「堀千鶴子 最新」の検索結果

「堀千鶴子 最新」に関する情報は見つかりませんでした。
「最新」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

胸を数カ所刺し母親殺害か 男は自分も刺しけが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 胸を数カ所刺し母親殺害か 男は自分も刺しけが  15日夜、沖縄県中城村の住宅で49歳の男が母親を包丁で刺して殺害しようとしたとして現行犯逮捕されました。母親はその後に死亡しました。  警察や消防によりますと、午後8時ごろ、沖縄本島中部の中城村南上原にある住宅で「母親が息子に殴られた」と通報がありました。警察などが駆け付けたところ、この家に住む又吉禮子さん(79)が胸を数カ所刺されて血を流して倒れているのが見つかりました。又吉さんは心肺停止の状態で病院に搬送され、その後に死亡が確認されました。警察は現場にいた同居する息子の又吉泰之容疑者を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。  近隣住民:「息子さん(泰之容疑者)がよく怒鳴って外に出てきて、ブロック塀とかを蹴り飛ばしたりとかはあって」  泰之容疑者は胸などを自分で刺してけがをしていますが、命に別状はないということです。警察は容疑を殺人に切り替え、泰之容疑者の回復を待って犯行の動機などを調べることにしています。
車で突っ込みシャッター破壊 時計など盗み犯人逃走
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 車で突っ込みシャッター破壊 時計など盗み犯人逃走  16日未明、名古屋市中区にある中古品買い取り販売店に車が突っ込んでシャッターが壊され、時計など約20万円相当が盗まれました。  午前2時すぎ、中区大須3丁目にある時計や宝飾品の中古品買い取り販売店にワゴン車が突っ込んでシャッターを壊しました。警察によりますと、その後に何者かが店内に侵入し、置き時計など約20万円相当を盗みました。当時、店は無人だったため、けが人はいませんでした。  近隣住民:「ドカン、ドカン、ガシャンみたいな大きな衝突音とか壊れるような音が聞こえてきたので。ガッシャン、ガッシャンと何度もシャッターにぶつかっているような」  警察は窃盗事件として捜査を進めています。
皇居で歌会始の儀 お題は「望」 高校生の入選作も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 皇居で歌会始の儀 お題は「望」 高校生の入選作も  皇居では令和になって初めてとなる「歌会始の儀」が行われました。一般から入選した和歌のほか、両陛下の作品が披露されました。  今年のお題は「望」で、全国から寄せられた約1万5000首から選ばれた10首と両陛下や皇族の和歌が披露されました。天皇陛下は「学舎に ひびかふ子らの 弾む声 さやけくあれと ひたすら望む」と子どもたちの将来が明るくなってほしいと願う気持ちを詠まれました。両陛下は即位後、都内の保育園を訪れて子どもたちが元気に遊ぶ姿をご覧になるなど、これまで施設や学校などを度々、訪問されています。一般の入選者の最年少は新潟県の高校生・篠田朱里さん(17)でした。
【関東天気】あす低気圧が接近 雨や雪はいつ降る?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【関東天気】あす低気圧が接近 雨や雪はいつ降る?  きょうの「633天気」はこちら、「あす低気圧が接近 雨や雪はいつ降る?」です。
大津園児死傷事故 被告の女に対する判決を延期
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大津園児死傷事故 被告の女に対する判決を延期  大津市で園児ら16人が死傷した事故の裁判で、大津地裁は16日に予定されていた新立文子被告に対する判決を延期することを決めました。
タイ拠点の詐欺事件 新たに主犯格2人を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 タイ拠点の詐欺事件 新たに主犯格2人を逮捕  タイのアジトを拠点にしていた日本人グループによる振り込め詐欺事件で、このグループによる犯行全体を指示していたリーダーの男とナンバー2の男を警視庁が逮捕しました。  16日に逮捕されたのは安武健吾容疑者(36)と平田晋平容疑者(34)です。2人は去年3月、福井市に住む女性に嘘のメールを送り、電子マネー78万円相当をだまし取った疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、安武容疑者らはタイを拠点に不特定多数の相手から電子マネーなどをだまし取ることを目的とする詐欺グループのリーダーとナンバー2で、かけ子や受け子、現金の換金役などへ指示をしていたとみられています。この事件ではすでに26人が逮捕されていて、警視庁は被害の全容解明を進めています。
