「北陸」の検索結果

今すぐ視聴する

北陸新幹線の車両基地が水没 長野・千曲川の氾濫で
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 北陸新幹線の車両基地が水没 長野・千曲川の氾濫で  千曲川の堤防が決壊して周辺が冠水し、北陸新幹線の車両基地にも水が来て新幹線が水につかってしまっています。  長野市で13日午前9時半すぎに撮影された映像では、新幹線の車両が水につかっている様子が確認できます。JR東日本の長野新幹線車両センターで、長野市の北部にあります。7編成が留置されていて、そのすべてが水につかっています。この車両は北陸新幹線が開通する時に導入された車両で、E7系、またはW7系です。その新幹線の車両の7編成がすべて水につかっている状況です。北陸新幹線の本線の脇にある車両基地です。本線は高くなっていますが、先の方は低くなっていて、本線にも水が入って来ている状況です。北陸新幹線も運転再開までにはかなり時間がかかると考えられます。
中央道で一部通行止め 北陸新幹線は折り返し運転
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 中央道で一部通行止め 北陸新幹線は折り返し運転  台風による交通への影響が続いています。鉄道では北陸新幹線が一部区間で折り返し運転をしているほか、高速道路では土砂の流入が原因で一部区間で通行止めが続いています。  JR東日本によりますと、車両が被害を受けた北陸新幹線は東京駅から長野駅の間で本数を減らして折り返し運転をしています。運転を見合わせていた山形新幹線は14日昼ごろに再開しました。JR中央線の高尾駅から大月駅の区間や栃木方面に向かう特急電車は14日も終日運転を見合わせます。高速道路は中央道の八王子ジャンクションと大月インターチェンジの間などで土砂が流入した影響で通行止めが続いています。
【全国の天気】台風の余波…あすは関東以北で要警戒
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国の天気】台風の余波…あすは関東以北で要警戒  きのうから活発な雨雲が西日本中心にかかり、大雨となっています。川の増水や道路の冠水などが発生していますが、あすは東日本や北日本でも警戒が必要になりそうです。これまでに降った雨の量を見ると、特に高知県内で300ミリ超え、大分県内でも200ミリを超えている所があり、平年のひと月分以上の大雨となっています。雨のピークは過ぎてきていますが、しばらく土砂災害など警戒を続けて下さい。  そして、この強い雨があすにかけて東日本や北日本に移りそうです。今夜遅くにかけては、東海や北陸でも強い雨になる所がありそうです。あす朝にかけて、関東や北日本でも雨になり、通勤時間帯は局地的に雷雨となりそうです。さらに、お昼前後にかけて北海道でも激しく降ります。東北も夜にかけて低気圧本体の雨雲で、激しい雨となりそうです。  そして、雨に加えて強い風も吹き荒れます。まず、あす朝、日本海上の低気圧が吸い上げる南風が関東中心に強く吹きます。最大瞬間風速25メートル、交通機関に一部影響が出るかも。お昼ごろにかけては関東に加え、北海道でも強まってきます。こちらも瞬間的に25メートル吹く恐れがあります。さらに夜にかけて注意が必要なのは、東北と北陸です。低気圧中心の渦が通過してきて、最大瞬間風速は35メートル、突風などが発生しやすくなります。外に出るのも危険な風になりそうですから十分警戒を。  《全国の予報》  ■北日本や北陸は、激しい雨に雷雨、横殴りの雨となりそうです。関東の雨は午前中までで、東海近畿の雨も朝までです。…
北陸新幹線120車両が浸水…「廃車のおそれ」も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 北陸新幹線120車両が浸水…「廃車のおそれ」も  正常なダイヤに戻るにはまだ時間がかかりそうです。浸水した新幹線120両の車両について、廃車の可能性も指摘されています。  JR長野駅から北東に10キロ余り。千曲川の堤防決壊で長野新幹線車両センターに止め置かれていた北陸新幹線の10編成合わせて120車両が水につかりました。北陸新幹線は通常30編成で運行しているため、全体の3分の1が被害を受けた形です。浸水した新幹線はどうなってしまうのでしょうか…。鉄道ジャーナリストの梅原淳さんに聞きました。  鉄道ジャーナリスト・梅原淳さん:「車輪や車軸は洗浄したりすれば使えると思うが、問題は電気を取り込んでモーターを回転させるために必要な電気の部品なんです」  新幹線は電気を送る様々な部品が車両の床下に付いています。これらの部品は乾いたとしてもそのまま運転すると発火の恐れがあるので、そのままでは使うことができないといいます。  鉄道ジャーナリスト・梅原淳さん:「これら(電気)の部品というのは半導体がたくさん使われていて、基板が付いている。こうしたものが浸水すると腐食が始まるので、ほぼすべてこれを取り換えないといけなくなる。車両自体を新たに作り直した方が早いというか、修理が楽といいますか、というようなことになる」  新幹線1両を製造するのにかかる費用は約2億7000万円です。120両では総額328億円にも及びます。梅原さんによりますと、新しく新幹線の車両を製造するには最低でも半年から1年ぐらいはかかるといいます。いずれにせよ、台風前のダイヤ…
