「動画ニュース」の検索結果

今すぐ視聴する

教師間でいじめ コピー用紙の芯で尻が腫れるまで…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 教師間でいじめ コピー用紙の芯で尻が腫れるまで…  神戸市須磨区の小学校で、男性教師が同僚の教師4人から暴行や暴言などのいじめ行為を継続的に受けていたことが分かりました。  神戸市教育委員会によりますと、教師間のいじめ行為があったのは須磨区の市立東須磨小学校です。20代の男性教師は去年から先輩教師4人にコピー用紙の芯で尻が腫れるまでたたかれたほか、無料通信アプリ「ライン」を使って女性教師らに性的なメッセージを送るよう強要されたということです。男性教師は精神的に不安定になり、先月から休職しています。学校側は別の教師からの相談で6月にいじめ行為を把握、7月に市の教育委員会に報告していましたが、市の教育委員会が調査を始めたのは先月、男性教師の家族から連絡が入った後でした。今月に入っていじめをした側の教師4人も休んでいて、市の教育委員会は人員の補充を検討しています。
【全国の天気】関東では連続真夏日 あす記録的暑さ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国の天気】関東では連続真夏日 あす記録的暑さ  東京都心は時折、風が強く吹き抜け、ただ、きょうは30度近くになったため今も気温が高く、生温さが感じられる風。そして、北陸や北日本ではこれからさらに雨や風が強まる恐れがあります。  現在の新潟市内、風が強く、雨も横殴りに。現在、暴風警報が新潟、山形県内に出されています。北陸、東北は今夜が風のピークで、30メートル以上の暴風が予想され、停電などが発生する恐れもあるためご注意下さい。そして、強い雨も続きます。  今夜は特に東北で雨が激しく降り、夜遅くからは北海道の太平洋側でも激しい雨となりそうです。特にあす朝にかけて土砂災害、川の増水など警戒して下さい。そして、あす日中も北海道や日本海側では雨が残りそうです。  北日本では、あすまで強い風が吹く所がありそうですが、土日は西日本を中心に晴れる所が多く、気温が上がります。そして、あすは関東でまた記録的な暑さとなりそうです。あす昼前後の気温を見ると、関東はまるで真夏のように30度以上の赤いエリアが広がります。最高気温は、東京で32度と10月として記録的な暑さになる可能性があります。また、きょう激しい雨が降った千葉県南部鋸南町でも31度まで上がる予想です。週末も復旧作業が続くなか、厳しい暑さとなりそうですので熱中症など十分にご注意下さい。  《全国の予報》  ■西日本から東海、土日は晴れる所が多く、名古屋は2日とも真夏日になる予想です。来週、月曜、火曜は曇りや雨になる所が多く、暑さも落ち着いて真夏日になる所はなさそうです。  ■関東から北…
就寝中の女性の部屋に侵入か 生活保護担当の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 就寝中の女性の部屋に侵入か 生活保護担当の男逮捕  千葉県八千代市の職員の25歳の男が就寝中の女性の部屋に侵入したとして逮捕されました。  八千代市役所の生活支援課に勤務する荒木誠容疑者は8月30日の午前5時ごろ、正当な理由がないのに女性が住むアパートの部屋に侵入した疑いが持たれています。警察によりますと、事件当時、女性は就寝中で物音で目を覚ましたところ、部屋の中に荒木容疑者がいたため110番通報しました。八千代市によりますと、荒木容疑者は生活保護の担当でケースワーカーとして受給者などの支援を行っていました。事件当時は半日休暇を取っていたということです。警察は荒木容疑者と女性の関係性や認否を明らかにしていません。
放火殺人差し戻し審 被告の夫「やっておりません」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 放火殺人差し戻し審 被告の夫「やっておりません」  埼玉県志木市の自宅に放火して妻と4歳の娘を殺害した罪などに問われた夫の差し戻し裁判員裁判が行われ、夫は起訴内容を否認しました。  2008年、山野輝之被告(45・当時の姓は荒木)は志木市の自宅に放火し、妻の荒木奈穂子さん(33)と娘の真弥ちゃんを殺害したなどの罪に問われています。山野被告は一審で無罪、高裁と最高裁で一審に差し戻す判決を受けていました。4日、さいたま地裁で差し戻し裁判員裁判の初公判が行われ、山野被告は「私はやっておりません」と起訴内容を否認しました。検察側は冒頭陳述で「不倫相手と再婚しようとして確定的な殺意による残忍な犯行」と指摘しました。一方、弁護側は「心の病を患っていた妻が放火した可能性は否定できない」などと主張しました。判決は今月末に言い渡されます。
