「在日韓国人」の検索結果

「在日韓国人」に関する情報は見つかりませんでした。
「在日」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第15話 金科玉条!逃げちゃダメ!!
絶対可憐チルドレン 第15話 金科玉条!逃げちゃダメ!! 桐壺局長の命により、チルドレンをはじめとする特務エスパー達に緊急招集がかけられた。首相直々に依頼された超重大任務にあたるためである。その任務とは、コメリカ国の在日エスパーチームを脱走した男を捕らえるというもの。男の名はJ・D・グリシャム。在日エスパーチームの指揮官だった男で、恐るべき能力を持ったエスパーらしい。彼を追う、在日エスパーチーム『ザ・リバティベルズ』(ケン&メアリー)の二人と共に、合同捜査が始まった。無事グリシャムを捕えることができるのか!?
ソフトバンク機密漏洩か ロシア“スパイ”書類送検
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ソフトバンク機密漏洩か ロシア“スパイ”書類送検  ロシアの諜報(ちょうほう)機関員とされる男が書類送検されました。  在日ロシア通商代表部の代表代理だったアントン・カリーニン氏(52)は、ソフトバンクの元部長・荒木豊被告(48)を唆して会社の機密情報を去年、不正に得た疑いで書類送検されました。警視庁公安部によりますと、カリーニン氏はロシアの諜報機関員として荒木被告に報酬を渡して機密情報を複数回、受け取ったとみられています。カリーニン氏は公安部から2回出頭を要請されましたが、応じないまま2月にロシアに帰国しています。
第8話 6月17日、雨の記憶
BLEACH 第8話 6月17日、雨の記憶 6月17日は一護の母・真咲(まさき)の命日。その日は何を差し置いても墓参りに行く黒崎家。一護は死神代行も休むつもりでいたが、霊園には先回りしたルキアが待っていた。「おふくろは死んだのではなく殺された」と聞かされたルキアは、霊力の強い一護を狙ったホロウが真咲を殺したのではないかと話す。それは一護の触れられたくない傷だった。強がって走り去る一護。そこへ、現世の滞在日数を過ぎても戻らないルキアを連れ戻す為に西堂(さいどう)という死神が姿を現す。
第37話 強敵来襲!ブラック・ファントム
絶対可憐チルドレン 第37話 強敵来襲!ブラック・ファントム 在日コメリカエスパーチームのケンとメアリー、そしてグリシャムが本国で犯罪エスパーと交戦。まだ年端もいかない少年に見えるエスパーだが、その能力はなんとグリシャムを上回っていた・・・。そして数日後。ケンたちの調べによると、彼は『ブラック・ファントム』という謎のエスパー犯罪組織の一員であるらしい。しかも、彼の次なる標的は、なんと日本!?訪日中のサルモネラ大統領の暗殺に動き出す可能性があるのだという。大統領警護のため、歓迎パーティの会場を訪れたチルドレンと皆本。はたして『ブラック・ファントム』は現われるのか!?
ウイグル人が語る 中国収容所の実態
無料
報道リアリティーショー#アベプラ【平日よる9時~生放送】 ウイグル人が語る 中国収容所の実態 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
〔土曜〕#92:あなたのスマホも乗っ取られている?スパイの秘密
The NIGHT 〔土曜〕#92:あなたのスマホも乗っ取られている?スパイの秘密 マーシーに続いてマッキー、覚せい剤所持で逮捕 生放送でいきなりエゴサーチ 大和は競艇で10万負けた おっちょこちょいババアとテレクラ状態 世界のスパイ100人を取材・山田敏弘さん登場 現在、日本にはスパイ組織はない イラン核施設はスパイがPCを乗っ取って破壊 セブンペイ廃止は日本のキャッシュレス決済の信用をおとしめるのが目的 北朝鮮の映画会社へのサイバーテロでチャーリーシーンのエイズ発覚 アメリカは北朝鮮に経済制裁を加える理由を得るため、サイバー攻撃を見て見ぬ振りした 日本企業に遭ったスパイ被害 スパイは空気砲で心臓を止めて殺す 山田さん、スパイ情報を知りすぎてスパイに狙われることも CIA諜報員に人気の国は中国 MI6は権限も予算も膨大 東京五輪がスパイに狙われている あなたのスマホから数珠つなぎで重要人物の情報が狙われる