首都圏の鉄道ほぼ再開 空の欠航は500便以上に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 首都圏の鉄道ほぼ再開 空の欠航は500便以上に  首都圏のJRの在来線や鉄道各社はほとんどの路線で運転を再開しています。ただ、北陸新幹線は現在も再開していません。  JR東日本によりますと、北陸新幹線は長野県の千曲川の氾濫で車両センターが浸水するなどしたため、現在も運転は再開されていませんが、この後に東京-長野間の上下線で数本の運転を予定しています。東北新幹線と秋田新幹線は始発から運転を見合わせていましたが、13日午後に運転を再開しました。首都圏の在来線は京浜東北線が午後3時ごろに運転を再開し、ほとんどの路線で運転を再開しました。湘南新宿ラインは終日、運転取りやめを決めています。  空の便です。全日空は成田空港と羽田空港を発着する国内線297便が欠航しました。日本航空も2つの空港を発着する国内線278便が欠航していて、14日も国内線3便が欠航する予定です。  高速道路は中央道が土砂崩れのため、八王子インターチェンジと大月インターチェンジ間の上下線が通行止めとなっているほか、圏央道の一部区間でも通行止めとなっています。
【全国の天気】関東では連続真夏日 あす記録的暑さ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国の天気】関東では連続真夏日 あす記録的暑さ  東京都心は時折、風が強く吹き抜け、ただ、きょうは30度近くになったため今も気温が高く、生温さが感じられる風。そして、北陸や北日本ではこれからさらに雨や風が強まる恐れがあります。  現在の新潟市内、風が強く、雨も横殴りに。現在、暴風警報が新潟、山形県内に出されています。北陸、東北は今夜が風のピークで、30メートル以上の暴風が予想され、停電などが発生する恐れもあるためご注意下さい。そして、強い雨も続きます。  今夜は特に東北で雨が激しく降り、夜遅くからは北海道の太平洋側でも激しい雨となりそうです。特にあす朝にかけて土砂災害、川の増水など警戒して下さい。そして、あす日中も北海道や日本海側では雨が残りそうです。  北日本では、あすまで強い風が吹く所がありそうですが、土日は西日本を中心に晴れる所が多く、気温が上がります。そして、あすは関東でまた記録的な暑さとなりそうです。あす昼前後の気温を見ると、関東はまるで真夏のように30度以上の赤いエリアが広がります。最高気温は、東京で32度と10月として記録的な暑さになる可能性があります。また、きょう激しい雨が降った千葉県南部鋸南町でも31度まで上がる予想です。週末も復旧作業が続くなか、厳しい暑さとなりそうですので熱中症など十分にご注意下さい。  《全国の予報》  ■西日本から東海、土日は晴れる所が多く、名古屋は2日とも真夏日になる予想です。来週、月曜、火曜は曇りや雨になる所が多く、暑さも落ち着いて真夏日になる所はなさそうです。  ■関東から北…
【全国の天気】“最も危険”台風19号 動向に要注意
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国の天気】“最も危険”台風19号 動向に要注意  今週は台風の動向から目が離せない一週間となりそうです。また、気温の高い傾向も続きます。あす、関東で再び30度以上の真夏日予想が出ています。  では、台風19号、3連休に日本列島に近付いてきそうです。雲の様子で見ると、しっかりと渦を巻いていて、すでに「大型」で「非常に強い勢力」です。今後の進路を見ると、日に日に北上して、週末の土曜日に西日本に近付く予想となっています。ただ、関東など東日本も油断できません。進路を左右するのが東にある太平洋高気圧で、今後、弱まることも考えられ、そうなると、東よりのコースに変わってくるためです。  そして、注目は台風の強さ。あすのピーク時に「猛烈な」勢力まで発達した後、接近時も「非常に強い」勢力です。先月、千葉県内で大きな被害を出した台風15号よりも強く、今年、最も危険な台風といえそうです。そして、今夜からあすは雨が強まる所がありそうです。  今夜9時、東海や関東、中国地方で降っている予想で、夜遅くにかけて関東中心に本降りとなりそうです。あす朝にかけては、北日本や北陸が雨の中心となって通勤時間帯、激しく降る所があるでしょう。北日本では、日中にかけても強い雨が降りやすく、雨量もまとまりそうですので、土砂災害などご注意下さい。    《全国の予報》  ■北日本や北陸は雷雨になる所もあり、夜まで雨が続きそうです。東海も午後、不安定な天気が続きますが、関東は日中晴れ間が出るでしょう。  ■最高気温。東京は29度、関東では30度に達する所がありそうです。仙台、…
