「動画ニュース 台風」の検索結果

今すぐ視聴する

今年最強の台風列島直撃へ 3連休は広範囲で大荒れ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 今年最強の台風列島直撃へ 3連休は広範囲で大荒れ  台風19号は今年最も強い台風に発達しています。  大型の台風19号は現在、日本のはるか南の海上にあります。台風は発生から急速に発達を続け、現在の中心気圧は915ヘクトパスカル、最大瞬間風速は75メートルと今年最強の猛烈な台風となっています。この後は北上を続けて12日には東日本や西日本にかなり接近し、3連休の列島を直撃する見込みです。広い範囲で大雨や暴風の影響が出る危険な台風となることが予想され、早めの備えが必要です。
いまだ爪痕が…「もう逃げる」 “最強台風”接近中
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 いまだ爪痕が…「もう逃げる」 “最強台風”接近中  今年最強の台風19号はグアムなどを通過し、大型で猛烈な勢力で日本列島に向かって北上しています。一方、台風15号の爪痕がいまだ多く残る千葉県では新たな台風の接近に住民から不安の声が上がっています。  今年、最も発達している台風19号。大型で猛烈な勢力で北上を続けています。その台風19号が3連休中に関東を直撃する恐れが出てきています。  先月、関東を襲った台風15号。各地に大きな被害をもたらしました。千葉県鋸南町。この地域も台風通過直後に停電や断水に見舞われ、多くの家屋にも被害が出ました。住民に自宅の中を見せてもらいました。一見、片付いているように見えますが、壁に開いた穴はビニールで覆っただけ。天井も剥がれている状態です。  復旧半ばでの台風接近。ホームセンターでは、ブルーシートや水、防災グッズなどの特設スペースを用意したそうです。
大型で強い台風18号 列島に接近…今後の進路は?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大型で強い台風18号 列島に接近…今後の進路は?  またしても台風が日本列島に近付いています。大型で強い台風18号は勢力を拡大しながら沖縄の石垣島に接近していて、西日本や東日本にも雨や風が強くなる恐れがあります。  時速20キロ前後で進む台風18号。接近する沖縄県石垣島では生活に影響が出ていました。石垣島や宮古島を含む沖縄県の先島諸島では、9月に接近する台風は5個目。これは21年ぶりの多さとなっています。  台風18号はこの後、中国大陸沿岸朝鮮半島に進んだ後、来月4日には山陰沖の日本海海上に進みます。この際に温帯低気圧に変わる見込みですが、今週後半に西日本や東日本でも強い風や雨の恐れがあります。今月30日正午に大型で強いに勢力が変わった台風18号。石垣島では午後3時すぎに最大瞬間風速30.8メートルを観測してちょうど同じころ、石垣港に架かる橋は閉鎖されて通行禁止になりました。  開設された避難所に身を寄せる人も出てきました。台風18号は強い勢力のまま、30日夜、石垣島などに最も接近する見込みです。  (仲本祐貴記者報告)  台風が接近する石垣島では午前中よりも台風の接近に伴って風が強くなり、時折、非常に強い風が吹いています。そして、昼すぎからは雨も強くなって肌を刺すような横殴りの雨が降っています。石垣島で一番大きな通りは外を出歩く人の姿はあまり見られません。そして、多くの店がシャッターを閉めて台風に備えていて、いつものような活気はありません。また、台風の影響で島内のコンビニエンスストアや商店では、おにぎりや野菜などの商品が…
“今年最強”台風接近中 不安に備える3つの満タン