“世界一美しいカメ”盗まれる 1匹が150万円相当
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “世界一美しいカメ”盗まれる 1匹が150万円相当  静岡市駿河区にある爬虫(はちゅう)類の卸売り会社から「世界一美しいカメ」とも言われる150万円相当の貴重なカメが盗まれたことが分かりました。  爬虫類などを輸入・販売しているレップジャパンによりますと、盗まれたのは1匹150万円するという体長8センチほどのホウシャガメです。去年11月18日午後、飼育ケースに入れていたホウシャガメ10匹のうち1匹がいなくなったことに関係者が気付きました。ケースは側面が高さ約20センチあり、カメが自ら逃げる可能性が極めて低いことから盗まれたと判断して警察に被害届を出しました。ホウシャガメはアフリカ・マダガスカル原産の陸ガメで、愛好家の間では世界一美しいカメと言われるほど人気だということです。
女優の石原さとみさん 聖火リレー観覧を呼びかけ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 女優の石原さとみさん 聖火リレー観覧を呼びかけ  東京オリンピックの聖火リレーを「直接、見てほしい」と呼び掛けました。  16日午前、東京・世田谷区の小学校を訪れた女優の石原さとみさんは聖火のトーチを掲げて全校児童の前に登場しました。聖火リレーにちなむクイズを出すなど児童らと交流した石原さんは「直接、聖火リレーを見てもらいたい」と呼び掛けました。また、5月に長崎県の聖火リレーに参加する石原さんは「世界の皆さんの平和を願う気持ちを受け止めながら走りたい」と抱負を述べました。オリンピックの聖火リレーは3月26日に福島県からスタートします。
違法パチスロ店の店員に刃物 200万円奪ったか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 違法パチスロ店の店員に刃物 200万円奪ったか  違法パチスロ店に押し入り、現金約200万円を奪ったとして逮捕されました。  吉野行成容疑者(30)は去年9月、東京・池袋の違法パチスロ店に押し入り、店員に包丁を突き付けて「バッグに金を入れろ」と脅し、売上金約200万円を奪った疑いが持たれています。この事件では、実行役の男ら4人がすでに逮捕・起訴されています。警視庁によりますと、吉野容疑者は主犯格とみられ、4人とは客引きの仕事で知り合ったということです。取り調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めています。
3歳娘を平手打ちか…児相が保護 義理の父親を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 3歳娘を平手打ちか…児相が保護 義理の父親を逮捕  当時3歳の娘を平手打ちし、けがをさせたとして義理の父親が逮捕されました。  無職の岩瀬隆喜容疑者(39)は栃木県小山市の自宅で当時3歳の長女を平手で殴るなどし、全治2週間のけがをさせた疑いが持たれています。警察によりますと、去年10月に「心配な子どもがいる」と通報があり、警察官が岩瀬容疑者の自宅を訪問した際に頬が腫れた長女を見つけ、児童相談所と相談したうえで、その日のうちに保護したということです。取り調べに対して「去年夏ごろからたたいていた」「しつけのためにやった」と容疑を一部、否認しています。長女は妻の連れ子で、妻も暴行を加えた疑いがあり、警察が事情を聴いています。
雪不足で「雪中リンゴ」断念→ジュースとして販売へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 雪不足で「雪中リンゴ」断念→ジュースとして販売へ  雪不足によってこの時季恒例の「雪中リンゴ」を断念せざるを得ない状況になっています。  秋田市でリンゴを栽培している種沢果樹園では、雪不足によって毎年作っていた看板商品の雪中リンゴを今年は断念しました。雪中リンゴは低温で湿度が高く保たれる雪の中に1カ月間、リンゴを貯蔵することで水分量が多くなり、甘みが増します。雪が少ない年でも屋根の雪などを使ってきましたが、今年は屋根の上にさえ雪がないといいます。  種沢果樹園・伊藤敬一組合長:「贈答なんかでもだいぶ人気が出ていますので、良かったと思っていたんですがね。なかなかそうもいかないようです」  雪中リンゴ用に保管していた分の2トンは加工用に回し、リンゴジュースとして販売するそうです。
