「北朝鮮 解放」の検索結果

「北朝鮮 解放」に関する情報は見つかりませんでした。
「北朝鮮」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。
米朝高官 モスクワでの会議出席も「会談予定なし」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米朝高官 モスクワでの会議出席も「会談予定なし」  モスクワでの核問題に関する国際会議にアメリカと北朝鮮の高官がそろって出席しました。ただ、一部海外メディアは「両者の会談は計画されていない」と報じていて、非核化を巡って進展があるかは不透明です。  アメリカ、マーク・ランバート国務次官補代理代行:「(Q.北朝鮮との会談は予定されていますか?)……」  北朝鮮の非核化を巡っては、先月のアメリカと北朝鮮の実務者協議で北朝鮮側が「決裂」を表明していて、協議再開の見通しは立っていません。こうしたなか、ロシアのインタファクス通信は北朝鮮大使館の話として「両者が会談する予定はない」と伝えていて、非核化を巡る動きに進展があるかは不透明な状況です。
モスクワ核不拡散会議始まる 米朝の接触はあるか
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 モスクワ核不拡散会議始まる 米朝の接触はあるか  アメリカと北朝鮮の担当者が出席する核問題に関する国際会議がモスクワで始まりました。非核化を巡って北朝鮮が「協議の決裂」を表明するなか、両国の接触があるかどうか注目が集まります。  会議は7日から始まり、初日に開かれた夕食会にはアメリカと北朝鮮、それぞれの担当者も出席しました。北朝鮮の非核化を巡っては先月、スウェーデンのストックホルムで実務者協議が開かれましたが、北朝鮮側は「アメリカが手ぶらで現れた」として決裂を表明しています。協議の再開に向けた具体的な見通しが立っていないなか、両国の担当者の接触が実現するかどうかが焦点となります。
北朝鮮と米 非核化協議の再開のめどは依然立たず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮と米 非核化協議の再開のめどは依然立たず  モスクワでの核問題に関する国際会議に出席していた北朝鮮の代表団が10日、帰途に就きました。会議ではアメリカ側との接触は短時間に終わり、非核化協議の再開のめどは依然、立っていません。  北朝鮮、チョ・チョルス北米局長:「(Q.米側(ランバート氏)と何を話したんですか?)…」  北朝鮮のチョ・チョルス北米局長らは10日、問い掛けに応じることなくモスクワを後にしました。3日にわたった会議にはアメリカ側からも担当者が出席しました。ただ、関係者によりますと、両者の接触は短い会話程度だったということです。非核化を巡っては先月の実務者協議で北朝鮮側が「決裂」を表明して以来、協議再開のめどは立っていません。今回の会議の場でもその糸口はつかめず、先行きは依然、不透明なままです。
北朝鮮高官 “日本越え”ミサイル発射を示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮高官 “日本越え”ミサイル発射を示唆  北朝鮮が先月に発射した飛翔(ひしょう)体を日本が弾道ミサイルとみなしていることについて、北朝鮮の高官は強く反発して安倍総理大臣を批判しました。  朝鮮中央通信は7日、北朝鮮外務省の宋日昊(ソン・イルホ)大使の談話を伝えました。先月31日に発射した「超大型ロケット砲」を日本が弾道ミサイルとみなしていることについて、「悪態をつく安倍総理は、平壌の敷居をまたぐことを夢にも見てはならない」と述べ、金正恩委員長との「条件なしの対話」を呼び掛けている安倍総理大臣を牽制(けんせい)しました。さらに、「我々は日本を眼中に置かず、自分のすべきことをする」として日本の上空を通過するミサイルの発射を示唆しました。
北朝鮮高官「反感が爆発すれば…」米をけん制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮高官「反感が爆発すれば…」米をけん制  モスクワで開かれている核問題に関する国際会議で、北朝鮮の高官が「アメリカへの反感が爆発すれば、朝鮮半島の情勢がどうなるか分からない」と述べ、牽制(けんせい)しました。  会議は休憩を挟んで12時間以上行われましたが、アメリカと北朝鮮の高官が接触する様子は見られませんでした。北朝鮮のチョ・チョルス北米局長はパネル討論に参加し、「アメリカへの反感が爆発すれば、朝鮮半島の情勢がどうなるか誰にも分からない」と警告しました。また、停滞しているアメリカとの非核化協議について「ただの対話なら意味がない」として、アメリカ側に打開策を示すよう求めました。
今月中にも米朝実務協議 韓国情報機関が報告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 今月中にも米朝実務協議 韓国情報機関が報告  韓国の情報機関は非核化を巡るアメリカと北朝鮮の実務協議について、今月中にも再開されるとの見通しを明らかにしました。  韓国の国家情報院は4日、先月に事実上、物別れに終わったアメリカと北朝鮮の非核化協議について「今月中か遅くとも来月初め」に再開するとの見通しを示しました。金正恩委員長がアメリカに年末が交渉の期限としていることを主な理由としています。また、金委員長が年内にも中国を訪問する可能性があるとの分析も示しました。一方で、国家情報院は北朝鮮が近く建造を終える新型潜水艦からSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の試験発射を強行する恐れについても「注視している」と警戒感を示しました。
金委員長が空軍部隊を視察 軍の引き締め狙いか
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 金委員長が空軍部隊を視察 軍の引き締め狙いか  北朝鮮の金正恩委員長は、東部の元山(ウォンサン)の空港で軍が戦闘機の飛行技術を披露する大会を視察しました。この視察の準備の様子はアメリカの研究チームが事前に公開していました。  16日付の労働新聞は、金委員長が元山葛麻(ウォンサンカルマ)飛行場で朝鮮人民軍のパイロットと一緒に撮った写真を一面で伝えました。金委員長は高い飛行技術に満足し、「いくら技術的優位を誇る敵であっても、我が軍を圧倒することはできない」と述べたということです。アメリカと北朝鮮の非核化交渉が難航するなか、有事に備えて軍を引き締める狙いがあるとみられます。アメリカの北朝鮮研究チーム「38ノース」は14日、衛星写真を分析して軍用機が視察が行われた空港に集結していると発表していました。
日韓首脳の11分間「話し合い」 韓国側の思惑は?
