「北朝鮮 観光」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

国連安保理 北朝鮮への非難にアメリカ加わらず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 国連安保理 北朝鮮への非難にアメリカ加わらず  北朝鮮のミサイル発射を受けて、国連の安全保障理事会が非公式に会合を開きました。ヨーロッパ各国が発表した北朝鮮を非難する声明にアメリカは加わりませんでした。  安保理は4日にイギリスやフランスなどの要請を受けて、先週にミサイルを発射した北朝鮮の対応について協議しました。北朝鮮がさらに、「クリスマスプレゼントに何を選ぶかはアメリカ次第」と非核化交渉に譲歩を求めていることに批判が上がりました。  ピアス英国連大使:「(北朝鮮の言うプレゼントとは)人々が望むギフトとは思えない。北朝鮮が本当に必要なのは完全な非核化に向けた具体的な措置だ」  会合後、ヨーロッパの6カ国は北朝鮮を強く非難する声明を発表しました。しかし、アメリカや中国などは同意せず、安保理全体で一致した見解は出せませんでした。
北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。
国連責任者 北朝鮮に人権状況の改善促す
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 国連責任者 北朝鮮に人権状況の改善促す  国連で北朝鮮の人権状況を監視する責任者がアメリカとの非核化交渉を念頭に「人権問題に対処しない限り、交渉も危うくなるだろう」と北朝鮮の指導部に警告しました。  国連・キンタナ特別報告者:「北朝鮮の人権状況は非常に深刻だ。人々は政治犯の収容所に送られることを恐れ続けている」  国連で北朝鮮の人権状況を調査する特別報告者のキンタナ氏は4日、都内で北朝鮮の人権問題に取り組むNGO(非政府組織)関係者らと面会しました。キンタナ氏は北朝鮮の深刻な人権状況について「国連の視察を受け入れるよう国際社会が強く求め続けることが非常に大切だ」と訴えました。また、米朝の非核化交渉を念頭に「指導者らが人権問題に対処しない限り、いかなる交渉も危うくなるだろう」と人権状況の改善に取り組むよう警告しました。
北朝鮮巡り安保理緊急会合へ 静観の米が開催要請
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮巡り安保理緊急会合へ 静観の米が開催要請  北朝鮮による挑発がエスカレートするなか、国連の安全保障理事会がアメリカの要請で11日に北朝鮮の核・ミサイル問題に関する緊急会合を開くことが分かりました。  アメリカ国務省によりますと、会合はアメリカが開催を要請し、11日午後に公開で行われる予定です。北朝鮮の相次ぐミサイル発射や挑発行為が拡大する可能性など、朝鮮半島の最新情勢について幅広く議論するとしています。今年5月以降、北朝鮮はミサイルなど飛翔(ひしょう)体の発射を繰り返していますが、ヨーロッパの国々が中心になって安保理での議論を呼び掛けてきました。北朝鮮との非核化交渉が膠着(こうちゃく)しているアメリカは静観の姿勢を取り続けていましたが、今回、北朝鮮批判に転じるかどうかが焦点となります。
「挑発なら相応の対応」安保理で米国が北朝鮮に警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「挑発なら相応の対応」安保理で米国が北朝鮮に警告  弾道ミサイルの発射などで挑発を続ける北朝鮮を巡って国連の安全保障理事会が会合を開き、アメリカは「挑発をやめなければ相応の対応をする」と警告しました。  米・クラフト国連大使:「(北朝鮮が挑発をやめなければ)安保理は相応の対応をしなければならない」  安保理が北朝鮮の核問題などを巡って公開で会合を開くのは去年9月以来です。アメリカのクラフト大使は挑発を続ける北朝鮮に警告をする一方で、「北朝鮮に対してすべて事前に行動するよう求めてはいない」と述べ、柔軟に対応する姿勢も示しました。完全な非核化の前に何らかの見返りを与える可能性を示唆したとみられていて、硬軟両面の構えを示しています。
米韓首脳が電話会談「半島情勢厳しい」認識共有
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米韓首脳が電話会談「半島情勢厳しい」認識共有  アメリカのトランプ大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は電話で会談し、北朝鮮のミサイル発射など「情勢は極めて厳しい」との認識を共有するとともに、北朝鮮との対話継続で一致しました。  韓国大統領府は7日、トランプ大統領の要請で米韓首脳が電話会談をしたと発表しました。北朝鮮がミサイル発射を繰り返し、さらなる軍事的挑発の兆候を見せるなか、「最近の朝鮮半島情勢は極めて厳しいとの認識を共有した」としています。また、米朝の非核化交渉で成果を出すために対話を続けることで一致したということです。北朝鮮は非核化交渉の期限とする年末に向けてアメリカへの牽制(けんせい)を強めていて、対応策を話し合ったとみられます。トランプ大統領は3日、北朝鮮に対して「必要なら軍事力を行使する」と述べ、北朝鮮が反発する談話を出していました。
