「刺す 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

Ep.4
私を蝕む寄生虫 S7 Ep.4 ベリーズでバケーションを楽しんでいた男性が、突然痛みのある発疹に襲われる。一体何が彼の皮膚をむしばんでいるのか、医師でも解明できない。オンタリオでは女性がノドに刺すような痛みを覚える。彼女を苦しめた物の正体は、どの家庭にもある物だった。ネブラスカ州では少女の首に出来物ができる。その後、彼女は衰弱し、めまいと痛みに苦しみ始める。
Ep.7
私を蝕む寄生虫 S7 Ep.7 テキサス州で、赤ちゃんが突然、左半身が使えなくなる。命を救うため、医師たちは脳の切除を決断する。フロリダ州では、女性がショッピング中に刺すような目の痛みを覚える。そして目の中に虫の影を見る。ニューハンプシャー州では、手術を終えた男性が再び体調不良に陥る。死の淵に立たされた彼の体内から、驚くべきものが発見される。
第十八話 忍という名の道具
NARUTO -ナルト- 第十八話 忍という名の道具 白は戸惑うナルトにトドメを刺すよう言う。だが、戦うこと、勝つことだけが自分の存在理由だという白の言葉がナルトにはどうしても納得できない。同じころ、再不斬とカカシの戦いにも終止符が打たれようとしていた。勝利を確信したカカシの最強の術「雷切(らいきり)」が唸りをあげて再不斬に襲いかかるが……。
長野 同僚男性の胸刺す 殺人未遂容疑で男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 長野 同僚男性の胸刺す 殺人未遂容疑で男逮捕  長野県で会社の同僚の男性の胸を刺して殺害しようとしたとして、34歳の男が逮捕されました。  1日午後6時前、長野県上田市の集合住宅の階段の踊り場で住人の男性(30)が胸を刺されて倒れているのが見つかり、病院に搬送されました。男性の容体は分かっていません。現場には凶器とみられる包丁が落ちていて、現場から立ち去る男の姿が目撃されていました。警察は逃げた男の行方を追っていましたが、男性の会社の同僚の貝原直人容疑者が警察署に出頭し、殺人未遂容疑で逮捕されました。警察は貝原容疑者の認否を明らかにしておらず、男性を刺した動機などを調べる方針です。
埼玉・富士見市の畑にイノシシ 都内から移動か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 埼玉・富士見市の畑にイノシシ 都内から移動か  埼玉県富士見市の住宅でイノシシ1頭が見つかり、警察官などが取り囲んでいます。  富士見市の住宅の敷地内にある畑に体長1メートルほどのイノシシがいます。周囲には、盾や「刺すまた」を持った警察官らの姿が見えます。警察によりますと、4日午前7時半から埼玉県朝霞市で「イノシシがいる」と110番通報がありました。その後も目撃情報が相次ぎ、現在は富士見市内の畑で警察官が捕獲を試みています。3日正午ごろには、東京・足立区の荒川の河川敷で体長1メートルくらいのイノシシが見つかっています。4日に目撃されたイノシシが3日に都内で見つかった同じ個体かどうかは分かっていません。
埼玉・住宅街の畑にイノシシ 警察ら取り囲む
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 埼玉・住宅街の畑にイノシシ 警察ら取り囲む  3日に東京都内で見つかったイノシシと同じ個体でしょうか。埼玉県富士見市の住宅でイノシシ1頭が見つかり、警察官などが取り囲んでいます。  富士見市の住宅の敷地内にある畑に体長1メートルほどのイノシシがいて、周囲には盾や「刺すまた」を持った警察官らが取り囲んでいます。警察によりますと、4日午前7時半から埼玉県朝霞市で「イノシシがいる」と110番通報がありました。その後も目撃情報が相次ぎ、現在は富士見市内の畑で警察官が捕獲を試みています。3日正午ごろには東京・足立区の荒川の河川敷で体長1メートルくらいのイノシシが見つかっています。4日に目撃されたイノシシが3日に都内で見つかった同じ個体かどうかは分かっていません。
