「厚生労働省 定塚 官房長」の検索結果

「厚生労働省 定塚 官房長」に関する情報は見つかりませんでした。
「厚生労働省」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

新型コロナウイルス国内で初確認 厚労省が会見
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型コロナウイルス国内で初確認 厚労省が会見  中国・武漢で発生している肺炎の原因とみられる新型コロナウイルスに感染した患者が日本国内で初めて確認されました。これを受けて厚生労働省が会見を行い、注意を呼び掛けています。
新型ウイルスの日本初上陸 厚生労働省の見解は?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型ウイルスの日本初上陸 厚生労働省の見解は?  中国の武漢で発生していた肺炎の原因とみられる新型コロナウイルスに感染した患者が日本国内でも確認されました。厚生労働省は冷静な対応を呼び掛けています。厚労省前から報告です。  (岩本京子記者報告)  (Q.解熱剤を使って熱が低い状態で入国している。盲点だったと思うが、厚労省はどう受け止めているのか?)  会見を受けて改めて厚労省内を取材をしたところ、ある幹部は「武漢は成田空港に発着する直行便があるので、警戒はしていたけれども防ぎきれなかった」と話しました。男性は解熱剤を飲んだ状態で検疫を通過したわけですが、これについては「予想していなかった」と驚いていて、「今後も人の往来は増える一方なので、ヒトからヒトへの感染の可能性が低くても安心はできない」と話していました。来週には春節を控え、多くの中国人が日本に来ることが予想されています。16日の会見では、この新型コロナウイルスについて「詳しい特性はまだ分かっていない」としたうえで、「もし感染した場合、インフルエンザウイルスよりは重症になる危険度は高いが、SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)ほどではないと推測される」とのことでした。今後は疫学調査を行って、このウイルスの特性や感染拡大のリスクがどの程度あるかを早急に調べるということです。厚労省は「手洗いやうがいなどをして対策を取るほか、過剰な心配はしないでほしい」と冷静な対応を呼び掛けています。
10人の採用枠に1934人応募 厚労省の中途採用募集で
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 10人の採用枠に1934人応募 厚労省の中途採用募集で  厚生労働省の募集した中途採用の倍率が190倍を超えました。  厚労省は先月から今月10日にかけて、34歳から49歳の非正規社員を対象に職員の募集をしました。バブル崩壊の影響で就職が難しかった世代への支援の一つで、10人の採用予定に対して190倍を超える1934人の応募がありました。来月2日以降に筆記試験と作文、面接による選考が行われ、合格者は5月1日以降、東京・霞が関の厚労省で働くことになります。
新型ウイルス 厚労省が上海便でも自己申告呼びかけ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型ウイルス 厚労省が上海便でも自己申告呼びかけ  安倍総理大臣の指示を受け、厚生労働省などは具体的な対策に乗り出します。  加藤勝信厚労大臣:「武漢市、上海市からの航空便において新たに健康カード配布し、自己申告を徹底し、国内で受診を勧奨する」  加藤大臣はこのように述べ、発症した患者が多い武漢だけではなく、上海からの便についても機内アナウンスなどで搭乗客に自己申告を徹底するよう呼び掛けることにしています。  国土交通省や海上保安庁は、新型コロナウイルスに関する各方面への情報の提供を徹底します。海外に行く一般の人のほか、航空会社や旅行会社、さらに海外に行く船舶に対しても詳しい情報を提供していくということです。
肺炎の男性が濃厚接触 中国の家族も感染
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 肺炎の男性が濃厚接触 中国の家族も感染  中国で発症が相次ぐ新型のコロナウイルスが原因とみられる肺炎が日本でも確認された問題で、感染した男性の中国にいる家族が同じ肺炎にかかり、男性と濃厚接触していたことが分かりました。  厚生労働省は中国の武漢から入国した神奈川県に住む30代の中国人の男性が新型のコロナウイルスに感染し、肺炎を発症していたと発表しました。厚労省の関係者によりますと、武漢にいる男性の家族も同じ肺炎にかかっていたことが分かりました。男性は武漢に滞在中、家族と一緒に生活するなど濃厚接触をしていて、厚労省は男性が家族から感染した疑いがあるとみています。一方で、男性が日本に戻った後、周囲で感染が確認された人はおらず、厚労省は今のところ、感染が広がるリスクは低いとみています。
沖縄の戦没者遺骨で要請「専門家がサンプル採取を」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 沖縄の戦没者遺骨で要請「専門家がサンプル採取を」  沖縄で戦没者の遺骨収集を続ける団体らが保管している遺骨の正確なDNA鑑定のために、サンプルの採取など初期の段階から専門家を参加させることなどを厚生労働省に求めました。  具志堅隆松さんらボランティア団体がこれまでに沖縄で収集した遺骨700体以上が現地で保管されています。国はDNA鑑定のために骨からサンプルの採取を進めています。団体側は正確な鑑定のためにサンプルの採取は厚労省の職員ではなく、専門家がすることや、沖縄科学技術大学院大学を鑑定拠点にすることなどを求めました。これに対し、厚労省は専門家会議に提案すると応じました。また、DNA鑑定ができなくなるとして、収集した遺骨を焼かないよう求めました。
武漢や上海以外も…中国便の水際対策強化へ 厚労省
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 武漢や上海以外も…中国便の水際対策強化へ 厚労省  WHO(世界保健機関)の緊急会合を受け、厚生労働省は水際対策をさらに強化することを検討しています。  厚労省の関係者はWHOの判断が先送りになったことについて「何かしらの判断が出ると思っていたので、想定外だった」と話しました。現在は武漢からの便に限って、24日からは上海からの便も含めてせきや発熱の症状がある場合には自己申告をするよう機内アナウンスで呼び掛けていますが、厚労省は他の中国便にも広げることなどを検討しています。  一方、全日空は武漢空港の閉鎖を受け、23日午後6時10分に成田空港を出発する武漢便について欠航する方向で調整をしています。24日以降の運航再開の見通しは分からないということです。
