「加藤英美里 7」の検索結果

今すぐ視聴する

第7問 俺と翔子と如月グランドパーク
無料
バカとテストと召喚獣 第7問 俺と翔子と如月グランドパーク 一般に、結婚式の披露宴でケーキカットを行うセレモニー用ケーキは、食べる事のできない作り物である。カットする一部分だけ本物のケーキを取り付けてあり、本体部分は他の結婚式でも使い回しされる。すべて本物のケーキを使用したセレモニーを行われたい場合は、別途ご予算を承ります。
第7話 興奮!しんたいそくてい
異世界かるてっと2 第7話 興奮!しんたいそくてい 次なる学園生活のイベントは、身体測定。 覗こうとするもの、それを防ぐもの、それぞれの思惑が交差する。 同時に、どうでもいいことでも思惑が交差してしまっていた。
episode7 本当の気持ちと向き合えますか?
魔法少女まどか☆マギカ episode7 本当の気持ちと向き合えますか? 魔法少女となった自分の体の真実を知ったさやか。 戦いの運命を受け入れてまで叶えた願いと、その代償の大きさの間で揺れてしまう。 そんな自宅でふさぎこむさやかの元に現れたのは、敵対していたはずの佐倉杏子。 彼女はさやかを外へと連れ出し、とある廃墟の教会へと誘う。 そこで杏子の口から語られたのは、自身が魔法少女となった理由。 果たして彼女の真意とは――
第1話 中学デビュー
無料
ゆるゆり 第1話 中学デビュー えへへ、みんなこんにちは。『ゆるゆり』主人公の赤座あかりだよ! この春、あかりは中学生になりました! わ~い♪ 新しい環境に胸がドキドキのあかりを迎えてくれたのは、幼なじみの京子ちゃんと結衣ちゃん。あかりは、そんな二人が作ったごらく部に入部したんだけど、そこに思いもかけない子が現れたの。あ、あなたはまさか……!? さあ、あかりと愉快な仲間たちのゆるゆるっとした日常が、はっじまるよ~!
第7話 くり済ませり
ゆるゆり 第7話 くり済ませり みんなよく聞け! 私が生徒会次期副会長、大室櫻子だぞ! 杉浦先輩の後継者は私しかいなーい! さて、早いもので今年ももうすぐ終わり……って、あれ? 生徒会選挙ってやったっけ? ……まっ、べつにいいか。 今日は楽しいクリスマスだしね。今年こそサンタが来るまで寝ないで、プレゼントをごっそりいただく! でもその前に、生徒会とごらく部の合同ドキドキシャッフルデートがあるんだよね。 私の相手はあかりちゃんかな? それともちなつちゃ……って、おまえかよ!? ちっ!
–癒し編- 第7話
どるふろ –癒し編- 第7話 西暦206X年。第三次世界大戦後の荒廃した世界で、 民間軍事会社「グリフィン」の戦術人形たちは、 人類に仇なす「鉄血工造」と終わりなき闘いを繰り広げている、 はずだったが…… そんな戦争状態の中で、まさかグリフィンは軍資金を使って 宿舎をリフォーム!? その上でクリスマスにお正月に夏祭りだと!!!??? いったいなにがはじまるんです……? 謎が謎を呼ぶ脱力系ハイテンションミニアニメ、 ここに爆☆誕!
#12 道標
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #12 道標 グラン達の前に現れた黒騎士とオルキスは、ルリアを連れ去ろうとする。 オルキスと戦いたくないとルリアは必死に訴えかけるが、その声は虚しくもオルキスには届かない。 過去に囚われルリアの力を求める黒騎士と、ルリアは決して渡さないと固く誓うグラン。 二人の譲れない信念がぶつかり合う。
第1話 帰って来た主人公
無料
ゆるゆり♪♪ 第1話 帰って来た主人公 アッカリ~ン♪ たくさんの熱い声援にこたえて……あかりたち、帰ってきました~! わ~い、会いたかったよ、みんな~。 思えば、前にアニメ化した時はいろいろあったよね。ふふふ、あかりってば1話から存在感がなくなったり、ちなつちゃんにキ、キキ……キ……されたり、タイトルコールしか出番がなかったり、ドラム缶で山道を転がった……り……して……。 …………………………。 こ、今度はきっと大丈夫! だって1話からちゃんと主人公してるもん! ね? ねっ!?
