「動画 制作 ツール」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

天使ちゃんの服~誕生死だったあなたへ~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 天使ちゃんの服~誕生死だったあなたへ~ 「天使ちゃんの服」は、死産や流産で亡くなった赤ちゃんのための服です。 一度は命が宿った誕生死とも呼ばれる赤ちゃんの突然の死は、家族を深い悲しみに包みます。せめて赤ちゃんにぴったりのかわいい服で送り出してほしい。天使ちゃんの服を作る秋田市のNPO法人ここはぐは、「おくりばこ」という棺も制作し、秋田に留まらない展開を目指します。 誕生死を経験した人の思いを集めて形にしたいと奮闘する姿を追いました。
那須岳雪崩事故の真相
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 那須岳雪崩事故の真相 017年3月、栃木県那須岳の雪崩事故で、大田原高校山岳部の生徒7人と教諭1人が亡くなった。県の検証委員会は「自然発生と、人為発生という両方の可能性を否定できない」と結論付けた。真実が明らかにされていないと、強い不満を抱く遺族たち。その日、山岳部員たちはどのルートを、どのように行動していたのか。そして雪崩はどこで発生したのか。関係者の証言、事故現場の画像解析で、雪崩の全容に迫った。
AYA世代の闘い ~がんと向き合う19歳~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 AYA世代の闘い ~がんと向き合う19歳~ 19歳の青年に突き付けられた現実は残酷だった。 脳に見つかった悪性腫瘍。がんを宣告された中村嶺也さん(19)は7年前に母親を亡くしていた。 15歳から30代後半にかけてのがん患者は「AYA世代」と言われ、進学や就職などの将来への不安や葛藤を抱えている。 19歳の青年が直面した苦難。その時家族は 。―何気ない日常を取り戻す19歳の姿をカメラが追った。
お山に生きる
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 お山に生きる 死者・行方不明者63人を出した御嶽山の噴火災害から5年。 神が鎮まる山とされ、古くから信仰の対象とされてきたその山の麓で40年以上、強力(ごうりき)として生きてきた男性がいる。数十kgの荷物や時には人も背負う。「お山」と呼んで親しんできた御嶽山の悲劇を前に自分にできることは何か 。 行きついた答えは、行方不明者を見つけ出し...家族の元にかえすことだった。男性の生き様と捜索への思いを描く。
テレメンタリースペシャル「令和を生きる君へ」
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 テレメンタリースペシャル「令和を生きる君へ」 明治、大正、昭和、平成と時は流れ、令和の時代になりました。 めまぐるしく変わる社会の変化、そして時を経ても変わらないものが今、令和の時代に生きる若者を苦しめています。性的マイノリティ、先住民族、仮放免者・・・。 2019年のテレメンタリーで放送した番組の中から”令和の時代を生きる”5人の若者に焦点を当て、今後、解決すべき課題を示します。
よみがえれ、ジモセン
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 よみがえれ、ジモセン 国内有数の温泉地・別府には、地域ごとに住民用の公衆浴場(ジモセン)が数多く存在する。そのうちのひとつ、梅園(うめぞの)温泉は2016年4月の熊本地震で建物に被害を受けたために惜しまれながらも廃止に。しかし「地域の交流の場」を失った住民から復活を求める声が相次ぎ、ついには一部の住民が再建に立ち上がった。梅園温泉復活に向けた住民の奮闘と、復活を待ち望む住民の想い、そして、復活した梅園温泉に再び集った住民たちの喜び...梅園温泉をめぐる悲喜こもごもの人間模様
3.11を忘れない 命を懸けた娘へ
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 3.11を忘れない 命を懸けた娘へ 岩手県釜石市の小笠原人志さんは、大槌町役場の職員だった長女(当時26歳)を失いました。「命を懸けて町民を守ることが出来るのか」就職にあたって娘に問うた言葉に、小笠原さんは今も後悔にも似た気持ちを抱き続けています。その死について詳細な説明がないまま、娘が一生の仕事の場として選んだ旧役場庁舎は解体されることになりました。消えていく娘の生きた証。東日本震災からまもなく8年、亡き娘のため立ち上がった父親の静かな闘いを見つめました。
“3.11”を忘れない プレハブのふるさと
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 “3.11”を忘れない プレハブのふるさと 「ここは第二のふるさと」住民たちからそう呼ばれた仮設住宅団地があります。 宮城県名取市の箱塚桜団地。津波で壊滅した閖上地区の住民が暮らした場所です。去年4月、想定をはるかに超える7年間の役目を終え、閉鎖されました。 いつかは無くなる仮の町に「ふるさと」を作り上げた住民たちは、どのような日々を過ごしたのでしょうか。そして今、仮設を卒業して向き合う新たな現実とは。箱塚桜団地で暮らした人々の8年を追いました。
揺らぐ ~袴田事件とDNA鑑定~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 揺らぐ ~袴田事件とDNA鑑定~ 2018年6月、東京高裁にどよめきが走った。袴田事件の再審開始決定が取り消されたのだ。 死刑囚でありながら自由の身である袴田巌(82)は「嘘だ」と聞く耳を持たなかった。 高裁決定後も袴田は変わらぬ生活を送る一方で、再収監への不安は消えない。静岡地裁が一度は認めていた再審がなぜ、覆されたのか。その理由を紐解くと、重要証拠のDNA鑑定の信用性を巡って見解が対立する2つの司法の姿が見えてきた。 揺れる司法と自由。袴田事件の深層に迫る。
はしりたい ~難病A-Tと向き合う母子(おやこ)の絆~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 はしりたい ~難病A-Tと向き合う母子(おやこ)の絆~ 平均寿命約26歳、治療法のない難病A-Tを患う、青森市の小山内龍弥君(11)。 病気の症状は悪化の一途を辿り、歩行が困難となり、3年前に車椅子での生活となった。 母親の美和子さん(37)はNPO法人を立ち上げ、県内だけでなく東京などで病気の周知活動を続けている。 いつも一緒に過ごして来た二人だが、病状が進むにつれて夢や将来のことについて語らなくなった。 それでも、病気に負けず、未来をみつめる親子のストーリーを描く。