に関する情報であるため、招待されたかどうかも含めて従来から回答を控えさせて頂いているところであります」  ジャパンライフの元会長に届いたとされる桜を見る会の招待状には、上2桁が60番と書かれています。内閣府は60番から63番までは総理、長官等の推薦者と認めたため、安倍総理や昭恵夫人が招待した可能性が出ています。  社民党前党首・吉田忠智議員:「安倍総理、昭恵夫人はこのジャパンライフの山口元会長と面識がおありでしょうか?高齢者を中心に大勢の被害者が出たこの企業の宣伝に総理主催の桜を見る会の招待状が使われたことに対し、総理としてどのような認識と責任をお考えでしょうか」  安倍総理大臣:「ご指摘の山口会長については、過去において私が招待された多人数の会合等の場で同席していた可能性までは否定しませんが、山口氏と1対1のような形でお会いしたことはなく、個人的な関係は一切ありません。また、私の妻は山口氏との面識はありません」  共産党・田村智子議員:「『60』は官邸総理室が取りまとめた『総理の…
「反社会的勢力」定義困難と閣議決定…“桜問題”で
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「反社会的勢力」定義困難と閣議決定…“桜問題”で  「反社会的勢力」の定義は困難という閣議決定です。  安倍総理大臣主催の「桜を見る会」に反社会的勢力が出席していた疑いが浮上したことを受け、野党側がその定義について質問主意書を出しました。これに対して、政府は「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」とする答弁を閣議決定しました。ただ、これまでの政府の文書では「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追及する集団または個人」などと記載されています。