空自戦闘機が滑走路に誤進入 旅客機が着陸やり直し
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 空自戦闘機が滑走路に誤進入 旅客機が着陸やり直し  青森県の三沢空港で航空自衛隊のF2A戦闘機が誤って滑走路に進入し、民間の旅客機が着陸をやり直すトラブルがありました。  航空自衛隊三沢基地によりますと、3日午後0時47分ごろ、三沢空港で飛行訓練のため待機していたF2A戦闘機1機が誤って滑走路内に進入しました。管制官は戦闘機にすぐに滑走路から離れるよう指示する一方、同じ滑走路への着陸許可を受けていた旅客機に着陸を中断させました。旅客機は着陸をやり直し、午後1時2分に到着しました。国土交通省はこのトラブルを深刻な事故につながりかねない重大インシデントに認定し、国の運輸安全委員会が調査を進めています。
台風被害のナシを有効活用 農家からは感謝の声
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風被害のナシを有効活用 農家からは感謝の声  被災した農家から感謝の声が上がっています。台風で売り物にならなくなった大量のナシをあるビールメーカーが買い取り、有効活用しています。  4日から横浜で始まったビールの祭典「横浜オクトーバーフェスト2019」。なかでも、ナシを使ったビールが人気に。  先月、首都圏を直撃し、甚大な被害をもたらした台風15号。神奈川県小田原市では出荷目前のナシが強風により、落下するなどの被害に遭いました。地元のJAでは2トンもの被害に遭ったナシをなんとか生かすことはできないかと考え、JAが相談した相手はクラフトビールメーカーの岩本伸久社長でした。  厚木市にある醸造所には傷が付いてしまい、市場に出せなくなったナシが約350キロ届いたといいます。岩本社長はナシをビールの原料にするのは初めてでしたが、ナシ本来のほのかな香りを生かした白ビールを完成させました。ナシ農家の救世主となった岩本社長は…。  傷付いたナシを買い取ってビールに使った岩本伸久社長:「農家の方がせっかく育てたものを捨ててしまうのは本当にもったいないですし、そういう力に少しでもなれたら」
華厳の滝で遺体収容 クレーン車の費用に約300万円
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 華厳の滝で遺体収容 クレーン車の費用に約300万円  有名な観光地で、自殺したとみられる男性の遺体が収容されました。  警察によりますと、先月1日、栃木県警のヘリコプターが日光市の華厳の滝付近で遺体を発見し、3日から大型クレーン車など9台を準備して4日朝に遺体を収容しました。遺体は身元不明の男性で、自殺の可能性が高いということです。収容作業には約300万円の費用が掛かっていて、日光市が立て替えているということです。華厳の滝では、今回の男性とは別に今年に入って2人の自殺者が出ています。
警察署となりのコンビニで「金を出せ」 犯人逃走中
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 警察署となりのコンビニで「金を出せ」 犯人逃走中  警察署の横にあるコンビニエンスストアで強盗傷害事件があり、犯人の男が逃走中です。  4日午前2時すぎ、広島県三原市のコンビニエンスストアで男が店長の男性(63)に刃物を突き付け「金を出せ」と脅してバールのようなもので店長の頭を殴りました。当時、店内に客はおらず店長が抵抗したため、男は何も盗らずに走って逃げました。逃げた男は40代から50代で黒っぽい作業服に迷彩柄の帽子をかぶり、白いマスクをしていたということです。店長は頭を負傷していて、警察は強盗傷害事件として逃げた男の行方を追っています。
