「北朝鮮 制裁」の検索結果

今すぐ視聴する

サンプル品に日本製品も…平壌の食品工場を公開
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 サンプル品に日本製品も…平壌の食品工場を公開  北朝鮮の最新映像だ。マスコミに公開された平壌の食品工場にはサンプルとして日本の製品も並んでいた。  北朝鮮・平壌市内。15日の金日成主席の誕生日、太陽節を前に街の中には北朝鮮や朝鮮労働党の旗などが飾り付けられていた。10日、一部の日本メディアに公開されたのは平壌市内にある食品工場。24時間稼働して機械はほぼ自動化されているという。別の部屋にはサンプル用に集めた各国の粉ミルクや子ども用食品も並んでいて、なかには日本製のものもあった。国際的な経済制裁を受けている北朝鮮。その影響について聞くと…。  工場の担当者:「何度も制裁されるので、我々もこれからは自分たちで作り、使う方が良いと思うようになった。制裁されても生きていけないわけではない」  北朝鮮はこのような工場を公開することで、経済制裁を受けながらも国内資源や技術力の高さをアピールする狙いがあるとみられる。
北朝鮮 制裁下でも経済強化姿勢 工場などを公開
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮 制裁下でも経済強化姿勢 工場などを公開  北朝鮮の平壌で、野菜の水耕栽培の施設が日本の一部メディアに公開されました。経済制裁の影響とそれに耐える姿勢をアピールしています。  公開された水耕栽培の研究施設では、水や室温、肥料などをコンピューターで管理しています。一方で、担当者は制裁の影響について言及しました。  施設の担当者:「アメリカ原産の種も昔は入ってきていた」「(Q.現在は入らないのですか?)今は制裁のため、一切、何も入らないです」  また、靴下を製造する工場でも、担当者は制裁で主な原材料が入手できないなか、自力で生産するための研究を進めていることを強調しました。北朝鮮は、こうした施設を公開することで制裁下でも経済強化を進める姿勢をアピールする狙いがあるとみられます。
北朝鮮への制裁を2年延長 輸出入の全面禁止など
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 北朝鮮への制裁を2年延長 輸出入の全面禁止など  拉致問題や核問題での膠着(こうちゃく)状態が続くなか、政府は北朝鮮に対する日本独自の制裁措置を2年間延長することを閣議決定しました。  菅官房長官:「引き続き国際社会と緊密に連携しながら核・ミサイル、何よりも重要な拉致問題の解決に向けて全力を尽くして参りたい」  北朝鮮への独自制裁は2006年から実施しています。今回の閣議決定により、北朝鮮を相手とする輸出入の全面禁止や北朝鮮に寄港したことのある船舶の入港禁止といった措置が2年間延長されます。一方で、EU(ヨーロッパ連合)と11年間続けてきた国連人権理事会での非難決議案の提出は見送っています。菅官房長官は「何が効果的か分析して判断したい」としていて、圧力と融和の両方の姿勢を織り交ぜながら北朝鮮側の対応を引き出したい考えです。
経済制裁でボール入手困難か 北朝鮮サッカー施設
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 経済制裁でボール入手困難か 北朝鮮サッカー施設  経済制裁でボールの入手が難しくなっているということです。  一部の日本メディアに公開されたのは、平壌市内にある「国際サッカー学校」です。将来の北朝鮮代表を養成する目的で、6歳から17歳まで約230人の子どもたちが併設されている学校で勉強しながら集中的にサッカーの技術やトレーニング方法を学んでいます。  生徒:「(Q.好きな選手は?)メッシ!」「(Q.北朝鮮の選手は誰が好き?)我が国の選手は全員、好きです」  学校の担当者によりますと、国際的な経済制裁のなか、サッカーボールなどの用具の入手が難しくなっているということです。一方、11日に最高人民会議が開かれる議事堂前には多くの北朝鮮の旗が掲揚されるなど、準備が進められています。
