「勝利 最新」の検索結果

今すぐ視聴する

サンダース氏が勝利確実 米大統領選指名争い第3戦
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 サンダース氏が勝利確実 米大統領選指名争い第3戦  アメリカ大統領選挙の民主党の候補者選びで第3戦となるネバダ州の党員集会が行われ、複数のアメリカメディアはサンダース氏が勝利を確実にしたと報じました。  民主党・サンダース氏:「3つのネットワークとAP通信によると、我々はネバダ州の党員集会で勝利した!」  22日、アメリカ西部ネバダ州で行われた民主党の党員集会の結果を受けて、サンダース氏が事実上の勝利宣言をしました。サンダース氏は国民皆保険の導入といったリベラルな政策が若者やヒスパニック系、黒人の有権者に支持されていて、ヒスパニック系の多いネバダ州での戦いを有利に進めました。来月3日は13の州で予備選挙が行われるスーパーチューズデーです。豊富な資金を投入して急速に支持を伸ばす前ニューヨーク市長のブルームバーグ氏が参戦する予定です。指名レースにどう絡むのか注目されています。
米大統領予備選 民主党第2戦はサンダース氏が勝利
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領予備選 民主党第2戦はサンダース氏が勝利  トランプ大統領に挑む民主党の候補争い第2戦はサンダース氏(78)が制しました。  民主党・サンダース氏:「この勝利でトランプ大統領の終わりが始まる」  アメリカ東部ニューハンプシャー州で行われた予備選は左派のサンダース氏が勝利を確実にしました。初戦のアイオワ州でトップに立った中道のブティジェッジ氏(38)はわずかな差で2位に付け、今後に弾みが付きそうです。一方、本命とされていたバイデン前副大統領(77)は5位に沈み、苦戦を強いられています。
サッカー場に突然乱入→華麗なドリブル→一発退場!
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 サッカー場に突然乱入→華麗なドリブル→一発退場!  選手と一緒に、どうしてもサッカーをしたかったのかもしれません。  トルコのサッカー場で試合中に突然、白い犬が乱入してきました。ボールに駆け寄ったかと思うと、今度は華麗なドリブルでボールを操ります。サッカーファンなのか、はたまた、選手のつもりなのか、決してボールを離しません。チームのキャプテンがボールを外へ投げますが、全力で追い掛けた後、再びピッチに戻って来てしまいました。業を煮やした背番号8番のキャプテンが抱きかかえると、犬は暴れることもなく、そのまま場外へ一発退場となりました。この選手のチームは強力な「助っ人犬」のおかげもあってか、試合に勝利したということです。
中国の習主席「大規模な国際的拡散に至らず」と自信
最新の国際ニュース【随時更新】 中国の習主席「大規模な国際的拡散に至らず」と自信  中国の習近平国家主席は「新型コロナウイルス」への対応を巡り、「中国の力強い措置により、大規模な国際的な拡散に至っていない」と自信を見せました。  習主席は11日夜にカタールのタミーム首長と電話で会談し、「新型ウイルスの発生が報告されて以降、中国は全力で対応し、厳格な措置を取った」と述べました。さらに「現在、予防措置は成果を収めている」としたうえで、「中国が力強い措置を取ったことで国際社会での大規模な拡散と蔓延(まんえん)には至っていない」と自信を示しました。また、中国の政治制度は優れているとして「戦いに勝利する自信と能力がある」と強調しました。習主席が公に指示を出したのは最初の感染発表から3週間が経ってからで、中国本土ではすでに1113人が死亡しています。
習主席や国営メディア、世論の不満対処に躍起
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 習主席や国営メディア、世論の不満対処に躍起  新型コロナウイルスによる中国本土の死者は114人増え、2118人に上りました。  中国の衛生当局は、中国本土の死者が湖北省や上海などで新たに114人増えて2118人に上ったと発表しました。感染者は7万4576人になっています。一方、習近平国家主席が先月20日に対策を指示してから1カ月です。医療スタッフ3000人以上が感染、または感染が疑われるなか、習主席は「医療従事者は勝利のための中核だ」と配慮を指示しました。さらに、「命を捧げた人もいる」とも述べました。これはいち早く警鐘を鳴らして警察に処分され、その後に肺炎で死亡した李文亮医師らを指しているとみられます。国営メディアが一斉に李医師を英雄扱いするなど、当局は世論の不満をそらそうと躍起です。