国内2人目の感染者 武漢で発熱 来日後に肺炎診断
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 国内2人目の感染者 武漢で発熱 来日後に肺炎診断  東京都内で新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎の患者が確認されました。国内では2人目です。  加藤勝信厚労大臣:「本日未明、我が国において2例目の患者が報告されました」  厚生労働省によりますと、患者は旅行で中国・武漢から日本に来た40代の中国人の男性だということです。武漢にいた14日から発熱などの症状があり、来日後の22日に医療機関で肺炎と診断され、国立感染症研究所で詳しく調べた結果、新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。男性は現在、東京都内の病院に入院していますが、症状は落ち着いているということです。感染源とされる武漢市の海鮮市場には立ち寄っておらず、中国でも肺炎の患者との明確な接触は確認できていないということです。
低所得の男性3人に1人が喫煙者 厚労省調査
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 低所得の男性3人に1人が喫煙者 厚労省調査  世帯年収が200万円未満の男性のうち、習慣的にたばこを吸っている人の割合が3人に1人以上いることが分かりました。  厚生労働省が習慣的に喫煙している人の割合を調べたところ、昨年度は17.8%となり、10年間で4%減少しました。世帯年収別に喫煙している男性の割合を見てみると、年収600万円以上が27.3%、年収400万円以上600万円未満で29.4%、年収200万円未満では34.3%となり、年収が低くなるにつれて喫煙率が高くなっていることが分かりました。また、年収が低い人についてはこの1年間に健康診断を受けていない人や歯の本数が20本未満である割合も高かったということです。厚労省は「年収によって健康格差がまだあり、今後の施策に生かしていきたい」としています。
“新型コロナ”国内初確認 中国から帰国の30代男性
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “新型コロナ”国内初確認 中国から帰国の30代男性  中国・武漢で発生している肺炎の原因とみられる新型コロナウイルスに感染した患者が日本国内で初めて確認されました。厚生労働省が16日午前から会見しています。  新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたのは、6日に武漢から帰国した神奈川県に住む30代の中国人男性です。この男性は帰国前から発熱していて、帰国後に肺炎の症状を訴え、10日から入院していました。国立感染症研究所がウイルス検査をしたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたということです。日本で新型コロナウイルスが確認されるのはこれが初めてです。男性は武漢で複数の患者が関係している地元の海鮮市場には立ち寄っていないと話しています。厚労省は「中国で肺炎患者と濃厚接触した可能性がある」としています。男性は症状が軽くなり、15日に退院しています。
新型コロナウイルス国内2例目 武漢からの旅行者
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型コロナウイルス国内2例目 武漢からの旅行者  東京都内で新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎の患者が確認されました。国内では2人目です。  厚生労働省によりますと、患者は中国・武漢市から旅行で日本に来た40代の中国人の男性です。武漢にいた14日から発熱の症状がありましたが、一度、症状が落ち着き、19日に来日していました。翌20日に医療機関を受診しましたが、肺炎の診断はありませんでした。その後、22日に発熱や喉の痛みが見られたため、再度、医療機関を受診したところ肺炎と認められ、国立感染症研究所で詳しく調べたところ、新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。男性は現在、東京都内の病院に入院しているということです。感染源とされる武漢市の海鮮市場には立ち寄っておらず、中国でも肺炎患者との明確な接触は確認できていないということです。
PIECE1
無料
スタンドマイヒーローズ PIECE OF TRUTH PIECE1 薬物絡みの未解決事件を扱う独立捜査機関「スタンド」。メンバー候補は厚生労働省麻薬取締部(マトリ)、警視庁捜査一課から民間人まで幅広い。所属の垣根を越えてメンバーをスカウトする、その重要な役に任命されたのは泉 玲。一部の薬物に対して耐性がある「薬効体質」の持ち主だ。泉はさっそく、捜査企画課のエース・青山 樹と共に警視庁を訪れ、捜査一課のスタンド候補者たちに協力を依頼することに。
調査チーム責任者断言「ヒトからヒト感染必ずある」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 調査チーム責任者断言「ヒトからヒト感染必ずある」  中国で広まる新型コロナウイルスによる肺炎で、現地調査チームの責任者が「ヒトからヒトへの感染は必ずある」と断言しました。  中国の国家衛生当局の鐘南山リーダーは国営メディアの取材に対し、今回の肺炎について「ヒトからヒトへの感染が必ずある」と説明しました。また、医療関係者14人が感染したことも明らかにしました。中国当局はこれまで「ヒトからの感染は排除できない」という表現にとどめていました。そうしたなか、習近平国家主席は20日夜に「人民の生命と健康を第一に断固制圧する」と異例の声明を出していて、中国では春節の大型連休を前に危機感が高まっています。  一方、国内では厚生労働省が初めて新型肺炎の発症が確認された神奈川県に住む30代の中国人男性の家族や職場の同僚、飛行機の同乗者など接触者38人を特定しました。対象者は一日2回の検温と体調の報告を14日間、求められます。現時点で体調不良を訴える人はいないということです。このほか、韓国で発症が確認された中国人女性と一緒に行動して日本に入国した3人も対象となっています。