「即位 放送」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

両陛下、宮中三殿に拝礼 きょう一連の即位行事終了
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下、宮中三殿に拝礼 きょう一連の即位行事終了  天皇皇后両陛下は4日午前と午後に皇居で行われる儀式をもって、即位の一連の行事をすべて終えられます。  午前8時ごろ、まず皇后さまが赤坂御所を出発されました。そして、その1時間後に天皇陛下が出発して皇居に入られました。午前は即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい)が終わったことを皇居の宮中三殿に報告される「親謁(しんえつ)の儀」が行われました。儀式は非公開で、陛下、皇后さまの順で拝礼されたということです。午後には宮中三殿のうち天照大神を祭る賢所で「御神楽の儀」が行われます。両陛下は再び装束を着て拝礼に臨まれます。この儀式をもって、5月1日から続いた即位の一連の行事がすべて終わります。
一連の即位行事が終了 皇居賢所で「御神楽の儀」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 一連の即位行事が終了 皇居賢所で「御神楽の儀」  天皇皇后両陛下が即位の一連の行事を終えられました。  皇居では4日夕方、「御神楽の儀」が行われ、天皇陛下は剣と勾玉(まがたま)を携えて皇居に入られました。皇后さまは午前中の儀式から皇居にとどまり、儀式に臨まれました。御神楽の儀は5月1日から続いた即位行事の最後の儀式で、夕暮れのなか、天照大神を祭る賢所ではたいまつとあんどんに火が付けられ、陛下が黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)を着て拝礼した後、装束姿の皇后さまが拝礼されました。両陛下の参拝後は皇族方が賢所の前に進み、拝礼されました。
第3話
華政[ファジョン] 第3話 即位した光海君だったが、臨海君に謀反の疑いがかかる。兄を信じたい光海君は、重臣たちの反発を抑えるが、明の使者が光海君を王と認める前に、臨海君に会わせろと言ってくる。長男である臨海君が乱心したという理由で次男の光海君が世子となったと報告していたため、事実を確かめるためだった。結局、臨海君は自分の潔白を信じるという光海君のため、使者の前で乱心したふりをする。しかしその夜、光海君は臨海君から思いがけない告白を受ける...それから5年。光海君は、ことあるごとに重臣たちの反発に遭い、目指す政治を実現できずにいた。その一方で、仁穆大妃は邪魔者は粛清するという光海君のやり方に恐怖と怒りを抱き、息子の永昌大君を即位させなかったことを後悔していた。
両陛下、「親謁の儀」で昭和、大正天皇陵を参拝
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下、「親謁の儀」で昭和、大正天皇陵を参拝  天皇皇后両陛下は即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい)が終わったことを報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨み、昭和天皇と大正天皇の陵墓を参拝されました。  両陛下は3日午前10時ごろ、東京・八王子市の武蔵陵墓地を訪問されました。墓地の前には多くの人が集まり、お二人は笑顔で応えられました。陛下と皇后さまはそれぞれ昭和天皇、大正天皇の順で参拝に臨み、玉串を捧げて一礼されました。親謁の儀は皇室の祖先とされる天照大神を祭る伊勢神宮や歴代天皇に報告する儀式で、両陛下は先週までに伊勢と奈良、京都での儀式を終えられました。4日は皇居・宮中三殿での親謁の儀に臨み、5月から続いた即位に伴うすべての行事が終了します。
第16話 即位の日
王女の男 第16話 即位の日 夜陰に乗じてオンニョン君を殺害し“大虎”の文字を残したキム・スンユ。死んだキム・ジョンソを表すその言葉に不安を覚えたスヤン大君は譲位を急ぎ、ついに王位につくが、父親との確執を深めるイ・セリョンは王女となる儀式を頑なに拒む。スンユは復讐の刃をシン・スクチュに向けるが、すんでのところでシン・ミョンがこれを阻む。コン・チルグから人質事件の有力な情報を得たミョンは、スンユが身を隠す妓楼へと捜査の手を伸ばし...。
皇后さまが56歳の誕生日 即位行事での祝福を感謝
