「報復関税」の検索結果

「報復関税」に関する情報は見つかりませんでした。
「報復」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

イランが報復攻撃 軍事アナリスト小川和久氏が解説
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが報復攻撃 軍事アナリスト小川和久氏が解説  イランがイラクの駐留米軍に弾道ミサイルで報復攻撃。アメリカとイランは今後、どうなるのでしょうか。静岡県立大学特任教授で軍事アナリストの小川和久氏が解説します。  小川和久氏:「イランのソレイマニ司令官の殺害を受け、イラン国民の反米感情が沸騰し、報復攻撃をせざるを得ない状況だった…」
イラン革命防衛隊がイラク国内の米軍駐留基地を攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン革命防衛隊がイラク国内の米軍駐留基地を攻撃  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊が司令官殺害の報復としてアメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃を行ったと伝えました。  イランの国営メディアは革命防衛隊がイラク国内にあるアルアサド空軍基地に向かってミサイルを発射したと伝え、この攻撃がアメリカ軍による革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害の報復としています。
イラン 12発超のミサイルで米軍駐留基地を攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イラン 12発超のミサイルで米軍駐留基地を攻撃  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊が司令官殺害の報復としてアメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃をしたと伝えました。  イランの国営メディアは、革命防衛隊がイラク国内にあるアメリカ軍が駐留するアルアサド空軍基地に向かってミサイルを発射したと伝えました。この攻撃がアメリカ軍による革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害の報復だとしています。アメリカのホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は攻撃の説明を受けて安全保障チームと協議をしているということです。
イランのミサイル攻撃受け トランプ大統領の反応は
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランのミサイル攻撃受け トランプ大統領の反応は  トランプ大統領は攻撃の報告を受けて対応を検討しています。ワシントンから報告です。  (布施哲記者報告)  トランプ大統領は1時間以上にわたって最新情勢の報告を受けていましたが、具体的な反応は特に見せていません。そして、今回の発射について、専門家の間からはこれまでよく使われてきたロケット弾ではなく、より強力な弾道ミサイルが使われたことでイランが対抗手段をエスカレートさせてきたという声が上がっています。そして、注目の今後のアメリカ側の出方ですが、トランプ大統領はこれまで「戦争は望まない」としながらも「イランが攻撃したら報復攻撃をする準備はできている」と繰り返し強調してきました。そのため、このまま何もしなければ「弱腰」だとの批判を受ける可能性があり、何らかの報復手段を取らざるを得ない状況に置かれています。ただ、その一方で、トランプ大統領が今回の件で記者会見を急きょキャンセルしたとの見方もあります。このまま何も発表がないということは、報復攻撃も当面ないのではないかと期待感が出ています。いずれにしてもこの事態をどう鎮静化させていくのか、そして、大統領選挙をにらんで政治的なポイントをどう上げていくのか、トランプ大統領はこの2つを両立させる決断を迫られています。
第23話「イルソクの報復」
TWO WEEKS 第23話「イルソクの報復」 ジェギョンとスンウはイルソクを逮捕するため彼の家に乗り込むが、イルソクはすでに姿を消していた。テサンにはめられたことを知ったイルソクは怒りに震える。イルソクを逃がしたと聞いたテサンは報復の危険を察し、スジンの手術を早めてもらおうと主治医に頼む。だが、警察内部のスパイがテサンの話をイルソクに流し...。
“世界大戦”懸念も…司令官殺害でイランが報復明言