「敵対勢力に打撃」 金委員長“経済で制裁対抗”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「敵対勢力に打撃」 金委員長“経済で制裁対抗”  北朝鮮は11日、国会にあたる最高人民会議を開きますが、金正恩委員長は自力で経済建設に取り組み、長期化する制裁に対抗する方針を示しました。  北朝鮮メディアは、金委員長が10日に朝鮮労働党中央委員会総会で2月の米朝首脳会談について説明し、「制裁で我々を屈服させられると誤って判断する敵対勢力に深刻な打撃を与えるべきだ」と述べたと伝えました。アメリカとの交渉の長期化をにらみ、自力で経済を発展させる姿勢を強調したとみられます。核・ミサイルには触れず、当面は実験は行わず、制裁に耐える「戦略的忍耐」を選択したといえそうです。最高人民会議では金委員長が新たなポストに就き、指導体制の改編を図るとの見方もあります。
融和?強硬?北朝鮮の狙いは 平壌で国際マラソン
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 融和?強硬?北朝鮮の狙いは 平壌で国際マラソン  北朝鮮の首都・平壌でマラソン大会が行われ、1000人を超える外国人ランナーが参加しました。経済制裁が続く今のタイミングで海外メディアや観光客を積極的に受け入れる背景には一体、何があるのでしょうか。
北朝鮮 核施設で運搬作業か 米朝会談で廃棄意向も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮 核施設で運搬作業か 米朝会談で廃棄意向も  北朝鮮がアメリカとの首脳会談で廃棄の意向を示した核施設で放射性物質を運搬する作業が行われた可能性があるとアメリカの研究グループが発表しました。  アメリカのCSIS(戦略国際問題研究所)は、北朝鮮北西部・寧辺(ニョンビョン)の核施設の12日の衛星画像を公開しました。衛星画像では長さ10メートルほどの特殊な車両が合わせて5台、確認されています。過去の事例から考えると、核兵器の原料となるプルトニウムを生産する再処理に関連して放射性物質の運搬などが行われた可能性があるとしています。2月の米朝首脳会談では北朝鮮が寧辺の核施設の廃棄と引き換えに制裁解除を求めましたが、トランプ大統領は「不十分だ」として合意に至りませんでした。
【北朝鮮単独取材】平壌の〝変化〟と在日コリアンの挑戦
無料
AbemaNews 独自取材特集 【北朝鮮単独取材】平壌の〝変化〟と在日コリアンの挑戦 核開発やミサイル実験を繰り返し、世界の脅威となった北朝鮮。 これまでのアメリカ敵視政策から一転、2018年に入り、南北首脳会談、米朝首脳会談を行うなど外交路線に舵を切った。現地では、アメリカを敵視するスローガンは撤去され、マスゲームの演出でも、南北の統一や世界との友好が強調されていた。融和ムードもあいまって、北朝鮮には、多くの観光客が訪れている。北朝鮮も外貨獲得のため観光客の誘致と観光地の整備を進めている。 経済制裁の中、自給力を高め“北朝鮮製”の生産、科学技術の発展に力を入れている。2015年から取り入れられた経済政策により、所得格差は広がる一方、スマートフォン、WiFi、電動自転車も普及するなど、市民生活にも大きな変化が出てきている。韓国、アメリカ、日本について現地の人は、どのように考えているのか取材した。 この変化の波は、日本で暮らす在日コリアンにも影響を与えている。 平壌で1カ月滞在し、朝鮮舞踊の指導を受ける福岡朝鮮歌舞団の団長に密着。団長は今年、平昌五輪の応援のため韓国に行き、平壌で指導を受け、日本では、これまで接触がなかった民団との交流も始まった。 日本と韓国、北朝鮮を行き来する団長の姿を通して、変化を伝える。
「3回目の米朝会談行う用意ある」金委員長が演説