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “今年最強”台風接近中 不安に備える3つの満タン  週末に向けて近付いてくる今年最強の台風19号への備え、そして、何が一体起きるのか。気象予報士の今村涼子さんの解説です。  台風19号の特徴ですが、とにかく威力が強いということがいえるわけなんです。それが雲画像にも表れていまして、台風の雲というのは形が整っているほど勢力が強く危険な台風ということが多いんですけれども、今回もほぼ左右対称に整った円形の形をしているんです。8日午後、猛烈な勢力で大型となっています。  これが今後、どのように進むかなんですが、北上を続けまして、12日の午後、円内のどこかに進む予想でして、その後に13日にかけて北東方向に向いてくるという形になりそうで、早ければ12日中に西日本から東海、関東のどこかに上陸という恐れも十分に出てきています。まだ、広い範囲で絞り切れてはいないんですけど。  今回、問題なのが接近時の強さなんです。そこで今回と似た台風、過去のもので見てみますと、まずは先月、千葉に大きな被害を出した台風15号。そして、去年、関西を直撃した台風21号があります。台風というのは気圧の数字が低いほど強い台風となるんですが、19号の今回、接近時の予想が940ヘクトパスカル台の可能性があります。15号よりも強いという恐れが出てきているんです。  そうなると、当然、この2つの台風よりも強い風が吹き荒れて、この2つの台風で被害が長引いたのがやはり大停電でした。全面復旧するまでに2週間以上もかかったわけなんですが、今回もこれレベルの大規模停電が直撃される地域では…
コロッケが大売れ 電気もガスも使わぬ“台風対策”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 コロッケが大売れ 電気もガスも使わぬ“台風対策”  11日は台風に関するキーワードが続出しました。なかでも注目なのが「台風コロッケ」です。  東京・江東区の弁当店。厨房(ちゅうぼう)では大量のコロッケを揚げていました。台風コロッケ。ここ数年、台風が近付くとスーパーや弁当店でコロッケが飛ぶように売れます。7個200円。今回は約350個用意しました。店頭に並べて約3時間で280個の台風コロッケが飛ぶように売れたといいます。
台風19号 猛烈な勢力に発達へ 3連休は注意が必要
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 猛烈な勢力に発達へ 3連休は注意が必要  6日未明に発生した台風19号は今後、猛烈な勢力にまで発達する見込みで、週末からの3連休は台風の影響に注意が必要です。  台風19号は現在、日本の南の海上を西に進んでいます。台風は9日には猛烈な勢力にまで発達する見込みです。進路は次第に北寄りに変わる予想で、今年一番の勢力で日本列島に近付く可能性があります。次の3連休は広い範囲で台風の影響を受ける恐れがあり、今後の情報に注意が必要です。
台風19号は猛烈な勢力に発達へ 3連休に列島直撃か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号は猛烈な勢力に発達へ 3連休に列島直撃か  6日に発生した台風19号は現在、大型で強い勢力になっています。9日には猛烈な台風にまで発達して12日からの3連休に列島を直撃する恐れが出てきています。  大型で強い台風19号は現在、本州の南約2500キロの海上を時速30キロで西に進んでいます。8日以降は進路を徐々に北寄りに変え、9日には最も強い猛烈な台風にまで発達する予想です。3連休初日の12日は西日本を中心に大きな影響が出る恐れがあります。今後の台風情報に十分注意して下さい。
台風19号が伊豆半島に上陸 気象庁
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号が伊豆半島に上陸 気象庁  大型で強い台風19号は、勢力を保ったまま12日午後に静岡県の伊豆半島に上陸しました。  台風19号は、強い勢力のまま午後7時前に静岡県の伊豆半島に上陸しました。午後9時には関東を直撃します。その後、台風は速度を上げて13日の未明には福島県沖に抜けていきます。今年に入って日本に上陸した台風は5個目です。また、10月の上陸としてはおととしの2017年以来のことです。
