「国際 ニュース」の検索結果

今すぐ視聴する

ボルトン前補佐官 トランプ氏弾劾裁判で証言に意欲
最新の国際ニュース【随時更新】 ボルトン前補佐官 トランプ氏弾劾裁判で証言に意欲  アメリカ議会の上院で予定されているトランプ大統領の弾劾(だんがい)裁判で、大統領のかつての側近・ボルトン前補佐官が証言することに前向きな姿勢を示しました。  上院で行われるトランプ大統領の弾劾裁判を巡っては野党・民主党がボルトン氏らの証言を求めていますが、早期決着を図りたい与党・共和党との折り合いがつかず、日程が決まっていません。ボルトン氏はこれまで自身が証言するかどうかについて裁判所の判断を待つ姿勢を示していましたが、6日に一転して「上院が証言を求める召喚状を出せば証言するつもりだ」という声明を発表しました。ボルトン氏はトランプ政権がウクライナにバイデン前副大統領に関する調査を求めたことを「麻薬取引」と呼んで不快感を示したとされ、証言が実現すればトランプ大統領にとってダメージになる可能性があります。
「国力増強」掲げ正恩氏の初視察は肥料工場
最新の国際ニュース【随時更新】 「国力増強」掲げ正恩氏の初視察は肥料工場  北朝鮮のメディアは金正恩委員長が「新年最初の指導活動」として肥料工場の建設現場を視察したと報じました。  7日付の労働新聞は金委員長が北朝鮮西部の順川(スンチョン)で建設中の農業用肥料工場を視察する様子を写真入りで報じました。肥料工場は慢性的な食料不足を解消するためのもので、金委員長は「最重要の経済課題だと強調するために訪ねた」と述べています。金委員長としては新年最初の視察に経済分野を選ぶことで去年末の党中央委員会総会で示した「国力増強」の方針に従い、経済制裁を乗り切る意思を内外に強調する狙いがあるとみられます。
英タイムズ“今年の20人”に小泉大臣「ありがたい」
最新の国際ニュース【随時更新】 英タイムズ“今年の20人”に小泉大臣「ありがたい」  「注目すべき20人」に、小泉進次郎環境大臣は「ありがたい」と語りました。  2日付のイギリスのタイムズ紙は今年注目すべき20人の一人に小泉大臣を選びました。  小泉進次郎環境大臣:「国際社会に発信が届いている一つの例だと思うので、大変ありがたく思っています。私自身に限らず、日本により注目してもらえるようなそういった発信を今年も続けていきたいと思います」  タイムズ紙は小泉大臣を「最も興味深く、有望な政治家」と「顔は良いが、独創的なアイデアは何もない」という両面の見方があるとしていて、今年は試される年になると指摘しています。
ソニーのEV…充実の車内空間と安全性 でも市販なし
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ソニーのEV…充実の車内空間と安全性 でも市販なし  「ソニー」が電気自動車を開発しました。  ソニー・吉田憲一郎社長兼CEO(最高経営責任者):「移動手段の進化は、車を新しいエンターテインメント空間として再定義すると信じています」  ソニーが提携する企業と開発した電気自動車は、各シートにスピーカーが内蔵されて音の臨場感を味わえるほか、直感的に操作できるスクリーンなど車内を楽しめる空間にする工夫が施されています。また、高度な安全性を実現するために、車の外や中に33個のセンサーや人工知能を搭載しています。自動車向けセンサーの市場をリードしていく狙いがあるとみられます。ただ、現時点では市販される予定はないということです。
あすゴーン被告が会見「クーデター首謀者を明かす」