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “世界大戦”懸念も…司令官殺害でイランが報復明言  年明け早々に不穏な事態です。アメリカがイランの司令官を殺害した件に絡み、イランの軍事顧問は直接的な報復攻撃を明言しました。事態の影響で日本でも株価が急落しています。  2020年の年明け、アメリカでは不吉な言葉が飛び交いました。アメリカのSNSでは「第3次世界大戦」という言葉が1位となりました。事の発端は、やはりこの人でした。  トランプ大統領:「昨夜、私の指示によりアメリカ軍が完璧な攻撃を実行した。世界で一番のテロリストを殺害した」  3日、アメリカ軍はドローンによる空爆でイランの「ナンバー2」とも言われるソレイマニ司令官らを殺害。殺害された司令官は過激派組織「イスラム国」掃討作戦で大きな役割を果たし、イランで英雄視されている人物です。戦時中ではない国、さらに、大統領の指示による要人の暗殺という攻撃にイランは猛反発しています。  イラン、デフガン軍事顧問:「この争いを終わらせることができるのは、アメリカが自ら与えた一撃に匹敵する攻撃を受けることだ」  イラン政府は無制限にウラン濃縮を進める方針を表明。事実上、核合意からの離脱とみられています。  一方、今年秋の大統領選へ強気の姿勢を見せるトランプ大統領も一歩も引く構えを見せず、報復の連鎖がエスカレートしかねない状況です。  中東の危機は対岸の火事ではありません。ドルが売られて円高が進み、輸出企業を中心に全面安となった日経平均株価は一時、500円以上値下がりしました。
イランが12発超の弾道ミサイル 米軍拠点を報復攻撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが12発超の弾道ミサイル 米軍拠点を報復攻撃  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地を弾道ミサイルで攻撃しました。少なくとも12発以上のミサイルが2カ所に撃ち込まれました。  イランの国営メディアは、イランの革命防衛隊がイラク国内にあるアメリカ軍が駐留するアルアサド空軍基地に向かって弾道ミサイルを発射したと伝えました。攻撃はアメリカ軍が革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した攻撃への報復だということです。アメリカの国防総省は、ミサイルはイランから発射され、アメリカ軍の拠点2カ所に少なくとも12発以上が発射されたとしていて、現在、被害の状況を確認しています。アメリカのホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は攻撃の説明を受けて安全保障チームと協議しているということです。
イランが駐留米軍に報復 “殉教者ソレイマニ作戦”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランが駐留米軍に報復 “殉教者ソレイマニ作戦”  イランが、アメリカ軍が駐留するイラク国内の基地にミサイル攻撃をしました。少なくとも十数発以上の弾道ミサイルを撃ち込みました。  イランの革命防衛隊は日本時間の8日朝、アメリカ軍が駐留するイラク国内のアルアサド空軍基地に向けて弾道ミサイルを発射しました。ミサイルは少なくとも十数発が発射され、イラク北部のアルビルにも撃ち込まれました。この攻撃はアメリカ軍が革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害した攻撃への報復で、イラン国営放送は「殉教者ソレイマニ作戦」と命名しました。アメリカのFOXニュースは、アメリカ側に死傷者は出ていないと伝えています。ロイター通信によりますと、イラン側は今回の攻撃が第1段階だとし、追加攻撃の可能性を示唆しています。アメリカが反撃に出るのかどうかが焦点となりますが、アメリカとイランの衝突がエスカレートする恐れもあります。
トランプ大統領 イランへの軍事報復には触れず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 イランへの軍事報復には触れず  アメリカのトランプ大統領はイランによるミサイル攻撃に対して軍事行動による対抗策は取らず、経済制裁の強化で対応する考えを示しました。  トランプ大統領:「今回のイランによる攻撃でアメリカ人の犠牲は出なかった。イランは事態を収束させつつあるようだ。関係国にとって良いことだ」  トランプ大統領はこのように述べ、事実上の収束宣言を行いました。懸念されていた軍事行動による報復には一切触れない一方、イランに対する経済制裁を強化する考えを明らかにしています。軍事衝突が懸念されていたアメリカとイランの対立は当面の危機を脱した形となりました。これを受け、ニューヨーク市場では株価が一気に値を上げ、ダウ平均株価は一時、前日に比べて200ドル以上、上昇しました。また、前日にイランによる攻撃を受けて急騰したニューヨークの原油先物相場は時間外取引での最高値から6ドル近く急落し、一時、1バレル60ドルを割り込みました。また、一時、約7年ぶりに1オンス1600ドルを突破した金相場も1560ドル台まで値を戻しています。
イランが”平手打ち” 報復合戦の行方は
無料