新型コロナウイルス 中国外相 対応を自画自賛
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナウイルス 中国外相 対応を自画自賛  中国の王毅外相はドイツのミュンヘンで開かれている国際会議で、新型コロナウイルスを巡る自国の対応について成果をアピールしました。  ミュンヘン安全保障会議で演説を行った王外相は「中国政府は習近平国家主席の強力なリーダーシップのもと、ウイルスを抑えるため全力を尽くしている」と強調し「私たちはこの戦いに勝利する決意だ」としました。さらに、中国国外での感染者数が全体の1%未満にとどまっていることを挙げ、「中国は世界の公衆衛生のために多大な努力をし、犠牲を払ってきた」と成果を訴えました。  茂木外務大臣:「王毅国務委員とは新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、引き続き緊密に連携していくことで一致しました」  また、茂木外務大臣は王外相と会談のなかで「日本は中国に対する支援を惜しまない」と伝えたということです。
太平洋での戦い
無料
歴史の分岐点 太平洋での戦い 1941年、アメリカは日本軍から真珠湾攻撃を受ける。しかしわずか1年で屈強な日本軍に対し太平洋で優位に立つことができたのだ。その秘密とは?珊瑚海海戦からガダルカナル島の戦いまで、太平洋においてアメリカを勝利へと導いた瞬間を最新のCGと当時の映像で説明する。そこには英雄的行為や優れた技術力、そして兵士たちの強い意思があったのだ。
新K-1伝説 #134
新K-1伝説 新K-1伝説 #134 同郷・愛知県出身の先輩後輩が、3月21日に行われた新生K-1最大のビッグマッチ「K'FESTA.1」で運命の一騎打ち。野杁正明の持つK-1スーパー・ライト級のベルトに、3連続KO勝利で勢いに乗る大和哲也が挑戦。前回の対戦では、先輩である大和が勝利したものの、4年ぶりとなる2度目の対戦の結末やいかに。
新K-1伝説 #94
新K-1伝説 新K-1伝説 #94 6月18日に行われたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント~より、ついに新王者が誕生。一回戦、準決勝と、共に連続KO勝利でトーナメントを勝ち上がった者達が争う頂点。最後に栄冠を手にするのは、日本の城戸康裕か、ベラルーシのチンギス・アラゾフか
ベトナム戦争
歴史の分岐点 ベトナム戦争 ベトナム戦争でアメリカは10年以上にわたって軍事介入し、およそ6万人もの兵士の命が犠牲となった。介入のきっかけとなったトンキン湾事件から1975年のサイゴン陥落にいたるまで、数々の英雄的行為や戦略がとられてきた。ポイントとなった戦いや事件を当時の映像やCGを交えて解説する。
新K-1伝説 #38
新K-1伝説 新K-1伝説 #38 6月24日、国立代々木競技場 第二体育館で行われた、「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN -65kg世界最強決定トーナメント」。その第1弾となる今回は注目のスーパーファイト、武尊 vs 小澤海斗の一戦をお届けします。前代未聞の場外乱闘まで引き起こした因縁の決着戦。果たして最後にリング上で勝利の雄叫びを上げるのは。
新K-1伝説 #41
新K-1伝説 新K-1伝説 #41 6月24日、国立代々木競技場 第二体育館で行われた、「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN -65kg世界最強決定トーナメント」。一回戦から続出した激闘を勝ち上がったのは、日本代表・山崎秀晃と鮮烈KO勝利のイリアス・ブライド。いよいよ佳境に入ったトーナメント準決勝第1試合の模様をお届けします。
新K-1伝説 #47
新K-1伝説 新K-1伝説 #47 9月19日「K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~」の一回戦、小宮山工介 vs パウロ・テバウを特集。6月の大会から連続参戦となる小宮山工介と、4月の大会で現スーパー・フェザー級王者・卜部弘嵩に勝利したパウロ・テバウがトーナメントにエントリー。初戦を突破するのは果たして。
新K-1伝説 #59
新K-1伝説 新K-1伝説 #59 11月3日、ついに開幕した「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」。準決勝で対するは、1R KO勝利で波に乗る小澤海斗と、持ち味を発揮して勝ち上がったエリアス・マムーディ。圧倒的な強さを見せつけたユン・チーは、大本命・武尊と対決。KO続出のトーナメント、決勝へと駒を進めるのは果たして。
