「吉田鋼太郎」の検索結果

今すぐ視聴する

ope.10
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.10 ある日、神社を参拝した大門未知子(米倉涼子)は、驚きの光景を目にする。「東帝大学病院」の外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎)が、どう考えても自分の妻ではない妊婦に、安産のお守りを買ってあげていたのだ! また懲りずに不倫か!?...と訝しがる未知子だが、真相は分からずじまいで...。 まもなく「東帝大」に、中国の大財閥を率いる王超(矢野浩二)の妻・十希子(黒木メイサ)が出産のため入院する。なんと、彼女こそは西園寺と一緒に神社にいた妊婦だった!
LAST FLIGHT 天空のメリークリスマス
無料
おっさんずラブ LAST FLIGHT 天空のメリークリスマス 「さよならだ、春田―。」 突如告げられた、黒澤キャプテン(吉田鋼太郎)のパイロット引退宣言。 その決断に春田(田中圭)は、自分でも驚くほどに激しく動揺する。 一方、社員寮を出て行った整備士・四宮(戸次重幸)の行方を心配する成瀬(千葉雄大)だが、 ひょんなことから、四宮が“黒澤家”に居候していることが発覚…! 黒澤の“愛の境地”を学ぶべく、魁黒澤塾に弟子入りしたようで…。
4th FLIGHT 嫌いになれない私たち
無料
おっさんずラブ 4th FLIGHT 嫌いになれない私たち 降りそそぐ雨の中、春田創一(田中圭)が副操縦士・成瀬竜(千葉雄大)を抱きしめている現場を目撃し、立ち尽くす整備士・四宮要(戸次重幸)。 四宮は心配して様子を見に来た広報部の橘緋夏(佐津川愛美)に 「俺は、春田が好きなんだ」と、これまで秘めてきた思いを打ち明けてしまう。 一方、春田のことを好きだと言う娘・緋夏のために、 断腸の思いで恋愛戦線から離脱する決意をした機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)。 必死に春田を嫌いになろうとするが…うぅぅぅ…無理ぃ……。
7th FLIGHT そして誰もいなくなった
無料
おっさんずラブ 7th FLIGHT そして誰もいなくなった 突然やってきたCA・獅子丸怜二(山崎育三郎)の正体は、なんと執行役員だった――!  オフィスに現れた獅子丸は、春田創一(田中圭)たちに冷徹な“組織改革”を告げる。 親友が豹変し“最強の敵”として帰ってきたことに、春田はどうにも納得がいかず…。 一方、整備士・四宮要(戸次重幸)は、機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)に“1週間お試し”で付き合った結果、春田にフラれたことを報告。 黒澤もまた、娘の緋夏(佐津川愛美)に、自分の気持ちを正直に告白する決意をする。
3rd FLIGHT ENDLESS RAIN
無料
おっさんずラブ 3rd FLIGHT ENDLESS RAIN 新人CA・春田創一(田中圭)と広報部員・橘緋夏(佐津川愛美)が 自宅でキスをしようとしたその時… ふすまをあけて入ってきたのは、 先日春田にぶっちゃけ絶叫告白をしたばかりの、キャプテン黒澤武蔵(吉田鋼太郎)!? なんと緋夏と黒澤は“親子関係”であることが発覚。 衝撃を受ける春田だが、 それ以上に黒澤も「愛する娘と、愛する春田は、恋仲なのか!?」という信じがたい事態に慟哭する。 ――ここに春田を巡る“父娘”の仁義なきラブバトルが幕を開けるようとしていた…。
ope.6
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.6 「東帝大学病院」では、病院長・蛭間重勝(西田敏行)による過酷な論文執筆強要を受け、内科医・赤井富夫(長谷川朝晴)がアメリカのジョン・スターキー教授(イアン・ムーア)の論文を盗用。世間を騒がせる問題にまで発展してしまった...。副院長の久保東子(泉ピン子)はその隙に、将来を見越して蛭間から鞍替えしてきた医師たちを統率。蛭間に辞表を提出するよう迫る。
1st FLIGHT アテンションプリーズ
無料
おっさんずラブ 1st FLIGHT アテンションプリーズ バカでまっすぐでお人よしで情にあつい、独身ポンコツダメ男・春田創一(田中圭)は、 35歳にして突然リストラ!?途方に暮れていたところを、高校時代の後輩に救われ、 航空会社「天空ピーチエアライン」に転職。 ピカピカのアラフォー男性CAとして、女の園に放り込まれ、新生活がスタートする! そしてついに迎えた、CAデビュー当日―。 人助けをしたことでブリーフィングに遅刻した春田を待っていたのは、 機長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)の「このフライトから外れてもらう」という厳しい通告だった…。 しかし落ち込んだのも束の間、春田の目に“とんでもないもの”が飛び込んでくる。 それはロッカーからバサバサと溢れ出てきた、大量の紙…に描かれた、あらゆる表情の 春田のデッサン。え、え、え、俺? これは何!?いやいやおかしいだろ!え、誰が!?
