「刀剣乱舞 9 月」の検索結果

「刀剣乱舞 9 月」に関する情報は見つかりませんでした。
「9 月」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第1話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第1話 大手広告代理店・電王堂の総務二課係長、只野仁・36歳。普段は冴えないダメ社員を装っているが、実は彼は“特命社員”というもう一つの顔を持っていた。 今回もさっそく黒川会長に呼び出された只野は、経理部長・浦木の調査を命じられる。会長によれば、彼は一社員にもかかわらず外車を乗り回し、毎晩高級クラブで豪遊しているという。いったいどこからそんな金が出ているというのか。
第2話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第2話 ジャパンテレビの人気アナウンサー・新水真由子。今回、只野はストーカーに悩まされている彼女のボディガード役を黒川会長から命じられる。さっそく森脇と共に彼女をガードする只野だったが、ふいをつかれ、彼女の部屋にストーカーの侵入を許す。どうにか追い払うことに成功するも、失態を演じた只野はボディガードを解任されてしまう。
第3話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第3話 ある日、只野は社員食堂で野村たちにからかわれていたところを見知らぬ中年男に助けられる。姑息な野村を一喝するその堂々とした振る舞いに一同は感心するが、不思議なことに彼が何者か誰も分からなかった。そんな折、またしても黒川会長から只野に特命が下る。企画部長の飯島が、ある芸能プロダクションと癒着して不透明な金のやりとりをしているらしい。森脇と共に飯島の調査を進める一方、只野はあの中年男が二ヶ月前に自殺した電王堂の社員・奥寺年男の父、明彦であることを知る。
第4話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第4話 電王堂のスポンサーである大福屋デパートの社長が急死した。しかし、こともあろうに彼の愛人が社長から預かった裏帳簿をもとに会社を脅しているという。 例によって黒川会長に呼び出され、その裏帳簿を奪回するよう命じられた只野は、さっそくその女・冴子がいる画廊へ行き、彼女を食事に誘う。首尾よく冴子のマンションへと入り込んだ只野だったが、ワインに薬を盛られ、外にほうり出されてしまう。
第5話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第5話 食品メーカーの新製品キャンペーンを手がけることになった電王堂。そのイベントの発注にあたり、第二企画部長の君津が業者から賄賂を受け取っているという噂が流れる。只野は君津を尾行、さびれたアパートで彼が一人の女性と抱き合う姿を目撃する。そんなある日、君津は只野と佐川課長に「オレは心の洗濯を始めたんだ」と語る。聞けば、退屈な日常から逃れるためにアパートを借りたが、ふとしたきっかけで隣室の美女と知り合い、そのまま深い仲になったという。女の名前はリョウコ。只野は彼女の身辺調査を開始する。
第6話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第6話 黒川会長から、今、大人気のグラビアアイドル・長瀬まひろのマネージャーを命じられた只野。電王堂の得意先である航空会社のイメージガールに内定した彼女を、さまざまなスキャンダルから守るためである。しかし、実際の彼女は世間的なイメージとまったく違い、超わがままなで自分勝手な性格だったのだ。さすがの只野もそんな彼女に手を焼く日々が続く。
第7話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第7話 電王堂の株主総会を来週に控え、悪名高い総会屋・R会が裏で動き始めているらしい。例によって黒川会長からR会の調査を命じられた只野は、さっそく行動を開始。 はたしてヤツらの狙いは何なのか...。そんなある日、只野はヤクザに絡まれた紀子をさっそうと助ける一人の男を目撃する。男の名前は細川竜一郎。またの名をカミソリの竜といい、これまでにも数々の企業トラブルや不祥事の裏で暗躍してきたスゴ腕の男だ。
第8話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第8話 電王堂の女子更衣室やトイレが何者かによって盗撮され、ビデオテープが裏で出回っていた。どうやら犯人は電王堂内部の者らしい。このままでは会社のイメージダウンにもつながると、黒川会長の命により調査を開始した只野と森脇。さっそくビデオの発売元の事務所を訪ねるが、事務所の連中もそのビデオを持ち込んだ人物の詳しい素性については分からないという。
