「北朝鮮 日本」の検索結果

今すぐ視聴する

北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。
【北朝鮮単独取材】平壌の〝変化〟と在日コリアンの挑戦
無料
AbemaNews 独自取材特集 【北朝鮮単独取材】平壌の〝変化〟と在日コリアンの挑戦 核開発やミサイル実験を繰り返し、世界の脅威となった北朝鮮。 これまでのアメリカ敵視政策から一転、2018年に入り、南北首脳会談、米朝首脳会談を行うなど外交路線に舵を切った。現地では、アメリカを敵視するスローガンは撤去され、マスゲームの演出でも、南北の統一や世界との友好が強調されていた。融和ムードもあいまって、北朝鮮には、多くの観光客が訪れている。北朝鮮も外貨獲得のため観光客の誘致と観光地の整備を進めている。 経済制裁の中、自給力を高め“北朝鮮製”の生産、科学技術の発展に力を入れている。2015年から取り入れられた経済政策により、所得格差は広がる一方、スマートフォン、WiFi、電動自転車も普及するなど、市民生活にも大きな変化が出てきている。韓国、アメリカ、日本について現地の人は、どのように考えているのか取材した。 この変化の波は、日本で暮らす在日コリアンにも影響を与えている。 平壌で1カ月滞在し、朝鮮舞踊の指導を受ける福岡朝鮮歌舞団の団長に密着。団長は今年、平昌五輪の応援のため韓国に行き、平壌で指導を受け、日本では、これまで接触がなかった民団との交流も始まった。 日本と韓国、北朝鮮を行き来する団長の姿を通して、変化を伝える。
正恩氏の高級車手配?大阪の会社「北朝鮮と思わず」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 正恩氏の高級車手配?大阪の会社「北朝鮮と思わず」  北朝鮮に密輸された高級車は日本を経由していた可能性がある。金正恩委員長の乗る5000万円以上する高級車を手配したとされる大阪の会社を直撃した。  大阪市の物流会社は「韓国までの輸送を請け負っただけで、北朝鮮にいくとは思わなかった」と疑惑を否定した。16日、アメリカの民間研究機関が北朝鮮の密輸についての報告書を公表した。朝鮮労働党の旗の下には高級車に高級腕時計、そして、高級酒などなど。これらはぜいたく品として国連安全保障理事会の決議で北朝鮮への輸出が禁じられている品々だ。にもかかわらず、報告書ではこれまでに日本車を含む800台以上もの高級車が北朝鮮へと輸出されたと指摘されているのだ。そして、そのなかには金委員長が乗る「メルセデス・マイバッハS600ガード」2台も含まれるという。  南北首脳会談や米朝首脳会談など外交の舞台でも度々、登場する高級車。防弾仕様で、爆弾にも耐えられる特別仕様のその値段は5400万円以上だという。では一体、どんな手口でマイバッハ2台を密輸したというのか。  報告書で指摘された密輸の手口は合わせて5カ国もが関わる複雑なものだった。報告書によると、マイバッハ2台はまずオランダから中国の大連に。その後、日本の大阪に入るとさらにそこから韓国・釜山(プサン)に送られ、すると、今度は釜山でロシア極東に向かう船に乗せられた。そして、大型輸送機でロシアから北朝鮮に運び込んだ可能性が高いという。
“処刑”報道の北朝鮮高官は生存か 韓国情報機関
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “処刑”報道の北朝鮮高官は生存か 韓国情報機関  処刑されたと一部のメディアで報じられていた北朝鮮の高官について、「生存しているようだ」と韓国の情報機関が明らかにしました。  北朝鮮のキム・ヒョクチョル氏は2月にベトナムで開かれた米朝首脳会談で実務交渉を担っていましたが、「会談決裂の責任を問われ、処刑されたようだ」と一部の韓国メディアが報じていました。キム氏の安否は公式に確認されていませんでしたが、韓国の国家情報院は16日に「生きていると聞いている」と国会に報告しました。一方、この報告のなかには、国連の制裁決議に違反する北朝鮮の貨物船が「日本の那覇港などに入港していた」という内容が含まれていました。「日本は国内法の不備を理由に適切な措置を取っていない」と指摘しています。
「安倍一味の奸悪な下心」北朝鮮も輸出規制を批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「安倍一味の奸悪な下心」北朝鮮も輸出規制を批判  北朝鮮メディアは、日本の韓国に対する輸出規制について「南朝鮮を手中に収め、軍国主義の目的を実現しようとする安倍一味の奸悪(かんあく)な下心だ」などと厳しく批判しました。  10日付の労働新聞は、日本政府の韓国への輸出規制について「南朝鮮への経済的圧力を強化して過去の罪悪に対する賠償責任を回避するものだ」と指摘する記事を掲載しました。そのうえで、「南朝鮮を手中に収め、軍国主義の目的を実現しようとする安倍一味の奸悪な下心だ」と日本の対応を痛烈に批判しました。また、「我が民族は1000年来の敵である日本の罪悪を必ず100倍、1000倍にして決算する」と強調しました。北朝鮮は徴用工問題が背景にある今回の輸出規制を巡り、日本に対して厳しい姿勢を示したとみられます。
