「台風対策」の検索結果

「台風対策」に関する情報は見つかりませんでした。
「台風」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#41 パニックイン台風!
うる星やつら デジタルリマスター版 #41 パニックイン台風! 初めて台風を見るラムとテンは、もうすっかりピクニック気分。でもやってきたのは超大型台風。いきなり襲ってくる雨漏りや浸水! ラムはGコンを使って水を操作するが、段々とその程度ではすまなくなり…。
EpisodeⅠ-Ⅲ dubious move
うみねこのなく頃に EpisodeⅠ-Ⅲ dubious move 第一の惨劇による犠牲者は6名。無残な姿に変わり果てた彼らを目にして、戦人たちは言葉を失う。台風で島から出られない以上、犯人はまだ島内に潜んでいるはず…そしてそれは12人の生存者の中に!?疑心暗鬼に駆られ、お互いの腹を探り合いながらも、孤立しないよう行動を共にする一同。ところがその夜、その警戒を欺くかのように第二の惨劇が起きてしまう。
台風被害を乗り越えて…「イチゴの日」に農家は笑顔
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風被害を乗り越えて…「イチゴの日」に農家は笑顔  台風19号による冠水被害に遭いながらも必死の作業でイチゴの収穫にこぎつけた農家の姿を追いました。  茨城県常陸大宮市の道の駅。15日はイチゴの日とあって7種類のイチゴが出そろい、なんとも華やかです。旬のブランドイチゴが1パック600円。5の付く日は試食も楽しめます。今年は量が少ないものの品質はばっちり。イチゴ農家の都竹友美さん(41)にとってイチゴの日は待望の1日でした。  実は、去年の台風19号で都竹さんの農園は21あるビニールハウスがすべて一時、泥水につかりました。しかし、被災直後からたくさんのボランティアに助けられ、何度も何度も泥を洗い出し、同級生からの支援にも勇気付けられました。そして、なんとか収穫までこぎつけたのです。  直売所では初日から常連客が爆買い。しかし、その一方で、復旧からはほど遠い現実があるといいます。本来であれば来シーズンの苗の準備が終わっているはずのビニールハウスはいまだ泥だらけ。被災地はまだまだ支援を必要としています。
EpisodeⅠ-Ⅰ  opening
無料
うみねこのなく頃に EpisodeⅠ-Ⅰ  opening 1986年10月、伊豆諸島六軒島。大富豪の右代宮家が丸ごと領有するこの島に、親族会議のために一族が集まっていた。議題は余命わずかとなった当主、右代宮金蔵の財産分割問題。 金蔵にはベアトリーチェと呼ばれる”魔女”から10トンの黄金を授かり、その隠し場所を暗号にして、魔女の肖像画の碑文に記したという噂があった。その隠し財産を巡って親族間で激しい論争が繰り広げられる中、台風が近づく島には暗雲が立ち込めつつあった・・・
第68話 こわくて楽しい台風の夜
クッキングパパ 第68話 こわくて楽しい台風の夜 夏休みももう終わりなのに、みつぐ君は宿題をやってないんだって。台風なのに宿題をしに泊りにきたんだ。
第19話 ひんやりヒエヒエ水ねんど/台風と夏まつり
キテレツ大百科 第19話 ひんやりヒエヒエ水ねんど/台風と夏まつり 「ひんやりヒエヒエ水ねんど」 水を粘土のように固めて、自由に形を変えることが出来る“粘土水”。英一たちは夏を涼しくすごすため、粘土水で家を造り。快適な夏を過ごすのだが……。 「台風と夏まつり」 年に一度の「こども夜店」の日が近づいていた。しかし、天気予報ではその日は雨。こども夜店が中止にならないよう、英一は“雨よけコントローラー”を作る。
#9 『強風空想』
GA 芸術科アートデザインクラス #9 『強風空想』 台風の接近が近いのか、今日の天気は曇りで強風。髪はボサボサ、歩くだけでも一苦労です。そんな天気でも如月たちは元気いっぱい。逆に台風で遊んだり、教室でお菓子を食べて楽しく過ごします。一方、芦原と魚住の間に、この天候が原因で何が起こったのか?  また、今回はアニメオリジナルのお話が登場。原作では見られない、トモカネのお兄さんやノダミキのお姉さんのエピソード。そして、あのヒーロー(?)が再び登場します!