北陸新幹線の車両基地がまるごと水没
無料
【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! 北陸新幹線の車両基地がまるごと水没 いま、世の中で起きている最新ニュースをアベマが厳選してラインアップ。緊急ニュースや災害情報などの速報はもちろん、話題のテーマを独自目線で掘り下げた企画や、注目の記者会見もノーカットでお届けします!さらに、独自取材を重ねたこだわりのドキュメンタリーも配信中です。
台風19号 記録的大雨・暴風・高潮 広い範囲に影響
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 記録的大雨・暴風・高潮 広い範囲に影響  台風本体の活発な雨雲が近付いています。  関東や東海は12日にかけて断続的に雨が激しく降るでしょう。近畿でも日中は激しい雷雨となり、夕方以降は東北や北陸でも猛烈な雨となりそうです。予想される雨量は13日にかけて東海で800ミリ以上、関東甲信で500ミリ以上となっています。広い範囲で記録的な大雨や暴風となる恐れがあり、厳重な警戒が必要です。北日本では13日午前中まで雨と風に警戒が必要です。関東から九州では13日は天気が回復し、晴れる所が多くなるでしょう。
第61話 追いかけて五代さん 響子失恋ひとり旅
無料
めぞん一刻 デジタルリマスター版 第2シーズン 第61話 追いかけて五代さん 響子失恋ひとり旅 五代さんには誤解され、三鷹さんからはしばらく会えない…と速達が。傷心をいやしたいと、北陸への一人旅を思い立った私ですが、…なぜでしょう? 旅先でも、五代さんの幻ばかりが現れて…。
【全国の天気】台風19号に要警戒 広い範囲で影響
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国の天気】台風19号に要警戒 広い範囲で影響  全国の天気予報です。台風19号の影響で広い範囲で警戒が必要です。  台風はかなり強い勢力であさって土曜日、東海から関東に上陸する予想です。暴風雨が長い時間続き、多い所で500ミリ以上の雨が降る恐れがあります。大規模な土砂災害や川の氾濫に厳重に警戒して下さい。  週間予報です。東海地方ではあすから雨が降り出し、土曜は外出が危険なほどの暴風、大雨となります。大阪でも土曜日は暴風雨マークとなりました。近畿地方でも厳重に警戒して下さい。  続いて関東から北日本です。関東もあすから雨となり、あさって土曜は大荒れとなります。特に関東の西の地域ほど大雨となるでしょう。あすのうちに対策や避難をお願いします。東北や北陸でも大雨や暴風に警戒して下さい。
台風19号 大雨・暴風に警戒すべき各地の時間帯
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 大雨・暴風に警戒すべき各地の時間帯  台風19号は現在、八丈島の西南西約220キロの海上を北に進んでいます。この後、非常に強い勢力を維持したまま12日夕方から夜にかけて静岡県か関東地方に上陸する見込みです。そして、夜遅い時間帯に関東を通過していく予想です。今回の台風は暴風域が広く、大荒れの時間帯が長いのが特徴です。各地の大雨や暴風に警戒が必要な時間帯です。東海や関東甲信では最大瞬間風速60メートルが予想されています。近畿は夜にかけて、そして東海や関東甲信は13日未明から明け方にかけて雨風が強い状態が続く恐れがあります。そして、12日夜は高潮にも警戒が必要です。また、13日昼ごろまで北陸や北日本で荒れた天気が続く見込みです。
台風19号接近 各地の交通機関に大きな影響
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 台風19号接近 各地の交通機関に大きな影響  日本に向かって北上を続ける台風19号は、早ければ11日夜から3連休にかけて交通機関にも大きな影響をもたらす恐れが出てきています。  ウェザーニュース交通気象センターの発表によりますと、鉄道は11日夜から13日にかけて影響が出る予想となっています。特に雨風のピークとなる12日午後から13日午前に静岡県や三重県などの東海地方や北陸地方、さらに首都圏など広い範囲で運転見合わせとなる可能性もあります。続いて高速道路です。高速道路も11日夜から13日にかけて各地での影響が懸念されています。特に影響を受ける地域が関東で、12日から13日午前にかけて速度規制や一部区間で通行止めとなる予想です。そして、空の便も11日夜から13日午前にかけて各地で影響が懸念されます。羽田、成田を発着する便では、特に12日午後を中心に台風による影響で遅れや欠航となる可能性があります。