北朝鮮に拉致のタイ人女性 家族が帰国求める祈り
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮に拉致のタイ人女性 家族が帰国求める祈り  北朝鮮に拉致されたタイ人女性の誕生日に合わせて、親族らが帰国を祈る儀式を行いました。今月末には北朝鮮も出席する国際会議がタイで予定されていて、親族らは事態の進展を期待しています。  タイ人のアノーチャー・パンチョイさんは1978年、出稼ぎ先のマカオで行方不明になりました。2005年になって拉致被害者である曽我ひとみさんの夫のジェンキンスさんの証言で拉致が判明しましたが、その後、進展はありません。  タイ人拉致被害者のめい・ウライさん:「とても優しくて、家族を大事にする人でした。私が生きている限り、いつか彼女が帰ってくると信じ続けます」  儀式には日本の家族会から増元前事務局長も参加しました。タイでは月末に北朝鮮の外相が出席する国際会議が予定されていて、親族らはその機会にこの拉致問題を取り上げてほしいと訴えています。
拉致問題はタイでも 判明まで27年…帰国を祈る親族
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 拉致問題はタイでも 判明まで27年…帰国を祈る親族  北朝鮮に拉致された1人のタイ人女性。14年前に拉致の事実が判明しましたが、その後に進展はありません。そんななか、先日、ある節目を迎えて女性の親族らが集まりました。現地を取材しました。  タイ人のアノーチャー・パンチョイさんは1 9 7 8年、出稼ぎ先のマカオで行方が分からなくなりました。彼女が北朝鮮に拉致されたことが分かったのは、失踪から27年が経った2005年。日本人拉致被害者である曽我ひとみさんの夫、チャールズ・ジェンキンスさんが「北朝鮮で近所に親しくしていたタイ人女性がいた。男2人に突然、縛られ、船で拉致されたと話していた」などと証言したのです。この一報に彼女を慕っていためいは。  アノーチャーさんのめい・ウライさん:「彼女が見つかって、すぐに家に帰ってくるんだと思って大喜びしました」  しかし、タイ政府の問い合わせに北朝鮮側は「そのような人物は見つからなかった」という回答を繰り返し、ジェンキンスさんの証言を「でっちあげ」と非難します。アノーチャーさんの実家の中を見せてもらうと。  アノーチャーさんのめい・ウライさん:「この服が彼女のお気に入りでした。裾の広いズボンによく合わせていました」  アノーチャーさんのおい・バンジョンさん:「もし、彼女が戻ってきてこの服を見たら、泣いて当時の記憶を思い出してくれると思います。だから大事に置いておきます」  さらにこんなものも。  アノーチャーさんのおい・バンジョンさん:「これがバンコクで働いていた時に買ってきてくれたお土産です…
日韓輸出管理問題「国際機関に調査依頼」を提案
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日韓輸出管理問題「国際機関に調査依頼」を提案  国際機関に調査を依頼することを日本政府に提案しました。  韓国大統領府は12日午後、国連安全保障理事会の専門家パネルなど、国際機関に日韓両国の輸出管理違反について調査を依頼することを日本政府に提案したと発表しました。対北朝鮮制裁決議違反などの有無を確認するためだということです。また、韓国に違反がなければ、「日本政府は謝罪し、輸出規制は即刻撤回するべきだ」と主張しています。
日韓関係でトランプ大統領「両首脳が求めれば協力」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日韓関係でトランプ大統領「両首脳が求めれば協力」  アメリカのトランプ大統領は19日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から日本と韓国の関係への協力を求められたことを明らかにしました。  トランプ大統領:「文大統領が日韓関係での協力を打診してきた。『どれだけ多くのことに関わる必要があるんだ?もう北朝鮮問題で助けてるじゃないか』と言った」  トランプ大統領は、さらに「日本は韓国が望んでいる何かを持っているようだ。それで韓国は協力を頼んできた」と指摘して「もし日本と韓国の両首脳が求めるなら協力しよう。願わくば、日本と韓国の間で解決できればいいが」と述べました。
