「堀口ミイナ」の検索結果

「堀口ミイナ」に関する情報は見つかりませんでした。
「堀口」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第78期 順位戦 C級1組 第2回戦 堀口一史座七段 対 藤井聡太七段
名人戦・順位戦 第78期 順位戦 C級1組 第2回戦 堀口一史座七段 対 藤井聡太七段 絶対に負けられない戦い、藤井聡太七段の順位戦!昨年度は1敗で昇級できず涙を飲んだ藤井聡太七段。全10戦行い本戦が2回戦だ。もちろん1回でも負ければ昇級の可能性が一気になくなる恐ろしいリーグ戦!その先には名人挑戦が待っている。藤井聡太七段の名人挑戦へ向けて一瞬たりとも目が離せない! 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年7月2日に放送された番組です
第13回朝日杯 堀口一史座七段 対 増田康宏六段
独占!!第13回朝日杯将棋オープン戦 第13回朝日杯 堀口一史座七段 対 増田康宏六段 本大会の優勝者は特別協力AbemaTVからの副賞金が贈られます!副賞金は応援機能で集まった応援資金の一部から贈られます。対局棋士を応援して朝日杯を盛り上げよう! 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。
【天心 独占取材】井上尚弥・堀口恭司と「格闘界のアスリート同士で切磋琢磨したい」
那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円 【天心 独占取材】井上尚弥・堀口恭司と「格闘界のアスリート同士で切磋琢磨したい」 AbemaTV3周年記念 特別企画 那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円 那須川天心の新たなる挑戦が始まる! 果たして、那須川天心を倒すやつは現れるのか!? 日本格闘界新時代の幕開けを見逃すな!

