「千田有紀」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

[将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 高見泰地七段 対 千田翔太七段 1/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 高見泰地七段 対 千田翔太七段 1/2 本放送は将棋情報LIVEです。 叡王戦は全現役プロ棋士に加え、主催者の推薦により決定する女流棋士1名およびアマチュア1名が出場します。段位別予選と本戦を勝ち抜いた2名が決勝七番勝負を行い、先に4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得します(第4期以降は本戦優勝者が叡王への挑戦権を獲得)。
[将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 高見泰地七段 対 千田翔太七段 2/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 高見泰地七段 対 千田翔太七段 2/2 本放送は将棋情報LIVEです。 叡王戦は全現役プロ棋士に加え、主催者の推薦により決定する女流棋士1名およびアマチュア1名が出場します。段位別予選と本戦を勝ち抜いた2名が決勝七番勝負を行い、先に4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得します(第4期以降は本戦優勝者が叡王への挑戦権を獲得)。
[将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 豊島将之名人七段 対 千田翔太七段 1/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 豊島将之名人七段 対 千田翔太七段 1/2 本放送は将棋情報LIVEです。 叡王戦は全現役プロ棋士に加え、主催者の推薦により決定する女流棋士1名およびアマチュア1名が出場します。段位別予選と本戦を勝ち抜いた2名が決勝七番勝負を行い、先に4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得します(第4期以降は本戦優勝者が叡王への挑戦権を獲得)。
[将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 豊島将之名人七段 対 千田翔太七段 2/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 豊島将之名人七段 対 千田翔太七段 2/2 本放送は将棋情報LIVEです。 叡王戦は全現役プロ棋士に加え、主催者の推薦により決定する女流棋士1名およびアマチュア1名が出場します。段位別予選と本戦を勝ち抜いた2名が決勝七番勝負を行い、先に4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得します(第4期以降は本戦優勝者が叡王への挑戦権を獲得)。
天使ちゃんの服~誕生死だったあなたへ~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2020【土曜放送】 天使ちゃんの服~誕生死だったあなたへ~ 「天使ちゃんの服」は、死産や流産で亡くなった赤ちゃんのための服です。 一度は命が宿った誕生死とも呼ばれる赤ちゃんの突然の死は、家族を深い悲しみに包みます。せめて赤ちゃんにぴったりのかわいい服で送り出してほしい。天使ちゃんの服を作る秋田市のNPO法人ここはぐは、「おくりばこ」という棺も制作し、秋田に留まらない展開を目指します。 誕生死を経験した人の思いを集めて形にしたいと奮闘する姿を追いました。
#90:占い師が大予言!『ノブさん、今年浮気します。』
チャンスの時間 #90:占い師が大予言!『ノブさん、今年浮気します。』 ノブが5月・10月に浮気する!?親しい人に裏切られる!?セックスが下手!?など占い師が大予言!新レギュラー番組も決まり波に乗ってる千鳥。そんな2人に占い師が今後の未来を大予想!奥歯5本無い錦鯉・長谷川の新グルメ企画!歯がない人でも美味しいと思えるグルメを紹介!
第7話 「いぬほしき」/「母子を継ぐ者」
かくしごと 第7話 「いぬほしき」/「母子を継ぐ者」 ある日の後藤家。机のうえには一枚のチラシ。姫が「子犬の飼い主募集」のチラシを持ってきて、可久士にお願いをしているのだった。姫のお願いに悩む可久士は、公園で犬を連れた一子先生に出会う。「家で一人でいることが多かったから、この子には救われました」と目を細める一子先生は、老いた愛犬をやさしく撫でる。その夜、可久士は姫に犬を飼うことを許す。姫は大いに喜び、後藤家に新しい家族がやってくる。
第8話 「おれたちの下描き」/「残念記念組」
かくしごと 第8話 「おれたちの下描き」/「残念記念組」 後藤家の子犬の名前がまだ決まらない。ひとまず姫は「ゴル(仮)」とするが、いよいよ区役所で本名をつけることに。迷い続ける姫だったが、窓口係のある一言で子犬の名前を決める。笑顔で「最初から名前はついてた!」という姫に、可久士は首をかしげる。数日後、トラブルメーカーの十丸院が仕事場に飛び込んでくるなり、「週刊少年マンガジンの創刊38周年祝い」と声を張り上げるが、もっと大事な記念日を忘れていたことが発覚する。
第9話 「師走は君の嘘」
かくしごと 第9話 「師走は君の嘘」 時は12月、漫画家にとって試練の「年末進行」がやってきた。編集部が年末年始を休むために締切が前倒しになる厳しい期間だ。ところが、ゴトープロの面々はやる気十分。豪華な出版社の年末パーティを思い切り楽しみたいからだった。後日、打ち合わせ中に可久士は、十丸院から衝撃の一言を告げられる。「経費削減で、今年はパーティが無くなりました」……浮足立つアシスタントたちを前に、可久士はその事実を伝えられないままで……。
第10話 「I"S(伊豆)」
かくしごと 第10話 「I"S(伊豆)」 年末進行に立ち向かうゴトープロ。年内に年明け分まで描いておけば正月休みが取れると、さらに先の締切にまで進行しようと試みる。ところが、可久士は「描きだめが出来ない」と筆が揮わない。「そもそも漫画家に、長期旅行の申込みなんてできるわけないだろ!」と開き直る可久士だったが、そう宣言するのには最大の理由があった。なぜなら、漫画家は休みに必ず風邪を引くからだ。寝込む可久士のために、姫は「願掛け」をして回復を祈るのだった。