「堀口ミイナ」の検索結果

「堀口ミイナ」に関する情報は見つかりませんでした。
「堀口」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第78期 順位戦 C級1組 第2回戦 堀口一史座七段 対 藤井聡太七段
名人戦・順位戦 第78期 順位戦 C級1組 第2回戦 堀口一史座七段 対 藤井聡太七段 絶対に負けられない戦い、藤井聡太七段の順位戦!昨年度は1敗で昇級できず涙を飲んだ藤井聡太七段。全10戦行い本戦が2回戦だ。もちろん1回でも負ければ昇級の可能性が一気になくなる恐ろしいリーグ戦!その先には名人挑戦が待っている。藤井聡太七段の名人挑戦へ向けて一瞬たりとも目が離せない! 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年7月2日に放送された番組です
第13回朝日杯 堀口一史座七段 対 増田康宏六段
独占!!第13回朝日杯将棋オープン戦 第13回朝日杯 堀口一史座七段 対 増田康宏六段 本大会の優勝者は特別協力AbemaTVからの副賞金が贈られます!副賞金は応援機能で集まった応援資金の一部から贈られます。対局棋士を応援して朝日杯を盛り上げよう! 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。
【天心 独占取材】井上尚弥・堀口恭司と「格闘界のアスリート同士で切磋琢磨したい」
那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円 【天心 独占取材】井上尚弥・堀口恭司と「格闘界のアスリート同士で切磋琢磨したい」 AbemaTV3周年記念 特別企画 那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円 那須川天心の新たなる挑戦が始まる! 果たして、那須川天心を倒すやつは現れるのか!? 日本格闘界新時代の幕開けを見逃すな!

おすすめの作品

#02 私を信じて
はるかなレシーブ #02 私を信じて 何も知らずに成美&彩紗ペアとの再戦を約束した遥。しかし、彼女たちは全国チャンピオンだった。1週間後の再戦に向け、遥は経験者のかなたからビーチバレーの特訓を受ける。
#04 私達にぴったりだと思わない?
はるかなレシーブ #04 私達にぴったりだと思わない? ビーチバレー大会へ参加することにした遥たち。大会へ向けて練習を重ねる中、遥はかなたに早く追いつきたいと感じる。そこで、かなたには秘密で、紅愛と一緒に特訓を始める。
#05 アンタの心が折れるまで
はるかなレシーブ #05 アンタの心が折れるまで ビーチバレー大会が始まった。遥&かなたペアの初戦の相手は、水着を取り合った相手、愛衣&舞ペアだ。リベンジマッチと意気込む遥。だが、舞たちにも負けられない理由があった。
#06 折れないよ、私は
はるかなレシーブ #06 折れないよ、私は 1セット目を先取した遥&かなたペアが、2セット目で苦戦を強いられる。早々に1回戦を勝ち抜けた紅愛&恵美理や祖母のソラが見守る中、遥は何度もブロックに挑戦するが……。
#07 もう友達でしょ
はるかなレシーブ #07 もう友達でしょ ビーチバレー支部に入部希望のあかりがやってきた。彼女はアイドル並みの人気を誇る成美&彩紗ペアのようになりたいと話すが、そこには彼女なりの、ある理由が隠されていた。
#08 約束守ってみせるから
はるかなレシーブ #08 約束守ってみせるから 紅愛と恵美理の母でプロコーチのマリッサが、遥たちを指導してくれることに。さっそくマリッサのスパルタ特訓を受けた遥&かなたは、改めてペアとして大切なことに気づく。
#09 これが私の気持ちです
はるかなレシーブ #09 これが私の気持ちです 全国大会への出場枠が1枠となり、遥&かなた、紅愛&恵美理のどちらかしか全国にいけないことに。あかりはそのことをいち早く知り、先輩たちにどう伝えるべきか悩んでしまう。
#10 アタシが戦いたかったのは
はるかなレシーブ #10 アタシが戦いたかったのは 沖縄予選決勝戦、遥&かなたと紅愛&恵美理の直接対決が始まった。実績で上回る紅愛&恵美理が優勢となる中、恵美理の脳裏に、攻撃を姉任せにしていた幼い頃の記憶が蘇る。
#11 ここまできたら真っ向勝負
はるかなレシーブ #11 ここまできたら真っ向勝負 決勝戦2セット目、かなたの目を見た紅愛は、ジュニア大会で、かなた&成美ペアに敗れたときのことを思い出していた。かなたの目にそのときと同じ力強さが戻っていたからだ。
#12 だから私たちは、かけがえのない一人を選ぶ
はるかなレシーブ #12 だから私たちは、かけがえのない一人を選ぶ 決勝戦最終セット。遥&かなたペアがマッチポイントを迎えた場面で、遥の渾身のジャンプドライブサーブが放たれた! 果たして全国への切符を手にするのはどちらのペアか!?