「八木優子」の検索結果

「八木優子」に関する情報は見つかりませんでした。
「八木」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第1話 天文部へようこそ!
無料
宙のまにまに 第1話 天文部へようこそ! 高校1年生の春、幼少時代を過ごした町に戻ってきた大八木朔。入学した蒼栄高校には、幼少の朔にトラウマの思い出を残した幼なじみ・明野美星の姿が。朔との突然の再会をはたした美星は・・・。
第1話 野球の故郷(ふるさと)へ
無料
メジャー 第4シリーズ 第1話 野球の故郷(ふるさと)へ メジャーリーグに挑戦するため、単身アメリカへ渡った吾郎。しかし、ロサンゼルスの空港に到着するなり、トラブルが!途方に暮れる吾郎を助けたのは、吾郎と同じくメジャー球団、サーモンズの入団試験を受けに来ていた日本人、八木沼だった。なんとか試験会場に着いた吾郎。しかし、待っていたのは思わぬ言葉だった。
第5話 言葉の星
宙のまにまに 第5話 言葉の星 夏合宿の地でも生徒会長・フーミンの大目玉を食らってしまう天文部員たち。フーミンは天文部に対し、夜の活動を禁止してしまう。なんとか汚名を晴らそうとする美星たちだったが・・・。
第9話 高校天文ネットワーク
宙のまにまに 第9話 高校天文ネットワーク 野木城高校天文部・近江部長から高校天文ネットワーク秋季観測会へ招待された朔たち天文部一同。初めての校外の人たちとの観測会に、美星は大いにはしゃいでいた。
第10話 いっしょに
宙のまにまに 第10話 いっしょに 休日になにか約束をしている様子の美星と草間。興味津々の姫と江戸川に連れられて、朔は美星と草間のあとをこっそりつけることに。そしてふたりが向かった先には・・・。
第12話 星空ループ
宙のまにまに 第12話 星空ループ 冬合宿3日目。 天気に恵まれずなかなか星を見れずにいた天文部一同は今夜の星に望みをかけていた。 そして、いよいよ夜は更け、朔たちは満天の星空を見上げるー。
第2話 ファーストスター
宙のまにまに 第2話 ファーストスター 必死の勧誘にもかかわらず、いまだ入部希望者があらわれない天文部。当然のように朔の教室に入り浸る美星たち天文部員だったが、朔のクラスメイト・蒔田姫は、そんな美星を苦々しく思っていた。
第3話 プラネタリウム
宙のまにまに 第3話 プラネタリウム あいかわらず朔にまとわりつく美星。美星のペースにかき乱され、朔は学園の注目の的となってしまっていた。目立たない存在を目指していた朔はついに限界を感じ、部活をエスケープし始める。
第4話 夜明けまで
宙のまにまに 第4話 夜明けまで 夏休みを直前にひかえ、夏合宿の計画を立てる天文部。姫は、朔と一緒に過ごせる夏合宿に思いをはせていた。朔との距離を縮めようと頑張る姫だったが、美星のせいで思い通りにいかず、ついに・・・。
第6話 よろしく
宙のまにまに 第6話 よろしく 夏休みが終わり、新学期を迎えた蒼栄高校。二学期になっても相変わらずな天文部員やフーミンたちの前に、新任の先生があらわれる。朔のクラスの新たな担任・草間望の姿を見て、美星は思わず・・・。
第7話 月とキンモクセイ
宙のまにまに 第7話 月とキンモクセイ 文化祭をひかえ、クラスや部は出し物の準備に活気づいていた。天文部もプラネタリウムの製作をすすめていたが、文芸部を手伝うことになった朔は、だんだんと天文部から遠ざかることに・・・。
第8話 イルミネイト グラウンド
宙のまにまに 第8話 イルミネイト グラウンド プラネタリウムもなんとか完成を迎え、ついに文化祭がスタート。出し物コンテスト入賞を目指し一致団結した天文部員たちは、プラネタリウムをたくさんの人たちに見てもらおうと奮闘していた。
第11話 それは白い雪のように
宙のまにまに 第11話 それは白い雪のように 高見女子天文部と合同冬合宿を行うことになった朔たち。 当日、合宿地に到着した蒼栄高校1年生の面々は予想を超える寒さに凍えていた。あまりの寒さに、姫は軽率な行動をとってしまい・・・。
#40:千鳥ドン引き!男女関係の闇が…綾瀬はるかがテンパる!?
