「動物 事件」の検索結果

今すぐ視聴する

謎の飛行物体
怪事件ファイル 謎の飛行物体 UFOに関する体験談はあとを絶たない。さらに凶暴な青い目の生き物の目撃談も...。1978年、あるオーストラリア人のパイロットが訓練飛行を行った。その時、彼は航空管制官に"飛行機の上を奇妙な物体が飛んでいる"と必死に訴えていた。2005年にはテキサスに家畜を襲う動物が出没。それは青い目を持つ不思議な姿の生き物だという。これらの奇妙な事件の真相は?
#18 動物たくさんデス
歌舞伎町シャーロック #18 動物たくさんデス TVやネット上で「ヒーロー探偵」と呼ばれ大人気のモリアーティ。大忙しの彼はパイプキャットへ、自分の受けきれない依頼を代わりに受けてほしいと相談にやってきた。モリアーティの様子を気にするシャーロックだが、もたらされた依頼の中の「動物園で動物が殺害された事件」に興味を持ち依頼を引き受けることに。シャーロック、ワトソン、モリアーティの3人は、事件のあった歌舞伎町動物園で猿、狼、雉の檻を調べる。
第9話
Burning Ice<バーニング・アイス>-無証之罪- 第9話 兄の朱福来(ジュー・フーライ)と故郷に帰ると決心した朱慧如(ジュー・フイルー)は、別れの挨拶をするために駱聞(ルオ・ウェン)に会いに行く。駱聞に代わって“雪だるま”を捜すと決めた厳良(イェン・リャン)と林奇(リン・チー)は、事件現場に残された証拠品である動物の骨“ガラハ”について調べを進めることに。その頃、李豊田(リー・フォンティエン)に連れ去られた郭羽(グオ・ユー)は、火葬場の床で目が覚める。
第8話『舞台そでの笛吹き』
Fairy gone フェアリーゴーン 第8話『舞台そでの笛吹き』 クラーラを心配するセルジュ、フリーも合流するが、マーリヤたちの奇襲作戦は成功し、〝黒の四〟を入手。 一方、新型の人工妖精の暴走事故は、式典での配備を見送るという形で決着していた。 式典当日、天壇に立つ首相ゴルバーン。そして、大公シュヴァルツ・ディーゼとレイ・ドーンの二人。レイ・ドーンは、マーリヤとヴェロニカの故郷を焼き払った張本人。そんなレイを眼光鋭く捉える、ヴェロニカ。群衆の声援が高まる中、事件が起きる。
第24話
Fairy gone フェアリーゴーン 第24話 【無料最速】「Fairy gone フェアリーゴーン」毎週水曜日22時30分に最新話を無料最速放送!【Abemaビデオで最新話無料】
第2話 『狼の首輪と白鳥の羽』
Fairy gone フェアリーゴーン 第2話 『狼の首輪と白鳥の羽』 戦いの中、特異体質により妖精〝アッシュクラッド〟に取り憑かれたマーリヤだったが、 フリーの機転によりドロテアへ入隊する。早速、初任務へ遣わされるが、 現れたマフィアは、フリーの元戦友にして妖精兵ウルフラン・ロウだった。
第3話 『欲ばりキツネと嘘つきカラス』
Fairy gone フェアリーゴーン 第3話 『欲ばりキツネと嘘つきカラス』 ヴェロニカらが狙う〝黒の妖精書〟が発見されたとの報を受け、塔の都の妖精学者、カインとダミアンの元を訪ねるフリーとマーリヤ。そこに現れた謎の美女、スウィーティー。そのキャラクターに翻弄される二人だったが──
第4話 『せっかち家政婦とわがまま芸術家』
Fairy gone フェアリーゴーン 第4話 『せっかち家政婦とわがまま芸術家』 スウィーティーもまた、黒の妖精書が狙いだった。 妖精〝スクライカー〟を操り、黒の妖精書を奪い去ろうとするが、マーリヤの捨て身の攻撃により撃退に成功する。 だが本部へと戻るべく食事を摂っていたところ、彼女の差し向けた掃除屋に襲われ、マーリヤは絶体絶命の窮地に追い詰められる。
第9話『転がる石と七人の騎士』