“最強”台風19号が関東直撃か 千葉の被災地では…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “最強”台風19号が関東直撃か 千葉の被災地では…  台風19号は依然として大型で猛烈な勢力で北上中です。千葉の被災地ではガソリンスタンドに長い列ができるなど、早くも影響が出ています。  いざという時に携帯電話の充電や遠くまで買い出しに重要なガソリン。1カ月前の教訓を生かし、早めの行動が取られています。気象庁は9日午後、臨時の記者会見を開きました。台風19号は先月の台風15号よりも勢力が強く、今年最強といわれています。もし非常に強い勢力で上陸すれば、去年、大阪などで被害が相次いだ台風21号以来となります。  先月の台風15号で甚大な被害を受けた千葉県。鋸南町は今も多くの住宅がブルーシートで覆われたままです。被災した住宅では補強作業が行われていました。窓に張った板などが飛ばないよう急きょ、大工さんを呼んで補強の応急処置をしました。千葉県では9日午後に災害対策本部会議が開かれ、台風19号の対策が話し合われました。  1カ月前の15号と同じような進路をたどるかもしれない台風19号。農家も不安を抱えています。本来なら今週末に収穫する予定でしたが、ナシが風で落ちて傷が付いてしまう前に収穫を早めました。  一方で、急いで収穫はしない果樹園もあります。そこでは、意外な作業が行われていました。台風が近付いているというのに、ブルーベリーを風から守るための防風ネットを外しています。さらにナシ園でも。たわわに実った大玉のナシ。重みがあり、風の影響で落ちやすいといいますが、こちらでも一部の防風ネットを外しました。この状況で一体なぜ。本来、強風から果実…
台風対策のブルーシートやテープ 軒並み売り切れ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風対策のブルーシートやテープ 軒並み売り切れ  上陸が12日に迫った台風19号。台風が迫るなかでホームセンターも多くの人が詰め掛けて相当、混乱したようです。東京・東久留米市から報告です。    (若槻麻美ディレクター報告)  夕方の時間帯になって買い物客はだいぶ落ち着きました。ただ、売り切れが出ています。山積みされていた養生テープがありましたが、2時間ほどでなくなりました。今回の台風の備えで最も売れた一つが養生テープだということです。スーパービバホーム東久留米店の11日午前10時には仕入れたばかりのビニールシートが通路いっぱいにありましたが、今はほとんどありません。すでに欠品も出ているということです。店長に話を聞くと、売り上げは通常の3倍ということで、台風の前から備えグッズが売れるというのは異例で、珍しいといいます。それだけ今回の台風に防災意識の高まりを感じます。
台風19号に備えろ 千葉県の被災地に不安広がる
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号に備えろ 千葉県の被災地に不安広がる  先月の台風15号で被害を受けた千葉県では、住民らが自宅の補強作業に追われています。  小田部譲さん(79):「窓が飛んだら屋根がひとたまりもないから、これでも不安」  千葉県市原市の小田部さんは1カ月前の台風で屋根を飛ばされ、ブルーシートを張った家に1人で暮らしています。週末に直撃が予想される台風19号に備えて窓の補強工事などをしていますが、不安は消えません。  小田部譲さん:「お手上げ。心もとないよ、本当に。あとは神様って感じ。今度は雨も結構ありそうだしね」  千葉県では9日午後1時半から災害対策本部会議を開いて、台風19号への対策を話し合うことにしています。
先月“甚大被害”の千葉・南房総市 1100人が避難
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 先月“甚大被害”の千葉・南房総市 1100人が避難  大型で非常に強い台風19号が関東地方に接近しています。先月の台風15号で甚大な被害を受けた千葉県南房総市では特に警戒が強まっています。  (社会部・古武家朋哉記者報告)  南房総市では未明から雨が降り始めました。12日午前まで雨風そこまで強くはなかったんですが、午後になって雨風強くなってきました。木々が横になびいたり、また、波が大きくうねって海岸に打ち寄せている様子が見えます。南房総市は先月の台風15号の影響で、分かっているだけでも2400軒以上の建物に被害がありました。