議会サボり“豪華客船ツアー” 市議「入院」とウソ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 議会サボり“豪華客船ツアー” 市議「入院」とウソ  岡山県総社市の男性市議が手術のため入院していると嘘を付いて豪華客船ツアーに参加していたことが分かりました。市議の嘘は思わぬところでばれることになりました。  岡山県総社市議会・仲達幸弘市議(65):「1日だけならという軽い気持ちで欠席届を出してしまったのが大きく後になって…説明を求められるようになった」  と話すのは、総社市の仲達幸弘市議。8月開会の定例議会を欠席。その理由は入院手術としていました。しかし、入院などしていなかったことがひょんなことで判明したのです。  岡山県総社市議会・仲達幸弘市議:「旅行に行った先の写真が新聞に掲載されまして」  これは、地元の新聞に載った何げない1枚の写真。豪華客船ツアーを紹介した記事でしたが、掲載された写真にはなんと仲達市議らしき姿が写っていたのです。ツアーの期間は8月27日からの4日間。一方、仲達市議が入院を理由に休んだ議会は8月28日から。  入院は旅行に行くための嘘。これに仲達市議は最初は反論します。退院証明書やツアーに参加していない証明書も提出。しかし、これらの証明書は市議が作った真っ赤な偽物でした。この事態に所属する共産党は仲達市議に辞職を勧告。仲達市議は4日、市議会に辞職願を提出しました。
激辛カレーを無理やり…教師4人が同僚に悪質いじめ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 激辛カレーを無理やり…教師4人が同僚に悪質いじめ  神戸市の小学校で20代の男性教師が激辛カレーを無理やり食べさせられるなどのいじめを受けていたことが分かりました。いじめていたのは同じ学校の同僚教師4人でした。  兵庫県神戸市の小学校で耳を疑うようないじめが発覚しました。しかも、いじめたのは子どもではなく小学校の現役の教師でした。そして、いじめられていたのは同じ小学校の20代の男性教師です。いじめ行為は、30代から40代の男性教師3人と女性教師1人が去年から執拗(しつよう)に行っていました。  男性教師の訴えによりますと、羽交い締めにされて激辛カレーを無理やり食べさせられ、体に付けられたということです。  「ハゲ」「ボケ」「カス」。このような暴言を執拗に浴びせていました。  男性教師の車の上に乗ったり、車内でわざと飲み物をこぼしたりしました。  男性教師は精神的に不安定になり、先月から学校を休職していますが、4人の処分の内容や職場の改善状況などを踏まえ、刑事告訴を検討するとしています。市教育委員会によりますと、4人はこうした行為については認めていますが、他の20代の教師3人に対しても暴言を吐くなどのいじめ行為をしていたことが新たに分かりました。問題の4人は今月から謹慎させています。
騒音トラブル? ゴミ出し女性をハンマーで殴打か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 騒音トラブル? ゴミ出し女性をハンマーで殴打か  住宅街で男は突然、女性の頭にハンマーを振り下ろしました。殺人未遂の疑いで逮捕された31歳の男は、この女性との間で「騒音トラブルがあった」と話しています。  現場には大量の血が残っています。大阪府豊中市の住宅街。4日午前9時ごろ、女性が男に襲われました。女性は40代くらい。目撃者によれば、小さな子どもと一緒だったといいます。そこに現れた男。手にはハンマーが握られていました。金属部分が8.5センチほどあるハンマーを複数回、女性に振り下ろしたといいます。女性は病院に運ばれる際に意識はあったといいますが、重傷です。  殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、一戸建てに住む藤井裕也容疑者(31)。警察によれば、Tシャツにデニム姿。計画性があったのか、白い手袋をしていたといいます。目撃者によりますと、犯行後、藤井容疑者は何事もなかったかのように立ち尽くしていたということです。  藤井容疑者は無職。警察では「ハンマーで殴りました」と話す一方で、殺意はないともしています。動機については「(女性と)騒音トラブルがあった」と供述。女性の身元は明らかになっていませんが、この動機が事実なら音が伝わる距離に住んでいるのでしょうか。  藤井容疑者の供述は「意味が分かる部分」と「そうでない部分」があるといいます。警察は詳しい経緯などを調べています。
子どもたちに「ベッドから降りろ」家族殺傷の犯人
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 子どもたちに「ベッドから降りろ」家族殺傷の犯人  襲われた子どもたちは「ベッドから下りろ」と犯人に指示されていました。  先月23日、茨城県境町の住宅で小林光則さん(48)と妻の美和さん(50)が殺害され、子ども部屋で寝ていた長男(13)と次女(11)も重軽傷を負いました。その後の捜査関係者への取材で、長男と次女が犯人から「ベッドから下りろと言われた」と話していることが分かりました。ベッドから下りた長男は腕と両足を切られ、次女は両手にスプレーを掛けられました。子どもたちは「サイレンの音がしたらいなくなった」とも話しています。