チャンスの時間 #40:千鳥ドン引き!男女関係の闇が…綾瀬はるかがテンパる!? ★第3回モノマネ50音選手権 早瀬はるか、上沼恵美子、えなりかずき、オードリー若林がテンパる!? ★宮下草薙の24時間耐久わらしべ長者チャレンジ 物々交換していき、最後は自動車を目指す! ★千鳥の知らない世界作家レポート 放送作家が実際に経験した男女交際の闇をレポート!千鳥がドン引きするその真相とは!?
第3皿:片思いオムライスで食卓は修羅場!恋敵を出し抜く策士の告白
舌で恋する7日間 第3皿:片思いオムライスで食卓は修羅場!恋敵を出し抜く策士の告白 【みどころ】 ◆当てつけ?“片思いオムライス”で食卓が一変...場が凍る地獄に ◆『はづきち』の不在に恋敵『あや』が動く! ◆『ゆーや』は『はづきち』と『あや』どっちをとる...?“決意の肉祭り”
第2話 トライアウト
メジャー 第4シリーズ 第2話 トライアウト メジャーの4番・ボルトンに簡単に打たれた吾郎だったが、トライアウトの1次テストにはなんとか合格した。次のテストは試合形式。だがその合格条件は、テスト生同士で即席のチームを作り、格上の1Aチームを相手に10対0から逆転勝ちしなければならない、という厳しいものだった!
第3話 やってやる!
メジャー 第4シリーズ 第3話 やってやる! 吾郎の「1A相手に10点差ぐらいひっくり返せなくて、この先メジャーにたどり着けるわけがない」という言葉を聞いたテスト生たちは、勝利のためチームプレーに徹し始める。だがニックだけは、変わらずひとりよがりのプレーで、反撃のブレーキに。そんな中、完璧に相手を抑えていた吾郎に異変が…。
第4話 これがメジャー!
メジャー 第4シリーズ 第4話 これがメジャー! テスト生としては異例の事として、メジャー球団、サーモンズのロースター枠挑戦権を得た吾郎。「56番」のユニフォームをもらって、気分は上々。ピッチングコーチからは「自分の好きなように調整しろ」と言われ、日本語が話せるキャッチャー・フォックスを相手に、早速、ブルペンで投げ込みを始めるが…。
第5話 世界への道しるべ
メジャー 第4シリーズ 第5話 世界への道しるべ サンチェスに力の差を見せつけられた吾郎。そして、エキシビション・ゲーム(オープン戦)での初登板の日がやってきた。エキシビションとはいえ、メジャーの大舞台に緊張する吾郎だが、とにかく全力投球で対戦相手、エレファンツに挑んでいく。そして、4回までエレファンツ打線を2安打に抑えた吾郎だったが…。
第6話 ゆるさねぇ!!
メジャー 第4シリーズ 第6話 ゆるさねぇ!! 3Aのクーガーズに落ちた吾郎は、合流初日、監督の求めに応じて、いきなりファルコンズ戦に登板することになった。わずかな間に練習した変化球を織りまぜて、ファルコンズ打線を抑えていく吾郎。それを受けるキャッチャーのフォックスは、吾郎の器用さに驚くが、その一方で不安もいだいていた…。
第7話 度胸満点!
メジャー 第4シリーズ 第7話 度胸満点! クーガースを解雇され、テネシー州メンフィスにやって来た吾郎。空港で若い日本人女性とぶつかり、ひと揉めする隙にまた置き引きにあい、野球道具と紹介状を失ってしまう。気を取り直し、トライアウトを受けに3Aチーム、メンフィス・バッツのオフィスへ行った吾郎。そこではち合わせたのは、なんと先程揉めた女性だった!
第8話 デビュー!