アベマ倍速ニュース【平日よる7時~生放送】 イランが”平手打ち” 報復合戦の行方は 気になるニュースをテレビ朝日の担当記者が徹底解説。現場を取材する記者ならではの「情報」「なるほど」が満載です。視聴者の皆様からのコメントや疑問に即時に反応。"ラジオ的掛け合い"も楽しめる "新感覚"ニュース番組です。
トランプ大統領の声明受け 安倍総理がコメント
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 トランプ大統領の声明受け 安倍総理がコメント  イランの報復攻撃に対するトランプ大統領の声明について、安倍総理大臣が取材に応じました。  安倍総理:「日本はすべての当事者に対して自制的な対応を強く求めてきました。自制的な対応を評価するというのが日本の立場であります。今後も日本は地域の情勢の緩和、安定化のための外交努力を尽くしていく考えです」
米vsイランが“激しい応酬”司令官殺害で続く緊張
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米vsイランが“激しい応酬”司令官殺害で続く緊張  アメリカとイランがかつてない緊張状態となっています。  ソレイマニ司令官の遺体が戻ったイラン国内では、黒い服や旗で喪に服す大勢の人が集まりました。シーア派の聖地・マシュハドでは数十万人が悲しみに暮れ、アメリカへの怒りを募らせました。夜には大規模な葬儀も行われるなど、司令官の死を悼みました。イランの最高指導者・ハメネイ師は3日間、喪に服すこととともに「激しい報復」も宣言しています。  喪が明け、アメリカへの敵対心が行動に移ることを示唆するような動きもあります。モスクに掲げられた赤い旗。この赤い旗は、シーア派において不当に流された血や復讐(ふくしゅう)への呼び掛けの象徴だといいます。  また、イランのハッカーと名乗るグループがアメリカ政府機関のウェブサイトに侵入し、復讐のメッセージを掲載。イランから繰り出されたパンチを食らうトランプ大統領が描かれた画像も掲載されています。武力だけでなく、サイバー攻撃での報復もあるのでしょうか。第三次世界大戦の引き金となるのではないかという不安も広がっているソレイマニ司令官の殺害。ニューヨーク・タイムズによりますと、ソレイマニ司令官の殺害はアメリカ軍幹部がトランプ大統領に提示した「最も極端な計画」だったというのです。なぜ、トランプ大統領は最も極端な選択肢を選んだのでしょうか。過去の「オバマ大統領は再選のためにイランを攻撃するだろう」という発言が話題になっています。当時のオバマ大統領が人気回復のため、軍事攻撃を政治的に利用する可能性があると度々、ト…
米・イラン緊張極限“第三次世界大戦”危惧する声も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米・イラン緊張極限“第三次世界大戦”危惧する声も  アメリカとイランの対立が緊迫の度を増すなか、イランは無制限にウランを濃縮すると表明しました。  2日、アメリカによるイランの司令官殺害で一気に緊張が高まった中東情勢。互いに一歩も引かない様相です。  イラン、ロウハニ大統領:「米国はソレイマニ司令官殺害で安心できると勘違いしているが、戦略的なミスを犯した。米国はさらなる困難に直面するだろう」  報復を示唆するイラン側に対し、トランプ大統領もツイッターで、攻撃があった場合は「イランの重要施設や文化施設52カ所を攻撃する」と警告しました。さらに、イラン政府は5日、無制限にウラン濃縮を進めると発表。この事実上の核合意からの離脱により、イランは核開発を大幅に進めるのではとの見方も出ています。そもそもなぜ今、イランとアメリカの間にこうした事態が起きているのでしょうか。  その発端の一つが先月29日、アメリカ軍によるイランの支援を受けているイスラム教シーア派武装組織の拠点への空爆です。この攻撃によって司令官や兵士ら15人が死亡。すると31日、空爆に抗議するシーア派の民兵組織がイラクの首都バグダッドにあるアメリカ大使館を襲撃し、放火しました。アメリカとイランの双方が攻撃の応酬を繰り返すなかで殺害されたソレイマニ司令官。イランの最高指導者・ハメネイ師にも近く、国民の英雄として尊敬を集めていました。大規模な追悼式典ではアメリカへの敵対心がむき出しとなっていました。  すでにバグダッドでは大使館周辺にロケット弾が撃ち込まれるなど報復とみられる攻…
16.PHASE-17 カガリ再び
機動戦士ガンダムSEED HDリマスター 16.PHASE-17 カガリ再び ストライクの危機を救ったのは、ヘリオポリスで出会った少女・カガリだった。明けの砂漠は砂漠の虎に対してレジスタンスを展開しており、アークエンジェルに協力することになる。その夜、彼らの拠点タッシルが業火に包まれた。砂漠の虎が報復の牙を剥いたのだ。
エピソード10
デス・ヴァレー~密着!ロス市警アンデッド特別捜査班~ エピソード10 [ 海外MTV の人気番組 ] リコの父親はヴァンパイアの世界の権力者。所長が姪のナタリーをたぶらかしたリコを一方的な罪状で逮捕した結果、その報復でUTFの本部は襲撃を受ける。爆弾が巻きつけられたゾンビが放り込まれ慌てふためく本部に、ゾンビたちが次々と襲いかかってくる。しかし応戦を試みるも、UTFの武器庫は何者かに盗まれ空っぽだった。そしてリコと通じていたとカーステンが疑われる。