EpisodeⅠ-Ⅴ fool's mate
うみねこのなく頃に EpisodeⅠ-Ⅴ fool's mate 疑心暗鬼が招いたさらなる悲劇。惨劇はついに第八の晩まで進んでしまった。その場に居合わせたはずの真里亞も「何も見ていない」というばかりで、真実は闇の中。精神的にも限界寸前の状況の中、戦人たちは一緒に居た夏妃の姿が見えなくなったことに気付く。慌てて夏妃が向かったと思われる玄関ホールへ急ぐが、その目前、扉の向こうで銃声が…
EpisodeⅡ-Ⅱ early queen move
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅱ early queen move 1986年10月4日、親族たちはそれぞれの思惑や感情を胸に秘め、六軒島へやって来た。そんな中、六軒島に伝わる魔女“ベアトリーチェ”と同じ名前の客人が現れる。彼女は次々と親族や家人とあいさつを交わしていく。親族たちは彼女が金蔵の愛人の隠し子で、財産の分け前を主張しにやってきたのではないかと疑うが…彼女の真意は!?
EpisodeⅡ-Ⅲ weak square
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅲ weak square 夜明けの礼拝堂の扉に浮かび上がる不気味な魔法陣と「Happy HALLOWEEN for MARIA」の文字。その奇怪な状況に、戦人たちは不安を隠せない。そこで楼座が思い出したのは、昨日真里亞がベアトリーチェから預かったという封筒。封を開けると、そこには礼拝堂の鍵が入っていた。扉を開け、中に踏み込む一同。そこで彼らを待ち受けていたのは、想像を絶する光景だった…
EpisodeⅡ-Ⅳ skewer
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅳ skewer また新たな密室殺人が起きてしまった。行方不明の嘉音を筆頭に、マスターキーを持つ使用人たちに疑いの目が向けられる。使用人の犯行を疑わない限り、ベアトリーチェの魔法を認めざるを得ない状況に、戦人は強い憤りを感じる。戦人の機転でなんとか嘉音への疑いは晴らしたものの、楼座の指示で体よく追い出されてしまった使用人たち。そこに突如、失踪中の嘉音が深手を負って現れる。
EpisodeⅡ-Ⅵ back rank mate
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅵ back rank mate 楼座たちが篭城を始めてから数時間後、消えていた二人の遺体が発見される。遺体には、碑文の第七の晩と第八の晩を見立てた杭が刺さっていた。第四から第六の晩が抜けていることから、戦人たちは危機が迫っていると思われる三人を慌てて探す。だがそれも虚しく、すべては後の祭り。一人取り残され、無力感に打ちひしがれる戦人は…
EpisodeⅣ-Ⅰ end game
うみねこのなく頃に EpisodeⅣ-Ⅰ end game 前回の土壇場で登場した縁寿はそのまま、グレーテルと名乗り、4度目のゲームに戦人の味方として参戦する。その内に秘めた思いは…?彼女は86年以降の世界で、六軒島大量殺人事件・唯一の生存者として当主を引き継いだ絵羽の元で、後継者として厳しく育てられる。心を許せる友人もなく、孤独な日々を送る縁寿。そんな彼女が唯一心を通わせるのは、死んだはずの「真里亞お姉ちゃん」だった…。
EpisodeⅣ-Ⅲ prophylaxis
うみねこのなく頃に EpisodeⅣ-Ⅲ prophylaxis 真里亞からの教えで煉獄の七姉妹を使役できるようになった縁寿は、順調に魔法の修行を続けていた。ところがある日、聖ルチーア学園のクラスメイトから疎外された縁寿は七姉妹にクラスメイトの排除を命じる。しかしその命令は果たされず、失望のあまり「魔法」を否定する言葉を放ってしまう。それは同時に、七姉妹や真里亞・さくたろうとの決別も意味していた…。
「台風15号」の大規模停電を検証 政府が中間報告
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「台風15号」の大規模停電を検証 政府が中間報告  政府は去年の台風15号で大規模な停電が長期間にわたって発生したことについて、当時の対応を検証した中間報告をまとめました。  中間報告では停電の長期化について、東京電力が状況を迅速に把握していなかったことや他の電力会社や自衛隊と十分な連携を取れなかったことが要因と指摘しました。また、停電した地域に派遣する電源車の効率的な運用ができていなかったほか、鉄塔の整備や電柱の倒木対策が不十分だったことも課題として挙げました。報告を受け、菅官房長官は「災害対応は不断の見直しが必要だ」と述べ、対応策を検討して次の災害に備えるよう各省庁の担当者に指示しました。政府は通常国会に電力会社と関係機関との連携の制度化や電柱の地中化の推進などを盛り込んだ電気事業法の改正案を提出する方針です。
第3話 迷い猫、見つけた
迷い猫オーバーラン! 第3話 迷い猫、見つけた 台風の夜、乙女が書き置きをおいて人助けに行ってしまい、二人きりで過ごすことになった巧と希。 そこに、状況を心配した文乃が様子を見にきたのだが、停電になり、また雨が強くなったこともあって、結局は三人で一晩を過ごすことに。 そのときの態度を見て、文乃の巧に対する気持ちに気づく希。 翌日、無事に台風は通過していったのだが、それと同時に、希の姿もストレイキャッツから消えていたのだった……。