Fairy gone フェアリーゴーン 第9話『転がる石と七人の騎士』 首相暗殺は未遂に終わり、暗殺を阻止したハイブランツ公ディーゼは褒賞としてこの世に七振りしかない〝妖精武器〟の所有を認められることとなった。 国宝でもある妖精武器〝フラタニル〟と共にディーゼの護送を命じられたフリー、マーリヤ、オズ、リリーたちは専用列車へと乗り込む。 そこへ襲撃者が現れ──
第13話 『雨音の罪と白雪の罰』
Fairy gone フェアリーゴーン 第13話 『雨音の罪と白雪の罰』 ディーゼは別働隊としてウルフランらと共に隠し通路を進み、ついに皇帝の前にたどり着く。そこにレイ・ドーンが現れ、ディーゼの野望を阻止した。その『救国の英雄』の胸に去来するのは十二年前、マーリヤとヴェロニカの故郷スーナを焼いた苦い記憶──
第16話 『笑いころげるトンビ』
Fairy gone フェアリーゴーン 第16話 『笑いころげるトンビ』 国内唯一の貿易拠点ベイルンの船島で大量の禁制品と共に、黒の妖精書〝黒の九〟が発見された。 確保へ向かうマーリヤたち。一方で妖精学者ダミアンとヴェロニカ、さらにスウィーティーとパトリシアの二人も船島へと集結。 三大マフィアの一つ『グイ・カーリン』幹部のイージェイを交え、三つどもえの戦いとなる。
第18話 『踊るネズミと折れた角』
Fairy gone フェアリーゴーン 第18話 『踊るネズミと折れた角』 ドロテアの活躍により〝黒の三〟〝黒の六〟が妖精省の手に渡る。残るはグイ・カーリンの四大幹部最後のひとり、イージェイの所持する〝黒の九〟のみ。潜伏先へと向かうフリー、マーリヤらは意気込む。 だがイージェイは、独自の研究により〝培養型妖精兵〟を生み出していた。
第19話 『悲しい声と黒い本』
Fairy gone フェアリーゴーン 第19話 『悲しい声と黒い本』 ウルフランに〝黒の九〟が奪われ、ついに黒の妖精書が揃ってしまう。 それらを影で手引きしていたのが、マルコ・ベルウッドとその右腕であるグリフ・マーサーと判明し、妖精省を一斉検挙するためドロテアが動く。果たして彼らの目的である『あらまほしき世』とは…。
第20話 『はじまりの森』
Fairy gone フェアリーゴーン 第20話 『はじまりの森』 アインツ教団。〝黒の妖精書〟が記す〝神獣〟の復活。 捜査の過程でスーナを訪れたマーリヤは〝災いの子〟と呼ばれ疎まれてきた自分と、〝幸いの子〟と呼ばれ誰からも寵愛を受けてきたヴェロニカの真実、そして神獣復活のために必要な素材は何なのか、その秘密を知ることになる。
第21話 『錆びた強者と開かない扉』
Fairy gone フェアリーゴーン 第21話 『錆びた強者と開かない扉』 教団が狙う最後の素材──〝妖精憑き〟。 彼らがそれをひとりでも手にすれば、かつて、古代トゥパール王国を滅ぼしたほどの力を持つ〝神獣〟が甦るという。 そして〝妖精憑き〟であるマーリヤ、レイ・ドーン、ヴェロニカの三人は、教団の陰謀によりロンダキアへと誘導されつつあった。
第22話 『終焉のパレード』
Fairy gone フェアリーゴーン 第22話 『終焉のパレード』 それぞれの思惑をのせ、暗殺された首相の国葬の車列が走る。 葬儀を強行するレイ・ドーン。それを狙い、妖精兵を率い襲撃をかけるウルフラン。 警護するドロテア。潜むヴェロニカ。それを探すマーリヤ。 そして闘いの匂いに惹かれ──ビーヴィー・リスカーが現れる。
第23話 『覚めぬ夢より出でしもの』
Fairy gone フェアリーゴーン 第23話 『覚めぬ夢より出でしもの』 パナム山に大穴を穿ち、神獣が甦る。無差別で徹底的な浄化が人々を襲う。 教団やリスカー隊は壊滅しつつあり、個々の闘いは終わりを迎えつつあったが、神獣を止める手立ては見つからない。 その時。マーリヤは神獣の咆吼のなかに、破壊衝動以外の意志を感じとる。