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「3回目の米朝会談行う用意ある」金委員長が演説  北朝鮮の金正恩委員長は国会にあたる最高人民会議でアメリカを強く批判する一方で、「3回目の米朝首脳会談を行う用意がある」と演説しました。  北朝鮮メディアによりますと、金委員長は12日の最高人民会議で、2月の米朝首脳会談ではアメリカが一方的な要求をしたと指摘し、「アメリカ式の対話方法は体質的に合わず、興味もない」と批判しました。ただ、トランプ大統領とは「立派な関係を維持している」とし、「アメリカが正しい姿勢で臨むなら3回目の首脳会談をする用意がある」と述べました。また、「年末までは忍耐を持ってアメリカの勇断を待つ」とアメリカに完全非核化を先に求める現在の方針を変えるよう求めました。北朝鮮は非核化による武装解除が体制の崩壊につながることを懸念していて、制裁に屈しない姿勢を示して交渉の長期化に備えているとみられます。
これが今の平壌 電気自動車ブームにテーマパークも
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 これが今の平壌 電気自動車ブームにテーマパークも  北朝鮮で30回目となる平壌国際マラソンが開催された。大会の開催に合わせ、海外からの取材を受け入れた北朝鮮側。ANNのカメラが捉えた平壌市民の生活ぶりとは。  5万人の競技場で一糸乱れぬ応援が送られるのは、世界40余りの国から集まった外国人ランナーだ。7日に行われたのは今年で30回目となる平壌国際マラソン。ケニアや中国からのプロランナーのほか、日本やドイツからのアマチュアランナー1000人以上が参加したという。ちなみに、参加費はフルマラソンで1人150ユーロ=1万9000円ほど。ハーフマラソンなら100ユーロ=1万3000円ほどだ。北朝鮮側は大会に合わせて日本のメディアの取材を受け入れ、様々な場所を公開したのだ。2016年に金正恩委員長の肝煎り(きもいり)でオープンした自然博物館。そんななか気になったのがスマートフォンで撮影をしている人が多いことだ。今の流行は撮影機能が付いたスマホなのか。大型屋内プールでは、ここでも皆、スマホで撮影。防水用のカバーに入れて使っている人もいる。  また、もう1つ我々が気になったものがある。あちらにもこちらにも電動自転車。その背景に経済制裁によるガソリンなどの燃料不足が影響しているという。また、新型だという電気で走るバスも登場していた。とはいえ、相変わらず電力不足の問題が…。だからなのか、マンションのベランダにはソーラーパネルが。アメリカの研究所によると、北朝鮮は電力不足を補うため推定で約10万世帯が太陽光パネルを使用しているという。そんな北朝鮮…
北朝鮮・平壌で国際マラソン 外国人ランナーは倍増
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮・平壌で国際マラソン 外国人ランナーは倍増  北朝鮮で30回目となる平壌国際マラソンが開催されました。外国人の参加者は、去年から倍増しています。  平壌国際マラソンは7日午前9時にスタートし、5万人を収容する競技場は熱気に包まれました。ケニアや中国などからのプロ選手のほか、日本やドイツから来たアマチュアランナーなど、世界の40余りの国から、1000人以上の外国人ランナーが参加しています。外国人ランナーの数は去年の約500人から倍増していて、主催者は「マラソンを通じて、参加者に我が国の現実を知ってほしい。経済制裁下でも自分たちの生活力を見せられる実例だと思っている」と話しています。