今も屋根にブルーシートを張っている建物が見える範囲でも30軒以上はあります。台風15号を経験したことから、皆さん、11日のうちに窓ガラスが割れて飛び散らないようにテープを張ったりするなど、これから近付いてくる台風に備えて早めの準備をしていました。また、市では18カ所の避難所を開設していて、12日午前9時現在で540世帯1100人の市民が避難しています。これは先月の台風15号の際の20倍の人数となっていて、理由としては、家屋が被災した人や、家屋は被災しなかったものの怖い思いをした人などが多くいるからだそうです。住民の人々は外を出歩かず、これから近付いてくる台風に備えて自宅や避難所などで過ごしています。
台風19号まもなく上陸へ 河川増水…各地で猛威
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号まもなく上陸へ 河川増水…各地で猛威  台風19号は上陸前からすでに各地に被害をもたらしています。今回の台風19号についてまとめました。
台風18号に見舞われ停電や通信障害 石垣市など混乱
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風18号に見舞われ停電や通信障害 石垣市など混乱  強い台風18号は現在、沖縄県の与那国島の北を進んでいますが、先月30日夜から台風が通過した先島諸島の石垣市などでは停電のほか、全域で電話が不通になるなど混乱が続きました。  台風18号の影響で沖縄電力によりますと、石垣市と沖縄県竹富町で一時、最大2490戸が停電したということです。また、NTT西日本によりますと、午後9時45分ごろ、通信障害が発生して石垣市と竹富町の全域で一時、電話が不通になったということです。新石垣空港ではシステムが使えなくなり、全便がストップしました。  利用客:「連絡が取れないから厄介です。朝早く来れば、何とかなると思ったけど」  台風18号は2日には進路を北東に変え、3日には九州北部に接近する恐れがあります。
猛烈な勢力で北上続ける 東海から関東に上陸の恐れ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 猛烈な勢力で北上続ける 東海から関東に上陸の恐れ  今年最強の台風19号は小笠原・父島の南にあって、大型で猛烈な勢力を保ったまま北上中です。12日には東海から関東に上陸する恐れが高まってきました。  台風19号は父島の南南西約490キロの海上をスピードを上げながら北に進んでいます。中心には直径50キロほどの台風の目があり、北側にも活発な雲が広がっています。伊豆諸島の八丈島では台風の外側の雲が掛かり、早くも雨や風が強まってきました。八丈島や小笠原諸島では局地的に激しい雨が観測されています。台風は今後も北上し、12日午後にも非常に強い勢力で東海から関東に上陸する恐れがあります。12日から13日にかけて広い範囲で大荒れの天気となりそうです。
台風19号発生 “猛烈な勢力”で3連休に日本接近か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号発生 “猛烈な勢力”で3連休に日本接近か  6日に太平洋上で発生した台風19号。先月の台風15号以上の勢力で次の週末にかけて日本列島に接近する可能性があり、十分な注意が必要です。
猛烈な台風19号、北上中 3連休に関東直撃の恐れ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 猛烈な台風19号、北上中 3連休に関東直撃の恐れ  今年、最も発達している台風19号は大型で猛烈な勢力で北上中です。3連休中に関東を直撃する恐れもあり、警戒が必要です。  大型で猛烈な台風19号は現在、本州の南約2000キロの海上を西北西に進んでいます。今後はさらに進路を北寄りに変え、10日にかけて猛烈な勢力を維持し続ける予想です。3連休初日となる12日は非常に強い勢力で本州に接近、13日にかけて関東など東日本を中心に大きな影響が出る恐れがあります。今後の台風情報に十分ご注意下さい。
台風接近も…鉄柱は倒れたまま きょう住民説明会