最新の国際ニュース【随時更新】 あすゴーン被告が会見「クーデター首謀者を明かす」  日産の前会長のカルロス・ゴーン被告の妻・キャロル夫人について、東京地検特捜部は偽証の容疑で逮捕状を取りました。  7日午後に行われた経済三団体新年祝賀パーティー。企業のトップらが一堂に会したその場に日産自動車の内田誠社長も姿を見せました。かつて日産の会長を務めていたゴーン被告の前代未聞の逃亡劇。日産は7日に初めての声明を発表しました。そのうえで、損害賠償請求の手続きを進めるなど不正行為の責任を追及する方針に変わりはないとしました。  一方、ひそかに出国していたゴーン被告は日本時間8日午後10時から記者会見を行う予定となっています。それを前に、アメリカのFOXビジネスはゴーン被告の会見での発言内容を報じました。先週末にFOXビジネスのキャスターがゴーン被告に取材したというものですが、そのなかでゴーン被告は自身の逮捕は失脚を狙った「クーデター」であり、それを示す実際の証拠があると主張。そして、そのクーデターに関与した人物には日本の政府関係者もいたとみられるとして、会見で名前を明らかにする方針だということです。「彼らが私を引きずり下ろしたかった」と述べたというゴーン被告。日産とルノーの合併を進めようとしたことが原因だとの認識を示したということです。ただ、この注目されるゴーン被告の会見。日本メディアの窓口となっているPR会社によりますと、限られたメディアしか参加できないということです。
中国・長江が禁漁 政府の徹底策vs失業危機の漁師
最新の国際ニュース【随時更新】 中国・長江が禁漁 政府の徹底策vs失業危機の漁師  中国で最も長い川「長江」で乱獲などが続き、魚が激減。中国政府は今年から10年間、長江での漁を禁止にしました。密漁もできないように漁船も次々と破壊する徹底ぶりです。  印象的なのは、そのやり方。容赦なく船を踏み潰していくショベルカー。物理的に船を使えなくすることで漁の禁止という方針を確実なものにしようという強い意志を感じます。壊して、壊して、壊し尽くす。年々、漁獲高が減っている長江。原因として考えられるのは工業廃水などによる水質汚染と長らく続いた乱獲です。そこで中国政府は今後10年間、長江での漁を禁じました。とはいえ、世界第3位の長さを誇る大河。この川で生計を立てていた漁師実に28万人が職を失うことになります。さらに、波紋は中国の食文化にも。長江で取れるナマズに似た魚は四川料理の食材として珍重されてきました。ところが、昼下がりの魚市場。多くの店員がスマートフォンを見たり、弁当を食べたり、足を投げ出したり。そんななか…。  長江で取られた魚が今も売られているようですね。  市場関係者:「長江の魚だよ」「(Q.漁は禁止では?)それは説明しにくいね。やり方はあるんだよ。あとは自分で考えて」  そのやり方とは一体何でしょう。いずれにせよ、今回の禁漁措置と引き換えに政府は失業する28万人に職業訓練などの支援を行うとしています。禁漁は今月1日から一部で始まり、徐々に広げていく方針です。
おばあさん、なんてことを!超危険な“孫で猫釣り”
最新の国際ニュース【随時更新】 おばあさん、なんてことを!超危険な“孫で猫釣り”  猫を救うためにおばあさんがとったとんでもない方法とは。  アパート4階のベランダの手すりに立ち、何かを手にした男の子が身をかがめています。すると、男の子はロープのようなもので上の階へと引き上げられていきました。このロープを手繰り寄せているのは男の子のおばあさんです。なんと、7歳の孫を使って下の階に迷い込んだ飼い猫をつり上げようとしていたのです。男の子と猫はこの後、無事に部屋へと戻りました。肝を冷やして一部始終を見ていた近隣住民から厳しく注意を受けたおばあさんは「安全だと自信があった。もうやらない」と反省していたということです。
キャロル夫人に逮捕状 現地レバノンで今なにを?