第7話 姉妹事情あれこれそれどれ
ゆるゆり♪♪ 第7話 姉妹事情あれこれそれどれ 生徒会次期副会長、大室櫻子とは私のことだー! ……ん? なんか一年前もそんなこと言ってたような……。 よし! 細かいことは気にしないぞ! それより聞いてよ~。うちのねーちゃんと妹が私に厳しくてさ。これはきっと、私のほとばしるびぼうとちせいにしっとしてるに違いないね! しかし、どこの家も姉とか妹ってこんななの? あっ、でも向日葵んとこの楓はすごくできた妹だっけ。姉とは違って! うん、姉とは違って! 楓、私の妹になんない? 向日葵が冷蔵庫の上から三段目の奥の豆腐の陰に隠してるプリンあげるから。
#07 不死の星晶獣
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #07 不死の星晶獣 セレストに飲み込まれてしまったルリア・イオ・オルキスの三人。 残されたグラン達は、村で出会った幽霊少女フェリとともに、ルリア達を救う手立てを探す。 一方のルリア達も、ただ助けを待つだけではなく、協力して試行錯誤しながら出口を探していた。 少しずつ心を通わせるルリアとオルキス、そしてそれを微笑ましく見守るイオ。 しかし、セレストの体内を進むにつれて、徐々にイオの様子がおかしくなっていってしまい……
第7問 僕とのぞきと遥かなる桃源郷っ!
バカとテストと召喚獣にっ! 第7問 僕とのぞきと遥かなる桃源郷っ! 女性は下着姿を覗かれると恥ずかしいと言うが、水着なら下着より布地が小さくても平気な上に『見せ下着』という下着なのか上着なのか分からないものまである。知らずに、お姉さんスカートはくの忘れてますよ、と教えてあげたら冷たい目で見られました。
第7話 人心変転
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第7話 人心変転 キイラ王子訪問後の翌日、回復薬の準備中に、突然別れを告げ、ディアヴロの元を去るシェラ。彼女を引き止めることができなかったディアヴロは、後悔から宿屋に籠もってしまう。後ろ向きな彼の姿勢に、動揺するレム。一方グリーンウッド王国への帰路の途中の陣営では、キイラからシェラへの尋問が始まろうとしていた…。
#05 カタリナとヴィーラ
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #05 カタリナとヴィーラ 星晶獣シュヴァリエの力を開放し、グラン達に襲いかかるヴィーラ。 暴走するヴィーラの姿を目にしてカタリナは自責の念にかられる。 そしてカタリナは、過去を清算するためヴィーラの気持ちに向き合うことを決意する。 カタリナの願いを叶えるため、グラン達はヴィーラの猛攻を総力戦で迎え撃つ。 ついに追い込まれ、シュヴァリエの力を展開できなくなったヴィーラだが、戦意はなお衰えない。 その想いを受け止めようと、カタリナはヴィーラと対峙する。
#09 約束の街
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #09 約束の街 傷ついたグランサイファーを補修するため、グラン達は艇造りの聖地と呼ばれるガロンゾ島に向かう。 ガロンゾ島でグラン達は艇の修理を依頼するが、船大工達は巨額が動く仕事にも関わらず、契約書を取り交わすことはしなかった。 そのことを不思議に思っていると、ガロンゾ島には口約束でも約束を遵守させる神様がいるのだと教えられる。 修理費用を稼ぐためシェロカルテからの依頼をこなすグラン達。 一方、修理を指揮するため艇に残ったラカムの前に、一人の少年が現れる。
#10 見果てぬ夢