第9話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第9話 友人である大手銀行の頭取・赤羽から相談を受けた黒川会長は、赤羽の妻・奈美子の浮気調査を只野に依頼。 彼女の尾行を続ける只野と森脇だが、全く怪しいところはない様子だ。一方、頻繁に会長室を訪れる只野に疑念を抱いた紀子は、彼の正体を探ろうとする。直接、只野に問いただす紀子だが、どうにもはっきりせず、彼女の疑惑は膨らむばかり。
第10話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第10話 電王堂の得意先である服飾メーカーの社長がある日、不慮の事故で死亡した。しかし、彼の父親であり会長の川又は息子の死を不審に思い、黒川会長に調査を依頼。 例によって特命を受けた只野は、さっそく死んだ社長の妻である多香子に、なんと女性秘書・山本に変装して接近を試みる。
第11話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第11話 ある日、電王堂の佐々木専務が何者かに銃撃されるという事件が起こる。さらに「リストラ目的の子会社出向をただちに中止せよ」という脅迫状が送られてきた。黒川会長に事件の真相を究明するよう命じられた只野は、一人の社員・児玉を尾行する。しかし、突然現れた謎の男たちの妨害によって、彼を見失ってしまう。
第32話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第32話 ある日、黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出された只野(高橋克典)は、今、大人気の韓流スター、カン・ヨンジン(高橋克典・二役)の身辺調査を命じられる。実は「カン・ヨンジンの過去をばらされたくなかったら、一億円用意しろ」という脅迫状が送りつけられてきたのだ。彼の日本でのプロモーションを電王堂が手がける以上、どんな些細なスキャンダルでも見逃してはならない。さっそく只野は来日するヨンジンを迎えに成田空港へと向かう。
第33話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第33話 黒川会長(梅宮辰夫)の旧知の友人が経営する業界2位の大手・グローバル電器を誹謗中傷するサイト「グローバル電器の闇を暴く」が今、問題になっているという。どれも事実無根のデマばかりだが、このまま放置していては会社の信用に大きな傷がつく。そこで、黒川会長は只野(高橋克典)を呼び出し、このサイトの管理人「スコルピオン」の正体を探るよう命じる。
第34話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第34話 この半年間、電王堂では社内プロジェクトの情報が外部に漏れ、コンペに落ちるという不祥事が立て続けに3件も起こっていた。只野(高橋克典)は黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出され、社内の花形部署である第一企画部への異動と共に、社内スパイを探り出し捕まえるよう特命を受ける。さっそく第一企画部に配属された只野は、部長である一の瀬(鈴木砂羽)が怪しいとにらむ。どうやら彼女は「電王堂王子」と呼ばれ女子社員から人気の営業部社員、霧島(川野直輝)と関係があるようだ。
第35話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第35話 電王堂が宣伝キャンペーンを手がけている東亜女子大学の新キャンパス建設予定地で、一人の生徒・若宮薫(桂亜沙美)が遺体となって発見される。スキャンダルによる大学のイメージダウンを懸念する黒川会長(梅宮辰夫)は只野(高橋克典)を呼び出し、彼女の死の真相と背後関係を探るよう命じる。学内に潜入した只野は学長の高木(江守徹)と会うが、いきなり漢字の質問をされ悪戦苦闘。そこに准教授の百合(横山めぐみ)が現れ、2人が新キャンパス建設をめぐって対立関係にあることを知る。
第36話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第36話 ある日、電王堂の人事局課長・木ノ内(野村宏伸)が屋上から転落死するという事件が起こる。現場の状況から警察は自殺であるとの判断を下すが、彼は先月結婚したばかりで、仕事上でも特にトラブルは抱えてなかった。黒川会長(梅宮辰夫)は只野(高橋克典)を呼び出し、彼の死の真相について探るよう命じる。森脇(永井大)の調べによると、事件当夜、現場付近にいたのはオペレーターの片桐楓(安達祐実)ただ一人。だが、彼女は目が不自由で、人事局長の内村(石丸謙二郎)からも手術を勧められていた。はたして彼女が犯人なのだろうか。
第37話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第37話 電王堂制作部の部長・平田(森次浩嗣)がある日、3000万円という多額の制作費と共に姿を消してしまう。彼は長年、ボウリング業界の仕事に従事し、現在女子プロボウラー界を支えているベテラン・神崎リリー(伊藤かずえ)を発掘。ボウリング業界の発展に大きく寄与した功労者でもある。そんな彼がいったい、なぜ......。黒川会長(梅宮辰夫)は只野(高橋克典)を呼び出し、平田を探し出すよう命じる。さっそく制作部に潜入した只野は、ボウリング場でリリーが新人選手・米倉まどか(宇野実彩子)と言い争うのを目撃する。