南下の必要なし?ハクチョウの飛来、過去30年で最少
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 南下の必要なし?ハクチョウの飛来、過去30年で最少  暖冬が影響しているのか、飛来するハクチョウの数がここ30年で一番少なくなっています。  ハクチョウの飛来地として知られる長野県安曇野市の犀川白鳥湖では、今シーズンの飛来数が「例年の数には程遠い」状態だといいます。ここ数年、1000羽を超えた年もあるそうですが、16日はわずか243羽。この時期としては過去30年で最も少ないといい、原因は暖冬とみられます。  アルプス白鳥の会・会田仁さん:「鳥たちは餌(えさ)を十分に食べられれば南下してこなくても、無駄な労力を使わなくても餌が食べられれば良い」
「何倍も稼げると…」不法に働くため学生証偽造か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「何倍も稼げると…」不法に働くため学生証偽造か  「ベトナムの何倍も稼げると誘われた」と供述しています。  ベトナム人のグエン・ミン・チェン容疑者(23)は去年9月、神奈川県にある運送会社で不法に働くために専門学校の学生証を偽造した疑いが持たれています。警視庁によりますと、グエン容疑者は去年2月に留学生として来日しましたが、学校には通っていませんでした。グエン容疑者はベトナム人5人と一緒に神奈川県相模原市のマンションの一室で暮らしていて、同居人の紹介で学生証を偽造したということです。
“立てこもり”男が侵入する瞬間映像 右手に包丁
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “立てこもり”男が侵入する瞬間映像 右手に包丁  女性を人質にして18時間立てこもった男が建物に入る瞬間の映像を入手しました。  中尾懐聖容疑者(23)とみられる男が黒いリュックを背負い、大きな袋を持って事務所に入ってきます。男は右手に大きな包丁を持ったまま事務所の中を歩き回り、人質の女性と一緒に1階の窓のブラインドを閉じました。この後、18時間にわたって立てこもりが続くことになります。  上田広美社長:「飲食は何らかを食べたり、飲んだりした形跡がありました。お手洗いは使っていたみたいですね。誰にもけががなくて無事、解放してもらったことが何より」  別の会社関係者によりますと、中尾容疑者は大量のパンや菓子を持ち込んでいて、人質の女性に「自由に食べていい」と話していたということです。
“新型コロナ”国内で感染者 観光地に不安の声
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “新型コロナ”国内で感染者 観光地に不安の声  国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されました。中国から多くの人が訪れる観光地では不安の声が上がり始めています。  外国人観光客が多い浅草のお店では…。  浅草花月堂・山本隼太さん:「浅草って結構、外国人がだいたい8割方になってきて、結構、たくさんの方が来てくれるので、そう思うと来てほしい半面、怖い半面という。マスクしたりとか対策した方が良いのかなと」  東京力車雷門店・梅原誠太さん:「自分が感染してしまうことと、感染を恐れて海外からの観光客が減ってしまうことがかなり怖いですね」  厚労省・日下英司課長:「検査をしましたところ、新型のコロナウイルスの陽性の結果が出ました」  感染が確認されたのは中国・武漢から6日に帰ってきた神奈川県に住む30代の中国人男性。複数の患者が関係している海鮮市場には立ち寄っていないと話していて、厚労省は肺炎患者と濃厚接触した可能性があるとしています。男性は症状が軽くなり、すでに退院しているそうです。市民の間にも不安が広がりますが、厚労省は対策に関して…。  厚労省・日下英司課長:「通常の生活をされている方へのリスクは極めて低いと現時点では考えている。一般的な感染症対策をしっかりやって頂いて、過剰な心配をしない」
「6秒やり過ごせば…」“怒り心頭”を抑制する術