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 皇后さまが56歳の誕生日 即位行事での祝福を感謝  皇后さまは9日、56歳の誕生日を迎えられました。即位の行事で国民から寄せられた祝福を「思いがけないほど本当に温かいお祝い」と表現し、感謝を述べられました。  皇后さまは一年の感想をつづった文書で「多くの国民の皆様から思いがけないほど本当に温かいお祝いを頂きましたことに心から感謝しております」「各地で出会ったたくさんの笑顔は、私にとりましてかけがえのない思い出として心に残り、これからの歩みを進めていくうえで、大きな支えになってくれるものと思います」と述べられました。天皇陛下には体調への気遣いに感謝を述べ、「健康の一層の快復に努めながら、皇后としての務めを果たし、ご一緒に国民の幸せに力を尽くしていくことができますよう努力して参りたい」とつづられました。
雅子さま、56歳誕生日「沢山の笑顔が大きな支えに」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 雅子さま、56歳誕生日「沢山の笑顔が大きな支えに」  9日、皇后・雅子さまが56歳の誕生日を迎えられました。この一年を振り返り、「日本各地で出会った笑顔が大きな支えになっている」との思いを文章で寄せられました。  9日は雅子さまの56歳の誕生日。それにあたり、雅子さまは一年の感想をつづられました。天皇陛下の即位に伴い様々な行事が行われた今年。国民が直接、お二人にお祝いの気持ちを伝える場面が幾度となくありました。  心が痛むこととして台風などの災害で多くの被害が出たことを挙げられました。  誕生日に際し、医師団からの見解も発表されました。皇后として今年、多くの行事に臨むことができたのは皇后陛下の努力によるところが大きいとしたうえで…。  医師団の見解:「本年は天皇陛下のご即位に伴う諸行事を中心に、特に強い責任感を持ってお務めに取り組んでこられましたが、これをもって過剰な期待を持たれることは今後のご快復にとって、かえって逆効果となり得ることをご理解頂ければと思います」
第62話
華政[ファジョン] 第62話 貞明公主は、仁祖による王としての最後の選択に不安を覚えるが、ジャジョムと尚膳から仁祖の本心を聞かされて驚く。片やキム・リュは、顧命大臣の権限を利用してジュソンの指示どおり崇善君を王位に就けることにする。数日後、便殿会議の場で命令書が開封されるが、そこには何も書かれていなかった。動揺する重臣たちの前に、伏せっているはずの仁祖が現れるのだった。一方、ジュソンは追手をかいくぐって逃走し、清の助けを借りて権力を奪還しようとしていた。鳳林大君が17代王として即位するやいなや、朝鮮は再び危機に直面する...
秋篠宮さま 眞子さまご結婚延期 何らかの発表必要
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 秋篠宮さま 眞子さまご結婚延期 何らかの発表必要  秋篠宮さまが誕生日の会見で眞子さまの結婚について、来年の2月に延期から2年経つことから何らかの発表をする必要があるとの認識を示されました。その発表内容はどのようなものになるのでしょうか。  54歳の誕生日にあたって行われた記者会見。去年までは紀子さまとお二人でしたが、皇嗣となられた今年はお一人での会見です。10月には「即位礼正殿の儀」。先月には「大嘗祭(だいじょうさい)」と即位に伴う重要な儀式が終わったばかりですが、平成と令和、2つの時代で臨まれた秋篠宮さまはこう感想を述べられました。  秋篠宮さま:「前回は私の隣に今の陛下がおられて、私はそこで行われる所作を分からなければ隣を見ていればいいと、そういう感じがあったんですね。やはり間違いないようにしなければいけないなというのがありました」  代替わりに伴い、御一家で担う公的な活動も増えています。会見では、延期となっている眞子さまの結婚についても言及されました。  秋篠宮さま:「結婚の見通し、これについては私が昨年お話ししたことと変わっておりません。長女との話し合い、それについては結婚のことについては話をする機会はありません」  眞子さまと小室圭さんの結婚延期が発表されたのは去年2月のことですが、この年の誕生日会見で秋篠宮さまは「小室さんに関わる問題などをクリアすることが必要」と述べられています。今回は結婚の見通しについては去年から変わらないとしたうえで、結婚延期の発表から来年2月で2年が経つことに「何らかのことは発表する必…
第39話
無料
華政[ファジョン] 第39話 即位した仁祖は、光海君の勢力を一掃するため、光海君が王座をかけて守った火器都監の人々を後金と内通した罪で捕らえてしまう。罪がないにもかかわらず拷問にかけられるジュウォンたちを救うために、貞明公主は王宮の前で座り込みを行い、無実を訴える。これにより民の同情が集まり始め、貞明公主の狙いどおり綾陽君は仕方なく火器都監の人々を放免する。その後、ゲシやイチョムなど大北派の重臣らは斬首刑に処され、光海君は流刑となる。流刑地に向かう光海君を見送る貞明公主とジュウォンは、心の中で光海君の意志を継ぐことを誓うのだった。