放射線関連研究施設で事故 ヘリウムのパイプが破裂
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 放射線関連研究施設で事故 ヘリウムのパイプが破裂  千葉市稲毛区の研究施設でヘリウムガスが入ったパイプが破裂し、男性1人がけがをしました。  4日午後4時半ごろ、千葉市稲毛区の国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構で「ヘリウムが圧力で爆発した」と女性から119番通報がありました。警察などによりますと、がん細胞の研究中にヘリウムガスが入ったパイプが破裂して50代の男性職員1人が腰を打撲するけがをしました。男性はMRI(磁気共鳴断層撮影装置)の検査の機械を入れ替えるためヘリウムガスを抜き取る作業をしていました。この施設では、放射性物質は扱っていないということです。
駅員「モラル問う」客に注意 人身事故をスマホ撮影
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 駅員「モラル問う」客に注意 人身事故をスマホ撮影  人身事故の現場をスマートフォンで撮影する乗客に異例の呼び掛けです。  JR東日本によりますと、2日午後7時すぎにJR新宿駅で起きた人身事故で、救出作業のために現場を覆っていたブルーシートの内側にスマートフォンを差し込んで撮影しようという利用客がいました。駅員はホームの放送で「お客さまのモラルに問います。スマホでの撮影はご遠慮下さい」と呼び掛けたものの、撮影が続いたため注意が繰り返されたということです。JR東日本では「救出活動では人の目に触れることがないように配慮しています。ご理解のほどお願いします」としています。
結愛ちゃん裁判 元義父が証言「手加減しなかった」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 結愛ちゃん裁判 元義父が証言「手加減しなかった」  船戸結愛ちゃんが虐待の末に亡くなった事件です。当時の義理の父親・船戸雄大被告(34)は結愛ちゃんへの暴力について、淡々とした口調で「手加減しなかった」などと証言しました。  雄大被告:「(結愛ちゃんに対して)私が強要したことをやらずに強い怒りがあった。抑えきれない、体が制御できない強い怒りがあった」  取り乱すことなく、少し早口で答えた雄大被告。裁判員裁判4日目となった4日は、雄大被告に対する被告人質問が行われました。優里被告と結婚した理由を聞かれた雄大被告は…。  雄大被告:「結愛の存在が一番大きかったです。両親がそろっていた方が子どもには良いのかなと…。明るく笑顔の多い家族にしたかった。自分が父親になれるかどうか大きな不安を持っていました」  そして、結愛ちゃんへの暴力について問われると…。  雄大被告:「時計の勉強を1人でやれと命令した。しばらく1人でやらせていたが、布団を引っ張り出して寝ていた。本人に何で?と怒ったような口調で問いただした。無理やり首をつかんで持ち上げて暴力的に風呂場へ連れていき、怒鳴ったり謝れと脅した後に殴った。動けないように馬乗りになり、シャワーで顔に冷水を浴びせた。結愛は苦しそうで嫌がっていた。勢いのまま『謝れ』とか怒鳴った。その勢いで顔を複数回、殴った。全力というわけでもないが、手加減もしなかったと思う」  理不尽な暴力。雄大被告の身勝手さが浮き彫りになりました。  雄大被告:「(結愛ちゃんの顔が)かなり青く腫れていたが、病院に連れて行かなか…
関東などで大雨と暴風 千葉でまた停電…雨漏りも
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関東などで大雨と暴風 千葉でまた停電…雨漏りも  台風から変わった低気圧の影響で激しい雨と風が日本各地を襲いました。  台風15号の被災地、千葉県を襲った激しい雨と風。関東などは、午前を中心に所々で雷を伴う荒れた天気となりました。壊れた屋根をブルーシートで覆う応急措置が取られていましたが、復旧作業が続く被災者の皆さんは雨が降る度に負担が増していました。  山野幸雄さん(74):「ブルーシート、この前かけてもらったんですけど、剥がれた。(片付けは)仕事をしながらなのでなかなかはかどらない。女房と2人でやっているんですけど…」  山野さんは自宅が被災して現在、隣町の千葉県館山市に家を借りているそうです。修理には相当な費用がかかるため、今後の住まいについては検討中だとしています。  