最新の国際ニュース【随時更新】 日韓首脳の11分間「話し合い」 韓国側の思惑は?  会談も行われず、冷え込んだままの日韓関係ですが、4日にタイで開かれた国際会議の場で安倍総理大臣が文在寅(ムン・ジェイン)大統領と11分ほどの「話し合い」を持ちました。ソウル支局から報告です。  (高橋政光記者報告)  (Q.韓国政府の4日の動きの思惑はどこにある?)  韓国はアメリカや北朝鮮との関係がぎくしゃくし、外交面で四面楚歌ともいえるなか、経済面の状況も悪く、日本の輸出規制の不安を打開するために対話姿勢に出たといえます。韓国は8月にGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)の破棄を発表しましたが、今月22日いっぱいで終了するのを前に、アメリカ政府は破棄を撤回するよう韓国に圧力を強めています。北朝鮮対応もあってアメリカは日韓関係の改善も促しています。韓国としても対日強硬対応一辺倒といかなくなりました。そこでまずは輸出規制の撤回に向け、日本との対話を探るために今回の首脳同士の話し合いを呼び掛けたわけです。ただ、日本が最も重要視する徴用工問題について韓国は日本企業の負担を前提としたプランしか考えておらず、問題解決は前途多難といえそうです。
朝鮮戦争
歴史の分岐点 朝鮮戦争 1950年、冷戦が一時期ヒートアップする。朝鮮戦争が勃発し、北朝鮮が国境を越えて侵攻したのだ。当初は北側が有利とされていた。しかしアメリカ軍との釜山での戦闘や、マッカーサーによる仁川上陸作戦により戦局が逆転。その後、アメリカ海兵隊が長津湖で見せた脱出作戦はアメリカの歴史でも語り継がれている。そして3年後、休戦協定が結ばれ、北側の侵攻は止められたのだ。
韓国大統領「GSOMIA維持は難しい」米国防長官に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国大統領「GSOMIA維持は難しい」米国防長官に  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の維持は「難しい」と発言しました。  15日午後4時からアメリカのエスパー国防長官と会談した文大統領は、23日に失効が迫るGSOMIAについて「日本との軍事情報の共有は難しい」と述べました。協定の維持には日本による輸出規制の撤回が必要という従来の考えを改めて示したとみられます。一方のエスパー長官はGSOMIA維持を求めていて、午前の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相との会談では「協定破棄で得をするのは中国と北朝鮮だ」などと述べています。
松本京子さん拉致から42年 集会で家族が救出訴え
最新の社会ニュース【随時更新】 松本京子さん拉致から42年 集会で家族が救出訴え  松本京子さん(当時29)拉致から42年、家族が救出を訴えました。  松本京子さんの兄・孟さん(72):「最初はこんな所で拉致が起こるとは思っていなかったから。早く返してもらえれば(一番良い)」  1977年10月21日に松本京子さんが鳥取県米子市の海岸で北朝鮮に拉致されてから42年が経過しました。4日に市内で開かれた集会で、兄の孟さんが「生きて帰れるのか、頭の中から離れたことない。安倍総理大臣に何度もお願いしているが、いまだに願いはかなわない」と訴えました。集会には菅官房長官も出席して「一刻の猶予もない。チャンスを逃すことなく行動していく」と改めて問題解決の決意を述べました。
GSOMIA維持を韓国に要求 米エスパー国防長官が訪韓
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 GSOMIA維持を韓国に要求 米エスパー国防長官が訪韓  アメリカのエスパー国防長官はソウルで韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相と会談し、失効が23日に迫った日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を維持するよう求めました。  韓国国防省で15日午前、アメリカと韓国の定例安保会議が開かれました。エスパー長官は鄭国防相とミサイル発射を繰り返す北朝鮮への対応を確認したほか、日米韓の連携のためにGSOMIAを維持するよう要求しました。韓国政府は8月に日本の輸出規制に反発してGSOMIAの破棄を発表し、今月23日午前0時に失効します。エスパー長官は15日午後に文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談しますが、韓国側は日本の輸出規制強化の撤回が必要だという考えを示す見通しです。
23日失効のGSOMIA 日韓外務省局長級協議は平行線