最新の国際ニュース【随時更新】 キャロル夫人に逮捕状 現地レバノンで今なにを?  日産の前会長のカルロス・ゴーン被告の妻・キャロル夫人について、東京地検特捜部は偽証の容疑で逮捕状を取りました。レバノン・ベイルートにあるゴーン被告の自宅前から報告です。  (大平一郎記者報告)  (Q.キャロル夫人の一報を受けて何か動きはあるか?)  7日はキャロル夫人が自宅から出てくるところを見ていません。恐らく自宅の中にいるものとみられています。これまでは我々が見る限り、キャロル夫人は一日数回にわたって外出していました。早い時は数十分、長い時は数時間にわたって車で外出していました。行き先は定かではありませんが、自宅周辺でゴーン被告がこちらに帰って以降、かなりの動きがあります。キャロル夫人がお手伝いさんやシェフなども増強してパーティーを催すことが度々ありました。テラス部分で恐らくパーティーをやっていたのではないかと思います。夜まで明かりがつくこともありました。今回の逮捕状の件についてキャロル夫人に情報が入っているかどうか分かりませんが、自宅の中にいて情報収集など含めて進めていると思われます。
ゴーン被告あす会見“クーデター”新たな証拠暴露も
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告あす会見“クーデター”新たな証拠暴露も  レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告は8日に現地で記者会見を行う予定です。日本の司法制度への不信感とともに自身の逮捕や日産会長の解任は「クーデター」だと主張しているというゴーン被告は一体、何を会見で語るのでしょうか。  レバノンに逃亡中の日産の前会長・ゴーン被告。8日に記者会見が予定されていて、そのなかで注目の発言があるといわれています。アメリカの「FOXビジネス」によりますと、先週末にゴーン被告と接触。自身の逮捕や日産会長の解任などはクーデターであり、「実際の証拠」があると話していると報じました。ゴーン被告は「彼らが私を引きずり下ろしたかった」と主張し、日産とルノーの経営統合を進めようとしたことが原因だという認識を示したということです。そんななか、日本でも新たな動きが…。  東京地検特捜部は妻のキャロル夫人に対して偽証の容疑で逮捕状を取りました。東京地検によりますと、ゴーン被告が会社法違反の容疑で逮捕された後、東京地裁で事件の参考人として証言した際に「覚えていない」などと虚偽の陳述をして偽証した疑いが持たれています。一方で、ゴーン被告の逃亡先であるレバノンまでの足取りも徐々に明らかになっています。そこには、多くの協力者の姿が浮かび上がっていました。  捜査関係者によりますと、ゴーン被告は都内の住居を出た後、近くのホテルで逃走を手助けしたとされる外国人の男2人と合流したということです。その後、タクシーで品川駅まで移動し、新幹線で新大阪駅に向かったということです。3人は関西…
米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会  イランの革命防衛隊の司令官がアメリカ軍の空爆によって殺害されたことを受けて、イランの議会はアメリカ国防総省を「テロ組織」に指定することを決定しました。  イランの国営メディアによりますと、イランの議会は7日、今回の司令官殺害を受けてアメリカ国防総省をテロ組織に、また殺害に関わったアメリカのすべての部隊や関係者らを「テロリスト」に指定する法案を可決しました。さらに議会では、司令官が所属していた「コッズ部隊」を強化するため追加で約242億円を割り当てることも決定しました。イランはアメリカへの「報復」を宣言していて、中東情勢は緊張が高まっています。
ゴーン被告きょう記者会見へ 会見場を独自取材
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告きょう記者会見へ 会見場を独自取材  カルロス・ゴーン被告本人が出席する記者会見が日本時間の8日夜に行われます。ANNがその会見場を独自に取材しました。  会見は日本時間の午後10時から現地のジャーナリスト団体の施設で行われます。ただ、取材は主に海外メディアに限定されていて、ほとんどの日本メディアは許可されませんでした。アメリカメディアは、ゴーン被告が会見で「自身の逮捕や日産の会長解任はクーデターだ」と主張し、その証拠を示すと報じています。
日本大使がレバノン大統領と会談 「看過できない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日本大使がレバノン大統領と会談 「看過できない」  カルロス・ゴーン被告の逃亡先であるレバノンに駐在する日本の大久保大使はレバノンのアウン大統領と会談し、事実関係の究明に向けて協力を要請しました。  大久保駐レバノン大使は7日、アウン大統領と会談して「ゴーン被告が不法に出国したことは遺憾であり、看過できない」と伝え、事実関係の究明に向けた協力を要請しました。これに対し、アウン大統領は「レバノン政府の関与は全くない」と説明したうえで、「日本との関係を重視し、全面的な協力は惜しまない」と答えたということです。ゴーン被告の逃走を巡ってはレバノン到着直後、同じキリスト教徒で近い関係にあるアウン大統領と面会したという報道もあります。今後、日本の協力要請に対してレバノンがどこまで応じるかは不透明です。