メジャー 第4シリーズ 第8話 デビュー! 3Aチーム、メンフィス・バッツへの入団が決まった吾郎は、アリスの説得で先発へのこだわりを捨てクローザーとしてオープン戦に登板する。そのころ、日本ではドラフト1位でウォリアーズに入団した佐藤寿也が、即戦力としてチーム首脳の期待を受け、早くも紅白戦の先発キャッチャーとして出場するが…。
第9話 挑戦者
メジャー 第4シリーズ 第9話 挑戦者 寿也は紅白戦のふがいないプレーで、矢田部に「お前はプロじゃねぇ!」と言われてしまう。より厳しいトレーニングを自分に課しつつも、プロとしてやっていく自信をなくしかけていた寿也に、対ジャッカルズのオープン戦に先発出場の声がかかる。ジャッカルズの先発には、海堂高校のチームメイトだった薬師寺がいた。
第10話 無理じゃねえ
メジャー 第4シリーズ 第10話 無理じゃねえ オープン戦の終盤、快調に登板を重ねていく吾郎。英語もずいぶん上達している。そのころ日本では、高校の卒業式が…。海堂高校では、寿也たちプロへ進んだ選手がマスコミの注目を浴びる一方、吾郎不在の聖秀高校では、清水がソフト部の後輩たちに送られ、野球部では大河が田代や藤井たちを送り出しそれぞれの道へ…。
第11話 狙ってみるか
メジャー 第4シリーズ 第11話 狙ってみるか トリプルAでリーグ優勝を目指し、仲間の意識改革を決意した吾郎だが、負け続きで、チームは最下位。監督もチームの現状に危機感がなく、賛同者のサンダースがどんなに言っても効き目無し。そんなある日のバイパース戦、9回同点のチャンスを、ケロッグやバトラーのミスがつぶしてしまう。それを見ていた吾郎は…。
第12話 嘘つき!
メジャー 第4シリーズ 第12話 嘘つき! メンフィス・バッツは遠征12連戦で9勝3敗で東地区2位に。吾郎とサンダースが始めた意識改革も、選手たちに伝わりはじめた。同じころ日本では、小森が大学の野球部で練習に汗を流していた。だが、1年生の小森は球拾いばかり。ただ、155キロの速球で昨夏の甲子園をわかせたピッチャー・武内は別格の扱いだった…。
第13話 バカな賭け
メジャー 第4シリーズ 第13話 バカな賭け メンフィス・バッツは東地区首位となり、吾郎も19セーブを記録。日本でそのニュースを知った寿也は、監督に呼ばれ、初のスタメンを命じられる。このチャンスに、闘志を燃やす寿也。いよいよ首位攻防のロケッツ戦。試合前のバッツ選手陣に、カーター監督が紹介したその選手、ジェフ・キーンはなんと…!
第14話 キーンの過去
メジャー 第4シリーズ 第14話 キーンの過去 キーンとの賭けに敗れた吾郎。思いは複雑だが、キーンのリードでチームが勝っているので、何もいえない。次のバイパース戦、先発のケサダは、前回の対戦でホームランをあびた敵の4番に、今度は抑える、と燃えていたが、キーンは敬遠を指示し、冷徹に「プライドを捨てろ」といい放つ…。
第15話 ヒーロー
メジャー 第4シリーズ 第15話 ヒーロー キーンのリードの効果もあり、好調が続くバッツ。ただひとりサンダースだけは、出番がなくなってしまっていた。そんなある日、キーンが自打球を足に当ててしまい、久しぶりにサンダースが先発出場することに。だが、バッティングは散々な結果、さらに守備でも一瞬の迷いから、サヨナラ負けの原因を作ってしまう。
第16話 ムカつく!
メジャー 第4シリーズ 第16話 ムカつく! 夏の高校野球大会の季節。キャプテン・清水大河がひきいる聖秀高校野球部は、1回戦を突破していた。 2回戦の相手は、かつて吾郎たちが練習試合を戦った、強豪・帝仁高校。だが、試合はあさってだというのに、エース・渋谷をはじめとする1年生部員たちが、ランニングから戻ってこない…。