EpisodeⅠ-Ⅱ  first move
うみねこのなく頃に EpisodeⅠ-Ⅱ  first move 降りしきる雨の中、魔女・ベアトリーチェに会ったと言い張る真里亞。 疑問を抱く一族たちに対し、真里亞はベアトリーチェから預かったという手紙を披露し始める。その内容は衝撃的なものだった…右代宮家のすべての財産と一族の命を頂戴する、というのだ。ただし誰かが碑文の謎を解いて隠し黄金を見つけた場合はそれを中止し、その者に黄金の全てと右代宮家の家督を譲り渡す、という。 紛糾必至の親族会議は夜更けまで続き、そして翌朝。ついに第一の惨劇が…
EpisodeⅠ-Ⅳ blunder
うみねこのなく頃に EpisodeⅠ-Ⅳ blunder 自室で無残な遺体として発見された絵羽と秀吉。そして扉にはまたも奇妙な魔方陣が描かれていた。チェーンもかかっていた密室でいかに犯行が行われたのか?真里亞は「ベアトリーチェの仕業だ」と主張するが…それどころか地下のボイラー室で新たな遺体が発見され、さらに新たな犠牲者まで出てしまう。追い詰められ、疑心暗鬼を募らせる生存者たち。そんな中、戦人はある事実に気付く。それは殺人事件と碑文との関連性だった。
EpisodeⅡ-Ⅰ middle game
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅰ middle game 第2のゲームが幕を開ける。運命の日から遡ること数年、譲治のさりげない気配りに助けられ、密かに想いを寄せるようになった紗音。身分違いの恋心に苛まれる彼女の前に思わぬ客人が現われ、「紗音の願いを叶えてやる」というが… 時を経て1986年。朱志香は嘉音を学園祭に招く。最初は嫌々従っていた嘉音だが、屋敷とは全く異なる朱志香の自由な姿に触れ、考えを改める。各々が想いを抱えたまま、運命の10月4日がまたやってくるのだった…
EpisodeⅡ-Ⅴ accept
うみねこのなく頃に EpisodeⅡ-Ⅴ accept 説明できない不可解な現象で二人が殺された、と主張する使用人たち。状況を確認しに使用人室へやってきた一同の前に、さらなる異変が起こる。鍵がかかっていたはずの部屋から二人の遺体が消えていたのだ。そして代わりに犯人が置いたと思しき封筒が残されていた。中にはまたベアトリーチェからの手紙と、ふたつのマスターキー。再び楼座は使用人たちを追い出し、親族のみで立て篭もるが、紗音が心配な譲治は彼らと一緒に行動することに…
EpisodeⅢ-Ⅰ castling
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅰ castling 新しいゲームの幕が上がる。三たび六軒島へやってきた右代宮家一同。“ベアトリーチェ”からの手紙を巡って親族会議が紛糾する中、当主の座を狙い続ける絵羽は密かにこれを好機と受け止めていた。そして使用人や南條たちの証言から、かつて金蔵が島の隠し屋敷に囲っていたという愛人“ベアトリーチェ”の存在が明らかになる。 メタ世界・現実世界の両方で、「18人+X」の存在が争点となりつつあった。 そんな中、楼座の口から衝撃の告白が…。
EpisodeⅢ-Ⅱ gambit
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅱ gambit 「ベアトリーチェは私が殺したの…!」 予想外の告白に続いて、自らの中学生時代の記憶を語り出す楼座。 そしてその話を裏付けるように示される “赤い”真実。 「1967年に、人間としてのベアトリーチェが存在した」 「この六軒島に、十九人以上は存在しない!」 やがて始まる第一の晩。運命を受け入れる者、抗う者、抗う間も与えられなかった者。次々と命を奪われていく生贄たち。 だが、惨劇は残る1人に阻まれる。それは思いもよらない、そして、ベアトリーチェにはとても縁の深い相手だった…
EpisodeⅢ-Ⅲ positional play
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅲ positional play 薔薇庭園に突如顕現し、不肖の弟子・ベアトリーチェと凄まじい魔法バトルを繰り広げる先代ベアトリーチェ。彼女はワルギリアと名乗り、戦人の参謀につく。 彼女の説明から“魔法説”に対抗するための大きなヒントを得た戦人は、第一の晩の“連鎖密室殺人”にも果敢に挑む。矢継ぎ早に繰り出される復唱要求に、防戦一方となるベアトリーチェ。一方の現実世界では、碑文の謎に取り組んでいた絵羽が、その核心に迫りつつあった…。
EpisodeⅢ-Ⅳ isolated pawn
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅳ isolated pawn ついに碑文の謎を解き、隠し黄金に辿り着いた絵羽。そこへ僅かに遅れて楼座も現われる。 すぐに兄たちへ報告しようとする楼座に対し、しばらく秘密にしたい、と言い張る絵羽。 彼女の心はいつしか、当主の座と黄金を独占したいという欲望に支配されていたのだ。 しかしその絵羽に対し、ベアトリーチェは黄金の魔女の称号を継承する、と宣言する。 新たなる魔女の誕生-それが意味するところは一体何なのか…?
