「千夏 名前」の検索結果

今すぐ視聴する

第4話 まじめ
無料
女子高生の無駄づかい 第4話 まじめ 高校受験当日、高熱をはじめあらゆる体調不良によって、志望していた高校に落ちてしまい、さいのたま女子高校に入学することになったマジメこと一奏。辛い3年間が始まると落ち込んでいたマジメだったが、入学式のクラス分けが貼られた掲示板に、ずっと憧れていた鷺宮しおりの名前を見つけ、奇跡が起きたと喜ぶ。しかし、そんな喜びも束の間、中学では一度として崩れなかったロボの表情が、バカによっていとも簡単に崩されてしまったのを見て、衝撃を受けるマジメ。マジメはどうにかロボとお近づきになろうと、バカの観察を始めるのだが……。
第5話 りりぃ
無料
女子高生の無駄づかい 第5話 りりぃ バカたちのクラスに転入生がやってきた。転入生の名前は染谷リリィ。さらさらのロングヘア、ぱっちりとした大きな瞳、瑞々しくぷるんとした唇、扇情的な隆起を描く豊かな胸、きゅっとした細い腰に、すらりとした長い足、そして透き通るような白い肌という、リリィの完璧な美少女ぶりを見て、ヲタは思わず格差社会かと叫んでしまう。リリィはにっこりと微笑んで、自己紹介をするのだが、その内容が好き嫌いのくだりに入ったとき、その可憐な容姿からは想像もつかない斜め上の言葉が次々と飛び出していき……。

おすすめの作品

第7病
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第7病 【最新話】「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます 」毎週水曜日26時00分に最新話を放送!
第6病
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第6病 【最新話】「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます 」毎週水曜日26時00分に最新話を放送!
【地上波本編見逃し】ザキヤマ・宮川大輔出演!”未開拓地”を歩き、実際にGoogle登録!
ストリート開拓 【地上波本編見逃し】ザキヤマ・宮川大輔出演!”未開拓地”を歩き、実際にGoogle登録! 宮川大輔&ザキヤマが、Googleの地図「ストリートビュー」がない”未開拓地”を歩き、実際にGoogleに登録!「360度カメラ」で撮影しながら、未開拓の場所を歩く。民家にお邪魔したり、絶景を見たり、最終地点で船に乗ったり。Abema限定版では、地上波放送はしない、”未開拓地”のロケ映像をお届け。
第2病 『Eyes On Me』
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第2病 『Eyes On Me』 花鳥が小雪を風紀委員の活動に誘うが、花鳥は女子に話しかけられなかったり、ゴリ男に絡まれたり、かなりのヘタレっぷり。そんな花鳥をつい殴ってツッコんでしまった小雪は反省文を書くハメになってしまいーー
第3病 『death wish』
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第3病 『death wish』 体育祭の準備中、何かと失敗する花鳥のもとにヒリウスと名乗る君屋ひびきが現れる。小雪は「君屋と花鳥なら良い友達になれるのでは?」と思うが、なぜか花鳥は君屋を拒否してしまう。
第4病 『Travel Rock』
ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。 第4病 『Travel Rock』 修学旅行中に、どうにかして澄楚に謝りたいと思う小雪。月宮を味方につけたものの、ことごとく謝罪チャンスを花鳥によって潰されてしまう。焦る小雪は、なんとか観覧車で澄楚と2人きりになることができたがーー
#1 ビッグカツとペペロンチーノと…
無料
だがしかし2 #1 ビッグカツとペペロンチーノと… 木枯らし吹くころ、荒れ果てたシカダ駄菓子の前でココノツは数ヶ月前を振り返る。  それはまだ暑い夏の日、お昼のメニューを考えながら「とんかつ……」と呟いたココノツの前に、その言葉に召喚されたようにほたるが現れ、駄菓子揚げ物界のレジェンド「ビッグカツ」の誕生秘話を語りだしたのだった。
#3 ベーゴマと追憶と…
だがしかし2 #3 ベーゴマと追憶と… ベーゴマで遊ぶココノツと豆。なかなかうまくいかない。するとそこにバケツを抱えたほたるが登場。いきなりスカートをはずし、バケツにかぶせてベーゴマの台を作った。ベーゴマ道を極めたと自ら言うほたるは、ベーゴマのうんちくを語りつつココノツ達に勝負を挑むのだが……。
#4 ホームランバーと花火大会と…
だがしかし2 #4 ホームランバーと花火大会と… 花火大会の日、真剣にアイスボックスを覗き込むほたる。今日こそホームランバーの当たりを引こうとしていたのだ。皆で花火に行こうと言われていたココノツは「花火を見に行こう」とほたるを誘うが、返ってきたのは「2人で?」という言葉。否定できぬまま、ココノツはほたるを乗せて自転車を漕ぎだした。
#6 ビニコンと求人情報誌と…
だがしかし2 #6 ビニコンと求人情報誌と… コンビニに視察に行くココノツ・サヤ・豆。出迎えたのはやたらテンションの高い店長、紅豊だった。コンビニには似つかわしくない高級洋菓子をならべ自慢する紅豊。それを聞いたココノツは、つい「駄菓子のような安いものの方が、客が喜びます」と言ってしまう。