また、東京電力によりますと、千葉県内では荒れた天気の影響で一時、3900軒の停電が発生。千葉市緑区など今も電気が届かない地域が2000軒ほどあるそうです。  愛媛県新居浜市で撮影された「漏斗雲(ろうとぐも)」です。黒い積乱雲から地上に向けて細長く垂れ下がっている箇所が複数あります。竜巻が発生する際に見られる現象とされ、大気が不安定な夏から秋に発生しやすいということです。伊豆大島では4日午前8時すぎ、竜巻とみられる突風により漁船が転覆しました。幸いにも人は乗船していなかったため、けが人はいなかったそうです。台風から変わった温帯低気圧の影響で北陸や北日本なども4日朝から断続的に激しい雨や風に見舞われました。  低気圧は4日夜にかけて東北地方を通過する見込…
妻に包丁「ぶっ殺してくるっ」酔った?佐賀市議逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 妻に包丁「ぶっ殺してくるっ」酔った?佐賀市議逮捕  妻に包丁を突き付けて「ぶっ殺す」などと言ったとして市議会議員が逮捕されました。  佐賀市議会議員の川崎直幸容疑者(69)は3日午後7時半ごろ、自宅で60代の妻に包丁を突き付けて「お前のごたっとは(ようなやつは)ぶっ殺してくる(やる)」などと脅した疑いが持たれています。川崎容疑者の息子が通報して警察が駆け付けたところ、川崎容疑者は酒に酔っている様子だったということです。警察の調べに川崎容疑者は「包丁を持ったことは間違いないが、ぶっ殺すとは言っていない」と容疑を否認しています。
東京オリパラのボランティア 12万人の研修スタート
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京オリパラのボランティア 12万人の研修スタート  東京オリンピック・パラリンピックで活躍するボランティアの研修が始まりました。  カヌーをやっている女子大学生:「選手たちが自分のベストをしっかり尽くせるようにサポートしっかりしていきたいなって思います」  来年の東京大会では大会ボランティア8万人が競技運営をサポートし、都市ボランティア4万人が交通案内などをします。4日、東京・代々木で開かれた研修には、約730人が参加してオリンピックやパラリンピックの意義やボランティアとしての心構えを学びました。研修は11の都道府県13会場で来年2月まで行われます。
強風で屋根が吹き飛ぶ瞬間 横転する大型トラックも
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 強風で屋根が吹き飛ぶ瞬間 横転する大型トラックも  強風で印刷会社の屋根が飛ばされる瞬間をカメラが捉えました。  4日午後5時ごろ、新潟県燕市の印刷会社で強風により、屋根が飛ばされました。屋根は隣の電線に接触し、火花を散らしながら道路に落下しました。今のところ、けが人などの情報は入っていません。この印刷会社は午後3時前から屋根が飛ばされる被害が出ていました。また、新潟市内では大型トラックが横転する事故が起きてます。新潟県内では強風にあおられて転倒するなどして、4人が軽いけがをしています。
監査役が“金品”把握も…関電取締役会へ報告見送り
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 監査役が“金品”把握も…関電取締役会へ報告見送り  金品の授受について把握した監査役が取締役会への報告を見送っていました。  関西電力などによりますと、幹部ら20人が金品を受け取っていた問題で、社内調査の報告を受け問題を把握していた監査役が取締役会への報告を見送っていたということです。監査役会では常任監査役に加え、社外監査役にも問題が共有され審議したにもかかわらず、株主総会の議題として提案しない結論にも至ったということです。監査役は会社法に定められ、会社の経営に違法性や問題がないか監視する役割を負っています。
相次ぐ児童虐待 法務省が防止策検討のチーム発足
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 相次ぐ児童虐待 法務省が防止策検討のチーム発足  児童虐待による事件が相次いでいることを受け、法務省は防止策などを検討するプロジェクトチームを立ち上げました。  河井法務大臣:「守るべき最も大切なことは子どもたちの命である。『児童虐待とたたかう法務省プロジェクトチーム』が意味のある成果を生むことができるようしっかりとこれから取り組んで参ります」  4日に発足した法務省のプロジェクトチームでは児童虐待に関するこれまでの施策を検証したうえで、有効な防止策や関係機関との連携の在り方などを検討します。刑事局や人権擁護局など関係部局の担当者が今後、週に1回程度、会合を開いて専門家や関係省庁への聞き取りなどを行って、年明けをめどに提言をまとめる方針です。初会合は来週にも開かれる見通しです。
