「和泉」の検索結果

今すぐ視聴する

#6 「和泉マサムネと一千万部の宿敵」
エロマンガ先生 #6 「和泉マサムネと一千万部の宿敵」 「和泉ちゃんが好きなものを好きになりたい」 紗霧と友達になるための手掛かりとしてめぐみは自分もライトノベルを好きになろうとする。智恵の協力(?)の甲斐あって、ほどなくライトノベルに夢中になっためぐみ。正宗は彼女に、紗霧に本を借りにくるよう提案する。はじめは面会を断固として拒否する紗霧だったが、彼女は正宗にある条件を出す…。ついにめぐみを部屋に迎え入れた紗霧がとった、驚くべき行動とは――?
#1 「妹と開かずの間」
無料
エロマンガ先生 #1 「妹と開かずの間」 ライトノベル作家で生計を立てる高校生・和泉正宗は、一年間部屋に引きこもっている義理の妹・紗霧と二人きりで暮らしていた。ある日、同じクラスの高砂智恵に、自身の小説の挿絵担当でもある正体不明のイラストレーター「エロマンガ先生」が、ネットで正宗を揶揄していたことを聞かされる。「エロマンガ先生」の動画配信の生放送を観ることになった正宗は、そこで「エロマンガ先生」の正体を知ることとなり――!?
#2 「リア充委員長と不敵な妖精」
エロマンガ先生 #2 「リア充委員長と不敵な妖精」 和泉家を前触れなく訪れた、紗霧のクラスの委員長・神野めぐみ。彼女の目的は「紗霧を学校に連れていく」ことだった。意気込むめぐみの強引さと、話をする気も無いという紗霧の頑とした態度。両者に挟まれ困惑する正宗だったが、紗霧はどんな娘か?というめぐみの問いに対して、本人が聞いているとも知らずにその思いの丈を語りはじめる――。
#3 「全裸の館と堕落の主(あるじ)」
エロマンガ先生 #3 「全裸の館と堕落の主(あるじ)」 和泉家の隣に建つ空き家の洋館は、近所で噂の「幽霊屋敷」だった。その窓に白いドレスの幽霊を見たと言い張るめぐみを正宗は気のせいだと一蹴する。しかし紗霧までもが、隣家からピアノの音が聞こえたと言い出す。怖くて絵が描けないという紗霧のため、洋館に乗り込む正宗。そこで正宗は、意外な人物の衝撃的な姿を目にすることとなる――。
#10 「和泉マサムネと年下の先輩」
エロマンガ先生 #10 「和泉マサムネと年下の先輩」 山田家の別荘にて、正宗の「お蔵入り小説」を熱心に読むムラマサ。自分の作品を心から好いてくれるムラマサの反応に、正宗も照れながらも嬉しさを隠せない。正宗の提案でその日は仕事をしながら、成り行きで「ムラマサの好きな人」の話題で一同は盛り上がる。変わらぬ恋心を隠しもしないムラマサの、その胸の内で起こっていた変化とは――。
#8 「夢見る紗霧と夏花火」
エロマンガ先生 #8 「夢見る紗霧と夏花火」 「好きな人がいるんだ」 正宗がそう言ってムラマサの告白を断ったと聞き、喜ぶ紗霧。だが不器用な二人の距離は簡単には詰まらない。そんな中、新作の文庫化に向け、泊まり込みの仕事に出掛けて行く正宗と家で一人留守番をすることになる紗霧。二人それぞれに気掛かりなのは、お互いのことと浴衣姿、準備が進む花火大会のこと――。
#9 「妹と妖精の島」
エロマンガ先生 #9 「妹と妖精の島」 「名付けて『夏の取材&執筆合宿』!」 エルフの思いつきから、南の島へと旅行に行くことになったラノベ作家たち。山田家所有の豪華な別荘に驚きつつも、一同が羽を伸ばすなか、エルフは正宗に、自分の「彼氏役」を務めるよう言いつける。「取材」を言い訳にして、いつにもまして積極的な彼女が、はしゃぐ笑顔の後ろ手に、隠し持つ本心とは――。
#12 「エロマンガフェスティバル」
エロマンガ先生 #12 「エロマンガフェスティバル」 正宗と紗霧の新作、『世界で一番可愛い妹』が発売になった。相変わらずお面をかぶって、部屋からの動画配信を続けている紗霧は「ふぇすてぃばる」の幕開けを宣言する。一方、『世界妹』2巻の執筆中にアイデアに詰まった正宗は、紗霧に相談を持ち掛ける。その相談とはなんと、「かわいい妹の、かわいいところが見たいんだ!」――!!?