第38話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第38話 その誠実さから"ミスタークリーン"と呼ばれている電王堂経理二部の社員・白石(岡田浩暉)が、同社の大手クライアントでもある宝田化粧品の社長令嬢・しおりと婚約を発表した。ところが、それと時を同じくして黒川会長(梅宮辰夫)のもとに脅迫状が届く。差出人はなんとホステスの若菜(神楽坂恵)。彼女は白石と自分の間に海斗(澁谷武尊)という息子がいることを告白し、口止め料として5000万円を要求してきた。只野(高橋克典)は黒川の命を受け、海斗を連れて若菜を探すことにする。
第39話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第39話 Jポップの歌姫として絶大な人気を誇る歌手・天海カヲル(金子さやか)をプロデュースし、かつては「世界の有栖川」とまで呼ばれた音楽プロデューサー・有栖川譲二(鈴木一真)。しかし、彼は現在、極度のスランプに陥っていた。電王堂がサポートし、近々開催される環境博覧会のテーマ曲を彼が書く予定なのだが、締め切りまで時間がない。黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出された只野(高橋克典)は、さっそく有栖川に接触し、事情を探る。
第9話
太陽を抱く月 第9話 フォンは温陽(オニャン)で会ったウォルが目の前にいて驚くが、厄受け巫女だという説明を聞き、ヨヌと似ているだけで惑わされてはいけないと、ウォルを王宮から追放するように命じる。陽明君(ヤンミョングン)はウォルが辺境に追放したと聞いて落胆するが、市場でウォルと再会を果たす。ウォルは先日の礼と名前を言い残して去ってしまう。
第14話
太陽を抱く月 第14話 ウォルは、王族を誘惑した罪で西活人署(ファリンソ)行きを命じられる。陽明君(ヤンミョングン)は王室の名誉を失墜させたと禁足令に処せられる。王妃と大王大妃(テワンテビ)は隠月閣(ウノルカク)からの泣き声に苦しめられる。大王大妃は観象監(クァンサンガム)の教授に相談を持ちかけ、ウォルに隠月閣の怨霊を受け止めさせよと命じる。ウォルの身柄は観象監の者に引き渡され、王宮にて隠月閣の霊を慰めるように言われる。皆既日食の儀式が行われ、フォンはヨヌの死が呪術によるものだという推論に至る。同じ時刻、ウォルは記憶がよみがえり、自分がヨヌであると知る。
第19話
太陽を抱く月 第19話 王妃は、父親が謀反を計画していることに気づき、フォンに危険を知らせようとする。しかし、ヨヌと一緒にいるフォンを見て、自分は父親にもフォンにも見限られたと知る。ヨムはミナ王女が呪術に加担したことを知り絶望する。ユン・デヒョンらは講武の日に挙兵すると決めて、着々と準備を進める。陽明君は挙兵に参加する者たちの署名を集めて名簿を作る。いよいよ講武の日、王宮の広場でフォンと陽明君は互いに剣を向けるのだが...
第11話
無料
太陽を抱く月 第11話 フォンはウォルの過去について質問を浴びせるが、ウォルは、自分は別人だと涙ながらに訴える。ノギョンは営みの日に備えるため、厄受け巫女の代わりに合歓の札を入れるよう大王大妃(テワンテビ)に頼み込む。フォンはヨヌの最後の手紙に疑問を感じ、ヨヌの死について調べ始める。そんな中、元尚膳(サンソン)の家を訪ねた帰りに、町で偶然ウォルと会う。チャンシルがウォルを呼び出したと知り、陽明君は期待に胸を膨らませてウォルを待っていたが、フォンと一緒にいるウォルを見かけ愕然とする。
第12話
無料
太陽を抱く月 第12話 王妃は厄受け巫女がヨヌと似ていると聞き不安を覚え、王の寝殿に向かう。その日から務めることになった合歓の札を見て、ヨヌとは似ても似つかない顔だと内心ホッとする。フォンは別の巫女が来たことに怒り、ウォルを呼びつけて勝手に去るなと命じる。フォンは元尚膳(サンソン)が自殺したと聞き、ホン・ギュテにヨヌの死の秘密を内密の捜査を命じる。王妃は父親と組んで営みを成就させようとフォンに圧力をかける。フォンは体調を理由に営みを拒否しようとするが、ウォルが巻き添えになることを案じて仕方なく王妃の寝殿に向かう。
第13話
無料
太陽を抱く月 第13話 フォンは胸に激痛を覚えて王妃の前で倒れてしまう。ウォルは王に呪いをかけたという罪で捕らえられる。ユン・デヒョンはこの機会にフォンを押さえ込もうとして、ウォルに嘘の証言を強要するが、ウォルはそれを拒む。ウォルが激しい拷問を受けていた時、陽明君(ヤンミョングン)が現れてウォルの無実を証明する。フォンは陽明君が介入したと知り、王族の名誉を理由にウォルとは関わるなと警告する。陽明君はフォンの真意を誤解して、欲しい物を何一つ手に入れられない自分の境遇を恨むのだが...