EpisodeⅢ-Ⅴ queening square
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅴ queening square 無邪気な残酷さで殺人を愉しむベアトリーチェの姿に嫌悪感を抱いたメタ世界の戦人は、とうとうベアトの対戦相手を降りることを宣言する。 一方、下位世界の六軒島では、絵羽の中の”魔女”が、暴走を始めていた。 その最中、篭城していたゲストハウスを出て、本邸へ食料を取りにやってきた霧江・留弗夫・秀吉の前に、七杭のレヴィアタンとベルフェゴールが立ち塞がる。 人間vs悪魔、互いのプライドを賭けた死闘がいま、始まった…!
EpisodeⅢ-Ⅵ promotion
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅵ promotion 戦人に責められ、ワルギリアに諭されたベアトリーチェは、いつか戦人に認められる「本当の魔女」になって再び帰ってくる、と言い残し、一時勝負の場を降りることとなる。 その頃現実世界では、恋人を失った譲治が悲嘆にくれていた。そこに現れ、紗音を蘇らせる手助けをしてやると告げるベアトリーチェ。二人は魔法で窓から飛び立ち、紗音の眠る本邸へ向かうが…果たしてベアトリーチェはもう一度奇跡を起こせるのか?
EpisodeⅢ-Ⅶ swindles
うみねこのなく頃に EpisodeⅢ-Ⅶ swindles アクシデントで目を傷めた朱志香の前に、死んだはずの嘉音が現れた。そしてその再会を助けたベアトの前に、名実共に最強の魔女となったエヴァ=ベアトリーチェが立ち塞がる。シエスタ姉妹の猛攻に対し、意志の力だけで驚異的な粘りを見せるベアトだが…そして迎える最終局面、そのままメタ世界に突入しての戦人vsエヴァの推理バトル。しかしそこでもエヴァの精密かつ華麗な赤字の集中砲火に手も足も出ない戦人。このまま新たな魔女に屈してしまうのかと思われた瞬間、ベアトが最後の手段に出る…。
EpisodeⅣ-Ⅱ zugzwang
うみねこのなく頃に EpisodeⅣ-Ⅱ zugzwang 多忙を言い訳にしながら、その実は彼氏と遊び歩いていた楼座。幼い真里亞はその事実に薄々気付きながらも、決して楼座を責めることもなく、さくたろうと一緒に大人しく楼座の帰りを待つ日々を送っていた。縁寿はそんな真里亞を不憫に思うが、当の本人がまったく気にしていない様子なのを見て苛立ちを隠せない。「幸せを生み出す力」、それが魔法の力だと縁寿を諭す真里亞。一方、1998年の縁寿は、12年前に六軒島で起きた事件の全貌を解明すべく、一人調査を続けていた…。
EpisodeⅣ-Ⅳ problem child
うみねこのなく頃に EpisodeⅣ-Ⅳ problem child 親族会議の席上に、突然金蔵が現れる。想定外の成り行きに狼狽する蔵臼たちを前に、金蔵は当主継承についての話を始める。息子達の不甲斐なさを叱責し、当主の座は誰にも譲らないと言い渡すが、南條の取り成しにより、孫たちにチャンスが与えられることになった。親たちがひとまず安堵したのもつかの間、金蔵は「お前たちには儀式の生贄となってもらう」と宣言するや、悪魔を召喚し始める。それはおぞましき血の宴の始まりであった…。
EpisodeⅣ-Ⅴ breakthrough
うみねこのなく頃に EpisodeⅣ-Ⅴ breakthrough 六軒島での事件から12年後、1998年の世界では縁寿が事件の犠牲者の遺族を訪ね、調査を続けていた。南條の息子、熊沢の息子、そして縁寿…3人には共通点があった。事件の直後に、出所不明の大金が預けられた貸し金庫のカードや鍵の入った差出人不明の手紙を受け取っていたのだ。そして六軒島への船便を頼みに訪れた川畑船長宅の倉庫で、ある物を見つける。それは縁寿にとって、自らの運命と“魔法”の真実を示すものだった。