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「6秒やり過ごせば…」“怒り心頭”を抑制する術  暴言によって謝罪に追い込まれた兵庫県明石市の市長が怒りをコントロールする講習を受けていることを明かしました。山崎アナウンサーがこの講習を体験しました。  新年会で市議に対する暴言が明らかになった明石市の泉房穂市長。謝罪会見でこんな事実を明かしました。  明石市役所・泉房穂市長:「“アンガーマネジメント”を受講したり、本を読んだりし続けている」  アンガーマネジメントとは、一体、どのようなものなのでしょうか。  日本アンガーマネジメント協会・戸田久実理事:「怒りと上手に付き合うための心理トレーニング。怒りに任せた衝動的な行動をしないようにする」  パワハラなどが社会問題化される今、下は5歳から、延べ20万人が受講しています。  日本アンガーマネジメント協会・戸田久実理事:「怒りのピークは長くても6秒。6秒やり過ごせば強い怒りでも衝動的な行動はしなくなる」  怒りが収まる6秒がポイントです。その間に意識を他に向けさせることが重要だといいます。  日本アンガーマネジメント協会・戸田久実理事:「カウントバック。数を数える方法。300から6ずつ引き算して頂けます?」  計算をすることで意識を他に向けたり、心が落ち着くフレーズを唱えたりするコーピングマントラ法も。他にもその怒りを10段階で数値化し、客観視することで、脳の働きを怒りに集中させないことも効果的です。  日本アンガーマネジメント協会・戸田久実理事:「怒りと上手に付き合えて怒りで後悔しないようになります。自分が生きやすくなる」
台風被害を乗り越えて…「イチゴの日」に農家は笑顔
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風被害を乗り越えて…「イチゴの日」に農家は笑顔  台風19号による冠水被害に遭いながらも必死の作業でイチゴの収穫にこぎつけた農家の姿を追いました。  茨城県常陸大宮市の道の駅。15日はイチゴの日とあって7種類のイチゴが出そろい、なんとも華やかです。旬のブランドイチゴが1パック600円。5の付く日は試食も楽しめます。今年は量が少ないものの品質はばっちり。イチゴ農家の都竹友美さん(41)にとってイチゴの日は待望の1日でした。  実は、去年の台風19号で都竹さんの農園は21あるビニールハウスがすべて一時、泥水につかりました。しかし、被災直後からたくさんのボランティアに助けられ、何度も何度も泥を洗い出し、同級生からの支援にも勇気付けられました。そして、なんとか収穫までこぎつけたのです。  直売所では初日から常連客が爆買い。しかし、その一方で、復旧からはほど遠い現実があるといいます。本来であれば来シーズンの苗の準備が終わっているはずのビニールハウスはいまだ泥だらけ。被災地はまだまだ支援を必要としています。
新型ウイルスの日本初上陸 厚生労働省の見解は?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型ウイルスの日本初上陸 厚生労働省の見解は?  中国の武漢で発生していた肺炎の原因とみられる新型コロナウイルスに感染した患者が日本国内でも確認されました。厚生労働省は冷静な対応を呼び掛けています。厚労省前から報告です。  (岩本京子記者報告)  (Q.解熱剤を使って熱が低い状態で入国している。盲点だったと思うが、厚労省はどう受け止めているのか?)  会見を受けて改めて厚労省内を取材をしたところ、ある幹部は「武漢は成田空港に発着する直行便があるので、警戒はしていたけれども防ぎきれなかった」と話しました。男性は解熱剤を飲んだ状態で検疫を通過したわけですが、これについては「予想していなかった」と驚いていて、「今後も人の往来は増える一方なので、ヒトからヒトへの感染の可能性が低くても安心はできない」と話していました。来週には春節を控え、多くの中国人が日本に来ることが予想されています。16日の会見では、この新型コロナウイルスについて「詳しい特性はまだ分かっていない」としたうえで、「もし感染した場合、インフルエンザウイルスよりは重症になる危険度は高いが、SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)ほどではないと推測される」とのことでした。今後は疫学調査を行って、このウイルスの特性や感染拡大のリスクがどの程度あるかを早急に調べるということです。厚労省は「手洗いやうがいなどをして対策を取るほか、過剰な心配はしないでほしい」と冷静な対応を呼び掛けています。
撤去命令を無視…プラスチックごみを山中に廃棄か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 撤去命令を無視…プラスチックごみを山中に廃棄か  中国がプラスチックごみの輸入を禁止したため、処分に困っていたとみられます。  廃棄物処理会社の社長・玉川光一容疑者(32)はプラスチックごみなどを千葉県木更津市内の山中に山積みにし、県からの再三の撤去命令を無視した廃棄物処理法違反の疑いが持たれています。警察によりますと、玉川容疑者は以前からプラスチックごみを中国に輸出していました。しかし、3年前に中国がプラスチックごみの輸入を禁止したため、警察は玉川容疑者が処分に困っていたとみています。取り調べに対し、容疑を否認しているということです。