洗面台に血痕 洗って逃走か“男性殺害”容疑の男
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 洗面台に血痕 洗って逃走か“男性殺害”容疑の男  東京・東久留米市の住宅で55歳の男性を数十回刺して殺害したとして同居する女性の次男が逮捕された事件で、洗面台に男性の血痕が残されていたことが分かりました。  三ツ本寛己容疑者(28)は先月8日、東久留米市の住宅の2階で二岡一浩さんを約70カ所刺すなどして殺害した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、1階の洗面台に二岡さんの血痕が残されていたことが新たに分かりました。三ツ本容疑者は容疑を否認していて、発覚を免れるため、手や刃物に付いた血を洗い流した可能性があるということです。警視庁は三ツ本容疑者の自宅から複数のナイフを押収するなどしていて、凶器の特定を急いでいます。
第4話 晩餐
東京喰種トーキョーグール 第4話 晩餐 「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山習(ツキヤマ シュウ)が「あんていく」を訪れた。月山を20区の厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。だが、月山はカネキの特殊な「におい」に目をつけ、接触を図ってきた。自らの悲劇の始まりでもあるリゼの事が気になるカネキは「リゼ行き付けの店」という月山の言葉につられ、「喰種レストラン」へ足を運ぶ。
最終話
アラン使道伝 最終話 ウノは以前師匠から言われた言葉を思い出し、かんざしでホンリョンを刺す。ムリョンはホンリョンから抜け出し、アランへ乗り移ろうとするところをムヨンに捕まえられる。ウノの母は、ウノに礼を言い息絶える。しかし、ウノの母の死を持ってもアランの真実の鐘は鳴らなかった。
第二十話
猟奇的な彼女 第二十話 大臣達の屋敷に「因果応報」と書かれた矢文が届いていた。大臣達はそれを隠していたが、キョン・ウは鬼仮面が彼らの過去を知っているのではないかと推察する。そんな中、過去の密通騒ぎはねつ造であるという内容の落とし文が新たに撒かれる。チョン・ギジュンは、チュソン大君側の唯一の生き残りであり現在は手下のウォルミョンに釘を刺す。そしてキョン・ウは自らの記憶に違和感を感じ始める。
episode60 天の瞳、地の扉
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode60 天の瞳、地の扉 ついに5人の人柱がお父様のもとに出揃う。だがエドやアルたちはあきらめず、メイ共々、国土錬成陣の発動までにお父様やセリムを倒そうとする。同じ頃、別の場所でブラッドレイとスカーの戦いも始まった。重症を負っていたブラッドレイであったが、その動きはスカーを凌駕し、ついには止めを刺す寸前まで彼を追い詰める。だがその時、スカーの左手より錬成の光が発生、床からとげのような石柱がブラッドレイを弾き飛ばした。
第4章 悦楽の代償
まりあ†ほりっく 第4章 悦楽の代償 ああ…わたしのアイデンティティ否定された…。そっ…そうかもしれないけど…なんかがっかりしたというか、得心がいかない…というか、なにかしらね、この状況…。うぅ…やだなもう視線が痛いや…とりわけ、あのかたの視線が…。せっかくつちかわれようとしていた友情が…。仲直りできたと思ったのにまた勘違いされてる…?そ…それは、嬉しいような、正直ウザイようなアレですが!ああ!突き刺すだけでは飽き足らず!…やっぱりちょっと迷惑な…。今日はすごく疲れたな…早く寮に帰りたい…ってなにを話しているのかな…?隠れてちょっとだけ聞き耳を……ちがう!たしかに道理は通っているかもしれないけど、違う。何がどういうふうにとは言えないけど…。あぁ、そうか。守ろうとしているのはわたしだけじゃなくて!?