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 23日失効のGSOMIA 日韓外務省局長級協議は平行線  23日に失効を迎えるGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を巡って日本と韓国の外務省局長級の協議が行われましたが、平行線で終わりました。  金丁漢(キム・ジョンハン)局長:「様々な事柄で話し合いをしました。それだけ申し上げます」「(Q.GSOMIAの失効を控え、議論は?)今はノーコメントとさせてもらいます」  外務省の滝崎アジア大洋州局長は北朝鮮情勢などを念頭に、GSOMIAを破棄することは賢明ではないという認識を伝えました。これに対し、韓国の金局長は日本による輸出管理規制の強化を撤回するよう求めるなど、溝は埋まらないままでした。また、元徴用工の問題についても日本側が韓国側に解決策を提示するよう求めたものの、平行線で終わりました。
まもなく日韓防衛相会談 GSOMIAの破棄めぐり
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 まもなく日韓防衛相会談 GSOMIAの破棄めぐり  日本と韓国の軍事情報を共有する協定「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)」の失効期限が23日に迫るなか、まもなく河野防衛大臣と韓国の国防相が会談します。  (政治部・安西陽太記者報告)  会談はまもなくホテルで始まります。河野大臣はボールは韓国側にあるとしていて、日本の協定維持の立場を強調する方針です。韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相は、会談で進展があるかと聞かれても「後で話す」と応じるにとどめました。韓国側は、あくまでも輸出規制の措置を解除しなければGSOMIAを破棄するとかたくなです。しかし、日本の防衛省関係者は「経済と国防は別問題だ」としています。北朝鮮がミサイルの技術開発を進めるなか、日韓の連携にほころびを見せると有事の際に支障が出る恐れがあります。そのため、日韓の後にアメリカも入れた日米韓でも会談を行い、韓国側の姿勢を軟化させたい考えです。
#95 バトルスペシャル第2弾!番組から重大発表も!
NEWS RAP JAPAN #95 バトルスペシャル第2弾!番組から重大発表も! ラポーター大集合バトルスペシャル第2弾! 「袈裟での運転罰するべき?」「バンクシーなら落書きしてもいい?」 「日本出身横綱って必要」「外国人観光客のマナー大目に見るべき?」 「追い越し車線の低速車取り締まるべき?」「くまモンって政治的なキャラクター?」 「米朝裁会議、北朝鮮の非核化は実現する?」「地方議員の海外視察って必要?」 「宇都宮vs浜松"ギョーザ戦争"支持する?」 それぞれのテーマでラポーターが激しいバトルを展開! 番組から重大発表も!
四面楚歌!?韓国、中国ともギクシャクで経済悪化
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 四面楚歌!?韓国、中国ともギクシャクで経済悪化  4日に安倍総理大臣と久々に10分間話し、友好ムードをアピールする韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領ですが、その背景の一つに深刻な経済の悪化があります。実は、中国とも対立が続いて追い詰められているのです。  友好ムードを強調する韓国側に対し、日本側は冷静といった印象です。強硬姿勢から一転、対話姿勢に出たといえる文大統領。その背景の一つが経済の悪化。韓国経済を支える輸出は先月まで11カ月連続で減少しています。ただし、文大統領を追い詰めるものはこれだけではありません。アメリカ、北朝鮮とぎくしゃくするなど四面楚歌ともいえる外交の状況があります。  中国との関係悪化です。2016年、アメリカのミサイル迎撃システム「THAAD(落下段階高高度防衛)」の配備を決定したことに中国が猛反発。韓国への経済的な報復措置を強め、観光などにも影響しているというのです。  2017年3月に中国当局は旅行業界に対し、韓国への団体旅行の販売を控えるよう通達を出したのです。中国から韓国への旅行客は2016年には約806万人でしたが、翌2017年には416万人。去年は478万人にまで激減しました。そして、韓国企業の中国からの撤退も相次いでいます。  なかでもTHAAD配備のために土地を提供したロッテグループへの反発が大きく、スーパーから商品が撤去されたり、ネット上では不買運動する様子も見られました。また、韓流スターなど韓国の芸能人への中国内での公演ビザが下りずに事実上、活動できない状況だといいます。