#4 「エロマンガ先生」
エロマンガ先生 #4 「エロマンガ先生」 年下の人気ライトノベル作家・山田エルフの「仕事」を見せてもらったことで彼女と打ち解けた正宗。そんな二人の仲を疑い、やきもちを焼く紗霧に、正宗は自らのある決意を伝える。それは紗霧に自分を本当の兄と認めてもらうため、あるものを題材にしたライトノベルを書くということだった。「究極のラノベ」にするという正宗の言葉に、信じないと言う紗霧。そんな紗霧をよそに、正宗は猛然と作品を書きはじめる――。
#5 「妹とラノベ企画を創ろう」
エロマンガ先生 #5 「妹とラノベ企画を創ろう」 正宗が書き上げた原稿をきっかけにして、ぎこちないながらも正宗に歩み寄ろうとする紗霧。正宗の鈍感さが仇となり、想いがすれ違う二人だったが、夢への第一歩として、新作を本にするための企画書づくりに取り掛かる。次第に紗霧との共同作業に没頭していく正宗の元に、山田エルフから、一通のメールが届くのだった。その文面は、「助けなさい!いますぐ!」――!?
#7 「妹と世界で一番面白い小説」
エロマンガ先生 #7 「妹と世界で一番面白い小説」 新作の出版を急く正宗は、担当編集者・神楽坂から提示された小説コンペ「ラノベ天下一武闘会」への参加を即決する。しかしそこに居合わせた大人気作家・千寿ムラマサが同じくコンペ参加を申し出、正宗の前に立ちはだかる。正宗たちの夢を「つまらない夢」と呼び、妨げる彼女に、賭けを持ちかける正宗。エルフの助力を受けつつ、改稿作業に取り組む正宗の元を訪れた意外な人物、それは千寿ムラマサその人だった――。
#11 「二人の出会いと未来の兄妹(ふたり)」
エロマンガ先生 #11 「二人の出会いと未来の兄妹(ふたり)」 合宿から帰宅する正宗。正宗の帰りを喜ぶ紗霧。二人は新作の発売日を迎えることとなる。作品が並ぶ本屋を見に行く道すがら、正宗はタブレット越しの紗霧に小説を書き始めた頃のことを語りはじめる。ある「きっかけ」があって小説にのめり込んだという正宗。同じ頃、登校拒否をしていた紗霧もまた、ある「きっかけ」のおかげで学校に通うようになったのだという。二人の過去と現在を繋いだ、これはその「きっかけ」の話――。
#18 内山信二vsプロ雀士 和泉由希子
無料
アベマde週末ボートレース #18 内山信二vsプロ雀士 和泉由希子 遂にAbemaTVでボートレースが観れる! この番組では、ボートレース大好き芸能人と様々なジャンルの人気勝負師がプライドを賭けてボートレース予想で対決! 毎週金曜、土曜に全国で開催されているレースの中から勝負の3~6レースをピックアップしガチンコバトルを行います! 提供:BOATRACE振興会
#8 内山信二vsプロ雀士 和泉由希子
無料
アベマde週末ボートレース #8 内山信二vsプロ雀士 和泉由希子 遂にAbemaTVでボートレースが観れる! この番組では、ボートレース大好き芸能人と様々なジャンルの人気勝負師がプライドを賭けてボートレース予想で対決! 毎週金曜、土曜に全国で開催されているレースの中から勝負の3~6レースをピックアップしガチンコバトルを行います! 提供:BOATRACE振興会
第2話 はじまりのステージ
アイドリッシュセブン 第2話 はじまりのステージ オーディションを経て結成された「IDOLiSH7」。知名度を上げるため、紡はライブの企画を立てるが、会場に決まったのは大規模な野外大音楽堂だった。初ライブに向けて、メンバーたちと紡は宣伝に励むが……。
第13話 失われたもの
アイドリッシュセブン 第13話 失われたもの IDOLiSH7とMEZZO”を辞めるかもしれないと口にする壮五。その理由は、壮五と父親との複雑な関係にあった…。後日、紡は「ミュージックフェスタ」出演時の礼を言うため、TRIGGERの楽屋を訪ねる。
第17話 making the dream
アイドリッシュセブン 第17話 making the dream 世界的ミュージシャン、ダグラス・ルートバンクとの突然の交流を通して、アイドルとして大切なアドバイスをもらう陸たち。そして大晦日の夜──決戦のステージ「ブラックオアホワイト」が幕を開ける!