おすすめの作品

カジノ管理委発足 「IR疑獄でなぜ強行」野党が反発
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 カジノ管理委発足 「IR疑獄でなぜ強行」野党が反発  カジノを含むIR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件が発覚するなか、7日にカジノ運営事業者を監督する「カジノ管理委員会」を政府が発足させました。野党は反発を強め、事業の中止を求めています。  国民民主党・原口国対委員長:「これ、もうIR疑獄という状況を呈してきました。カジノ管理委員会、きょう、強行するのでしょうか。力を合わせて追及を進めていきたい」  7日に発足したカジノ管理委員会は、カジノ運営に必要な免許を与えたり取り消したりする権限を持っています。野党側は、その管理委員会のメンバーがカジノ事業者から働き掛けがあってはならないと問いただしました。政府側は接触を禁止する「明確な規定はない」としたうえで、対応を管理委員会に委ねる考えを示しました。野党側はIR事業を巡る汚職事件の全容解明がなされていないなかでカジノを進めるべきではないとして、通常国会で廃止法案を提出する方針です。
事業者の審査など行う「カジノ管理委員会」が初会合
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 事業者の審査など行う「カジノ管理委員会」が初会合  カジノ事業者の審査や監督を行う「カジノ管理委員会」が初めて会合を開きました。  カジノ管理委員会・北村道夫委員長:「健全な運営の確保を図れるよう、カジノ管理委員会の使命と倫理をしっかりと果たしたい」  カジノ管理委員会は事業者への免許の交付や取り消しなどを行う組織で、事業者を規制するルール作りを担います。IR(統合型リゾート)を巡っては国会議員の汚職事件が発覚していますが、政府は予定通りIRの整備に向けた準備を進め、今月中にも誘致する自治体を選ぶ際の基準となる基本方針を公表する方針です。
この緊張下に信じられない…自衛隊の派遣中止要請へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 この緊張下に信じられない…自衛隊の派遣中止要請へ  中東情勢の緊迫化を受け、野党は自衛隊の中東派遣の中止を政府側に求めることで一致しました。  立憲民主党・安住国対委員長:「戦闘状態に近い状態まで緊張が高まっているという認識でありますので、こんななかに自衛隊の艦艇をですね、1隻派遣して調査をするという感覚はちょっと信じられないなと思っております」  立憲民主党や国民民主党などの野党幹部が会談し、政府側に中東情勢の説明や自衛隊派遣の中止を求めていくことで一致しました。また、カジノを含むIR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件を受け、カジノをやめさせる運動を展開していきたいとし、20日に召集される予定の通常国会の冒頭にカジノ廃止法案を提出することで一致しました。野党は「桜を見る会」、カジノ、中東の3本柱で政府を追及していく考えです。
子年は“政変の年” 桜とIR汚職で安倍政権は?
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 子年は“政変の年” 桜とIR汚職で安倍政権は?  子(ね)年は歴代の政権にとってはこれまで政変が起きる鬼門となっています。IR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件が発覚するなか、7日に政府は「カジノ管理委員会」を発足させました。野党は反発を強めています。  国民民主党・原口国対委員長:「これはもうIR疑獄という状況を呈してきました。(野党で)力を合わせて追及していきたい」  年始早々、野党が追及しているのはカジノ誘致問題です。内閣府などの関係省庁にヒアリングを行いました。カジノを含む統合型リゾート事業を巡る汚職事件で、秋元司容疑者(48)が収賄容疑で逮捕されています。また、下地幹郎衆議院議員が100万円を受け取り、他4人の議員が現金の受け取りを否定するなど事件は拡大を続け、捜査が行われています。そんななか…。  武田内閣府特命担当大臣:「今後、カジノ管理委員会が委員長、委員のもと、その使命と任務をしっかりと果たして頂くことを期待したいと思います」  施設を運営する事業者の審査などを行うカジノ管理委員会を当初の予定通り7日に発足させました。IRの整備を着々と進めている安倍政権。これに対し、野党はIRを巡る汚職事件だけでなく「桜を見る会」の問題の2本柱で徹底追及していく考えです。安倍政権にとって大きな問題を抱えたままの2020年の船出。  過去を振り返ると、ねずみ年は政変の年でした。1960年には岸信介総理が日米安全保障条約を巡り、いわゆる安保闘争の混乱の責任を取って辞任。12年後の1972年には佐藤栄作総理が7年8カ月の長期…
“ハマのドン”IR汚職事件、反対派には「追い風だ」
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “ハマのドン”IR汚職事件、反対派には「追い風だ」  カジノ汚職事件は反対派には追い風だと語りました。  横浜港運協会・藤木幸夫会長:「反対反対って生きているから反対できる。死んだら反対できないもんな。でも、死んでも反対するよ」「(Q.逮捕者が出たIR(統合型リゾート)汚職事件についは?)私たちには追い風でしょ」  カジノを巡る汚職事件の発覚後、初めて“ハマのドン”こと横浜港運協会の藤木会長が取材に応じました。「ダメなものはダメ。人間としてダメなものだ」と横浜市がカジノを含む統合型リゾート事業の誘致を目指すことに改めて反対の考えを示し、市側との対決姿勢を強調しました。
“IR”で攻めたいが…立憲・国民は合流巡りガタガタ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 “IR”で攻めたいが…立憲・国民は合流巡りガタガタ  IR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件が発覚するなか、7日に政府は「カジノ管理委員会」を発足させました。このIR疑惑などを野党は今後、国会でどう攻めていくのでしょうか。  (岡香織記者報告)  野党側は「成長戦略として進めてきた安倍政権の姿勢が問われている」として、徹底追及する考えです。7日の追及本部では管理委員会のメンバーとカジノ業者の接触を禁止する明確なルールがないことが分かりました。業者のロビー活動が今回のような汚職事件につながりかねず、事件の全容解明がされないなかで進めるべきではないと、カジノを廃止するための法案を提出する考えです。ただ、一気呵成に攻め込めるはずの野党も前途多難です。合流に向けた協議では吸収合併を目指す立憲民主党の枝野代表に対し、国民民主党の玉木代表は「新党にするべきだ」と意見が対立しています。さらに、立憲幹部は「党名や人事、政策は譲らない」と話していて、折り合える見通しは立っていません。ある立憲議員からは「対立が表面化するくらいなら、統一会派だけにしておけばよかった」という声も上がっています。野党が一枚岩になれば安倍政権下での最大のチャンスだと見る向きもありますが、野党の合流協議は決裂する可能性も出てきています。
政府、IR実現へ準備「カジノを悪と決めつけは暴論」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 政府、IR実現へ準備「カジノを悪と決めつけは暴論」  IR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件が発覚するなか、7日に政府は「カジノ管理委員会」を発足させました。野党は反発を強めています。政府は追及を受けているIR疑惑をどう乗り切るのでしょうか。  (安間由太記者報告)  安倍政権としては複数の自民党議員が捜査の対象になってはいるものの、これはあくまで議員個人の問題だというスタンスで、政権を揺るがすような事態とは捉えていません。菅官房長官は7日の会見で「できるだけ早期にIRを実現できるよう準備を進めていきたい」と、これまでと変わらない姿勢を示しました。また、ある政府高官は「国会議員が汚職事件に関わるのは論外だが、それをもってカジノそのものを悪だと決め付けるのは暴論だ」と野党側を牽制(けんせい)しました。ただ、こうした姿勢は警戒感の表れともいえそうです。IRは安倍政権が成長戦略の起爆剤と位置付けた看板制作の一つです。それが疑惑によって方針変更を余儀なくされる事態は避けたいのが本音です。必要な説明は尽くしたうえで、計画通り事業を進めていくことで政権は一切、関与していないということを示す狙いもありそうです。
第72話 赤か黒か!?
笑ゥせぇるすまん(89~93年)【デジタルリマスター版】 第72話 赤か黒か!? 喪黒はギャンブル好きのカメラマン・筧(35)を一度だけの約束で秘密のカジノに連れていく。そこで大勝ちした筧はその時の快感が忘れられず、ポケットにあったチップを見つけ、喪黒との約束を破り再びカジノへ行ってしまう…。
#50 ゲストに井川意高氏を迎えカジノや税金についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下 #50 ゲストに井川意高氏を迎えカジノや税金についてほろ酔いトーク! 今回のゲストは大王製紙元会長の井川意高さん! 経費と私的利用の線引きに関して橋下さんの見解とは? また100億以上負けた経験がある井川さんが語るカジノトークは必見! そして意外な共通点!車好きの二人の愛車自慢が炸裂! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式アカウント @abemanews_barHT
IR汚職の中国企業側と千葉市長が2度面会
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 IR汚職の中国企業側と千葉市長が2度面会  カジノを含むIR(統合型リゾート)を巡る汚職事件に関連して誘致を検討していた千葉市の市長が贈賄容疑が持たれている中国企業側と2度、面会していたことが分かりました。  千葉市によりますと、熊谷俊人市長は幹部と一緒に去年1月8日と18日、IR汚職を巡って事務所の家宅捜索を受けた自民党の白須賀貴樹議員の紹介で贈賄容疑が持たれている「500ドットコム」側と2度、面会したということです。面会には500ドットコム側が紹介したシンガポールのカジノ事業者も同席していました。  千葉市IR担当課:「(金銭の授受について)当然、それだけの人数のいる前ですし、市長は『当然、そんなことはない』と申しておりました」  熊谷市長は7日に誘致の見送りを表明した際、「私的な交流はなかった。判断は汚職事件と関係ない」と話しています。