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風接近も…鉄柱は倒れたまま きょう住民説明会  台風19号が近付くなか、巨大な鉄柱が倒れたままになっているゴルフ場周辺の住民は新たな不安にさられています。そんななか、10日午後から鉄柱の撤去を巡って説明会が行われています。  台風15号から一カ月。いまだ撤去作業が進まないなか、倒れた鉄柱は自らの重さでさらに沈み、住宅の損壊がますます進行しています。そんななか、ゴルフ練習場側が倒壊した鉄柱を無償で撤去すると名乗り出た解体業者と契約を締結しました。午後から説明会が開催され、ゴルフ場のオーナーも出席。住民側も25世帯、56人が参加するなか、まずはゴルフ練習場の女性オーナーが住民に向けて謝罪。撤去作業中に家屋が壊れた場合や第三者がけがをした場合の保険に入り、保険料もゴルフ練習場側が負担することなどの説明があったそうです。  そして、ゴルフ練習場周辺の住民には今、新たな不安の声が上がっています。家まで30センチに迫った鉄柱。台風15号でダメージを受けたと思われる残った鉄柱が今回の台風19号で倒れてしまった場合、新たに被害が出る恐れがあります。鉄柱倒壊の原因になったと指摘された練習場のネットは今月初めにすべて取り外されています。  不安と不満を隠せないまま周辺の住民は台風19号に備えます。
【全国の天気】最接近は土曜日 台風19号に警戒を
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国の天気】最接近は土曜日 台風19号に警戒を  台風19号、やはり大きな影響は避けられない状況です。今、発達のピークを迎えてきていて、中心の目がくっきりと見えています。現在も大型で猛烈な勢力を保っています。最新の進路を見ると、きのうよりも東よりのコースになってきています。接近してくるのが、12日。予報円がかかる紀伊半島から関東にかけてかなり接近、もしくは上陸という恐れもあります。この時の中心気圧が950ヘクトパスカルで「非常に強い」勢力を保つ予想で、関東や東海にとっては稀に見る強さの台風となりそうです。このため猛烈な雨や風が伴います。  まずは雨の予想です。金曜日の午後、台風はまだ南海上ですが、太平洋側で雨が降り始めます。そして、土曜日にかけて活発な雨雲が北上。近畿から東海、関東中心に朝から激しい雨になる所がありそうです。さらに、土曜日の午後には台風中心の一番活発な雨雲が押し寄せて、東海、関東甲信、東北南部にかけて中心に猛烈な雨が予想されます。  そして、風も危険な風となりそうです。先月の台風15号では、千葉で最大瞬間風速57.5メートルとトラックが横転する暴風となりました。また、東京都心でも街路樹が根こそぎ倒れていますが、今回もこれ以上の風になる恐れがあります。土曜日午後の風の予想が特に静岡から関東、東北の太平洋側にかけて台風中心の右側に当たると東寄りの猛烈な風が吹き荒れそうです。この影響で大停電や断水などに見舞われることも考えられますので、あす、あさって中に備えをしておいて下さい。では、各地域の警戒時間帯です。  《…
“最強台風”千葉の被災地に迫る「命を守る行動を」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “最強台風”千葉の被災地に迫る「命を守る行動を」  史上最強クラスの台風が日本列島に接近しています。今後、大雨や猛烈な風で首都圏でも浸水や停電の恐れがあります。  史上最強クラス。記録的な豪雨と最大瞬間風速60メートルの風も予想される台風19号は12日にも東海から関東を直撃する可能性が高まっています。すでに各地では影響が。午後1時を回った静岡県伊東市内では、激しく雨が降ってきました。また、沿岸部では波も高くなっています。  各地で大きな被害が予想されるなか、心配されるのは約1カ月前に台風被害を受けた千葉県です。千葉県鋸南町は台風15号では2000棟以上の家屋が半壊、または一部損壊し、町内ほぼ全域で停電となりました。いまだその傷跡があちこちに残るなか…。  家屋を補修する住民;「前の台風でヒビ入っているんで完全にはブルーシートでは防げないんで、恐らく本当に来たらブルーシートももたないんじゃないかな」「(Q.