「北朝鮮 バラエティ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。
トランプ大統領、金委員長に誕生日のメッセージ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領、金委員長に誕生日のメッセージ  アメリカのトランプ大統領が北朝鮮の金正恩委員長に誕生日のメッセージを送ったと韓国政府の高官が明らかにしました。  韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は10日に訪問先のアメリカから帰国し、トランプ大統領と面会した際の内容を説明しました。面会が行われたのは金委員長の誕生日とされる8日で、トランプ大統領は金委員長の誕生日を祝ったうえで、「誕生日のメッセージを文在寅(ムン・ジェイン)大統領から金委員長へと必ず伝えてほしい」と述べたということです。これを受け、韓国政府は9日に「適切な方法で」北朝鮮側に伝えたとしています。アメリカと北朝鮮の非核化交渉が難航し、金委員長が新たな戦略兵器の実験を示唆するなか、米朝首脳同士の関係を強調することで北朝鮮側を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられます。
北朝鮮「要求を全てのまなければ対話の再開ない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮「要求を全てのまなければ対話の再開ない」  北朝鮮の高官が非核化交渉に関してアメリカが「要求をすべてのまなければ、対話の再開はない」などとする談話を発表しました。  朝鮮中央通信は11日、アメリカを訪問していた韓国政府の高官がトランプ大統領から金正恩委員長の誕生日を祝うメッセージを受け取って北朝鮮に伝えたと明かしたことを否定しました。そして、北朝鮮の金桂冠(キム・ゲグァン)外務省顧問が「トランプ大統領の親書を直接、受け取った」とする談話を発表しました。そのうえで、韓国に対して「仲裁者の役割を果たそうという未練がまだあるようだ」と不快感を示しました。また、金委員長とトランプ大統領の個人的な関係は良好だとする一方、非核化交渉について「我々の要求をすべてのまなければ対話の再開はない」という談話を発表し、アメリカを牽制(けんせい)しました。
「制裁緩和は時期尚早」対北朝鮮で日米韓が連携確認
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「制裁緩和は時期尚早」対北朝鮮で日米韓が連携確認  北朝鮮政策について、日米韓3カ国での緊密な連携を確認しました。  茂木外務大臣:「今の段階で制裁緩和は時期尚早だと、そういう議論をさせて頂きました」  アメリカを訪れている茂木大臣は14日、サンフランシスコ近郊でアメリカのポンペオ国務長官、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と会談しました。会談では、米朝対話を通じて北朝鮮の非核化を目指すというアメリカの取り組みを支持することで合意しました。また、茂木大臣は日本人拉致問題の早期解決に向けてアメリカと韓国に改めて協力を呼び掛けました。
北朝鮮大使ら一斉に平壌へ 外交政策協議か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮大使ら一斉に平壌へ 外交政策協議か  各地に駐在する北朝鮮の大使らが一斉に平壌に戻りました。非核化を巡るアメリカとの交渉など外交政策を協議するとみられます。  中国の北京空港では、金星(キム・ソン)国連大使や北京に駐在する池在竜(チ・ジェリョン)大使らが平壌に向かう姿が確認されました。理由については口を閉ざしましたが、北朝鮮はこれまでも1年に1回程度、各地に駐在する大使を集めて外交政策を検討しています。金正恩委員長は非核化や体制保証を巡るアメリカとの交渉が難航するなか、今後の方針について指示を出すものとみられます。
「国力増強」掲げ正恩氏の初視察は肥料工場
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「国力増強」掲げ正恩氏の初視察は肥料工場  北朝鮮のメディアは金正恩委員長が「新年最初の指導活動」として肥料工場の建設現場を視察したと報じました。  7日付の労働新聞は金委員長が北朝鮮西部の順川(スンチョン)で建設中の農業用肥料工場を視察する様子を写真入りで報じました。肥料工場は慢性的な食料不足を解消するためのもので、金委員長は「最重要の経済課題だと強調するために訪ねた」と述べています。金委員長としては新年最初の視察に経済分野を選ぶことで去年末の党中央委員会総会で示した「国力増強」の方針に従い、経済制裁を乗り切る意思を内外に強調する狙いがあるとみられます。
トランプ氏「金委員長が約束破るかも」ミサイル言及
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏「金委員長が約束破るかも」ミサイル言及  アメリカ軍がイラン革命防衛隊の司令官を殺害したことを巡り、トランプ大統領はイランから攻撃があれば大規模な報復を行うと強調しました。  トランプ大統領はイランが報復攻撃の構えを見せていることについて、「もしイランが何かすれば、それに対して大規模な報復がなされるだろう」と牽制(けんせい)しました。また、トランプ大統領がイランの文化関連施設への攻撃の可能性を示唆したことに非難が集まっていますが、これについてもトランプ大統領は「イランは路肩爆弾でアメリカ人を殺害している。我々は文化関連の場所には手をつけてはいけないのか。そうとは思わない」と発言しました。一方、北朝鮮の金正恩委員長が軍事的挑発を示唆していることについて、「もしかしたら、金委員長は約束を破るかもしれない」と述べ、北朝鮮がICBM(大陸間弾道ミサイル)発射などの行動に出る可能性に初めて言及しました。
日本海で増える外国漁船の違法操業 中国は10倍に
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日本海で増える外国漁船の違法操業 中国は10倍に  日本海で中国の漁船による違法操業が急増しています。  水産庁によりますと、日本海の大和堆周辺で違法に操業していたとして退去警告を受けた外国籍の漁船は去年1年間で5122隻に上りました。そのうち、北朝鮮の漁船が4007隻と最も多く、魚を集めて網で大量に取るのが特徴の中国漁船も1115隻と前年の約10倍にまで急増しています。水産庁は新たな船を導入するなど日本の漁船が安全に操業できるよう取り締まりを強化する方針です。
朝鮮戦争
歴史の分岐点 朝鮮戦争 1950年、冷戦が一時期ヒートアップする。朝鮮戦争が勃発し、北朝鮮が国境を越えて侵攻したのだ。当初は北側が有利とされていた。しかしアメリカ軍との釜山での戦闘や、マッカーサーによる仁川上陸作戦により戦局が逆転。その後、アメリカ海兵隊が長津湖で見せた脱出作戦はアメリカの歴史でも語り継がれている。そして3年後、休戦協定が結ばれ、北側の侵攻は止められたのだ。
金委員長が夫人と弔問 抗日運動“国民的英雄”死去
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 金委員長が夫人と弔問 抗日運動“国民的英雄”死去  北朝鮮メディアは、金正恩委員長が故金日成主席の抗日運動に加わった国民的英雄とされている黄順姫(ファン・スンヒ)氏の弔問に訪れたと伝えました。  18日付の労働新聞は急性肺炎のため100歳で亡くなった黄順姫氏の写真を掲載し、金委員長が李雪主(リ・ソルジュ)夫人らと弔問に訪れて深い哀悼の意を示したと報じました。黄順姫氏は故金日成主席の抗日運動に加わって「革命第1世代」として知られていて、19日に国葬が営まれるということです。金委員長は長引く制裁に対して「正面突破戦」を掲げ、経済面の強化を指示していて、独立精神の重要性を訴えて内部の引き締めを図る狙いがあるとみられます。