新K-1伝説 #86
新K-1伝説 新K-1伝説 #86 4月22日に行われたK-1 WORLD GP 2017 JAPAN ~第2代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~も遂にファイナル。並み居る強豪を退け決勝へと勝ち上がったのは、連続KO勝利の弱冠20歳、武居由樹と、このトーナメントで現役復帰を果たした久保賢司。世界一の栄冠はどちらの頭上に輝くのか。
新K-1伝説 #123
新K-1伝説 新K-1伝説 #123 新生K-1最大のビッグマッチ、「K'FESTA.1」より、スーパー・ウェルター級王者・チンギス・アラゾフに日菜太が。スーパー・ライト級は王者・野杁正明に大和哲也が挑戦。それぞれ挑戦者決定戦や、KO勝利を重ねる事で辿り着いたタイトルマッチだけに、悲願の王座奪取なるか。さらに新生K-1初の女子マッチへの出場を決めたKANAも登場。
新K-1伝説 #125
新K-1伝説 新K-1伝説 #125 新生K-1最大のビッグマッチ、「K'FESTA.1」より、ウェルター級王者・久保優太がメルシック・バダザリアンを挑戦者に迎える初防衛戦のほか、木村“フィリップ”ミノル vs 平山迅、中澤純 vs 左右田泰臣のスーパーファイト2試合も大特集。大一番で勝利の凱歌を揚げ、階級の主役に躍り出るのは果たして。
新K-1伝説 #133
新K-1伝説 新K-1伝説 #133 3月21日に行われた新生K-1最大のビッグマッチ「K'FESTA.1」より、スーパーファイト2試合をセレクト。木村“フィリップ”ミノルと平山迅による、KO必至の豪打対決。中澤純と左右田泰臣の7カ月ぶりの再戦となる、イデオロギー闘争決着戦。ビッグマッチで勝利の喝采を浴び、さらにステップアップするのは。
新K-1伝説 #143
新K-1伝説 新K-1伝説 #143 6月17日に行われたK-1さいたま大会より、ウェルター級の2大決戦に、木村“フィリップ”ミノルと城戸康裕が登場。復活を遂げた木村は、代打出場となった山際和希と。前回の大会でウェルター級転向後の初勝利を挙げた城戸は、日本の強豪との対戦も豊富なマサロ・グランダーと対戦。ウェルター級のベルトに近づくのは。
新K-1伝説 #147
新K-1伝説 新K-1伝説 #147 8月5日に行われたKrush.91では、“The Krusher”塚越仁志が自身の保持するKrushウェルター級王座を賭け、夏の大一番に臨む。その前に立ちはだかるのは最強の挑戦者、木村“フィリップ”ミノル。連続KO勝利中で最盛期を迎えつつある挑戦者の勢いを、王者は強靭な精神力で止める事が出来るのか。
新K-1伝説 #148
新K-1伝説 新K-1伝説 #148 8月5日に行われたKrush.91では、1年半ぶりの再戦となる中澤純 vs 篠原悠人がKrushスーパー・ライト級王座を賭けて実現。同王座の決定トーナメント準決勝で対戦し、勝利した中澤が決勝も制しベルトを手に。一方の篠原は、この敗戦からの5連勝でやっとつかんだこのチャンス。王座への道が再び交錯する。
新K-1伝説 #154
新K-1伝説 新K-1伝説 #154 9月24日に行われた「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」。足立区から世界へと羽ばたいたK-1スーパー・バンタム級王者、武居由樹に、フランスのアクラム・ハミディが襲いかかる。さらに小澤海斗と芦澤竜誠の因縁決着戦も。最後に勝利の雄叫びを上げるのは。
新K-1伝説 #166
新K-1伝説 新K-1伝説 #166 12月8日、K-1エディオンアリーナ大坂大会に4連続KO勝利中のスーパー・バンタム級王者・武居由樹が参戦。ムエタイの強豪、ヨーブアデーン・フェアテックスとの試合は意外な展開に。さらにスーパー・ライト級王座を返上した野杁正明がウェルター級転向初戦に臨む。二階級制覇を目指す新時代の怪物、野杁の標的とは。
新K-1伝説 #170
新K-1伝説 新K-1伝説 #170 12月8日、K-1初の大阪大会で行われたK-1ライト級世界最強決定トーナメント。決勝戦で顔を合わせたのは、地元、兵庫県出身の林健太と、東京は足立区出身の大沢文也。ともに一回戦では僅差の判定で苦しんだものの、準決勝では得意のパンチを武器に会心のKO勝利と、同じように調子を上げてきた両者の激突やいかに。
湾岸戦争
