「千葉幸生七段」の検索結果

今すぐ視聴する

第77期 順位戦 C級1組 第6回戦 千葉幸生七段 対 藤井聡太七段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第6回戦 千葉幸生七段 対 藤井聡太七段 1/2 名人への道!藤井聡太七段!藤井七段が、名人戦の挑戦者になるためには実は最速で4年かかる。最速で挑戦する場合、2019年春16歳でB級2組昇格、2020年春17歳でB級1組昇格、2021年春18歳でA級昇格、2022年春19歳でA級優勝、その年の4月に名人に挑戦する。名人挑戦の最年少記録を持つのが先日1300勝の偉業を達成した谷川浩司九段で21歳の時だ。藤井聡太七段が19歳もしくは20歳で名人を獲得し歴史を塗り替えることができるか!?順位戦のC級1組では全10局ある対局で1敗でもすると前期の順位差で昇格が難しくなる厳しさだ。今まで順位戦では一度も負けなしの藤井聡太七段、今日も見逃せない一局! 順位戦とはフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年10月23日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第6回戦 千葉幸生七段 対 藤井聡太七段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第6回戦 千葉幸生七段 対 藤井聡太七段 2/2 名人への道!藤井聡太七段!藤井七段が、名人戦の挑戦者になるためには実は最速で4年かかる。最速で挑戦する場合、2019年春16歳でB級2組昇格、2020年春17歳でB級1組昇格、2021年春18歳でA級昇格、2022年春19歳でA級優勝、その年の4月に名人に挑戦する。名人挑戦の最年少記録を持つのが先日1300勝の偉業を達成した谷川浩司九段で21歳の時だ。藤井聡太七段が19歳もしくは20歳で名人を獲得し歴史を塗り替えることができるか!?順位戦のC級1組では全10局ある対局で1敗でもすると前期の順位差で昇格が難しくなる厳しさだ。今まで順位戦では一度も負けなしの藤井聡太七段、今日も見逃せない一局! 順位戦とはフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年10月23日に放送されたものです
第77期 順位戦 B級2組 第1回戦 永瀬拓矢七段 対 横山泰明六段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 B級2組 第1回戦 永瀬拓矢七段 対 横山泰明六段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年6月13日に放送されたものです
第77期 順位戦 B級2組 第1回戦 永瀬拓矢七段 対 横山泰明六段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 B級2組 第1回戦 永瀬拓矢七段 対 横山泰明六段 2/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年6月13日に放送されたものです
第49期 新人王戦 藤井聡太七段 対 近藤誠也五段 1/2
新人王戦 第49期 新人王戦 藤井聡太七段 対 近藤誠也五段 1/2 第49期新人王戦は、参加者定員40人として平成28年10月1日現在の四、五、六段全員(ただし年齢26歳以下でタイトル挑戦経験者を除く)及び、女流棋士4人、赤旗名人、さらには前期三段リーグ成績上位者でトーナメント方式で争う。持ち時間は3時間。若手棋士たちの登竜門的な棋戦として、歴代優勝者には森内俊之九段、羽生善治三冠、藤井猛九段、渡辺明竜王、佐藤天彦名人など錚々たる面々が名を連ねている。 ※この番組は2018年8月31日に放送されたものです
第49期 新人王戦 藤井聡太七段 対 近藤誠也五段 2/2
新人王戦 第49期 新人王戦 藤井聡太七段 対 近藤誠也五段 2/2 第49期新人王戦は、参加者定員40人として平成28年10月1日現在の四、五、六段全員(ただし年齢26歳以下でタイトル挑戦経験者を除く)及び、女流棋士4人、赤旗名人、さらには前期三段リーグ成績上位者でトーナメント方式で争う。持ち時間は3時間。若手棋士たちの登竜門的な棋戦として、歴代優勝者には森内俊之九段、羽生善治三冠、藤井猛九段、渡辺明竜王、佐藤天彦名人など錚々たる面々が名を連ねている。 ※この番組は2018年8月31日に放送されたものです
第77期 順位戦 B級2組 第6回戦 阿部隆八段 対 中村太地七段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 B級2組 第6回戦 阿部隆八段 対 中村太地七段 1/2 順位戦も折り返し地点に!本局では全勝を走る中村太地七段が登場!先日の王座戦ではフルセットまで熱戦を繰り広げ無念の結果となったが順位戦では、B級1組昇級に向けて更なる注目が高まる!対する、阿部隆八段はA級在籍経験もあるトップ棋士!中村七段は全勝を継続できるか!? 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年11月14日に放送された番組です。
第77期 順位戦 B級2組 第6回戦 阿部隆八段 対 中村太地七段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 B級2組 第6回戦 阿部隆八段 対 中村太地七段 2/2 順位戦も折り返し地点に!本局では全勝を走る中村太地七段が登場!先日の王座戦ではフルセットまで熱戦を繰り広げ無念の結果となったが順位戦では、B級1組昇級に向けて更なる注目が高まる!対する、阿部隆八段はA級在籍経験もあるトップ棋士!中村七段は全勝を継続できるか!? 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年11月14日に放送された番組です。
第77期 順位戦 A級 第8回戦 豊島将之二冠 対 羽生善治九段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 A級 第8回戦 豊島将之二冠 対 羽生善治九段 1/2 羽生善治九段登場!現在6勝1敗で並ぶ豊島二冠と羽生九段!残り2戦となったA級順位戦!勝ったほうが名人挑戦に向けて王手をかける!また、3/1の最終戦では豊島二冠は久保王将と、羽生九段は広瀬竜王と戦うことが決まっている。本局が今期A級順位戦の趨勢を決める大一番と言っても過言ではない。名人挑戦へ近づくのはどちらか!? 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年1月31日に放送された番組です。
第77期 順位戦 A級 第8回戦 豊島将之二冠 対 羽生善治九段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 A級 第8回戦 豊島将之二冠 対 羽生善治九段 2/2 羽生善治九段登場!現在6勝1敗で並ぶ豊島二冠と羽生九段!残り2戦となったA級順位戦!勝ったほうが名人挑戦に向けて王手をかける!また、3/1の最終戦では豊島二冠は久保王将と、羽生九段は広瀬竜王と戦うことが決まっている。本局が今期A級順位戦の趨勢を決める大一番と言っても過言ではない。名人挑戦へ近づくのはどちらか!? 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年1月31日に放送された番組です。