イラン革命防衛隊がイラク国内の米軍駐留基地を攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン革命防衛隊がイラク国内の米軍駐留基地を攻撃  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊が司令官殺害の報復としてアメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃を行ったと伝えました。  イランの国営メディアは革命防衛隊がイラク国内にあるアルアサド空軍基地に向かってミサイルを発射したと伝え、この攻撃がアメリカ軍による革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害の報復としています。
ゴーン被告逃亡の小型機 中東の企業が料金支払いか
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告逃亡の小型機 中東の企業が料金支払いか  レバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告が関西空港から搭乗したプライベートジェットの代金について、中東のセキュリティー関連会社が支払っているとアメリカやヨーロッパのメディアが報じました。  フランスのルモンド紙によりますと、ゴーン被告が使ったプライベートジェットはリースの契約書が先月24日に作成され、2日後にドバイに拠点を置くセキュリティー関連会社がその一部を支払いました。アメリカのCNBCはまだ契約全体の半分しか支払われておらず、総額は35万ドル、約3800万円だと報じています。また、イギリスのフィナンシャル・タイムズ紙によりますと、セキュリティー関連会社はイギリスの元軍人の実業家に関係する会社で、元軍人はイラクでのアメリカ軍の活動にも関わった経験があるということです。
イランが12発超の弾道ミサイル 米軍拠点を報復攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが12発超の弾道ミサイル 米軍拠点を報復攻撃  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地を弾道ミサイルで攻撃しました。少なくとも12発以上のミサイルが2カ所に撃ち込まれました。  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊がイラク国内にあるアメリカ軍が駐留するアルアサド空軍基地に向かって弾道ミサイルを発射したと伝えました。攻撃はアメリカ軍が革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した攻撃への報復だということです。アメリカの国防総省は、ミサイルはイランから発射され、アメリカ軍の拠点2カ所に少なくとも12発以上が発射されたとしていて、現在、被害の状況を確認しています。アメリカのホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は攻撃の説明を受けて安全保障チームと協議しているということです。
イラン 12発超のミサイルで米軍駐留基地を攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン 12発超のミサイルで米軍駐留基地を攻撃  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊が司令官殺害の報復としてアメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃をしたと伝えました。  イランの国営メディアは、革命防衛隊がイラク国内にあるアメリカ軍が駐留するアルアサド空軍基地に向かってミサイルを発射したと伝えました。この攻撃がアメリカ軍による革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害の報復だとしています。アメリカのホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は攻撃の説明を受けて安全保障チームと協議をしているということです。