ope.1
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.1 ニューヨークの中華料理店を訪れたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)の前で、客の妊婦が突然倒れた! 診察した未知子は即座にオペが必要と判断。客のひとり・久保東子(泉ピン子)が掃除婦として働いているという近所の病院へ患者を運び、スピーディーかつ的確な処置で命を救う。その様子を目の当たりにした東子は、未知子の腕前にいたく感動! 未知子もまた、日本の大学病院の腐敗ぶりを歯に衣着せぬ物言いでめった斬りにする東子と、意気投合する。
ope.2
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.2 富裕層に特化したブランド戦略を打ち出した「東帝大学病院」の病院長・蛭間重勝(西田敏行)は、下々に患者を選ぶよう指示する。その矢先、紹介状を持った二岡日出夫(山本圭)が妻・千代子(星由里子)を伴って来院。見るからに貧しそうな二岡夫婦を見た内科部長・黄川田高之(生瀬勝久)は、系列の分院を紹介すると言って一蹴する。 ちょうどその頃、国会議員の金本洋二(西岡德馬)が検査のために極秘入院してくる。
ope.3
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.3 財布を拾ってくれた大門未知子(米倉涼子)を訪ね、須山三佐江(松下由樹)という女性が「東帝大学病院」にやって来た。三佐江は財布のお礼に、最高ランクの人間ドックを予約するという。しかし、「東帝大」で最高ランクの人間ドッグは超VIP待遇の3日間コースで、とてつもなく高額だ。副院長の久保東子(泉ピン子)は、素性のよく分からない三佐江の予約を勝手に入れた未知子に激怒! 三佐江が支払いを怠る可能性も考え、後見人となって責任を取るよう命じる。
ope.4
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.4 美のカリスマとして世を席巻する美人姉妹ユニット「四葉姉妹」が、「東帝大学病院」にやって来た。極秘中の極秘入院にもかかわらず、噂はたちまち院内に拡散。詳細を知らない医師たちは、そわそわし始める。そんな中、四葉姉妹がいる特別室を覗いたフリーランス外科医・大門未知子(米倉涼子)は、思わず目を疑う。そこにいたのは美しい姉・四葉美麗(高岡早紀)...と、見る影もなく太ってしまった妹・四葉美音(小林きな子)だったのだ!
ope.5
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.5 格下の大学病院による研究論文がアメリカの医学雑誌に取り上げられ、世界の注目を浴び始めた。「東帝大学病院」の病院長・蛭間重勝(西田敏行)は悔しさのあまり、「前進あるのみ!」と鼻息荒く叫び、医師たちを扇動。とにかく論文を書きまくるよう強要する。だが、論文を書くには症例報告が必要だ。そのため、医師たちは休む間もなく手術を強いられることに。三度の飯より手術が好きな大門未知子(米倉涼子)はこの状況に目を輝かせるが、ほかの医師や看護師たちはどんどん疲弊していく。
ope.8
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.8 “最後の独身大物アーティスト”と称されるスーパースター・八乙女悠太(小西遼生)が人気絶頂の中、表舞台から忽然と姿を消した。海外で極秘挙式か...といった噂もまことしやかに囁かれ、世間は彼に関する報道で持ち切り状態。だが実のところ、八乙女は手術が極めて難しい肝臓がんを患い、「東帝大学病院」に極秘入院していた! もちろん、八乙女が入院したことはトップシークレットだ。院内でさえもこの事実はごく一部の人間にしか知らされず、厳重な警備体制が敷かれていた――。
ope.9
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.9 長年にわたって「東帝大学病院」のライバル関係にあった「慶林大学病院」が、最新の病院ランキングで1位を獲得。「東帝大」の院長・蛭間重勝(西田敏行)は“打倒、慶林”を合言葉に、医師たちに発破をかける。一方、蛭間の妻・華子(藤真利子)率いる「東帝婦人会」と、「慶林大」院長の妻・鮫島律子(高橋ひとみ)率いる「慶林婦人会」の関係もピリピリ・ムード...。「慶林大」に営業をかけようとする神原晶(岸部一徳)に連れられ、両者の親睦会に顔を出した大門未知子(米倉涼子)も、華子と律子の熾烈な嫌味合戦を目の当たりにし、唖然とする。
last ope
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) last ope 局所進行膵がんであることを誰にも打ち明けず、気丈に振る舞っていたフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)が、ついに倒れてしまった! 同志の博美を何とかしてこの手で救いたい――その一心で、大門未知子(米倉涼子)は執刀医になることを申し出る。ところが、未知子の腕をもってしても、博美のがんは完全切除が不可能な状態...。そのことを重々自覚している博美は、未知子の申し出を断った上で、愛する娘・舞(藤井杏奈)に病気がバレないよう協力してほしいと頼む。
ope.7
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.7 誰の厚意か「神原名医紹介所」に、“耳が聴こえないピアニスト”として人気を集める七尾貴志(武田真治)のリサイタル・チケットが送られてきた。所長の神原晶(岸部一徳)は疑心暗鬼になりながらも、大門未知子(米倉涼子)を誘って会場へ。そこで、チケットの送り主が七尾のアシスタント・七瀬由香(知英)だったことを知る。高校生の時に患ったおたふく風邪が原因で、左耳だけ聞こえなくなった由香は、かつて七尾のピアノ演奏に背中を押されたうちの一人。七尾の耳が治ればもっと素晴らしい演奏をしてくれるはずだと信じ、日頃から治療法や医師をチェックしていたのだ。