「勝負の冬 大学合格」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#10:「君を教えたい」担任変更という選択肢
勝負の冬 #10:「君を教えたい」担任変更という選択肢 「誰が、どの先生を指名すると思う...?」生徒が寝静まった頃、先生だけで開催された秘密のミーティング。お酒を傾けながらテスト結果を振り返り、話題はいつしか翌日に迫った【最後の先生指名】へ。生徒たちは、この最後の指名で選んだ先生と残りの受験期間を一緒に勉強しなければならない。反対に、そこで指名されなければ、もうその先生はこの先生軍団から去ることに...。OPイラスト:山科ティナ
#13:近澤先生、サヨウナラ
勝負の冬 #13:近澤先生、サヨウナラ 「俺の熱量も、尽きた気がする」みなみが近澤先生と勉強の待ち合わせを無断欠席した。連絡がつかず、近澤先生が途方にくれた時、スタッフだけにみなみがコンタクトを取ってきた。「近澤先生、みなみが『勉強したくない』って言ってます」慌ててみなみの元へ向かった近澤先生が見たのは、これまで一度も見たことのない、沈んだ表情で勉強への嫌悪感を語るみなみの姿だった...。OPイラスト:山科ティナ
#15:麗vsスタッフ【未公開:先生トーク完全版つき】
勝負の冬 #15:麗vsスタッフ【未公開:先生トーク完全版つき】 「裏で、連絡取り合ってた?」二宮先生が、あの手この手で指導方法を探るほど、心を閉ざしていった、麗。全国模試の結果フィードバック中、そんな麗が発した、さらに闇の深い一言。「二宮先生から、別の先生にしたいです」希望する変更担当は、誰もが驚きを隠せない、あの先生だった。己のため、ルールすら超越する麗に、カメラを止めないままスタッフが1対1で向き合った。麗の本心は、言い訳なのか?涙をこらえてスタッフと向き合う、麗の独白が始まる...。OPイラスト:山科ティナ
#16:慶應AO入試結果発表!
勝負の冬 #16:慶應AO入試結果発表! 「俺だと、やりにくいかも知れない」一般受験より先に始動するAO入試は、秋に入って早速その合否が判定されることとなる。一次選考発表の瞬間を、鈴木先生と迎えたひかる。クリックした画面に表示された結果は...?片や、紆余曲折を経て生徒3人、先生3人の6人で再結束を誓った一般受験組には早くも暗雲が...。行きたい大学に合格するためには【生徒が教わりたい先生】では限界があるのか?苦悶の果てに、あのペアが結論を出す...。OPイラスト:山科ティナ
#11:最後の先生指名(↓詳細情報↓に一般募集の説明つき)
勝負の冬 #11:最後の先生指名(↓詳細情報↓に一般募集の説明つき) 「自分で決断したなら、その考えを尊重します」 いよいよ、決断の時。 生徒は合宿の最後に指名する先生と このあと、来年の受験まで 一緒に勉強を走りきることになる。 麗・莉美・みなみの3人は これまでと同じ先生を選ぶのか? そして合宿から参加のひかるは...? 先生を決められるのは、このチャンスだけ。 4人の生徒と5人の先生の夏が 一気に過ぎ去っていく...。 【勝負の夏!一般参加受験生募集要項】番組参加希望者は写真2枚(顔/全身、加工なし)を添付し1名前2住所3生年月日/年齢4電話番号5現在の偏差値(その偏差値が出た模試名か在籍高校名)6志望校・学部7SNSアカウント名8参加希望動機(自分の何が得意/不得意でどう成績を伸ばしたいかなど)を書き【shoubu@abema.tv】まで応募してください。OPイラスト:山科ティナ
#12:新コンビで個別指導スタート!
勝負の冬 #12:新コンビで個別指導スタート! 「連絡が、つきません」 突然、あのJKが帰ってきた。 夏合宿を欠席した央菜が、真相を独白する。 個別指導は新たなペアで再スタート。 近澤先生から二宮先生に変更した麗は 早速、先生との向き合い方に戸惑う。 そしてひかるが鈴木先生と組むことになり 動揺を隠しきれなかった莉美。 見かねた鈴木先生が、莉美だけにある物を差し出す。 一目で莉美が笑顔を取り戻したアイテムとは...? 一方その頃、近澤先生&みなみペアには とてつもない波乱が待ち構えていた。 勝負は、嵐の秋に突入する。 【勝負の夏!一般参加受験生募集要項】番組参加希望者は写真2枚(顔/全身、加工なし)を添付し1名前2住所3生年月日/年齢4電話番号5現在の偏差値(その偏差値が出た模試名か在籍高校名)6志望校・学部7SNSアカウント名8参加希望動機(自分の何が得意/不得意でどう成績を伸ばしたいかなど)を書き【shoubu@abema.tv】まで応募してください。OPイラスト:山科ティナ
#6 木嶋くんはもう待てない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #6 木嶋くんはもう待てない 原稿待ちの担当編集、矢部総一郎をねぎらうため、青ちゃんは取材を手伝うことにした。 2人が向かったのは、近くの公園で行われているミート・フェスだ。ありとあらゆる肉が安価に食べられて、まさに酒池肉林。 ところが、そこで雅と木嶋が仲良くアルバイトをしていた。しかも木嶋は雅を呼び捨てにしている。
#7 青ちゃんは海でもかまわない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #7 青ちゃんは海でもかまわない 青ちゃんは海の近くのホテルで行われる学習塾の勉強会にやってきた。受付までに時間があり、会場付近の海辺を散策していると、木嶋たちとばったり。おまけに、海の家でバイトしている雅も登場。 受付開始まで一緒に遊ぶことになる青ちゃんだが、初めての経験におろおろ。
#8 木嶋くんは精力が足りない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #8 木嶋くんは精力が足りない 男はいやらしいものという青ちゃんの哲学を裏切り続ける木嶋。 青ちゃんは、いっそのこと木嶋が野獣化してくれないかと考える。そうすれば、はっきりと拒絶することができるからだ。 そこで、あえて木嶋をコーフンさせる計画を錬り始める。
#9 青ちゃんは妄想じゃ足りない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #9 青ちゃんは妄想じゃ足りない 木嶋のせいで勉強ができないと言ってしまった青ちゃん。 悶々としていると、矢部が家庭教師を買って出てくれた。しかし、勉強中も思い浮かぶのは木嶋のことばかり。 一方、木嶋は木嶋で、青ちゃんの大学進学という夢を知っているだけに反省しきり。