第5話 秘密
無料
アイドリッシュセブン 第5話 秘密 天との邂逅、TRIGGERのライブを経てアイドルへの意識が高まったIDOLiSH7は活動を再開し、新曲のレッスンに入った。すぐに息が上がってしまう陸をメンバーが心配する中、新曲発表の日を迎えるのだった。
第7話 ひとすじの光
アイドリッシュセブン 第7話 ひとすじの光 人気急上昇の環と壮五を引き抜こうとする八乙女宗助は、デビューを急ぐ環の弱みにつけ込み二人に誘いをかける。環の事情を知った陸たちは、IDOLiSH7としてデビューしたいと小鳥遊社長に直談判する。
第8話 プリーズ、ミュージック
アイドリッシュセブン 第8話 プリーズ、ミュージック 音楽番組「ミュージックフェスタ」に出演するIDOLiSH7。ここで知名度を上げれば7人でデビューするチャンスが掴めると、陸たちは緊張感を高めていく。ところが、急なスケジュールの変更で出番が早まり……。
第9話 大切な時間
アイドリッシュセブン 第9話 大切な時間 小鳥遊社長の計らいで、IDOLiSH7と紡はキャンプ場での休暇を楽しむことになった。役割分担をして、釣りやカレー作りで交流を深めながら、陸たちはひとときの安らぎを味わう。
第11話 夏のゆくえ
アイドリッシュセブン 第11話 夏のゆくえ 新曲のPV撮影のために沖縄を訪れたIDOLiSH7は、滞在中のホテルで偶然TRIGGERと遭遇するが無視されてしまう。無事撮影が終わり東京へ戻ると、小鳥遊事務所では思いもよらない事件が起きていた……。
第12話 5人と2人
アイドリッシュセブン 第12話 5人と2人 デビュー曲の行方に複雑な想いを抱える陸たちだったが、気持ちを立て直し、アルバムツアーをスタートさせる。そんな中IDOLiSH7とMEZZO”の仕事をこなす環と壮五は超過密スケジュールになっていくのだった。
第14話 あの歌をもう一度
アイドリッシュセブン 第14話 あの歌をもう一度 音楽番組「サウンドシップ」に出演したIDOLiSH7。TRIGGERファンの多いスタジオの観覧席も巻き込み、7人の熱いステージは拍手と歓声に包まれる。一方、TRIGGERはトラブルにより番組への出演ができなくなってしまう。
第15話 閉じられる扉
アイドリッシュセブン 第15話 閉じられる扉 IDOLiSH7の悪質なゴシップ記事が出回り、メンバー間に不穏な空気が漂い始める。一方、小鳥遊社長と八乙女社長がしていた口論の内容が気になる楽は紡を訪ね、会話の中で「サウンドシップ」の真実を知ってしまう。
第16話 ゼロ地点の決意
アイドリッシュセブン 第16話 ゼロ地点の決意 ジャパンアイドルミュージックアワード(JIMA)新人賞へのノミネートを素直に喜べず、IDOLiSH7は社長から解散を告げられてしまう。憧れの地・ゼロアリーナが見える場所で、陸たちはそれぞれに自らの初心と向き合うことに……。
第1話 shaking your heart
無料
アイドリッシュセブン 第1話 shaking your heart 「小鳥遊事務所」に入社した小鳥遊紡は、デビュー前のアイドルグループのマネージャーを担当することになる。そこで紹介されたのは7人のアイドルの卵たち。個性豊かな彼らは、思わず応援したくなる魅力を持っていた。
第3話 それぞれの気持ち
アイドリッシュセブン 第3話 それぞれの気持ち 陸たち7人は、寮で共同生活を送ることになる。紡にマネージメント協力を申し出た一織は、グループとしての路線にも関わるセンターを決めるよう提案。方向性が定まったIDOLiSH7は、路上ライブでの活動を始める。
第4話 プロの覚悟
アイドリッシュセブン 第4話 プロの覚悟 アイドルとしての自覚を促すため、IDOLiSH7はTRIGGERのライブを観ることで刺激を受けることを決める。 ライブ当日、会場へ向かうナギと環と大和は意外な人物に遭遇。その頃、陸は壮五たちにある秘密を打ち明けようとしていた。
第6話 雨の中の凱旋
アイドリッシュセブン 第6話 雨の中の凱旋 大雨のライブで話題をさらったIDOLiSH7は徐々に知名度を上げ、初ライブと同じ野外ライブ会場を埋めるまでに成長する。全力のパフォーマンスを魅せるIDOLiSH7。ところが、TV中継が入るタイミングで音響機材にトラブルが発生してしまう……。