第1話 『灰かぶりの少女』
無料
Fairy gone フェアリーゴーン 第1話 『灰かぶりの少女』 大戦が終わり9年。 マーリヤ・ノエルは違法に妖精を取引するオークションで幼なじみ、ヴェロニカ・ソーンと再会する。だが彼女は、二人の故郷を焼いた男への復讐者となり果てていた。 潜入捜査していた違法妖精取締機関『ドロテア』のフリー・アンダーバーと戦うヴェロニカを、 マーリヤは止めようとし──
第5話 『黒い月と迷い子の唄』
Fairy gone フェアリーゴーン 第5話 『黒い月と迷い子の唄』 追い詰められたマーリヤの前に現れたのは、ヴェロニカだった。 妖精〝ブラッドドーター〟を操って戦う彼女。激しい戦闘に手が出せず、己の無力さに歯噛みするマーリヤだったが、その悔しさが最高潮に達したその時、〝アッシュクラッド〟が現れて暴走する。高熱が吹き荒れ、辺りは炎に巻かれてしまう。 一方、フリーも強力な刺客と対峙していた。
第6話 『旅の道連れ』
Fairy gone フェアリーゴーン 第6話 『旅の道連れ』 皇帝、首相、二人の大公を迎え、盛大に行われる終戦記念式典が迫りつつある最中、試験配備されていた軍の新型人工妖精の暴走事故が起こる。 調査にあたるドロテアの面々。妖精の保全や行政を担当する妖精省、軍を管轄する軍部省も事態を重く見て動き出す。 さらに黒の妖精書〝黒の四〟に関する新たな情報が入り、マーリヤは同僚のクラーラと共に手がかりとなる男を追う。
第7話 『がんこな鍛冶屋と偏屈ウサギ』
Fairy gone フェアリーゴーン 第7話 『がんこな鍛冶屋と偏屈ウサギ』 再び新型人工妖精の暴走事故が起こり、究明が進まないまま、内部犯行を疑う上層部同士の対立も激化していた。フリーは情報屋を使って独自に調査を進めるが、決定的な証拠はつかめずにいた。また、〝黒の四〟を落札した黒幕に関しての情報を得ていたマーリヤらだったが、男は政府にも太い繋がりを持つ権力者で、容易に手が出せない。そこへ見透かしたようにスウィーティーが現れ、とある協力を持ちかける。
第10話『災いの子』
Fairy gone フェアリーゴーン 第10話『災いの子』 襲撃者の正体は、妖精武器〝ガドファクス〟を持つ伝説の妖精兵、ビーヴィー・リスカーだった。統一戦争で活躍した代表的な妖精兵〝七騎士〟の一人でもあるリスカーを前に、ドロテアは圧倒される。仲間を殺され、フラタニルを奪われ、リスカーは消えた。自分のせいで皆が不幸になる。改めて自身を見失ったマーリヤは、かつて親代わりに育ててくれた義侠団の首領・ジングルを訪ねるのだった。
第11話『招かざる音楽隊』
Fairy gone フェアリーゴーン 第11話『招かざる音楽隊』 突如、ディーゼが統一ゼスキアからの独立を宣言し挙兵した。ウルフランの暗躍、人工妖精の暴走、首相暗殺未遂、リスカーによる列車襲撃。全ては此処へと至るべく描かれた絵図であり、独立戦争のための準備だった。統一軍もこれに即応、公都ハプシュタットへと鎮圧部隊を派遣する。ドロテア局長であり〝七騎士〟の一人であるネイン・アウラ―も鎮圧部隊に合流する。一方で、マーリヤ、フリーたちは首都ロンダキアに駆け戻るが――。
第12話『無力な兵隊』
Fairy gone フェアリーゴーン 第12話『無力な兵隊』 公都ハプシュタットでの戦いは陽動作戦で、ディーゼの真の狙いは皇帝と首相ゴルバーンのいる首都ロンダキアだった。リスカーが手練れの傭兵集団を率いてロンダキアを急襲し、統一軍は壊滅的な打撃を受ける。マーリヤ、セルジュ、クラーラ、そして妖精武器〝ヴェロスティール〟を手にしたフリーはリスカーを追い、宮殿へと突入する。
第14話 『歯車がとまる城』