北朝鮮が非核化交渉“打ち切る”声明 米に対応迫る
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮が非核化交渉“打ち切る”声明 米に対応迫る  北朝鮮の国連大使がアメリカと北朝鮮の協議について「非核化は交渉のテーブルから外された」とアメリカを強く牽制(けんせい)しました。  北朝鮮の金星(キム・ソン)国連大使は7日、「アメリカと長々と協議する必要はない。非核化はすでに交渉のテーブルから外された」と主張する声明を発表し、交渉を打ち切る姿勢を示しました。また、「アメリカが主張する『持続的かつ実質的な対話』というのは国内の政治課題に利用するためのアメリカの時間稼ぎの策略にすぎない」と批判しました。北朝鮮としては非核化交渉の期限とする年末に向け、アメリカに対して具体的な対応を迫る狙いがあるとみられます。
“排気”の跡も 北朝鮮がロケットの燃焼実験か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “排気”の跡も 北朝鮮がロケットの燃焼実験か  アメリカのCNNテレビは衛星写真を分析した結果、北朝鮮がロケットエンジンの燃焼実験を行った可能性があると報じました。  CNNテレビは北朝鮮の東倉里(トンチャンリ)にある西海(ソヘ)衛星発射場の衛星写真を分析した結果、ロケットエンジンの燃焼実験が行われた可能性が高いと報じています。7日と8日にかけて撮影された衛星写真には、発射台の右にある円で囲まれた部分に排気によって土が吹き飛ばされた跡があると指摘しています。北朝鮮のメディアは東倉里の西海衛星発射場で7日午後、「非常に重要な」実験が行われたと発表していて、日本政府の関係者はミサイルのエンジンの燃焼実験だと見ています。米朝交渉が膠着(こうちゃく)するなか、北朝鮮が弾道ミサイルの発射を示唆してアメリカを牽制(けんせい)している形です。
「敵意ある行動はすべて失う」トランプ氏が警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「敵意ある行動はすべて失う」トランプ氏が警告  北朝鮮に対し、アメリカのトランプ大統領は「敵意ある行動に出ればすべてを失う」と警告しました。  トランプ大統領はツイッターで、金正恩委員長について「もし敵意ある行動に出れば失うものが非常に多い。実際はすべてを失う」と強く警告しました。弾道ミサイルの発射などを念頭に置いたものですが、北朝鮮メディアが衛星発射場で「非常に重大な実験」を行ったと発表したことについては直接、言及していません。トランプ大統領はさらに、「金委員長は私との特別な関係を失うことや11月の大統領選挙の邪魔をすることを望んでいない」と牽制(けんせい)しています。非核化については「NATO(北大西洋条約機構)、中国、ロシア、日本、そして、すべての世界はこの問題で一致している」と北朝鮮に譲歩するよう迫りました。また、アメリカのエスパー国防長官はFOXテレビのインタビューで「我々は常に準備ができていて、北朝鮮と戦争が起これば今夜にも勝利する」と述べ、「交渉の窓口は常に開いている」と北朝鮮に対して非核化交渉の再開を促しました。
北朝鮮「重大実験」 大陸間弾道ミサイル前触れ?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮「重大実験」 大陸間弾道ミサイル前触れ?  8日に北朝鮮が「非常に重大な実験」を行ったと発表しましたが、アメリカのメディアの分析で、ロケットエンジンの燃焼実験を再開させたとみられることが分かりました。  北朝鮮のメディアは東倉里(トンチャンリ)の衛星発射場で7日午後に非常に重大な実験が行われたと発表しました。アメリカCNNは今回、実験が行われた東倉里にある衛星発射場の衛星写真を分析した結果を報じました。7日と8日にかけて撮影された衛星写真には排気によって土が飛ばされた跡があると指摘しています。  実は、この施設は去年6月の米朝首脳会談でトランプ大統領がすでに取り壊されたと主張していた場所です。今回の実験は、まさにICBM(大陸間弾道ミサイル)を示唆するアメリカへのクリスマスプレゼントなのでしょうか。  一方、この人は黙っていません。北朝鮮の重大な実験の発表について直接、言及はしないものの、金委員長について強く警告しました。年末には北朝鮮が定めた非核化交渉が期限を迎えます。