これだけ補強しても?)多分ね」  鋸南町では防災無線で住民に対し、早めの避難と注意を呼び掛けています。しかし、避難をしないという住民も。  酒店のご主人:「(Q.きょうはこれから避難所に避難しますか?)いや、しない。独居老人なので、1人で家を守るしかない。とにかく台風が来ること前提で飛ぶものは全部、結わえたり重くしたりしている」  その一方、千葉県館山市では早めの避難を始める住民も。  気象庁・梶原靖司予報課長:「状況によっては大雨特別警報を発表する可能性があります。土砂災害が多発し、河川の氾濫が相次いだ昭和33年の狩野川台…
台風再来に不安募る千葉 前回の“遅れ”教訓に警戒
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風再来に不安募る千葉 前回の“遅れ”教訓に警戒  台風19号の接近に備え、1カ月前の台風15号で大きな被害が出た千葉県では浸水などに備えて準備が始まっています。一方、JRは、首都圏の在来線や新幹線などは大規模な計画運休を検討しています。  千葉県市川市では市内の26カ所の公園に土嚢(どのう)ステーションが設けられました。10日朝から、住民らは自宅に土嚢を運んで家屋の浸水被害などに備えています。  住民:「(土嚢があると知り)急きょ、来ました。かなり心配してます。家族全員が」  千葉県は台風15号の通過後、被害の全容把握が遅れたことを教訓に衛星電話を持った職員を県内すべての54市町村に派遣することにしています。  一方、JR東日本は12日の始発から13日にかけて、首都圏の在来線や新幹線で大規模な計画運休を検討しています。台風の進路などを見極め、11日午前10時半ごろに発表される見通しです。
台風で「ネット下げて」ゴルフ練習場連盟が呼びかけ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風で「ネット下げて」ゴルフ練習場連盟が呼びかけ  台風15号の被害を教訓に、ゴルフ練習場のネットを下ろすよう呼び掛けています。  台風15号の影響で先月、千葉県市原市ではゴルフ練習場の鉄柱が倒れて住宅10件以上を直撃しました。この被害を受け、全日本ゴルフ練習場連盟は台風19号に備えて各地のゴルフ練習場にネットを下ろすなどの対策を呼び掛けています。ネットが張られたままだと、下した場合に比べて数倍の確立で鉄柱が転倒するという指摘もあるということです。また、建物の倒壊を防ぐために打席の窓を開けて風の抜け道を作ることなども呼び掛けています。
屋根抜け落ちて男性転落死 台風接近で修理中に…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 屋根抜け落ちて男性転落死 台風接近で修理中に…  台風19号が接近するなか、千葉県柏市では男性が台風15号で壊れた屋根を修理していて、転落して死亡しました。  11日午後4時前、柏市にある会社の敷地の建物の「3メートル位の高さの屋根から修理作業中の男性が転落した」と119番通報がありました。消防隊などが駆け付けると、66歳の男性がコンクリートの上で意識のない状態で倒れていて、病院に搬送されましたが死亡しました。男性はこの会社から依頼されて、台風15号で壊れた屋根を修理していて、屋根が抜け落ちたために転落したということです。
台風の脅威 猛烈なしけ 高潮・高波に警戒が必要
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風の脅威 猛烈なしけ 高潮・高波に警戒が必要  上陸が12日に迫った台風19号、高い波が太平洋沿岸に押し寄せてきています。この高波・高潮について、気象予報士の今村涼子さんの解説です。  協力な台風が来ると、その気圧が下がること、さらに暴風によって海面が吹き寄せられて上がるという高潮の恐れが出てきます。今回は一番、台風が接近する静岡から関東の沿岸部にかけてが危険エリアになります。また、海面が上がったうえに見たこともないような高波が予想されています。その波の高さの予想が駿河湾や千葉の外房では13メートルと出ています。