台風19号 各地に甚大な被害 6県で死者11人
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 各地に甚大な被害 6県で死者11人  台風19号は全国各地に甚大な被害をもたらしています。ANNのまとめでこれまでに11人が死亡し、15人が行方不明になっています。そして、河川の氾濫も相次いでいます。  台風19号による大雨特別警報は全国の13都県に出されましたが、13日午前8時45分にすべて解除されました。ANNのまとめでは、亡くなった人は神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、福島で合わせて11人となり、15人の行方が分かっていません。また、総務省消防庁によりますと、108人がけがをしています。  河川の氾濫も相次いでいます。長野県では千曲川の堤防が決壊して周辺が冠水し、新幹線の車両基地にも水が来て新幹線が水につかってしまっています。気象庁によりますと、他にも東京と神奈川を流れる多摩川、埼玉の入間川、茨城の久慈川、栃木の荒川、福島の阿武隈川、宮城の吉田川などで「氾濫発生情報」となっています。  交通でも影響が続いています。東海道新幹線は始発から運転をしていますが、JR東日本の東北・秋田・山形・北陸の各新幹線は運転を見合わせています。
鉄道で一部運転見合わせ続く 道路でも土砂崩れ被害
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 鉄道で一部運転見合わせ続く 道路でも土砂崩れ被害  交通情報です。JR東日本の山手線や東京メトロなど私鉄各社はすでに運転を再開しましたが、現在もダイヤの乱れが続いています。  JR東日本によりますと、上越新幹線は13日午前に運転を再開しましたが、東北新幹線や北陸新幹線で始発から運転を見合わせています。また、首都圏の在来線については山手線などが午前に運転を再開しました。東海道線や京浜東北線などほとんどが依然、運転を見合わせています。湘南新宿ラインについては終日、運転取りやめを決めています。東京メトロ、東急電鉄、都営地下鉄などは安全が確認できたとしてすでに運転を再開していますが、現在も多くの路線でダイヤの乱れが続いています。中央道では神奈川県相模原市の上り線側で土砂崩れが起き、一部区間が通行止めになっています。上り線は上野原インターチェンジから八王子インターチェンジまで、下り線は八王子インターチェンジから大月インターチェンジまでが通行止めとなっています。復旧の見通しは立っていません。警察によりますと、けが人はいないということです。
台風19号 全国で29人が死亡 16人が行方不明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風19号 全国で29人が死亡 16人が行方不明  台風19号によって全国で29人が死亡し、現在も16人が行方不明になっています。  神奈川県相模原市では増水した川に車が転落し、乗っていた親子とみられる2人が死亡しました。千葉県では市原市で横倒しになった車から見つかった50歳の男性が死亡したほか、20人がけがをしています。ANNのまとめによりますと、これまでに全国で29人が死亡し、16人が行方不明になっています。  交通情報です。台風19号によって車両が浸水する被害があった北陸新幹線では、東京駅から長野駅の間で当面の間、本数を減らして折り返し運転を行うとしています。山形新幹線は14日昼ごろ、運転を再開する見込みです。またJR東日本の在来線は13日からほとんどの路線で運転を再開しています。JR中央線の高尾駅から大月駅間と特急「日光」など栃木方面の特急電車は14日も終日、運転を見合わせます。高速道路は中央道の八王子ジャンクションから大月インターチェンジ間、上信越道の松井田妙義インターチェンジから佐久インターチェンジの間で、台風によって土砂が流れ込んだなどの影響で通行止めとなっています。
【全国天気】あすも台風18号の影響 西日本は風雨 