夫逮捕の道端アンジェリカさん イベント出演中止
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 夫逮捕の道端アンジェリカさん イベント出演中止  モデルの道端アンジェリカさん(33)が出演を見合わせます。  5日、福岡県北九州市で開かれるファッションベント「TGC KITAKYUSHU」は、夫で韓国籍の飲食店経営者、キム・ジョンヒ容疑者(37)が恐喝容疑で逮捕されたモデルの道端アンジェリカさんの出演を見合わせると公式サイトで発表しました。公式サイトは「事務所側からの申し出により出演を見合わせることとなりました。なお、道端アンジェリカ出演キャンセルによるチケットの払い戻しは行いませんので予めご了承ください」などと報告しています。
キャッシュカードだまし取ろうと… 68歳の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 キャッシュカードだまし取ろうと… 68歳の男逮捕  東京・大田区で食料品店を経営する女性からキャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、68歳の男が逮捕されました。女性から話を聞いた常連客らが詐欺だと気付いたということです。  植松伸仁容疑者は先月、銀行協会の職員などになりすまして食料品店を経営する70代の女性からキャッシュカードをだまし取ろうとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、女性から話を聞いた男性客が詐欺ではないかと疑い、知人を現場に立ち会わせました。植松容疑者は店を訪れた際にカードを受け取らずに逃げましたが、その一部始終が男性客のスマートフォンに撮影されていたということです。警視庁はその映像などから植松容疑者を特定しました。取り調べに対して「詐欺グループの手足となってカードをだまし取ろうとした」と容疑を認めています。
人身事故の救助をスマホで“隠し撮り”モラル欠落?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 人身事故の救助をスマホで“隠し撮り”モラル欠落?  JR新宿駅で2日に起きた人身事故で、現場をスマホで撮影しようとする乗客に対して「モラルを守った行動をお願いします」と駅員が異例の呼び掛けを行いました。  2日にJR新宿駅で47歳の男性が侵入してきた電車に接触し、搬送先の病院で亡くなった人身事故。男性は全盲で、白杖を手にしていましたが、自ら線路に降りたという目撃情報もあり、警視庁は自殺を図った可能性もあるとみて調べています。  問題が起こったのは、事故の直後。現場にブルーシートが掛けられ、救出活動が始まったあとでした。JR東日本によると、ブルーシートの内側にスマートフォンを差し込んで撮影しようとした利用客が複数人いたといいます。そして、「スマホでの撮影はご遠慮ください。モラルを守った行動をお願いします」と、駅員が注意を繰り返すという事態になりました。  ネットでは「普通に人としてヤバいよ」「マスコミの姿の模倣だと思う。そのうち『我々には知る権利がある』とか言い出しそう」「モラルが落ちたとは思わない。以前は誰もポケットにスマホを持っていなかっただけ」といった声がありました。  人はなぜ悲惨な状況や過激なものにカメラを向けるのでしょうか。今、私たちのモラルが問われています。
山形の女性医師殺害事件 山形大学に通う男を起訴
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 山形の女性医師殺害事件 山形大学に通う男を起訴  5月に山形県東根市で女性医師が殺害された事件で、検察は山形大学に通う24歳の男を殺人などの罪で起訴しました。  殺人と住居侵入の罪で起訴されたのは、山形大学人文学部4年の加藤紘貴容疑者です。起訴状によりますと、加藤被告は5月にマンションの一室に侵入し、この部屋に住む矢口智恵美さん(50)の頭をゴルフクラブで複数回殴って殺害したとされています。検察は加藤被告の精神状態を調べるため、6月から約3カ月間鑑定留置を行いました。その結果、刑事責任能力を問えると判断し、4日に起訴しました。加藤被告は取り調べには素直に応じているものの、あいまいな供述を繰り返しているということです。