会見を前にゴーン被告側声明「日産調査はこじつけ」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 会見を前にゴーン被告側声明「日産調査はこじつけ」  保釈中にレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告側が新たな声明を出し、日産の内部調査がこじ付けで失脚を狙ったものだと主張しました。  「ゴーン被告の弁護チーム」の声明とされたコメントでは、日産の内部調査を「こじ付けで、真実を知るためのものではない」と非難しました。また、調査は日産の西川元社長の不正を暴けなかったとしたほか、調査に関わった会社の独立性も疑問視しています。声明は日本時間の8日午後10時から予定されているレバノンのベイルートでの記者会見を前に出されました。記者会見への出席は主に海外メディアに限定されていて、ほとんどの日本のメディアは許可されていません。ゴーン被告は会見で「逮捕や日産の会長解任はクーデター」などと主張するとみられています。
イランのミサイル攻撃受け トランプ大統領の反応は
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランのミサイル攻撃受け トランプ大統領の反応は  トランプ大統領は攻撃の報告を受けて対応を検討しています。ワシントンから報告です。  (布施哲記者報告)  トランプ大統領は1時間以上にわたって最新情勢の報告を受けていましたが、具体的な反応は特に見せていません。そして、今回の発射について、専門家の間からはこれまでよく使われてきたロケット弾ではなく、より強力な弾道ミサイルが使われたことでイランが対抗手段をエスカレートさせてきたという声が上がっています。そして、注目の今後のアメリカ側の出方ですが、トランプ大統領はこれまで「戦争は望まない」としながらも「イランが攻撃したら報復攻撃をする準備はできている」と繰り返し強調してきました。そのため、このまま何もしなければ「弱腰」だとの批判を受ける可能性があり、何らかの報復手段を取らざるを得ない状況に置かれています。ただ、その一方で、トランプ大統領が今回の件で記者会見を急きょキャンセルしたとの見方もあります。このまま何も発表がないということは、報復攻撃も当面ないのではないかと期待感が出ています。いずれにしてもこの事態をどう鎮静化させていくのか、そして、大統領選挙をにらんで政治的なポイントをどう上げていくのか、トランプ大統領はこの2つを両立させる決断を迫られています。
イランが駐留米軍に報復 “殉教者ソレイマニ作戦”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが駐留米軍に報復 “殉教者ソレイマニ作戦”  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃をしました。少なくとも十数発以上の弾道ミサイルを撃ち込みました。  イランの革命防衛隊は日本時間の8日朝、アメリカ軍が駐留するイラク国内のアルアサド空軍基地に向けて弾道ミサイルを発射しました。ミサイルは少なくとも十数発が発射され、イラク北部のアルビルにも撃ち込まれました。この攻撃はアメリカ軍が革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した攻撃への報復で、イラン国営放送は「殉教者ソレイマニ作戦」と命名しました。アメリカのFOXニュースは、アメリカ側に死傷者は出ていないと伝えています。ロイター通信によりますと、イラン側は今回の攻撃が第1段階だとし、追加攻撃の可能性を示唆しています。アメリカが反撃に出るのかどうかが焦点となりますが、アメリカとイランの衝突がエスカレートする恐れもあります。
イランが報復攻撃 軍事アナリスト小川和久氏が解説
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが報復攻撃 軍事アナリスト小川和久氏が解説  イランがイラクの駐留米軍に弾道ミサイルで報復攻撃。アメリカとイランは今後、どうなるのでしょうか。静岡県立大学特任教授で軍事アナリストの小川和久氏が解説します。  小川和久氏:「イランのソレイマニ司令官の殺害を受け、イラン国民の反米感情が沸騰し、報復攻撃をせざるを得ない状況だった…」
イランのザリフ外相が投稿「侵略から自分たち守る」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランのザリフ外相が投稿「侵略から自分たち守る」  イランのザリフ外相はツイッターを更新し、「我々は事態のエスカレートや戦争を求めていない。ただ、侵略から自分たちを守るつもりだ」と投稿しました。
トランプ大統領「大丈夫」イラン外相「戦争求めず」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領「大丈夫」イラン外相「戦争求めず」  イランのミサイル攻撃を巡り、アメリカのトランプ大統領とイランのザリフ外相が相次いでツイッターに投稿しました。  トランプ大統領はツイッターに「今、被害状況を調べているが、今のところは大丈夫だ」と投稿しました。アメリカメディアはイランのミサイル攻撃による死傷者はアメリカ側に出ていないと伝えています。トランプ大統領は「アメリカは世界最強の軍隊を持っている。あす朝に声明を出す」としています。また、イランのザリフ外相もツイッターを更新し、「我々は事態のエスカレートや戦争を求めてない。ただ、侵略から自分たちを守るつもりだ」と投稿しました。