最新の社会ニュース【随時更新】 【全国天気】あすも台風18号の影響 西日本は風雨   きょうも全国的に汗ばむ陽気で、特に北日本で記録的な暑さになりました。旭川や盛岡などで10月の過去最高気温を記録し、札幌でも10月としては17年ぶりに夏日となりました。  現在の札幌は日没を迎えたばかりで、きれいな夕焼け空が広がっています。ただ、気温はこの時間もまだ22度くらいあり、ひと月前の気温です。そして、このきょうの暑さはあすも続きます。札幌の最高気温は24度と夏日に近い暑さです。  そして、きょうは台風18号の影響で西日本で激しい雨が降っています。さらにあすは強い風も伴いそうです。台風中心付近の活発な雨雲は韓国付近ですが、すでに西日本では雨が強まっていて、土砂災害警戒情報も出ています。  そして、今夜からあす朝にかけても九州や四国を中心に激しい雨となり、突風なども伴う恐れがあります。あす日中も四国で激しい雨が続き、さらに東海でも降り始めます。夜は関東でも山沿い中心に雨の降る所がありそうです。雨量も四国で180ミリなど多くなりそうです。そして、風も強まります。  天気図を見ると、あすには台風は温帯低気圧に変わりますが、等圧線が何本もこみ合います。この影響で西日本を中心に強い南風が吹き込みます。瞬間的に25メートル以上の恐れがあり、注意が必要です。  《全国の予報》  ■西日本では雷雨となったり、横殴りの雨になる所がありそうです。東海でも午後から崩れます。関東や北陸、東北南部も朝から雲に覆われそうです。  ■きょう記録的暑さになった盛岡は22度と暑さは和らぎます。東京も3…
関東などで大雨と暴風 千葉でまた停電…雨漏りも
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 関東などで大雨と暴風 千葉でまた停電…雨漏りも  台風から変わった低気圧の影響で激しい雨と風が日本各地を襲いました。  台風15号の被災地、千葉県を襲った激しい雨と風。関東などは、午前を中心に所々で雷を伴う荒れた天気となりました。壊れた屋根をブルーシートで覆う応急措置が取られていましたが、復旧作業が続く被災者の皆さんは雨が降る度に負担が増していました。  山野幸雄さん(74):「ブルーシート、この前かけてもらったんですけど、剥がれた。(片付けは)仕事をしながらなのでなかなかはかどらない。女房と2人でやっているんですけど…」  山野さんは自宅が被災して現在、隣町の千葉県館山市に家を借りているそうです。修理には相当な費用がかかるため、今後の住まいについては検討中だとしています。  また、東京電力によりますと、千葉県内では荒れた天気の影響で一時、3900軒の停電が発生。千葉市緑区など今も電気が届かない地域が2000軒ほどあるそうです。  愛媛県新居浜市で撮影された「漏斗雲(ろうとぐも)」です。黒い積乱雲から地上に向けて細長く垂れ下がっている箇所が複数あります。竜巻が発生する際に見られる現象とされ、大気が不安定な夏から秋に発生しやすいということです。伊豆大島では4日午前8時すぎ、竜巻とみられる突風により漁船が転覆しました。幸いにも人は乗船していなかったため、けが人はいなかったそうです。台風から変わった温帯低気圧の影響で北陸や北日本なども4日朝から断続的に激しい雨や風に見舞われました。  低気圧は4日夜にかけて東北地方を通過する見込…
最大規模の計画運休 鉄道いつから止まる?詳しく
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 最大規模の計画運休 鉄道いつから止まる?詳しく  上陸が12日に迫った台風19号。12日の首都圏では、かつてないほどの計画運休が実施されます。  「鉄道」です。東京メトロは丸の内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、副都心線では一部区間の運転を見合わせます。  「私鉄」です。東急電鉄は午前9時ごろから本数を減らして正午前から運転取りやめます。そして、京王線は正午以降、本数を減らして午後2時ごろまでにすべての列車の運転を取りやめとします。そのほか、西武鉄道など各路線も情報を出しています。  「JR」です。JR東日本は首都圏のすべての在来線で計画運休を実施します。始発から運転を見合わせるのが湘南新宿ライン、上野東京ラインなどです。午前10時ごろからは東海道線、横須賀線、京葉線、相模原線などです。午前11時ごろからは横浜線などが運転を取りやめます。正午ごろからは京浜東北根岸線、中央・総武線、埼京線などです。そして、午後1時ごろには山手線、南武線などが運転を取りやめます。  「新幹線」です。JR東海は東海道新幹線の東京-名古屋間を始発から終日、運休にします。名古屋-新大阪間も一部を除いて運休します。JR西日本も午前から山陽新幹線の新大阪-岡山間で計画運休を実施すると発表しました。そのほか、東北新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線も午前11時以降から本数を減らしてその後、運休します。  続いては「道路」の情報です。高波などの影響で西湘バイパスと東名高速道路下りの一部区間がすでに通行止めとなっているほか、状況次第…