「北朝鮮情勢」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

北朝鮮サバイバル
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 北朝鮮サバイバル 今回のテーマは、「北朝鮮サバイバル」。核・ミサイルで体制の「サバイバル」をはかってきた金政権。一方で、そのもとで暮らす人々も、自らの生活をかけて日々「サバイバル」をはかり、北朝鮮経済を支えている。北朝鮮外交が歴史的な節目を迎える中、あえて経済と人々の暮らしに焦点をあて、体制の陰で人々がどうやって生き延びようとしているのかを取材した。 中国の特派員が国境付近で撮影した、北朝鮮国内の最新映像には、凍った川に穴をあけて洗濯する女性たちや、木炭車とみられる車に群がる人々がとらえられていた。過酷な環境の中でたくましく生きる人々の姿を紹介する。 また、北朝鮮の企業と長年取引を続けてきたオランダ人ビジネスマンや、北朝鮮の大学に留学したイギリス人学生の話などを通して、「私たちが知らない北朝鮮」の姿を伝える。
米朝高官 モスクワでの会議出席も「会談予定なし」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米朝高官 モスクワでの会議出席も「会談予定なし」  モスクワでの核問題に関する国際会議にアメリカと北朝鮮の高官がそろって出席しました。ただ、一部海外メディアは「両者の会談は計画されていない」と報じていて、非核化を巡って進展があるかは不透明です。  アメリカ、マーク・ランバート国務次官補代理代行:「(Q.北朝鮮との会談は予定されていますか?)……」  北朝鮮の非核化を巡っては、先月のアメリカと北朝鮮の実務者協議で北朝鮮側が「決裂」を表明していて、協議再開の見通しは立っていません。こうしたなか、ロシアのインタファクス通信は北朝鮮大使館の話として「両者が会談する予定はない」と伝えていて、非核化を巡る動きに進展があるかは不透明な状況です。
モスクワ核不拡散会議始まる 米朝の接触はあるか
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 モスクワ核不拡散会議始まる 米朝の接触はあるか  アメリカと北朝鮮の担当者が出席する核問題に関する国際会議がモスクワで始まりました。非核化を巡って北朝鮮が「協議の決裂」を表明するなか、両国の接触があるかどうか注目が集まります。  会議は7日から始まり、初日に開かれた夕食会にはアメリカと北朝鮮、それぞれの担当者も出席しました。北朝鮮の非核化を巡っては先月、スウェーデンのストックホルムで実務者協議が開かれましたが、北朝鮮側は「アメリカが手ぶらで現れた」として決裂を表明しています。協議の再開に向けた具体的な見通しが立っていないなか、両国の担当者の接触が実現するかどうかが焦点となります。
北朝鮮と米 非核化協議の再開のめどは依然立たず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮と米 非核化協議の再開のめどは依然立たず  モスクワでの核問題に関する国際会議に出席していた北朝鮮の代表団が10日、帰途に就きました。会議ではアメリカ側との接触は短時間に終わり、非核化協議の再開のめどは依然、立っていません。  北朝鮮、チョ・チョルス北米局長:「(Q.米側(ランバート氏)と何を話したんですか?)…」  北朝鮮のチョ・チョルス北米局長らは10日、問い掛けに応じることなくモスクワを後にしました。3日にわたった会議にはアメリカ側からも担当者が出席しました。ただ、関係者によりますと、両者の接触は短い会話程度だったということです。非核化を巡っては先月の実務者協議で北朝鮮側が「決裂」を表明して以来、協議再開のめどは立っていません。今回の会議の場でもその糸口はつかめず、先行きは依然、不透明なままです。
北朝鮮高官 “日本越え”ミサイル発射を示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮高官 “日本越え”ミサイル発射を示唆  北朝鮮が先月に発射した飛翔(ひしょう)体を日本が弾道ミサイルとみなしていることについて、北朝鮮の高官は強く反発して安倍総理大臣を批判しました。  朝鮮中央通信は7日、北朝鮮外務省の宋日昊(ソン・イルホ)大使の談話を伝えました。先月31日に発射した「超大型ロケット砲」を日本が弾道ミサイルとみなしていることについて、「悪態をつく安倍総理は、平壌の敷居をまたぐことを夢にも見てはならない」と述べ、金正恩委員長との「条件なしの対話」を呼び掛けている安倍総理大臣を牽制(けんせい)しました。さらに、「我々は日本を眼中に置かず、自分のすべきことをする」として日本の上空を通過するミサイルの発射を示唆しました。