トランプ氏 3回目の会談「良いものになるだろう」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏 3回目の会談「良いものになるだろう」  北朝鮮の金正恩委員長が3回目の米朝首脳会談を「行う用意がある」と述べたことに対して、トランプ大統領は「お互いの立場を理解しており、良いものになるだろう」と前向きな姿勢を示しました。  金委員長は12日に最高人民会議で非核化を巡るアメリカの対応を強く批判する一方で、「トランプ大統領とは立派な関係を維持している」「アメリカが正しい姿勢で臨むなら3回目の首脳会談を行う用意がある」と述べました。これについて、トランプ大統領は自身のツイートのなかで「金委員長の言う通り、我々は素晴らしい関係だ」「お互いの立場を理解しており、3回目の首脳会談は良いものになるだろう」と前向きな姿勢を示しました。ただ、金委員長が完全な非核化を先に求める方針を変えるよう要求しているのに対して、トランプ大統領は「北朝鮮から核兵器と制裁が取り除かれる日を楽しみにしている」とも投稿していて、立場の違いには隔たりがあります。
「非核化交渉中断」示唆で米朝再び緊迫か
無料
みのもんたのよるバズ!【土曜よる8時〜生放送】 「非核化交渉中断」示唆で米朝再び緊迫か 今週のよるバズは... ■米朝会談“決裂”で北朝鮮の外務次官が「非核化交渉の中断」を示唆した。韓国大統領府は「米朝交渉再開に向けて努力したい」としているが、北朝鮮は「米同盟である韓国は『仲裁者』ではない」と述べ、文政権にショックが広がっている。一方、米朝会談の裏で北朝鮮が非核化に逆行する行動を取っていた可能性が浮上した。米研究チームがミサイル発射場に2基のクレーンが確認されたと発表し、「復旧作業を終え稼働が可能な状態」だと分析した。この施設は南北首脳会談で廃棄に合意し、去年、解体作業が行われた場所だ。「もし、核実験やミサイル発射があれば非常にがっかりだ」と失望を表明したトランプ氏。しかし、米財務省が21日に発表した北朝鮮への追加制裁については撤回を指示したことを明らかにした。 ■今年1月、「我々は沢山の大金持ちの国々を守っている。コストを共有すべきだ」と演説したトランプ大統領。日本は現在、「思いやり予算」を含め、負担額の合計は6千億円を超えている。来年、新たな負担額を決める日米協議がある予定だが、岩屋大臣は「日本の負担は74%で、同盟国で最高の水準、しっかり交渉していく」と語った。トランプ氏は日米通商交渉を有利に進めるため、駐留経費増額をディールに使うことも考えられ、新たな火種となりかねない。
金正恩氏がデパートを視察 国の発展を印象付けか
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 金正恩氏がデパートを視察 国の発展を印象付けか  北朝鮮の金正恩委員長が平壌で開業間近に迫ったデパートを視察しました。今月に入って経済関連の視察が相次いでいて、制裁が続くなかでも発展している姿を示す狙いがあるとみられます。  8日付の労働新聞は、金委員長が増改築を終えて新装開店を控えた「大聖(テソン)百貨店」を視察した様子を伝えました。金委員長は商品が陳列された店内を見て回り、「高まる人民の要求を満たせるよう、良質な品物を用意しなければならない」とサービスの向上を指示したということです。11日の最高人民会議や15日の故金日成主席の生誕記念日を前に、国の発展を印象付ける狙いがあるとみられます。
金委員長「新たな戦略的路線を貫徹」経済成長重視へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 金委員長「新たな戦略的路線を貫徹」経済成長重視へ  北朝鮮は国会にあたる最高人民会議を11日に控えて朝鮮労働党幹部の会議を開き、金正恩委員長が「新たな戦略的路線を貫徹すべきだ」と述べ、経済発展に総力を注ぐ方針を示しました。  10日付の労働新聞は、金委員長が9日に朝鮮労働党中央委員会政治局拡大会議で身振りを交えて指示を出す様子を大きく伝えました。金委員長は「今日の緊張した情勢に対処して、我が党の新たな戦略的路線を貫徹すべきである」と述べました。2月末に行われた2回目の米朝首脳会談が物別れに終わって制裁の緩和や解除の見通しが立たないなか、自力で経済発展に総力を注ぐ方針を示したものです。アメリカとの外交方針については具体的に言及しませんでした。