「受験勉強 スケジュール」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#1 青ちゃんは青春ができない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #1 青ちゃんは青春ができない 渋谷の高校に通う堀江青の父親は、超有名な官能小説家だ。 そのため青ちゃんはHな知識だけは豊富で、オトコと恋愛に嫌悪感を抱いている。 クラスメイトからは近寄りがたいと思われているが意に介さず、夢のひとり暮らし実現のため、受験勉強に励む。 ところが、木嶋という男子だけがやたらと青ちゃんに話しかけてくる。
第8話
無料
A-TEEN シーズン2 第8話 お互いに部活と受験勉強で忙しく、なかなか会うことができないド・ハナとナム・シウ。そんなある日、ド・ハナがSNSに意味深な文章をアップして、ナム・シウは不安を抱き始める。
リマインド18 受験生のメリークリスマス
無料
カードファイト!! ヴァンガード2019 リマインド18 受験生のメリークリスマス クリスマスにも関わらず、受験勉強に追われる新右衛門。だが、カードキャピタルは大人気アイドルの高蔵寺ヒトミがやってきて大盛況に!?勉強はどうなるのか!?
第1話
無料
<Infinite Dendrogram>-インフィニット・デンドログラム- 第1話 coming soon
第1話 天才と[X]は表裏一体である
無料
ぼくたちは勉強ができない 第1話 天才と[X]は表裏一体である 一ノ瀬学園には文系の古橋文乃、理系の緒方理珠という2人の天才が存在する。そんな彼女らを後目に「特別VIP推薦」を目指す秀才・唯我成幸。彼は推薦の条件として、文乃と理珠が志望校に合格するための「教育係」を命じられる。  教育係となった成幸だが、文乃は理系、理珠は文系という才能と正反対の志望に困惑! さらに彼女らの苦手科目の実力たるや、点数が一桁という散々な状態!! 成幸は進路変更を助言するが…!?
第2話 魚心あれば、天才に[X]心あり
ぼくたちは勉強ができない 第2話 魚心あれば、天才に[X]心あり 成幸の中学の頃からの友人で、将来を期待される水泳の天才・武元うるか。スポーツ推薦を志望する彼女だが、学業がまったく手についておらず推薦自体が危ぶまれる状態! 成幸は学園長に命じられ、うるかの勉強も見ることに。  勉強を嫌がるうるかだが、成幸が教育係と聞いて急に張り切り出す! 実はうるかは中学時代から、自分を認めて助けてくれる成幸に恋していたのだ。文乃たちを意識して、うるかは密かに闘志を燃やす!!
第3話 天才は[X]にも心通ずるものと知る
ぼくたちは勉強ができない 第3話 天才は[X]にも心通ずるものと知る 中間テストを前に、成幸の教育係としての成果が試されようとしていた。自分たちの成績が上がらないと教育係が変わってしまう…成幸に続けて欲しい文乃たちは、テスト勉強にさらに意欲を高める!  後日、成幸は理珠に頼まれて彼女の家が経営する「緒方うどん」を訪れる。店を離れることができない理珠の勉強を見るためだ。不安な自分を優しく励ましてくれる成幸に、頬が赤らむのを感じる理珠。そして試験当日、予期せぬ問題が理珠を襲う…!?
第4話 彼女が天才に望むもの即ち[X]である
ぼくたちは勉強ができない 第4話 彼女が天才に望むもの即ち[X]である ここ最近、急に体重が増えてしまった文乃はダイエットを決意! しかしお菓子を勧めるうるか、うどんを差し入れる理珠など、学校には太る要因がいっぱい。空腹をこらえる姿を心配する成幸に、文乃は「触って確かめて」とお腹を差し出して…!?  そんな中、自習中の理珠の前に現れた白衣の女生徒。自称・理珠のライバルの関城紗和子だ。彼女は理珠が文系を志す理由を成幸が好きだからと誤解し、理珠の恋心を試そうとするが…。
第5話 林間の天才は[X]に迷走する
ぼくたちは勉強ができない 第5話 林間の天才は[X]に迷走する 一ノ瀬学園名物・2泊3日の学習強化合宿が始まった。山の合宿所で勉強にはげむ成幸たち。そんな中、理珠は成幸が気になって仕方がない。成幸と文乃たちの楽しそうな様子を見て不機嫌になり、ついには一方的にキレて合宿所を飛び出してしまった!  夕方、理珠がいないことを紗和子から聞いた成幸は、理珠を探しに外へ。土砂降りの山中を駆け回り、崖の上に理珠を発見! 助けよう手を伸ばす成幸だが、理珠は足を滑らせて…。
第6話 天才[X]たちは、かくして勉強ができない
ぼくたちは勉強ができない 第6話 天才[X]たちは、かくして勉強ができない 元・教育係の桐須真冬先生に呼び出された成幸は、合宿の山中で理珠とキスしていたことを問い詰められる。生徒指導室のドアの前では、心配した文乃が聞き耳を立てていた。聞こえてきた「不純異性交遊」という言葉を頼りに、文乃たちは入れ替わり立ち替わり成幸の弁護をするが…。  真冬との面談から数日後。うるかは成幸が誰かとキスをしたことを知る。落ち込んだうるかは「友達の話」として文乃に悩みを打ち明ける。