東京五輪控え“爆発物”のネット販売に対策呼び掛け
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京五輪控え“爆発物”のネット販売に対策呼び掛け  来年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、警視庁はネット通販大手のアマゾンジャパンに対して爆発物の原料の取り締まりへの協力を呼び掛けました。  大会の開幕まで300日を切り、4日に警視庁はアマゾンジャパンとの講習会を開催しました。講習会では爆発物の原料となり得る化学物質を販売するアマゾンに対し、販売時の本人確認の徹底や不審な購入者への対応を呼び掛けました。国内では自宅で爆薬の製造をしたとして4月に都内の高校2年の少年が書類送検されていますが、その原料はインターネットで購入したとみられています。警視庁の目黒署の浜野和己署長は「テロを絶対に起こさせないために、警察・行政・民間事業者が力を合わせることが重要」と訴えました。
公立病院の再編巡り 国と地方自治体などが初協議
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 公立病院の再編巡り 国と地方自治体などが初協議  全国の公立病院の再編を巡り、国と地方自治体などが初めて協議しました。  将来的に過剰になると見込まれる病床数を削減するため、厚生労働省は先月に「再編の議論が必要」とする全国424の病院名を公表しました。いずれも地方自治体などが運営する公的な病院で、来年9月末までに結論を出すよう求めましたが、地方からは不安の声が漏れています。4日の協議には全国知事会の代表として鳥取県の平井伸治知事が出席し、「もし地域から医療機関がなくなったら命や健康を誰が守るのか。一つのデータだけで424の病院を再編しようとする姿勢には疑問を覚える」と国側の対応を批判しました。
重大インシデント認定 空自戦闘機が滑走路に誤進入
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 重大インシデント認定 空自戦闘機が滑走路に誤進入  青森県の三沢空港で自衛隊の戦闘機が誤って滑走路に進入して旅客機が着陸をやり直すトラブルがあり、国の運輸安全委員会が原因を調べています。  3日、三沢空港で訓練のために待機していた航空自衛隊のF2戦闘機1機が許可されていないのに誤って滑走路に進入しました。このため、一度は着陸を許可をされていた旅客機が管制塔からの指示で衝突を避けるために着陸をやり直し、旅客気は到着が約10分遅れました。国土交通省はこのトラブルを重大インシデントに認定し、運輸安全委員会の航空事故調査官2人が現場に入って原因を調べています。また、4日に航空自衛隊から報告を受けた三沢市の小桧山市長は、原因の究明と再発防止を強く求めました。
小学校の図工の授業で… いじめアンケートを誤配布
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小学校の図工の授業で… いじめアンケートを誤配布  熊本市の小学校でいじめに関する内部文書が誤って図工の授業で工作用紙として配られ、学校が保護者らに謝罪しました。  2日、いじめの調査結果などをまとめた内部文書が小学2年の図工の授業で工作用紙として配布され、少なくとも児童1人が使いました。文書には、複数の児童の実名や回答が書かれていました。4日夜に開かれた保護者会では、学校が謝罪して経緯を説明しました。保護者側は情報の管理方法を改善するよう求め、学校側は問題が起きた原因を究明するとしています。
千葉 銚子マリーナ ボートの遺体は中国人女性
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 千葉 銚子マリーナ ボートの遺体は中国人女性  千葉県の銚子マリーナでボートの中から遺体が見つかった事件で、この遺体は38歳の中国人女性だったことが分かりました。  先月14日、銚子マリーナに長期間放置されていたモーターボートの中から木箱に入れられ、ブルーシートに包まれた遺体が見つかりました。警察は4日、この遺体は中国人の王小莉さんと発表しました。死亡して数カ月から1年ほど経過しているということです。また、遺体には胸や腹などに刃物のようなもので刺された痕が複数残っていました。警察は王さんが日本に来た経緯を調べ、モーターボートの所有者と使用者のネパール人男性らが何らかの事情を知っているとみて話を聞いています。