第2話
無料
太陽を抱く月 第2話 ヨヌの兄ホ・ヨムは科挙に首席で合格したあと、世子(セジャ)を教える官職に任命される。フォンは若い師匠が気に入らず無視するのだが、ヨムが出した謎とその解説に感銘を受けて師匠と仰ぐ。そしてヨムの妹がヨヌだと知り、ヨヌにもう一度会いたいと願う。 陽明君(ヤンミョングン)は親友のヨムとジェウンの科挙合格を祝うものの、2人とも世子に仕える身になると寂しがる。そしてヨヌだけはずっと自分の味方でいることを願う。 大妃(テビ)とユンは外戚を排除しようとする勢力をけん制すべく、ポギョンを王女ミナの遊び相手として王宮に入れようとする。その意図を見抜いた成祖(ソンジョ)はホ・ヨンジェの娘ヨヌも呼ぶように指示する。
第1話
無料
太陽を抱く月 第1話 朝鮮王朝、成祖(ソンジョ)の時代。成祖の母、大妃(テビ)は甥のユン・デヒョンに、成祖の異母弟を逆賊に仕立てて殺害させる。真相を知った巫女(みこ)アリは王が信頼する臣下ホ・ヨンジェの妻に助けられるものの、ユンの手下に捕まり処刑される。アリは死ぬ前にホの娘を守ると約束し、巫女ノギョンに意味深な言葉を残す。同じ頃ホの妻は娘を産む。 13年後、ホの娘ヨヌは兄ヨムの科挙合格発表を見に王宮に行き、塀を乗り越えようとしている世子(セジャ)のフォンを泥棒と勘違いしてしまう。 一方、フォンの異母兄である陽明君(ヤンミョングン)は世子の地位を強固なものにしようとする成祖に疎んじられていた。彼は傷心の旅から戻るとヨヌに会いに行く。 その頃、フォンの謎めいた手紙を見ていたヨヌはフォンの正体に気づいて驚くのだが...。
第3話
無料
太陽を抱く月 第3話 ノギョンは大妃(テビ)の命令でヨヌとポギョンの人相を見たあと、ポギョンが王妃になるだろうと予言する。そしてフォン、陽明君(ヤンミョングン)、ヨヌ、ポギョンの4人に対して、不吉な運命を感じる。 ミナ王女の遊び相手としてヨヌも王宮に来たと知ったフォンは会いたいと手紙を送る。フォンの手紙を脅迫状と思ったヨヌは、ヨムの妹ではないと嘘をつく。そのためヒョンソンはポギョンをヨヌと勘違いして、フォンとポギョンを引き合わせてしまう。 成祖は学問に造詣の深いヨヌに好印象を持ち、ミナ王女も大好きなヨムの妹だという理由でヨヌを気に入る。この状況が面白くないユン・デヒョンは、大妃にフォンの婚礼を急がせる。大妃はフォンの妃としてポギョンを迎えようと画策するが...。
第19話
特命係長 只野仁(2005年1月~3月放送) 第19話 ある日、佐川の同期の取締役・浅間が突然行方不明になってしまう。現在進行中の大事なプロジェクトの責任者である彼がいないと、このままでは非常にマズい。ひょっとして何かの事件に巻き込まれたのだろうか? 黒川会長の特命を受けた只野は、手始めに浅間の行きつけだったクラブ「カリネ」のママ・咲子に接近する。彼女は失踪する前の浅間とかなり親密だったらしい。
第29話
特命係長 只野仁(2007年1月~3月放送) 第29話 肌が美しくなると女性の間で評判の“サクラローション”で有名なエステサロン「サクラ」。だが、「サクラ」にはここ数日、店舗拡張のためのプロモーションイベントの中止を要求する脅迫が相次いでいた。このままイベントが中止にでもなれば、広告宣伝を請け負う電王堂にも大きなダメージになりかねない。一連の行為が「サクラ」内部の者によるものと見た黒川会長(梅宮辰夫)は、イベントを無事成功させるため、只野(高橋克典)に潜入調査を命じるが...。