豪州 大規模森林火災で野生動物の犠牲10億匹以上
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 豪州 大規模森林火災で野生動物の犠牲10億匹以上  オーストラリアでは10億匹以上もの動物が犠牲になっているということです。  コアラの鼻を見ると、少し赤くやけどをしているように見えます。何度も舌を出してペットボトルから水を飲みますが、ずっと力なく座り込んだまま。  このコアラが撮影されたのは、オーストラリアです。去年の秋からオーストラリア南東部を中心に空気の乾燥などが原因で森林火災が相次いでいます。これまでに6つの州で730万ヘクタール以上が焼失しました。  この影響で数多く生息する動物にも深刻な被害が出ています。煙から逃れようとしているのでしょうか、集団で移動するカンガルー。専門家は、オーストラリア全土で10億匹以上の野生動物が犠牲になったとみています。また、地元メディアによりますと、南オーストラリア州では、水を求めるラクダが集落に押し寄せ、住民が脅かされているということです。これを受け、地元の先住民の組織はラクダを殺処分する予定です。その数、約1万頭と報じられています。  これまでに24人が犠牲となった一連の山火事。南東のニューサウスウェールズ州の警察によりますと、火災を巡って183人に法的処置を取ったということです。そのうちの47人は火の付いた、たばこやマッチを地面に捨てたことを指摘されました。
ゴーン被告側、世界に向けた会見へ戦略と準備着々 
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告側、世界に向けた会見へ戦略と準備着々   カルロス・ゴーン被告は8日夜、逃亡先のレバノンで記者会見を行います。数時間後に迫ったゴーン被告の会見はどのような形で行われるのでしょうか。会見が予定されているレバノンの会場前から報告です。  (阿部健士記者報告)  現地は朝から激しい雨が降るなど、あいにくの天気です。会見まで4時間ほどあるにもかかわらず、記者会見場の前には日本メディアをはじめ、世界中のメディアが駆け付けています。ゴーン被告の会見を世界中のメディアが注目しているといえます。会見場で動きがあり、10分ほど前にゴーン被告の弁護士が会場内に入っていきました。これから会見に向けて、色々な打ち合わせをするものとみられます。  そして、8日の会見で取材できるのは主に海外メディアや現地メディアに限られていて、日本メディアはごく限られた数社のみが取材を許されています。そして、会見のスタイルなんですが、フランスメディアは「ゴーン被告が冒頭30分、自らの主張を英語で話し、その後、1時間半ほど質疑応答で英語とフランス語で質問に応じる」と報じています。ただ、一部の現地メディアは質疑応答に関して、「アラビア語のみで応じる」と報じるなど、会見の進め方についても、まだ情報が錯綜(さくそう)している状況です。8日の会見ですが、融和的なメディアをゴーン被告側が選別し、自らの疑惑に対してなるべく厳しい質問が及ばないように進めたうえで、自らの発言をセンセーショナルに世界へ発信したいというゴーン被告の戦略がうかがえます。
逃亡劇への関与は ゴーン夫人「私は何も知らない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 逃亡劇への関与は ゴーン夫人「私は何も知らない」  8日夜、カルロス・ゴーン被告(65)が逃亡先のレバノンで記者会見を行います。そうしたなか、ゴーン被告の妻のキャロル・ナハス容疑者(53)が報道陣の前で意外な行動に出ました。  レバノンの首都ベイルートにある自宅からゴーン被告の妻とみられる女性が出てきました。笑みを浮かべながら、スマートフォンのようなもので報道陣を逆に撮影しているように見えます。  去年4月、東京地裁で行われた証人尋問で嘘の証言をした疑いで逮捕状が出ているゴーン被告の妻・キャロル容疑者。4カ月前、ANNの取材に応じ、こう話していました。  ゴーン被告の妻、キャロル・ナハス容疑者:「(Q.『釈放』を勝ち取るために今後、何か計画していますか?)妻としてできる限りのことはするつもりですが、今後、どうするかはまだ考えていません」  フランスのメディア「ルモンド」はゴーン被告の逃亡劇を計画したのはキャロル容疑者だと報じる一方、大衆紙「パリジャン」の取材に応じたキャロル容疑者は反論。逃亡には関与していないと否定しています。  保釈の条件で、弁護士事務所にあるパソコンしか使用できなかったゴーン被告ですが、ほぼ毎日それを使っていたといいます。逃亡に加担した人物と連絡を取っていた可能性があるため、東京地検は8日、パソコンを差し押さえようとしましたが、弁護団に拒否されたため今のところ調べられていません。  日本時間の8日夜、ゴーン被告が開く会見について、妻のキャロル容疑者は「彼の人生の中で最も重要な声明を発表しようとしている」と…