Fairy gone フェアリーゴーン 第14話 『歯車がとまる城』 皇帝を救ったレイ・ドーンが領地へ戻ることになった。ドロテアはレイ・ドーンの警護を命じられるが、マーリヤは複雑な胸中を隠せない。ヴェロニカも護送中のレイ・ドーンを尾行して、復讐の機会を窺っていた。その途上、橋が爆破され一行は足止めを喰らい、古城で一泊することになる。レイ・ドーンに近付くウルフラン、そしてヴェロニカ。マーリヤとフリーは彼らと再び対峙する。
第15話 『裏町の草ひき』
Fairy gone フェアリーゴーン 第15話 『裏町の草ひき』 ディーゼの反乱の影には常にウルフランの暗躍があった。結局はそれら全てを裏切り、果たして男は何を目的に動いているのか。 事後処理で、ひたすらに反乱者の捜査と摘発の日々が続くドロテアの面々。マーリヤは自責の念にかられながらも職務にあたる。そんな中フリーは、ディーゼに内通したと思われる元王族、クリストフ・ラーンの存在にまでたどり着く。
第17話 『砂の上の天秤』
Fairy gone フェアリーゴーン 第17話 『砂の上の天秤』 かくて〝黒の九〟を含む黒の妖精書三部がグイ・カーリンの手に渡り、六部が妖精省の管理下となった。九つ揃った時、そこに何があるのか。ヴェロニカの過去を知るダミアンに、マーリヤは反発するが、彼は更なる危険な勢力の存在を示唆する。 フリーは、スウィーティとの司法取引により容疑者リストを入手、グイ・カーリンを本格的にあぶり出し壊滅する作戦にでるが、組織の手は政府内にも伸びていた。
第76話 過去からの手紙
無料
エスパー魔美 第76話 過去からの手紙 昔、仲良しだったコウ兄ちゃん。急に引越していったので借りた動物図鑑を返せないままでいた。その図鑑の中に、5歳の魔美が今の魔美にあてた手紙があったのだ。「みらいのあたしへ。コウにいちゃんをさがしてください」と。 高畑にも手伝ってもらい引っ越し先を聞いてまわるが、コウ兄ちゃんの居場所は分からないまま…。
第20話 超獣戯画!時にはケダモノのように…
絶対可憐チルドレン 第20話 超獣戯画!時にはケダモノのように… 『ザ・ハウンド』の強化訓練に同行することになった皆本は、訓練中、謎の廃墟を発見する。廃墟を調べてみると、そこが動物を改造する超能力実験施設だとわかった。ポッドに入れられた改造モモンガたち。と、そこに1つだけ空っぽのポッドを発見する。『超能力を持った・・・、モモンガ・・・』皆本が何かに気付いたその頃、チルドレンたちは下校の真っ最中。ふと前を見ると、目の前に買い物袋が落ちている。中にはヒマワリの種が。あたりを見回してみると衰弱した一匹の小動物がいた。そう、いつも兵部といっしょにいるモモンガの桃太郎だ。自宅に連れ帰り介抱をする3人。目覚めた桃太郎は、なんと!記憶を失っていた!?
発砲繰り返し「爆発させる」バスに12時間立てこもる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 発砲繰り返し「爆発させる」バスに12時間立てこもる  東ヨーロッパのウクライナで武装した男がバスの乗客を人質に取って約12時間にわたって立てこもり、その後に拘束されました。乗客は全員、無事です。  ウクライナ西部のルーツクで21日、拳銃を持った男が路線バスの乗客約20人を人質に取りました。インタファクス通信によりますと、男は発砲を繰り返し、バスの窓から手投げ弾のようなものを投げ付けました。男は自らを「悪人マキシム」と名乗り、ウクライナのゼレンスキー大統領に動物保護を訴えるドキュメンタリー映画の鑑賞などを要求し、「従わない場合、市内に設置した爆弾を爆発させる」と脅迫していました。AP通信によりますと、ゼレンスキー大統領がその後、フェイスブックで映画の鑑賞を呼び掛けたことを受け、男は人質を全員解放して警察に投降しました。この事件でけが人はいませんでした。