相模湾や鹿島灘でも12メートル、東京湾でも三浦半島付近では10メートルが予想されています。これだけ高い波が来ると非常に波のパワーが強く、それが原因で去年に大きな被害が出ています。去年7月、関東から東海沖を西に進んだ台風によって相模湾で高波による被害が発生しました。熱海の海に面したホテルでは窓ガラスが割れたり、小田原では道路が冠水して10台以上の車が高波にのまれるということが発生しました。  満潮時刻は12日午後4時前後で、台風が接近してくる時間帯にあたります。しかも今は大潮の時期にあたっているので非常に海面自体が高くなり、そこに高波が押し寄せることになります。東風が打ち付ける小田原や伊豆半島方面、そして駿河湾など西側の地域で非常に被害が出る恐れがあります。でき得る限りの備えをして頂きたいです。
台風19号 交通機関にも影響 欠航や計画運休も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 交通機関にも影響 欠航や計画運休も  今年最強の台風が12日夜、東海から関東に上陸する恐れが高まっています。  大型で非常に強い台風19号は現在、父島の西の海上を北上しています。今後、台風は非常に強い勢力を保ったまま12日には東海から関東にかなり接近して夜に上陸する恐れが高くなっています。13日朝には三陸沖へ進む見込みですが、広い範囲で暴風や大雨、高潮に警戒が必要です。台風の接近に伴い、12日は欠航便が相次ぐなど各交通機関に影響が出ています。全日空は羽田空港と成田空港を発着する国内線すべての便と中部空港、関西空港を発着する国内線の一部を合わせた490便を欠航すると発表しました。日本航空も国内線513便の欠航を決めていて、合わせて15万人以上に影響が出るとみられています。鉄道各社も12日から大規模な計画運休を検討していて、11日昼ごろまでに詳しい運行予定が発表される見込みです。小田急電鉄では12日の始発から13日昼まで特急ロマンスカーの運転を全線で見合わせることをすでに決めています。
台風18号 沖縄で記録的大雨 電話通じないところも
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風18号 沖縄で記録的大雨 電話通じないところも  台風18号の影響で、沖縄県では石垣島などで電話が通じず詳しい被害の状況が分からない状態になっています。  台風本体の活発な雨雲が掛かり、沖縄の竹富町では先月30日夜、50年に一度の記録的な大雨になりました。石垣島では風速43.2メートルを観測しました。また、石垣島や竹富島などで停電になり電話が通じないため、詳しい被害の状況は分かっていません。大型で強い台風18号は現在、東シナ海を北上していて、すでに八重山地方では25メートル以上の暴風域から抜けています。今後は今月3日にかけて西日本に接近する恐れがあり、注意が必要です。
【全国の天気】“最も危険”台風19号 動向に要注意
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国の天気】“最も危険”台風19号 動向に要注意  今週は台風の動向から目が離せない一週間となりそうです。また、気温の高い傾向も続きます。あす、関東で再び30度以上の真夏日予想が出ています。  では、台風19号、3連休に日本列島に近付いてきそうです。雲の様子で見ると、しっかりと渦を巻いていて、すでに「大型」で「非常に強い勢力」です。今後の進路を見ると、日に日に北上して、週末の土曜日に西日本に近付く予想となっています。ただ、関東など東日本も油断できません。進路を左右するのが東にある太平洋高気圧で、今後、弱まることも考えられ、そうなると、東よりのコースに変わってくるためです。  そして、注目は台風の強さ。あすのピーク時に「猛烈な」勢力まで発達した後、接近時も「非常に強い」勢力です。先月、千葉県内で大きな被害を出した台風15号よりも強く、今年、最も危険な台風といえそうです。そして、今夜からあすは雨が強まる所がありそうです。  今夜9時、東海や関東、中国地方で降っている予想で、夜遅くにかけて関東中心に本降りとなりそうです。あす朝にかけては、北日本や北陸が雨の中心となって通勤時間帯、激しく降る所があるでしょう。北日本では、日中にかけても強い雨が降りやすく、雨量もまとまりそうですので、土砂災害などご注意下さい。    《全国の予報》  ■北日本や北陸は雷雨になる所もあり、夜まで雨が続きそうです。東海も午後、不安定な天気が続きますが、関東は日中晴れ間が出るでしょう。  ■最高気温。東京は29度、関東では30度に達する所がありそうです。仙台、…