イランは犠牲避けた?米側、抑制の一方で反撃の準備
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランは犠牲避けた?米側、抑制の一方で反撃の準備  司令官を殺害されたイランは、報復としてアメリカ軍が駐留するイラクの基地に弾道ミサイルを撃ち込みました。今回の攻撃を受けて、アメリカがさらに反撃する可能性はあるのでしょうか。ワシントンから報告です。  (高羽佑輔記者報告)  攻撃があった当時の状況について、少しずつ詳細が明らかになってきました。今回、攻撃を受けた2つの基地のうちの1つ、アサド空軍基地についてCNNは「初期の調査によると、ミサイルはいずれもアメリカ軍が生活の拠点としていないエリアに着弾した」と報じています。攻撃の時間が、多くの人が活動していない未明だったこともあり、イランがアメリカ側の被害をなるべく出さないようにしたのではないかとの見方も出ています。  また、アメリカはすぐに大規模な反撃には出ない可能性もあります。トランプ大統領は攻撃の直後、テレビで演説することを検討しましたが、一転してツイッターで被害の少なさを評価するにとどめました。ホワイトハウスで協議したポンペオ国務長官やエスパー国防長官のアドバイスを受け、抑制的な反応に努めたとみられます。  一方で、アメリカ軍は何百発の巡航ミサイルを用意し、命令があれば標的に対して発射する準備ができているという情報もあり、緊張は続いています。トランプ大統領が日本時間の8日夜に発表する声明でイランを刺激すれば、さらに緊張が高まる恐れもあります。
世界最大の家電・IT展に保険会社や寝具メーカー?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 世界最大の家電・IT展に保険会社や寝具メーカー?  世界最大規模の家電・IT展示会がラスベガスで開幕しました。  53回目を迎えたこの展示会には、世界で開発が進む空飛ぶ車やタクシーの試作品などが登場しました。騒音を減らし、都市部での利用を目指しています。一方、450年以上の歴史を持つ寝具メーカーの西川のほか、保険業界で初めて出展したSOMPOひまわり生命など意外な日本企業も相次いで参加しています。
イランでウクライナ旅客機墜落 176人全員死亡
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランでウクライナ旅客機墜落 176人全員死亡  イランで旅客機が墜落し、乗客乗員176人全員が死亡しました。  8日、イランの首都テヘラン近郊にあるイマーム・ホメイニ空港近くで、ウクライナ航空の旅客機が離陸直後に墜落しました。AP通信によりますと、墜落したのはウクライナの首都キエフに向かっていたボーイング737型機で、乗客167人と乗員9人の全員が死亡したと伝えています。エンジンの一つから火が出た後、墜落したということです。墜落は航空機の技術的なトラブルが原因とみられ、イランによるミサイル攻撃と関係はないということです。
コアラが水筒の水ゴクゴク 熱波と山火事の影響深刻
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 コアラが水筒の水ゴクゴク 熱波と山火事の影響深刻  オーストラリアのシンボルが熱波で深刻な影響を受けています。  自転車によじ登ったコアラが水筒から水を飲んでいます。オーストラリア南部で先月下旬、サイクリング中の人が路上に座るコアラに気が付きました。自転車を止めると近付いてきます。水筒を近付けたところ、喉が渇いていたのか、ゴクゴクと水を飲んだということです。オーストラリア南部では先月下旬、熱波の影響で記録的な高温が続いていました。オーストラリア当局は、去年から続く森林火災で、これまでにコアラの30%が死んだとしていますが、熱波の影響も心配されます。
セメントタンクに落ちた男性 固まってしまった?
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 セメントタンクに落ちた男性 固まってしまった?  大量のセメントが入った大型タンクに男性が転落しました。  中国・江西省の作業現場。高さ16メートルの巨大なタンクに作業員の男性が転落しました。大量のセメントが入ったタンクの中で全身灰色の男性の姿が確認できます。ほとんど動かずに横たわっていて、セメントが固まってしまったようにも見えます。そこへ駆け付けた救助隊が体にロープを巻き付けて降りていきます。転落から約2時間、ようやく救出されました。男性は落下の衝撃で腰の骨が折れ、動くことができなかったといいます。すぐに病院に搬送され、命に別状はないということです。