工事用塗料かかり児童ら9人搬送 大阪・住之江区
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 工事用塗料かかり児童ら9人搬送 大阪・住之江区  16日午後3時40分ごろ、大阪市住之江区の加賀屋小学校で工事中に塗料が落下し、児童8人と成人女性1人、合わせて9人が病院に搬送されました。全員軽症とみられています。  午後3時40分ごろ、住之江区にある加賀屋小学校の男性教頭から「工事用のシンナーが子どもに掛かってけがをしている」と119番通報がありました。警察と消防によりますと、外壁の塗装工事中に「プライマー」と呼ばれる塗料が落下し、男子児童8人と成人女性1人に掛かりました。うち児童2人には肌に直接掛かりましたが、すぐに教師が洗い流して9人とも軽症とみられています。
旧優生保護法裁判 原告男性「国は心から謝罪を」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 旧優生保護法裁判 原告男性「国は心から謝罪を」  旧優生保護法に基づく強制不妊手術を巡って被害者の男性が国に損害賠償を求めている裁判で、男性本人の尋問が行われて「国は心から謝罪してほしい」と訴えました。  東京都内に住む76歳の北三郎さん(仮名)は児童自立支援施設に入所していた14歳の時に不妊手術を強制されたとして、国を相手取って3000万円の賠償を求めています。16日の裁判では北さんが手術を受けさせられた経緯などを問われ、「悪いところがあるかもしれないから病院に行こうと言われた」「手術の後は痛みで歩ける状態ではなかった」と証言しました。また、「人に知られれば差別されるので言えなかった」「手術がなければ妻との間に子どもができ、幸せになっていたと思う」と話しました。そのうえで、「国は心から謝罪し、私たちに向き合ってもらいたい」「私たちの苦しみを分かってもらいたい」と訴えました。
沖縄県本島北部で震度4
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 沖縄県本島北部で震度4  午後6時36分ごろに沖縄県本島北部で震度4の地震がありました。  震源地は沖縄本島近海で、地震の規模(マグニチュード)は4.2と推定されます。  この地震による津波の心配はありません。
奈良高1女子不明 未成年者誘拐の疑いで姉ら3人逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 奈良高1女子不明 未成年者誘拐の疑いで姉ら3人逮捕  9日から行方が分からなくなっていた奈良県に住む女子高校生が無事に保護された事件で、警察は女子高校生の21歳の姉と24歳の女、それに30歳の男を未成年者誘拐の疑いで逮捕しました。
東京五輪選手らの移動用の専用レーン検討 警察庁
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京五輪選手らの移動用の専用レーン検討 警察庁  警察庁は東京オリンピック・パラリンピックの開催期間を中心に、選手らの移動などに使う車の専用レーンを検討していることを明らかにしました。  警察庁によりますと、検討中の案では大会前後の7月1日から9月30日まで選手の移動などに使われる大会の関係車両だけが通行できるレーンが設けられます。このほか、一般の車両も走れますが、大会の関係車両を優先しなければならないレーンを作ることも検討されています。これらは特に混雑が予想される競技会場周辺で設置される予定です。違反者は道路交通法の通行帯違反になるということです。
散歩中の男性襲撃 中3男子ら少年3人逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 散歩中の男性襲撃 中3男子ら少年3人逮捕  神奈川県相模原市で男性(59)が複数の男に棒のようなもので殴られて現金を奪われた事件で、中学3年の生徒(15)ら少年3人が逮捕されました。  相模原市立の中学3年の男子生徒と18歳と19歳の少年は5日、相模原市の路上で散歩をしていた男性を棒のようなもので殴り、約2万5000円が入った財布を奪った疑いが持たれています。男性は左腕の骨を折る重傷です。警察によりますと、少年らは遊び仲間で、現場からレンタカーで逃走していて、防犯カメラの映像などから関与が浮上しました。1人は容疑を認め、2人は否認しています。この事件の直前には約2キロ離れた路上でも男子大学生が現金約2万円を奪われる強盗事件が起きていて、警察は3人の犯行とみて調べています。