元農水次官「倒れても動いたので…」殺害の瞬間語る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 元農水次官「倒れても動いたので…」殺害の瞬間語る  元農林水産省事務次官の男が息子を刺し殺した罪で起訴された裁判で、男が犯行の瞬間について語りました。  長男・英一郎さんを包丁で刺して殺害した罪で起訴された元農水次官の熊沢英昭被告(76)の公判2日目。  弁護人:「中学から家庭内暴力が?」  熊沢英昭被告 :「間違いありません」  長男が大学に入り、一人暮らしを始めると、被告はアパートまで薬を届けたり、ごみを片付けに行ったといいます。その後も長男は一人暮らしでしたが、事件6日前の5月26日、自宅に戻った長男から激しく暴力を振るわれたと話しました。  熊沢英昭被告:「(5月26日の暴力について)見たことない形相。殺してやるという言葉。とにかく体に震えがくるほどの恐怖心を覚えました」  そんな記憶も新しい、事件当日。小学校からの運動会の音に長男は朝から機嫌が悪かったといいます。そして、午後3時ごろに熊沢被告と目が合ったといいます。  熊沢英昭被告:「(6月1日の事件当日について)5月26日の暴行を即座に思い出す形相で『殺すぞ』と。本当に殺されるなと思った。反射的に体が包丁を取りに行った。(戻ってから刺すまで)せいぜい1、2秒の短時間。息子が倒れても動いたので刺した」  ついに殺害の瞬間を語った熊沢被告ですが、涙を見せました。  熊沢英昭被告:「息子がかわいそうだということと、取り返しのつかないことをした。息子の冥福を祈りたい」
第6話 こういうことにはみんな積極的なんですよ
とある科学の超電磁砲 第6話 こういうことにはみんな積極的なんですよ 事件の捜査を手伝うと言う美琴に、好奇心や興味本位で風紀委員(ジャッジメント)の真似事をするなと釘を刺す黒子。ついでとばかりに、日頃の行いからファンシーグッズに埋もれた私生活にまで口出しされ、美琴はまったくもって面白くない。ファミレスで愚痴の相手をしてくれていた初春が任務に連れて行かれたあと、美琴はテーブルに置かれた腕章を見た風紀委員・固法に、新人の応援要員と勘違いされてしまう。黒子を見返してやるチャンスとばかり、美琴は固法についていくことに。しかし、実際に体験する風紀委員の仕事は、思いのほか地味だったり難しかったりで……。
第32話
朱蒙 第32話 チュモンはソソノたちを救い出し、無事にプヨ宮殿へ戻った。ソソノの救出を王妃やヨンポたちに反対されたテソは、王妃にその理由を尋ねると、王妃は「ソソノはお前を滅ぼす女だ」と言い放つ。その後、チュモンはテソがヒョント城の太守ヤンジョンと内通していたことを暴き、テソに「今までのことは罪に問わないが、今度このようなことをしたら、プヨの王子ではなく内通者として兄上を処罰する」と釘を刺す。 チュモンたちの任務が成功し、ナンナン軍からの補給が絶たれたヤンジョンたちの軍は、長期戦に持ち込まれては不利なため、プヨ軍を挑発する。しかし、チュモンは挑発には乗らないよう忠告し、まずは守りを固め、時機を見計らって敵を倒すべきだと述べる。 その後、プヨ陣営のチュモンの元に、漢が支配するリョウトウ軍がセイナンイ軍に勝利を収めたという一報が入った。リョウトウ軍が援軍に駆けつけるとプヨ軍は圧倒的に不利になってしまうため、チュモンは何とかして短期決戦で勝利を得る方法はないかと考える。そして思いついたのが、昔ヘモス率いるタムル軍も使用していたという、ソタンという名の消し炭を使った作戦だった。サヨンは凧を使った作戦を提案し、チュモン率いるプヨ軍は奇襲攻撃を敵陣に仕掛ける。