韓国への輸出規制 米政府、日本の対応を問題視せず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国への輸出規制 米政府、日本の対応を問題視せず  アメリカ政府は日本の輸出規制を巡り、韓国から懸念を伝えられたことについて日本の対応を問題視する意向を示していません。  国務省・オルタガス報道官:「国務省は3カ国の関係を強化するためにできることは何でもする。公の場でも水面下でも」  韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は10日にポンペオ国務長官と電話会談し、日本の輸出規制について「アメリカの企業などにも否定的な影響を及ぼしかねない」と懸念を伝えました。韓国外務省はポンペオ長官が康外相の主張に理解を示したと発表しましたが、アメリカから日本の輸出規制に関する直接の言及はなく、「日米韓3カ国の連携の重要性を議論した」との表現にとどまりました。中国や北朝鮮との問題を抱えるなか、日米韓3カ国の足並みが乱れることを懸念しているとみられます。
トランプ氏 対立する日韓の仲介「必要なら協力」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ氏 対立する日韓の仲介「必要なら協力」  アメリカのトランプ大統領は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から対立が続く日本と韓国の関係への仲介を依頼されたことを明らかにし、「必要であれば協力する」と述べました。  トランプ大統領:「文大統領が日韓関係での仲介を依頼してきた。『どれだけ多くのことに関わる必要があるんだ?もう北朝鮮問題で助けてるじゃないか』と言った」  トランプ大統領は19日、「文大統領は日本と主に貿易問題で大きな摩擦を抱えていると言ってきた。韓国が望んでいるものを日本が持っているため協力を頼んできたのだ」と記者団に話しました。そのうえで、「両国が貿易を巡って緊張を抱えていることは間違いない」と指摘し、「日本と韓国の関係に関わることは骨の折れる仕事だが、私は両首脳が好きだし、2人が求めるなら協力する」と支援する考えを示しました。
韓国 戦略物資“密輸出”4年間で150回以上を摘発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国 戦略物資“密輸出”4年間で150回以上を摘発  韓国政府が戦略物資の「密輸出」を4年間で150回以上、摘発していたことを明らかにしました。  韓国の産業通商資源省によりますと、軍事転用が可能な戦略物資の密輸出の摘発は、2015年から2019年3月までの4年間で156件に上ったということです。日本が輸出規制の対象とした「フッ化水素」がベトナムやUAE(アラブ首長国連邦)などに密輸された事案も確認されたということです。摘発が相次いだことについて、韓国政府は「輸出管理が効果的に運営されている証拠だ」と主張しています。また、日本側が北朝鮮へのフッ化水素の「横流し」を疑っているとしたうえで、「いかなる証拠も発見できない」と真っ向から否定しました。
67%が「日本製品不買運動に参加」韓国の世論調査
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 67%が「日本製品不買運動に参加」韓国の世論調査  半導体材料などの輸出規制が波紋を広げるなか、韓国国民の3人に2人が「日本製品の不買運動に参加する」と考えていることが世論調査で分かりました。  韓国の世論調査会社「リアルメーター」が10日、韓国の成人約500人にアンケートをした結果、「日本製品の不買運動に参加する」と回答した人が66.8%に上りました。また、「すでに参加している」と回答した人も全体の半分近い48%に達しています。韓国では一部の小売業者らが輸出規制に反発し、日本製の食料品などを店頭から撤去する動きが相次ぐ一方、「韓国側も打撃を受ける」と冷静な対応を求める声も上がっています。一方、韓国が軍事転用可能な戦略物資を不正に輸出していた問題で、韓国の産業通商資源省は11日午前に北朝鮮への横流し疑惑を改めて否定しました。そのうえで、「日本は根拠のない非難を中断すべきだ」と強調しました。
米国務次官補 韓国高官らと会談 仲裁メッセージは
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国務次官補 韓国高官らと会談 仲裁メッセージは  アメリカのスティルウェル国務次官補が訪問中の韓国で17日、高官らと相次いで会談します。日本の輸出規制を巡って仲裁のメッセージを出すか注目されます。  アメリカ国務省で東アジア・太平洋地域を担当するスティルウェル次官補は、午前に韓国外務省の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と会談しました。午後には康京和(カン・ギョンファ)外相と会談する予定です。韓国側はあくまで北朝鮮問題などを中心に話し合うとしていますが、輸出規制などで日韓関係が冷え込むなか、事態の悪化を避けるために何らかのメッセージを出すか注目されています。ただ、アメリカは現状「どちらの肩を持つのも難しい」との立場で、韓国から仲裁要請があっても応じるかは不透明です。
“深い亀裂”日韓初会合で歩み寄りは?更なる規制も