平均株価が一時600円超下落 原油や金価格も上昇
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 平均株価が一時600円超下落 原油や金価格も上昇  イランがアメリカに対して報復攻撃を始めたことを受けて日経平均株価の下げ幅は一時、600円を超えました。  8日の東京株式市場は、イランがイラク国内に駐留しているアメリカ軍の基地に対してミサイル攻撃を始めたことを受けて日経平均株価は一時、約1カ月半ぶりに2万3000円を割り込みました。為替も一時、107円台半ばまで円高が進むなどリスクを避ける動きが広がっています。また、中東情勢の緊迫が原油の供給に影響を及ぼすとの懸念から原油価格が上昇し、安全資産とされる金も買われています。
17.PHASE-18 ペイバック
機動戦士ガンダムSEED HDリマスター 17.PHASE-18 ペイバック タッシルに対して報復攻撃を敢行した砂漠の虎。死者は出なかったものの街と食料・弾薬を焼かれ、苛立つ男たち。一矢報いようと追いすがるが、バクゥの前に為す術なく倒れてゆく。「気持ちだけで何が守れるっていうんだ」救援に駆けつけたキラの掌がカガリの頬を打った。
第48話 似てる二人は喧嘩する/何であれやるからには負けちゃダメ
銀魂 第48話 似てる二人は喧嘩する/何であれやるからには負けちゃダメ 「似てる二人は喧嘩する」真選組に仲間を捕らえられ、報復のため土方を狙う八虎留三兄弟。オフの日を狙い、定食屋で飯を食う土方の隣に座る三男だが…。 「何であれやるからには負けちゃダメ」子供たちと一緒に缶蹴りで遊ぶ神楽。しかし、ムキになって遊ぶ神楽に子供たちはついて行けず、遊ぶのを止めてしまい…。
米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国防総省を「テロ組織」指定 イラン議会  イランの革命防衛隊の司令官がアメリカ軍の空爆によって殺害されたことを受けて、イランの議会はアメリカ国防総省を「テロ組織」に指定することを決定しました。  イランの国営メディアによりますと、イランの議会は7日、今回の司令官殺害を受けてアメリカ国防総省をテロ組織に、また殺害に関わったアメリカのすべての部隊や関係者らを「テロリスト」に指定する法案を可決しました。さらに議会では、司令官が所属していた「コッズ部隊」を強化するため追加で約242億円を割り当てることも決定しました。イランはアメリカへの「報復」を宣言していて、中東情勢は緊張が高まっています。
第22話 報復の足音
巨神ゴーグ 第22話 報復の足音 突如ガイルタウンへ侵攻を開始したガーディアンの群れ。反撃するGAIL軍だがガーディアンの威力に地球の兵器は全く歯がたたない。ロッドの協力要請に憤りを抑えられない悠宇だったが仲間のためにゴーグで立ち向かっていく。一方船長もその目的を明らかにし、物語は大詰めに!
中国が制裁の人権団体代表 香港で入境拒否
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が制裁の人権団体代表 香港で入境拒否  国際的な人権団体の代表が香港への入境を拒否されました。中国政府は「この組織は制裁を受けるべきだ」としています。  人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」はケネス・ロス代表が12日に香港空港に到着した際、入境を拒否されたと発表しました。ヒューマン・ライツ・ウォッチはアメリカが「香港人権法」を成立させた際に中国政府に報復として制裁を科されています。  中国外務省報道官:「中国政府と香港政府は法にのっとり、出入境を管理している。誰の入境を認めるか認めないかについては中国の主権問題だ」  中国外務省は「香港の独立運動をあおった」「代償を払うべきだ」と非難する一方で、ロス代表は「今回の入境拒否は中国の人権侵害を如実に表している」としています。
”報復からは何も生まれない”平和的抗議も
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 ”報復からは何も生まれない”平和的抗議も ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。
報復は必ずある? 米VSイランでWWIIIも
無料
AbemaPrime【平日よる9時〜生放送】 報復は必ずある? 米VSイランでWWIIIも 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
#11 「Obligation:宿命」
無料
