「国家 バラエティ」の検索結果

今すぐ視聴する

〔土曜〕#106:小沢一郎竹山、本音対談
The NIGHT 〔土曜〕#106:小沢一郎竹山、本音対談 小沢一郎議員と2S対談 前振りトーク 小沢一郎登場 なぜ小沢さんが番組に出てくれたのか? 50年の政治生活で言えないことは…多くはない 国民が知らない方がいいことは…ない。裏表はない方がいい 47歳で自民党幹事長になった時は…大変だと思った 田中角栄は恐かった 地盤を固めるには10年は必要 田中角栄との関係は「師匠と弟子」「親と子」 ドブ板こそ民主主義 河井夫妻逮捕について。日本はまだ民主主義国家になっていない 安倍政権は政権が汚職と犯罪にまみれている 政治家だけでなく役人まで権力を濫用している 自民党は変わってしまった。小泉政権から自民党は変わった 規制撤廃の名の下に社会保障の予算が削減。競争第一になった 終身雇用撤廃などのツケを回されるのは国民 党の金をそんな極端な割合(10倍)で分配することはない 前河井法務大臣逮捕は安倍首相の責任問題 政治家が「劣化」している。「上が上なら下が下」 野党がしっかりしないといけない。国民が民主主義の不信になる 芸能人が政治のことを語るのは…当然のこと 最近の政治家ははっきり言わない。静かすぎる 政権交代について。野党がまとまれば自民党に圧勝できる