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “深い亀裂”日韓初会合で歩み寄りは?更なる規制も  半導体材料など輸出規制強化から初となる、日本と韓国の実務レベル会合が12日、行われました。政治的報復を訴える韓国に対し強気な態度を崩さない日本。韓国へ放った規制がブーメランとして返ってくる危険性はないのでしょうか。  韓国に対する半導体材料の輸出規制が始まってから1週間余り。12日、日韓の事務レベル協議が行われました。その背景には韓国では日本製品の不買運動が…。一部の小売業者が日本製の食料品などを店頭から撤去しています。  韓国の世論調査会社がアンケートを行った結果「日本製品の不買運動に参加する」と回答した人が66.8%に上りました。韓国政府は日本側の輸出規制に対し、WTO(世界貿易機関)の理事会で、「日本の輸出規制が不当な報復措置である」と主張。康京和(カン・ギョンファ)外相もアメリカのポンぺオ国務長官と電話会談し、「アメリカの企業などにも悪影響を与えかねない」と懸念を伝えました。しかし、日本側が問題視しているのは、韓国の輸出管理体制です。事実、韓国から軍事転用可能な戦略物資がロシアなど第三国に不正輸出されたことが発覚。その数は150件以上とみられ、なかには日本が今回輸出を規制している「フッ化水素」が密輸された事案もありました。さらに、これらの物資が「北朝鮮に渡った可能性」を報じる韓国メディアも。韓国産業通称資源省は…。  韓国産業通称資源省:「いかなる証拠も発見できない」  出口の見えない対立のなか迎えた12日、韓国側の代表が輸出規制措置の撤回と協議を求めるため来日。経…
#95 バトルスペシャル第2弾!番組から重大発表も!
NEWS RAP JAPAN #95 バトルスペシャル第2弾!番組から重大発表も! ラポーター大集合バトルスペシャル第2弾! 「袈裟での運転罰するべき?」「バンクシーなら落書きしてもいい?」 「日本出身横綱って必要」「外国人観光客のマナー大目に見るべき?」 「追い越し車線の低速車取り締まるべき?」「くまモンって政治的なキャラクター?」 「米朝裁会議、北朝鮮の非核化は実現する?」「地方議員の海外視察って必要?」 「宇都宮vs浜松"ギョーザ戦争"支持する?」 それぞれのテーマでラポーターが激しいバトルを展開! 番組から重大発表も!
参院選あなたの選択は?「外交・安保」日米の在り方
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 参院選あなたの選択は?「外交・安保」日米の在り方  参議院選挙について各党の政策伝える10日のテーマは「外交・安全保障」です。  日本を取り巻く外交問題はロシアとの北方領土問題、北朝鮮の拉致問題、韓国との関係悪化などありますが、各党で主張がはっきりと分かれているのが、日本唯一の同盟国であるアメリカとの在り方です。そこで、日米の安全保障で大きな懸案となっている普天間基地の辺野古移設問題を中心に各党の主張を見ていきます。  まず、自民党です。安倍総理大臣は「学校や住宅で囲まれた世界一危険といわれる普天間基地の固定化は許されない」として、沖縄県名護市辺野古への移設工事を進めるとしています。  連立を組む公明党は、山口代表が党首討論で危険性を取り除くことが出発点だとしながらも、辺野古への移設に関しては公約で触れていません。  次に、野党です。立憲民主党は、移設工事を中止してアメリカと普天間基地を返還する交渉を行い、粘り強く成果を求めると訴えます。  国民民主党は、地盤が軟弱と指摘される辺野古の埋め立てを中止し、移設計画を見直す考えです。  続いて、共産党です。辺野古での新基地の建設は完全に行き詰まっているとし、建設中止を訴えます。そして、普天間基地を無条件で撤去することを求めています。  日本維新の会は、公約に「普天間基地の負担軽減」と記載しているものの、辺野古移設に関しては触れていません。  また、社民党は普天間基地の即時運用停止と閉鎖・撤去を訴え、沖縄県内への移設断念を求めています。
G20大阪サミットSP!“安倍外交”正念場
無料
みのもんたのよるバズ!【土曜よる8時〜生放送】 G20大阪サミットSP!“安倍外交”正念場 今週のよるバズは... ■大阪で行われているG20。トランプ大統領は来日直前に私的な会話として「日米安保条約は不公平だ」と不満を漏らす発言をしたという。その発言の狙いとは? ■世界が注視する「米中貿易協議」。首脳会談では制裁関税の応酬合戦にピリオドを打つことができるのか? ■2回目の米朝首脳会談が物別れに終わり「非核化」交渉が停滞する中、トランプ大統領と金正恩委員長は書簡のやりとりを継続しているという。そこには「新提案」も?北朝鮮非核化の行方とは。 ■G20で「日ロ平和条約」締結を目指していた安倍総理。事実上の2島返還にかじを切って交渉したが、今回「大筋合意」は断念した。今後の日ロ関係は?北方領土交渉は“長期化”するのだろうか?