おすすめの作品

第5話 王様の耳はロバの耳
ピノキオ 第5話 王様の耳はロバの耳 実の父の死と13年前に自分を置いて逃げたと思っていた兄の存在を知ったダルポ。一方イナは、叔父にあたるダルポが好きだという気持ちに気付いた。その自分の気持ちを否定しようと頑張れば頑張るほどしゃっくりが止まらない。そんなイナのつらい気持ちを和らげるためなら、どんな話でも聞くと伝えるボムジョだった。
OVA ダンジョンに温泉を求めるのは間違っているだろうか
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか OVA ダンジョンに温泉を求めるのは間違っているだろうか 大森藤ノ先生完全監修によるオリジナルストーリー! TVシリーズの最終話で、大激戦の末、階層主との戦いに勝ったベル達。 ダンジョンから地上に戻る途中で、温泉のような場所を見つけて、そこで休息をとることに……。
第3話「神様の刃(ヘスティア・ナイフ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第3話「神様の刃(ヘスティア・ナイフ)」 「僕はもう、家族を失いたくないです」 モンスター・フィリアの喧騒の中、突如、脱走したシルバーバッグからの急襲を受けたベルとヘスティア。唯一の家族を護るため、ベルは、たったひとりで格上の魔物と対峙することに――しかし、奮闘むなしく徐々に追い詰められていくベル。一方、不本意な形でベルに逃がされたヘスティアもまた走り続けていた。再びベルに合流するため、彼女にとって唯一の眷族――家族を護るために。
第4話「弱者(サポーター)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第4話「弱者(サポーター)」 「突然ですが、サポーターを探していませんか?」 急速な成長に伴い、ダンジョンの7階層にまで到達していたベル。装備品も新調し、次なる冒険への準備をしているところにシアンスロープの少女、リリルカ・アーデに声をかけられる。冒険者について回る雑事を一手に引き受けることを生業とするサポーターの彼女と、より冒険に集中し、ダンジョンの更なる深淵を目指すため、ベルは初めてのパーティを結成することになるのだが…。
第5話「魔導書(グリモア)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第5話「魔導書(グリモア)」 リリの助力を得て、ベルの冒険は、これまでにないほど順風満帆な様相を呈していた。戦闘に専念することで収入も増え、ファミリアの女神ヘスティアにも、ささやかながら恩返しができるほ どに。だが、そんな幸運をもたらしてくれたはずの、リリの周囲に漂う不穏な空気。「なにが冒険者様……ですか」 独りつぶやき、薄暗い路地裏で虚空を見つめるサポーターの瞳―― そこに映るのは絶望、憎しみ……それとも……。
劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ―オリオンの矢―
無料
劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ―オリオンの矢― 劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ―オリオンの矢― 神時代以前より受け継がれている【神月祭】に沸き立つ迷宮都市(オラリオ)―― 【リトル・ルーキー】として都市を賑わせた冒険者ベル・クラネルと、彼の主神ヘスティアも、その喧騒の只中に身を置いていた。 夜の闇を照らし出す、色とりどりの屋台や催し、都市全体を淡く包み込む月光。 都市の喧騒の遥か上空で、月は静かに佇み、ただ待っている。 英雄の誕生を、そして新たな冒険譚の始まりを――
第1話「冒険者(ベル・クラネル)」
無料
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第1話「冒険者(ベル・クラネル)」 迷宮都市オラリオ。その都市の象徴ともいうべき『ダンジョン』にこだまする魔獣の咆哮――新米冒険者・ベル・クラネルは、まさに絶体絶命の危機を迎えていた。少々残念な神・ヘスティアの唯一の眷族となり、はや半月。眼前には、5階層で遭遇するはずのない高レベルモンスター。すくむ足、震える身体……恐怖と絶望に支配されたベルの前に、一人の剣士が舞い降りる……。剣、魔法、魔物、そして神々。オラリオの零細ファミリア所属、ベル・クラネルの冒険譚は、ここから始まった――。
第2話「怪物祭(モンスターフィリア)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第2話「怪物祭(モンスターフィリア)」 「僕、強くなりたいです」 憧れの『剣姫』アイズ・ヴァレンシュタインのように――純粋なる思いがベルに与えた能力【憧憬一途(リアリス・フレーゼ)】。それは、懸想(おもい)が続く限り、懸想の丈に従い、少年に著しい成長をもたらすものだった。その能力(アビリティ)を、ベルの憧れの対象を知ってしまった神・ヘスティア。彼女は複雑な思いを抱えたまま、神々の宴へと足を運ぶ。たとえ憧れの対象が自分ではなかったとしても、それでもベルの、彼女のたったひとりの眷族の力になりたい、そう決めたから――。
第6話「理由(リリルカ・アーデ)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第6話「理由(リリルカ・アーデ)」 ひょんなことから手元に舞い込んだ魔導書(グリモア)から、遂に魔法の力を手にするに至ったベル。着々と力をつけていくさなか、明らかになっていくソーマ・ファミリアの実態。 それは、奇跡の美酒に呑まれた狂信者たちの悲劇。リリルカ・アーデもまた、そんな狂気の渦に巻き込まれたひとりであった。冒険者を謀ろうと画策するもの、利を掠め取らんとするもの、同胞を護ろうとするもの……そして、愚直なまでに仲間を信じ、その手を取ろうとするもの――その誰しもが足を向ける、暗く深い迷宮(ダンジョン)の深奥へと。
第7話「剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 第7話「剣姫(アイズ・ヴァレンシュタイン)」 ダンジョンでの出来事を経て、晴れてリリルカ・アーデとのパーティを結成したベル。神ヘスティアの承認も受け、山積された難題は全て取りさらわれたかに見えた……。 「やっぱり闘おうか」 目の前にはベルが追い求め、未だやむことのない憧れを抱き続ける『剣姫』の姿。神々にすら惜しみなき賛辞を送られる、その華麗で鋭い剣閃がベルに襲いかかる。 吐息さえも感じられる、アイズ・ヴァレンシュタインとの夢の様な距離、その間で舞い散る剣戟の火花。延々と放たれ続ける輝きの中、ベル・クラネルは何を感じ、何を得るのか――。