おすすめの作品

香港で30人以上逮捕 国家安全維持法違反などの疑い
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港で30人以上逮捕 国家安全維持法違反などの疑い  施行されたばかりの「国家安全維持法」違反で初めての逮捕者が出ました。  香港警察は1日午後、抗議集会に参加していた男性を国家安全維持法に違反したとして逮捕したと発表しました。逮捕された男性は「香港独立」と書かれた旗を所持していたということです。香港返還記念日の1日はデモが呼び掛けられていて、繁華街に多くの市民が集まっています。警官隊は催涙スプレーや放水で排除に乗り出し、当局は国家安全維持法違反や違法集会の疑いで30人以上を逮捕したと発表しています。
香港「国家安全維持法」違反容疑で初 男を逮捕
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港「国家安全維持法」違反容疑で初 男を逮捕  施行されたばかりの「国家安全維持法」で初の逮捕者が出ました。  香港警察は1日午後、日本時間の午前0時に「国家安全維持法」が施行された後、初の逮捕者が出たと発表しました。香港警察の公式SNSによりますと、逮捕された男は「香港独立」と書かれた旗を持っていたということです。
香港の自由は…「国家安全維持法」70人以上逮捕か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港の自由は…「国家安全維持法」70人以上逮捕か  「香港国家安全維持法」が1日午前0時に施行され、午後にこの法律違反などですでに70人以上が逮捕されたという情報があります。香港の自由はこのまま死んでしまうのでしょうか。  返還から23年を迎えた晴れやかな節目の日。ただ、すっかり雲行きは怪しくなってきました。  香港特別行政区・林鄭月娥行政長官:「国家の安全を守る体制が整ったことで『一国二制度』は長く安定して発展できる」  その言葉とは裏腹に、香港は混乱の一途をたどっています。1日に施行された香港国家安全維持法です。反体制的な活動を取り締まるこの法律のため、民主派団体が相次いで解散を発表しました。1日、デモの制圧に多数の警察官が投入されていました。中国メディアによりますと、国家安全維持法違反などによって70人以上が逮捕されたとの情報もあります。  相次いで懸念が表明されています。ただ、中国は強気の姿勢を崩しません。先月30日、中国は香港で軍事訓練を行いました。その武力を市民に誇示するかのように街中をヘリが飛びます。中国情勢に詳しい拓殖大学の富坂教授によりますと、「今後、中国が法の解釈を広げて香港から自由を奪う可能性がある」と指摘しています。
香港国家安全維持法 菅長官「遺憾」と中国を批判
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 香港国家安全維持法 菅長官「遺憾」と中国を批判  菅官房長官は中国が国会にあたる「全人代(全国人民代表大会)」で反体制的な言動を取り締まる「香港国家安全維持法案」を可決したことについて、「事実であれば遺憾だ」とこれまでより強い表現で中国の対応を批判しました。  菅官房長官:「我が国としては国際社会や香港市民の強い懸念にもかかわらず、同法が制定されたことは遺憾であります。引き続き関係国と連携し、対応していく」  菅長官は、国家安全維持法の制定は香港で言論の自由などを保障する「一国二制度」の原則に対する信頼を損ねるものだと中国の対応を批判しました。一方で、習近平国家主席との首脳会談などを通じて中国側に前向きな対応を求めていくとして日中間の意思疎通の重要性を強調しました。習主席の国賓としての来日については「具体的な日程調整をする段階にはない」と述べるにとどめました。
香港に中国政府の治安機関 “重大案件取り締まる”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港に中国政府の治安機関 “重大案件取り締まる”  香港で中国政府の治安機関が稼働し始めました。  「国家安全維持法」が施行された香港に8日、中国政府が出先機関の「国家安全維持公署」を開設しました。国家の安全に関わる重大案件を取り締まるとしています。トップには中国で住民運動が起きた際に強硬な姿勢を取った鄭雁雄氏が起用されました。中国政府は香港のデモに厳しく対応する方針です。除幕式には香港の林鄭月娥行政長官などが出席し、厳戒態勢が敷かれました。
公務員「夏のボーナス」平均68万円 8年連続プラス
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 公務員「夏のボーナス」平均68万円 8年連続プラス  30日に国家公務員に夏のボーナスが支給されました。平均の支給額は約68万円で、8年連続のプラスです。  内閣人事局によりますと、管理職を除く一般職の国家公務員の夏のボーナスは平均で68万100円で、去年より1000円増えました。安倍総理大臣には30%カットで約404万円、他の閣僚は20%カットで約337万円が支給されました。また、国会議員の支給額は約319万円となっています。一方、人事院は民間企業のボーナスの実態調査を始めました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で民間では減少が伝えられるなかで、国家公務員も冬のボーナスは引き下げが勧告される可能性があります。
香港返還23年 民主派デモ敢行 370人拘束
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港返還23年 民主派デモ敢行 370人拘束  香港では1日に返還記念日を迎え、1万人を超す市民らが施行されたばかりの「香港国家安全維持法」に抗議するデモを行い、370人近くが逮捕されました。  香港がイギリスから中国へ返還されてから23年の記念日となる1日、香港の繁華街では、前日に施行された香港国家安全維持法に抗議するデモが行われ、地元メディアによりますと、1万人以上の市民が参加しました。デモは許可されておらず、警官隊が解散を命じてその後、催涙弾や放水で市民らを排除し、370人近くを逮捕しました。そのうち男女10人については「香港独立」と書かれた旗を所持したなどとして国家安全法違反が初めて適用されました。
自民が習主席来日中止求める決議 党総意は見送り
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 自民が習主席来日中止求める決議 党総意は見送り  自民党の外交部会などは香港の国家安全維持法を巡り、中国の習近平国家主席の日本への国賓訪問を中止するよう求める非難決議を決定しました。  決議では国家安全維持法の施行により、香港で大量の逮捕者が出た状況を「強く非難する」としました。そのうえで、新型コロナウイルスの影響で延期されている習主席の日本への国賓訪問の中止や脱出を希望する香港市民に対して就労ビザの発給などを求めています。習主席の来日中止を求めることについては、二階幹事長が「軽々に判断すべきではない」と異論を唱えたため、自民党の総意とすることは見送られ、外交部会としての決議となりました。決議は7日にも菅官房長官に提出される予定です。
Googleなど 香港当局への情報開示を一時停止
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 Googleなど 香港当局への情報開示を一時停止  グーグルなどアメリカのIT大手が香港国家安全維持法が施行されたことを受けて、香港当局への利用者情報の開示を一時停止したことが分かりました。  香港国家安全維持法は反体制的な行動を厳しく取り締まるもので、日本や欧米からは香港で言論の自由が脅かされていると懸念が強まっています。グーグルは6日、国家安全維持法の影響を見極めるためとして、これまで香港当局の求めに応じて行ってきた利用者情報の開示を一時的に停止したことを明らかにしました。フェイスブックとツイッターも同様の措置を取っています。また、民主活動家の一部は逮捕されるのを恐れてSNSのアカウントを削除しているということです。
自民・岸田氏 香港情勢などで中国の大使と意見交換
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 自民・岸田氏 香港情勢などで中国の大使と意見交換  自民党の岸田政調会長は、中国の孔鉉佑駐日大使と香港の国家安全維持法などを巡って意見交換しました。  関係者によりますと、岸田政調会長と孔大使は尖閣諸島を巡る問題など東アジア情勢や国家安全維持法の施行で大量の逮捕者が出ている香港情勢について意見交換したということです。自民党では7日、中国に対する非難決議を出していて、外交部会などが習近平国家主席の国賓来日の中止を求めていました。これに対し、在日中国大使館は「強烈な不満を表明する」と反発していて、孔大使は岸田政調会長に直接、抗議したものとみられます。ただ、2人の面会は先週から決まっていたということで、自民党外交部会のメンバーの一人は「中国側がキャンセルしなかったのは日本側と付き合いたいと思っているからだ」と分析しています。