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #10 見果てぬ夢 突如現れたポンメルン率いるエルステ帝国軍によって、連れ去られてしまったグランとルリア。 魔晶の影響で苦しむノアも、同じく帝国の駐屯地にある研究所に囚われていた。 残されたラカム達の前にはロゼッタが現れ、グラン達の救出に力を貸してくれるという。 忘れていた遠い記憶を思い出したラカムは、一刻も早いノアの救出を決意する。 そして、連行されたグランとルリアはエルステ帝国宰相フリーシアと対面し……
#11 誓約
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #11 誓約 グランとルリアは帝国の駐屯地から脱出し、ラカム達との合流を果たす。 ノアは帝国の襲撃によって朽ちてしまったグランサイファーを蘇らせようとするが、消耗していたため力が足りず、ガロンゾ島に住む契約を司る星晶獣ミスラの力を借りることを提案する。 しかし、突如襲った魔晶の力により、ノアは苦しみながら暴走を始めてしまう。 ノアを救い、ラカムの声を届けるために、グラン達はフリーシアの陰謀に立ち向かう。
#5 「決戦、嵐の守護神」
GRANBLUE FANTASY The Animation #5 「決戦、嵐の守護神」 ポート・ブリーズを救いたいというラカムの覚悟を受け取ったかのように、グランサイファーは沈黙を破り飛び立った。 強風の中、数々の飛来物や乱気流を避ける見事な操舵を見せるラカム。 そうした彼の技術により、グラン達は星晶獣・ティアマトが待ち構える黒雲の塊へと辿り着く。 険しい道程の末に相対したティアマトは、エルステ帝国軍の策略により自身の意思とは反して暴走していた。 ポート・ブリーズ群島と、その守り神であるティアマトを救うため、グラン達は大空の決戦へと挑む。
第7話 森の賢王
無料
オーバーロード 第7話 森の賢王 カルネ村まであと少しのところで、村の変化に気づいたンフィーレア。周りを物々しい柵で囲った村の様子をいぶかしむ。すると突如、武装したゴブリンたちが出現し、一行は取り囲まれてしまう。緊迫した空気の中、村から駆けつけてきたのはンフィーレアが好意を寄せる少女・エンリだった。エンリからカルネ村が襲撃に遭った経緯を聞いたンフィーレアは、村を救ったアインズ・ウール・ゴウンの正体がモモンであることを察し……。
#02 城砦都市アルビオン
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #02 城砦都市アルビオン エルステ帝国に追われていたグラン達に、突如エルステ帝国側から和議が持ち掛けられ、一行は交渉のため城砦都市アルビオンへと向かう。 アルビオンは士官学校を中核とする学園都市であり、アルビオン士官学校はカタリナの母校でもあった。 一行は緊張の中、エルステ帝国軍少将フュリアスと対面するが、早々に赦免状を渡されあっさりと交渉は終了する。 晴れて自由の身となったグラン達は、現アルビオンの領主であり、カタリナの後輩でもあるヴィーラからもてなしを受けることになるが……
#03 偽りの自由
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #03 偽りの自由 エルステ帝国からの赦免状を得て、無罪放免となったグラン達。 しかし、宴から一夜明けると、カタリナは置き手紙だけを残しグランとルリアのもとを去ってしまう。 事情を聞くため、カタリナの居場所について手掛かりを得ようとヴィーラのもとに向かう道中、カタリナがアルビオンに身を捧げ、自ら犠牲になろうとしていることを知る。 追手をかわし、カタリナのもとにたどり着いたグラン達。 しかしカタリナは、その決心はグラン達のためだけではなく、ヴィーラのためでもあると語り始める
#04 届かぬ想い