歴史の分岐点 湾岸戦争 1990年、サダム・フセイン率いるイラク軍がクウェートに侵攻した。そして1991年にアメリカは部隊を派遣。さらに30ヶ国以上が多国籍軍に参加してイラク攻撃を開始、湾岸戦争が勃発した。テレビでも中継されたバグダッドの空襲や、たったの100時間で敵を降伏させた陸上戦。最先端のCGや当時の映像を交えて、イラクを降伏させるポイントとなった戦いや戦略を解説する。
朝鮮戦争
歴史の分岐点 朝鮮戦争 1950年、冷戦が一時期ヒートアップする。朝鮮戦争が勃発し、北朝鮮が国境を越えて侵攻したのだ。当初は北側が有利とされていた。しかしアメリカ軍との釜山での戦闘や、マッカーサーによる仁川上陸作戦により戦局が逆転。その後、アメリカ海兵隊が長津湖で見せた脱出作戦はアメリカの歴史でも語り継がれている。そして3年後、休戦協定が結ばれ、北側の侵攻は止められたのだ。
中東戦争
歴史の分岐点 中東戦争 1948年から1973年にかけて、神聖なパレスチナの地を巡り、アラブ人とイスラエルは幾度となく中東戦争を繰り返してきた。1948年のイスラエルの独立宣言から始まり、1973年の第四次中東戦争を経て歴史的な平和条約まで。番組ではCGや当時の映像を交えて、現在の中東地域に影を落としている古い歴史や主要な戦い、重要な転機を解説する。
K-1のカリスマ・武尊のベストバウト2014~2018 前半
K-1特別番組 K-1のカリスマ・武尊のベストバウト2014~2018 前半 世界最高峰の格闘技K-1で前人未到・K-1史上初の三階級制覇を成し遂げたカリスマ・武尊選手のベストバウトを厳選収録!KO勝利を収めた9月24日の最新試合も! 2014年11月3日スーパーファイト vs 大雅 2015年4月19日 -55kg初代王座決定トーナメント・一回戦 VSアレクサンダー・プリリップ 準決勝 vs 瀧谷渉太、決勝 vs 大雅 2015年7月4日 スーパーファイト/K-1 -55kg vsハキム・ハメッシュ 2015年9月22日 スーパーエキシビジョン vs卜部功也 2015年11月21日 -55kgタイトルマッチ vsチャールズ・ボンジョバーニ 2016年4月24日 スーパーファイト vsヨーセンチャイ・ソー.ソーピット 2016年6月24日スーパーファイト vs小澤海斗 2016年11月3日 初代フェザー級王座決定トーナメント1回戦 vsジェイミー・ウィーラン 2回戦 vsユン・チー、決勝戦vs小澤海斗 2017年4月22日 スーパーファイトvsビクトー・サラビア 2017年6月18日 スーパーファイトvsブバイサ・パスハエフ 2017年09月18日 フェザー級タイトルマッチ vsワン・ジュングァン 2018年3月21日 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・1回戦 vsスタウロス・エグザコスティディス 2回戦 vs郷州 征宜 決勝 vs小宮山 工介 2018年9月24日 スーパーファイト vsダニエル・ピュータス
K-1のカリスマ・武尊のベストバウト2014~2018 後半
K-1特別番組 K-1のカリスマ・武尊のベストバウト2014~2018 後半 世界最高峰の格闘技K-1で前人未到・K-1史上初の三階級制覇を成し遂げたカリスマ・武尊選手のベストバウトを厳選収録!KO勝利を収めた9月24日の最新試合も! 2014年11月3日スーパーファイト vs 大雅 2015年4月19日 -55kg初代王座決定トーナメント・一回戦 VSアレクサンダー・プリリップ 準決勝 vs 瀧谷渉太、決勝 vs 大雅 2015年7月4日 スーパーファイト/K-1 -55kg vsハキム・ハメッシュ 2015年9月22日 スーパーエキシビジョン vs卜部功也 2015年11月21日 -55kgタイトルマッチ vsチャールズ・ボンジョバーニ 2016年4月24日 スーパーファイト vsヨーセンチャイ・ソー.ソーピット 2016年6月24日スーパーファイト vs小澤海斗 2016年11月3日 初代フェザー級王座決定トーナメント1回戦 vsジェイミー・ウィーラン 2回戦 vsユン・チー、決勝戦vs小澤海斗 2017年4月22日 スーパーファイトvsビクトー・サラビア 2017年6月18日 スーパーファイトvsブバイサ・パスハエフ 2017年09月18日 フェザー級タイトルマッチ vsワン・ジュングァン 2018年3月21日 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント・1回戦 vsスタウロス・エグザコスティディス 2回戦 vs郷州 征宜 決勝 vs小宮山 工介 2018年9月24日 スーパーファイト vsダニエル・ピュータス