奈良少女誘拐 姉ら逮捕 逮捕前「会ってもいない」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 奈良少女誘拐 姉ら逮捕 逮捕前「会ってもいない」  9日から行方が分からなくなっていた奈良県の16歳の少女が16日に保護され、少女の姉ら男女3人が未成年者誘拐の疑いで逮捕されました。  逮捕されたのは少女が保護された東大阪市の住宅に住む少女の姉(21)と同居している女(24)、2人の知人で和歌山市に住む男(30)の3人です。少女は9日、付き添いの女性2人と奈良県葛城市の病院を訪れた際、「トイレに行く」と言って行方が分からなくなっていました。警察によりますと、3人は少女からの連絡を受けてレンタカーで東大阪市に連れ去りました。翌10日に警察が尋ねた際、「会ってもいないし、来てもいない」などと話していましたが、現在は3人とも容疑を認めています。少女は警察に対し、「今の生活が嫌だった」という趣旨の説明をしているということです。
硫黄島で戦没者追悼式 遺族高齢化で新たな課題
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 硫黄島で戦没者追悼式 遺族高齢化で新たな課題  太平洋戦争で約2万人の日本兵が亡くなった硫黄島で戦没者追悼式が行われました。  戦後75年となる今年、東京都主催の追悼式には都内に住む遺族54人が参列しました。  祖父を亡くした岩井一芳さん:「初めてこうやって来て、祖父のことを身近に感じられたなあときょうは思いました。本当に来て良かったと思っています」  遺族らは戦没者が埋葬されている場所で冥福を祈り、平和の大切さを訴えました。追悼式に参列できる親族の範囲は戦没者の孫、それにおいとめいまでと決められていますが、遺族の高齢化が進むなかで、さらに若い世代まで広げることが検討されています。
阪神淡路大震災から25年 記憶と教訓を次世代へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 阪神淡路大震災から25年 記憶と教訓を次世代へ  6434人が亡くなった阪神淡路大震災から17日で25年です。被災地は朝から鎮魂の祈りに包まれています。  (古川昌希アナウンサー報告)  竹灯籠(どうろう)の揺らぐ炎で形作られた文字は「きざむ」。神戸市の中心部、東遊園地には早朝から多くの人が追悼に訪れています。  息子を亡くした男性(77):「25年経ってもいまだに私の苦しみ、悲しみ、心の傷は消すことができない」  同級生を亡くした女性(53):「あの時の恐怖というのは本当に何とも言えない。(若い人たちには)生きたくても生きられない人がいることを忘れずに自分の命を大事にしていってほしい」  四半世紀が経ち、被災者の皆さんの経験や記憶をどのように次の世代に刻むのか、これからを生きていく私たち一人ひとりが課題として向き合う必要があると感じます。
肺炎の男性が濃厚接触 中国の家族も感染
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 肺炎の男性が濃厚接触 中国の家族も感染  中国で発症が相次ぐ新型のコロナウイルスが原因とみられる肺炎が日本でも確認された問題で、感染した男性の中国にいる家族が同じ肺炎にかかり、男性と濃厚接触していたことが分かりました。  厚生労働省は中国の武漢から入国した神奈川県に住む30代の中国人の男性が新型のコロナウイルスに感染し、肺炎を発症していたと発表しました。厚労省の関係者によりますと、武漢にいる男性の家族も同じ肺炎にかかっていたことが分かりました。男性は武漢に滞在中、家族と一緒に生活するなど濃厚接触をしていて、厚労省は男性が家族から感染した疑いがあるとみています。一方で、男性が日本に戻った後、周囲で感染が確認された人はおらず、厚労省は今のところ、感染が広がるリスクは低いとみています。
「自首して下さい」小4男児ひき逃げ母親が訴え
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「自首して下さい」小4男児ひき逃げ母親が訴え  埼玉県熊谷市でひき逃げされて死亡した小学4年の男の子の母親がラジオ番組に出演し、事件の解決につながる情報を求めるとともに犯人に自首するよう呼び掛けました。  息子を亡くした母親:「情報提供あっての犯人逮捕だと思っている」  2009年、熊谷市で当時小学4年の小関孝徳君(10)が塾の帰りにひき逃げされて死亡しました。犯人は今も捕まっていません。今月16日、孝徳君の母親が地元FM局の番組に出演して情報提供を呼び掛けるとともに、犯人に向けて手紙を読み上げました。  息子を亡くした母親:「事故から10年、逃げ続けています。今からでも遅くないので、自首して下さい」  当初、この事件の時効は去年9月でしたが、直前に過失運転致死罪から危険運転致死罪に罪名が変更されて捜査が続いています。