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #04 届かぬ想い グラン達の説得も虚しく、カタリナの決心は覆らない。 カタリナには過去の出来事でヴィーラに対して負い目があり、ヴィーラが求めるのなら、アルビオン領主としての重圧や孤独に耐え忍んできた彼女の力になりたいという思いがあった。 一方、無罪放免の裏に隠された帝国の思惑を知ったグラン達は、フュリアスに取引の無効を訴え、カタリナを取り戻すため、アルビオン城で行われているシュヴァリエ移譲の儀式に割って入る。 しかしそこへ、突如、エルステ帝国の新兵器アドウェルサによる攻撃が襲い掛かるのだった。
#06 霧に包まれた島
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #06 霧に包まれた島 アルビオンを出たグランサイファーが辿り着いたのは、入ったら最後、二度と出られないと噂の深い霧に包まれた島。 情報収集と食糧調達のため村を歩いていると、やつれた死に顔のゾンビ達に出会い、百年前に現れたという幽霊船の話を聞く。 ゾンビの村人の家に招かれたグラン達は思わぬ再会を果たす。 黒騎士と行動を共にしていた三人──傭兵コンビのドランクとスツルム、そしてルリアと似た力を持つオルキス。 ドランクは、この島で起こっている現象は星晶獣が関係していると言い、グラン達に協力を依頼する。
#08 家族の記憶
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #08 家族の記憶 セレストは何者かに操られていた。 その意に従い、セレストは村を襲ってゾンビ達を食らう。 被害を抑えようとグランサイファーを操縦し、セレストを食い止めるラカム。 グランはルリア達を助け出すべく、グランサイファーからセレストへと飛び移り、その内部へと潜入する。 真っ暗なセレストの体内を進むうち、グランの目の前に現れたのは、幼い頃の記憶が映し出されたかのような風景。 そこで待ち受けていた、鏡写しになったかのようなもう一人の自分が振るう剣に、グランは苦戦を強いられる。
#1 「蒼の少女」
GRANBLUE FANTASY The Animation #1 「蒼の少女」 閉ざされた島「ザンクティンゼル」で生まれた少年・グラン。 彼は大いなる空へ飛び立つ夢を抱き、相棒のビィを連れて日々鍛錬に励んでいた。 そんなグラン達が暮らす平穏な島に、突如響き渡る轟音。 音の方向を見上げた彼らは、空に浮かぶ軍艦の姿とそこから落ちる光を目撃する。 光の落ちた方向を目指し、立ち入りが禁じられている森を進むグランとビィ。 そこで彼らは、蒼い髪の不思議な少女と出会う。 少女の名はルリア。 彼女はとある事情で、軍事国家・エルステ帝国から追われる身となっていた。 ルリアを守るため帝国に反旗を翻した騎士・カタリナとも合流し、グランはふたりを島から逃がすため、手助けを買って出る。
#2 「旅立ち」
GRANBLUE FANTASY The Animation #2 「旅立ち」 エルステ帝国軍に一度は敗れるも、ルリアの力によりグランは再び立ち上がる。 そして彼はルリアの導きで星晶獣・バハムートを召喚し、帝国軍を退けた。 力を使い果たし、気を失ったグランは、夢の中で幼き日の記憶を回想する。 かつて手にした、彼方にいる父からの手紙——。 「星の島、イスタルシアで待つ」と書かれたその手紙こそが、彼が空の冒険に憧れる理由だった。 その後、無事に目を覚ましたグランに安堵する一行。 しかし、ルリアから告げられたのは、「グランはすでに命を失い、自分と命を繋ぐことで生き長らえている」という衝撃の事実だった。 言葉を失うグランだったが、問題を解決できる可能性としてカタリナが口にした「星の島」の名に、彼の心は躍りだす。
#3 「風の出会い」