【全国の天気】 今年最強台風…最新の進路は
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国の天気】 今年最強台風…最新の進路は  全国の天気予報です。関東を直撃する恐れのある台風19号の進路からお伝えします。  台風19号は週末にかけて北上し、関東など東日本の太平洋側を直撃しそうです。3連休は土曜から日曜に影響が大きくなります。大型で勢力が強いため、暴風雨が長時間続くなど広い範囲に大きな被害をもたらす恐れがあります。  では、いつ台風の影響があるのか見ていきます。東海地方では金曜から雨が降り出し、土曜日は大荒れの天気となりそうです。よく晴れるあす、あさってのうちに対策をお願い致します。続いて関東から北日本です。関東甲信も土曜を中心に外出が危険なほどの暴風雨となる恐れがあります。あすは太平洋側を中心に秋晴れとなりますが、北海道では雨が残って山では雪の所もありそうです。
最大瞬間風速“65メートル”の恐怖!その破壊力とは
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 最大瞬間風速“65メートル”の恐怖!その破壊力とは  大型で猛烈な台風19号が日本列島に迫っています。最大瞬間風速は65メートルと予想されていますが、その破壊力とは。  現在、小笠原諸島の父島南西の海上を北上している台風19号。父島より北の八丈島でも台風の外側の雲がかかり、雨や風が強まっています。12日昼すぎには東海地方の南の海上にあるとみられ、その際の最大瞬間風速は、なんと65メートルと予想されます。風速60メートル超えの威力とは…。  巨大送風機を使っての実験では家屋に見立てたコンテナは50メートルの風で動き出し、ガラス窓がしなりはじめます。そして、風速70メートルではガラスは割れて部屋の中の家具が軽々と持ち上がり、外に吹き飛ばされました。  関東では12日午後から台風の暴風域にかかり、夜には雨風がピークになる恐れがあります。このため、JR東日本では計画運休を検討。空の便でも欠航の可能性があります。  台風が各地に影響をもたらすとみられるなか、愛知県のアウトドア店で売れているものがあります。それは「電池ランタン」です。売れ筋は、あかりだけではなくUSBポートで携帯電話が充電できるタイプだといいます。
台風15号で甚大被害 政府の初動対応を野党が追求
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 台風15号で甚大被害 政府の初動対応を野党が追求  国会では千葉県などで甚大な被害をもたらした台風15号の対応を巡って特別委員会が開かれ、野党側は政府の初動について追及し、認識の甘さを批判しました。  (政治部・岡香織記者報告)  野党側は、8月の台風10号の時には開いた関係閣僚会議をなぜこの時には開かなかったのかと追及しました。  国民民主党・奥野衆院議員:「一方では関係閣僚会議が開かれ、なぜ、一方では開かれなかったか」  西村官房副長官:「状況に応じて総合的に判断しているものでございまして」  国民民主党・奥野衆院議員:「今回、必要ないって判断したということですね。必要ないと判断したから事務方の対応で済ましたと」  西村官房副長官:「必要ある、ないということではなくて、その被害状況を含めて勘案し、判断している」  政府側は「閣僚会議と同等の閣僚懇談会は開催した」と釈明しました。さらに、野党側は台風が直撃した時に内閣改造を行ったことを批判したことに対して、政府側は「対応策をしっかりやっているので、改造と絡めた話ではない」と反論しました。また、武田防災担当大臣は、宮崎県で大きな被害をもたらした台風17号についても激甚災害に指定する見込みだと明らかにしました。