北朝鮮高官「反感が爆発すれば…」米をけん制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 北朝鮮高官「反感が爆発すれば…」米をけん制  モスクワで開かれている核問題に関する国際会議で、北朝鮮の高官が「アメリカへの反感が爆発すれば、朝鮮半島の情勢がどうなるか分からない」と述べ、牽制(けんせい)しました。  会議は休憩を挟んで12時間以上行われましたが、アメリカと北朝鮮の高官が接触する様子は見られませんでした。北朝鮮のチョ・チョルス北米局長はパネル討論に参加し、「アメリカへの反感が爆発すれば、朝鮮半島の情勢がどうなるか誰にも分からない」と警告しました。また、停滞しているアメリカとの非核化協議について「ただの対話なら意味がない」として、アメリカ側に打開策を示すよう求めました。
北朝鮮へ“厳格な対応を”安倍総理、李首相と会談へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 北朝鮮へ“厳格な対応を”安倍総理、李首相と会談へ  ASEAN(東南アジア諸国連合)関連の首脳会議に出席するためにタイ・バンコクを訪問している安倍総理大臣は、まもなく中国の李克強首相と会談して北朝鮮問題などについて協議する予定です。  (政治部・安間由太記者報告)  安倍総理は現在、ASEAN加盟国に日本・中国・韓国を加えた首脳会議に出席していて、その後、李首相との個別の会談を行います。会談で安倍総理は、弾道ミサイルの発射実験を繰り返す北朝鮮を巡る情勢について意見交換を行うことにしています。北朝鮮の行動は国連の安保理決議に違反しているとして、中国も厳格な対応を取るよう求める考えです。また、来年春に予定されている習近平国家主席の国賓としての来日の成功に向けた協力も確認する方針です。一方で、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との個別の会談は現時点で予定されていません。3日の夕食会では握手とあいさつを交わした両首脳ですが、会話は一切なく関係改善の糸口を見つけるのは難しい状況です。
今月中にも米朝実務協議 韓国情報機関が報告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 今月中にも米朝実務協議 韓国情報機関が報告  韓国の情報機関は非核化を巡るアメリカと北朝鮮の実務協議について、今月中にも再開されるとの見通しを明らかにしました。  韓国の国家情報院は4日、先月に事実上、物別れに終わったアメリカと北朝鮮の非核化協議について「今月中か遅くとも来月初め」に再開するとの見通しを示しました。金正恩委員長がアメリカに年末が交渉の期限としていることを主な理由としています。また、金委員長が年内にも中国を訪問する可能性があるとの分析も示しました。一方で、国家情報院は北朝鮮が近く建造を終える新型潜水艦からSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の試験発射を強行する恐れについても「注視している」と警戒感を示しました。
金委員長が空軍部隊を視察 軍の引き締め狙いか
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 金委員長が空軍部隊を視察 軍の引き締め狙いか  北朝鮮の金正恩委員長は、東部の元山(ウォンサン)の空港で軍が戦闘機の飛行技術を披露する大会を視察しました。この視察の準備の様子はアメリカの研究チームが事前に公開していました。  16日付の労働新聞は、金委員長が元山葛麻(ウォンサンカルマ)飛行場で朝鮮人民軍のパイロットと一緒に撮った写真を一面で伝えました。金委員長は高い飛行技術に満足し、「いくら技術的優位を誇る敵であっても、我が軍を圧倒することはできない」と述べたということです。アメリカと北朝鮮の非核化交渉が難航するなか、有事に備えて軍を引き締める狙いがあるとみられます。アメリカの北朝鮮研究チーム「38ノース」は14日、衛星写真を分析して軍用機が視察が行われた空港に集結していると発表していました。
“南シナ海”議論へ 東アジアサミットに中国も出席
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “南シナ海”議論へ 東アジアサミットに中国も出席  ASEAN(東南アジア諸国連合)関連の首脳会議では、日本とアメリカ、中国も参加する東アジアサミットで南シナ海や北朝鮮の情勢が話し合われます。  3日に発表されたASEAN首脳会議の議長声明では中国が軍事拠点化を進める南シナ海の情勢について、「いくつかの懸念に留意する」と明記されました。4日の東アジアサミットでも南シナ海を巡って議論される予定です。中国も出席するなか、議長声明にどれだけ強い表現を盛り込めるかが焦点です。また、北朝鮮の問題についてはASEANとして早期の朝鮮半島の非核化の実現に向けて協力していく姿勢を打ち出す方針です。