GRANBLUE FANTASY The Animation #3 「風の出会い」 星の島を目指し、ザンクティンゼルから飛び立ったグラン達。 しかし、カタリナの小型騎空艇の操縦はおぼつかず、一行は近くの島に不時着を試みる。 墜落同然の着陸ではあるものの、彼らはどうにか新たな島へと到着した。 降り立ったのはポート・ブリーズ群島の一部、エインガナ島。 風を司る守り神・ティアマトが祀られる、穏やかな風の吹く島だった。 そこへ草原を通りかかったひとりの男が、大破した小型騎空艇を見てグラン達に苛立った声をかけてくる。 男はラカムと名乗る騎空艇の操舵士で、乱暴に扱われた艇の有様が許せない様子だった。 街の人々が言うには、ラカムは直るはずもない朽ちた騎空艇の修理をずっと続けている変わり者らしく……。
#4 「操舵士の決意」
GRANBLUE FANTASY The Animation #4 「操舵士の決意」 ルリア奪還を目論む帝国少将フュリアスの襲撃を受け、追い詰められたグラン達。 彼らの逃亡を助けたのは、操舵士の男・ラカムだった。 一行は島から旅立つため、ラカムを操舵士として迎え入れたいと提案するも断られてしまう。 彼は幼い頃に魅せられた、古びた騎空艇・グランサイファーでなければ飛びたくないと語る。 数年前にラカムが空を飛ぶことを止めてしまった原因——。 それはかつて、自らが丹精を込めて修理したグランサイファーで墜落を経験した過去にあった。 墜落以来、どこにも故障箇所がないにも関わらず、グランサイファーはピクリとも動かない。 ラカムはグラン達に協力したいが、他の騎空艇で旅立つことはできないのだという。
#8 「ふたりの距離」
GRANBLUE FANTASY The Animation #8 「ふたりの距離」 石壁に囲まれた薄暗い遺跡。 そこではトレジャーハンターのマリーとカルバが、お宝を求めて探索を行っていた。 同じ頃、アウギュステに向かう道中で補給のためにとある島に立ち寄ったグラン達は、シェロカルテから遺跡調査の依頼を持ち掛けられる。 シェロの依頼を受け、森の奥深くに佇む遺跡に辿り着いた一行。 ところが突如足元の石畳が崩れ、彼らは遺跡の地下へと落とされてしまう。 落下の最中に二手に分断され、魔物と罠が蔓延る遺跡の内部でバラバラになったグラン達。 ラカム、イオと共に行動するグランは、ルリア、カタリナ、ビィと合流するため、遺跡の探索を始める。その先でグラン達は、魔物と交戦するマリーとカルバに遭遇するのだった。
#9 「雲上の水平線」
GRANBLUE FANTASY The Animation #9 「雲上の水平線」 新たなる目的地・アウギュステ列島に降り立ったグランサイファー。 美しい水資源に恵まれた島とされるアウギュステだが、グラン達は到着早々に海岸線に漂着したヘドロのような塊を目にする。 観光地とは思えない惨状を見て戸惑う一行に声をかけたのは、ラカムの旧縁で傭兵の男・オイゲンだった。 彼曰く、ここ最近エルステ帝国がアウギュステの海で何らかの実験を行っており、その影響で異臭を放つヘドロが島中で発生しているのだという。 結果、強硬な姿勢のエルステ帝国とアウギュステとの間で戦争が勃発。 オイゲンが所属する傭兵部隊も駆り出され、島には不穏な空気が漂っていた。 そんな中、ルリアには星晶獣らしき声がかすかに聞こえていて……?
#10 「解離」
GRANBLUE FANTASY The Animation #10 「解離」 エルステ帝国に攫われたルリアを捜し、グランはアウギュステの街を駆ける。 同じ頃、帝国軍により騎空艇の発着場が制圧され、ルリアを連れたポンメルンはアウギュステを発とうとしていた。 帝国軍の蛮行に街の人々は傷付き、責任を感じて胸を痛めるルリア。 そんな彼女をポンメルンは「破壊のための道具」と呼び、さらに苦しめる。 今まさに帝国の軍艦へと乗り込もうとした刹那、立ち塞がる帝国兵を薙ぎ払いルリアの元へグランが駆け付ける。 混乱を極めるアウギュステの海に、さらに轟音とともに巨大な水柱が上がった。 現れたのは島の守り神とされる、水の星晶獣・リヴァイアサン。 突如現れた巨大な竜は、軍艦もろとも街を破壊し始めるのだった。