アクセル・ワールド #11 「Obligation:宿命」 クロム・ディザスター討伐に向かった無制限中立フィールドで、黄のレギオンに奇襲を受けたシルバー・クロウたち。彼らを率いる≪黄の王≫イエロー・レディオは、不可侵条約を盾にスカーレット・レインへの≪報復≫を仕掛ける。多くのバーストリンカーに囲まれた上、レディオが用意した狡猾な≪切り札≫に、ブラック・ロータスの参戦も封じられる。圧倒的に不利な戦いを強いられる中、シアン・パイルが捨て身の行動に出るが……。
「当面は情勢悪化なし」自衛隊の中東派遣は予定通り
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「当面は情勢悪化なし」自衛隊の中東派遣は予定通り  司令官を殺害されたイランは、報復としてアメリカ軍が駐留するイラクの基地に弾道ミサイルを撃ち込みました。今月中に始まる予定の中東地域への自衛隊派遣は本当に行われるのでしょうか。総理官邸から報告です。   (前田洋平記者報告)  政府高官は「今以上の情勢の悪化はないのではないか」と話していて、予定通り派遣する考えを示していました。さらに言えば、派遣される場所はアラビア半島の南側などで、緊迫化するホルムズ海峡からは数百キロ以上離れた場所でもあります。  ただ、菅官房長官は記者会見で「現時点では」と前置きしていますので、今後の情勢次第ではどうなるか分かりません。というのも、自衛隊派遣の名目はあくまで「情報収集」とされていて、仮に日本の船が危険にさらされても、原則的には武器を使って守るということができません。今後、武力衝突が本格化した場合、「日本の船を守れないのは不十分だ」といった議論が再燃する可能性があります。日本政府としては、実際の派遣までにどういうケースでどういう対応が可能かなど、入念なシミュレーションを行うことにしています。
自衛隊の中東派遣 野党側が政府側の考えただす
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 自衛隊の中東派遣 野党側が政府側の考えただす  立憲民主党など野党側は自衛隊の中東派遣について閣議決定された去年末の時点から状況が悪化しているとして、政府側の考えをただしました。  国民民主党・渡辺周元防衛副大臣:「今回、本当に命の懸かった問題です。生半可な気持ちで、生半可な根拠で行って頂くわけにはいかない。やっぱりここで一回、足を止めて冷静になって中東情勢、特にアメリカとイランの状況を見ながら今回、行くことについては考え直すべきだと」  イランによるアメリカ軍への報復攻撃などで中東の情勢が緊迫していることを受け、立憲民主党や国民民主党など野党側は防衛省などから自衛隊の派遣についてヒアリングを行いました。野党側が「大規模な戦争が発生する恐れがあるならば、閣議決定の前提が変わっているのではないか」とただしたのに対し、政府側は「現在の状況を注視しているが、枠組みを変えるほどの状況ではない」という見解を示しました。また、政府側は派遣は日本が関係するタンカーなど船舶の安全確保のためで、自衛隊が情報収集をするのは有意義だと訴えました。アメリカによるイランの革命防衛隊の司令官殺害については「アメリカは自衛権の行使だと言っている」と説明しました。
#3 百春の翼
あひるの空 #3 百春の翼 晴れてクズ高バスケ部に入部した空。部室に先に来ていた千秋に連れられて校舎裏のバスケットゴールに向かうと、そこにはシュート練習をする百春が。シュートが全く入らず、ヤケになってゴールへジャンプした百春の驚異的跳躍力に空は驚愕する。そこにケンカの報復に現れた新丸子高校(丸高)の不良たちを何とか撃退。その後、百春は空に自分のバスケの才能のなさを空に吐露し、自分がバスケの練習に参加することをあきらめるように言うが、それに対する空の反応は意外なものだった。
第49話 有為転変!えっ、皆本が!?
絶対可憐チルドレン 第49話 有為転変!えっ、皆本が!? 事件解決のために出動していた谷崎主任が何者かに襲撃され、記憶喪失の状態で発見された。発見時、谷崎の手には『アザミの花』が握り締められていたらしい。そんな中『ザ・チルドレン』に出動要請が入る。いつも通りの活躍で、見事国際ギャング団の検挙に成功するが、最後に検挙したエスパーは記憶を失っており、その場には件の『アザミの花』が残されていた。アザミの花言葉は、報復・・・。そして記憶の操作・・・。残されたヒントから、皆本が事件の背後にいる存在に気付いた時、その魔の手が皆本に迫り、記憶を奪われてしまう!さらに兵部の暗躍も相まって、事態は皆本が子供になってしまうという史上最大のトラブルへ!!どうするチルドレン!?
第32話 明天を救出しろ!
スウィートコンバット~恋の接近戦~ 第32話 明天を救出しろ! 奕辰(イーチェン)は、理由もなく殴られた一件を士偉(シー・ウェイ)に話す。ところが、なんと士偉が連れて来た のは奕辰を殴った張本人、呉極(ウージー)だった!怒った奕辰は席を立つ。 方宇(ファン・ユー)に報復すべく呉極と手を組んだ士偉は、方宇の弱点は明天(ミン・ティエン)であり、まずは明天を 捕えればいいと呉極に入れ知恵する。 この話を聞いていた奕辰は、危険を知らせるため明天の家に急ぐが、そこでは、一足 早く来ていた呉極が明天に襲いかかっていた!
イランは犠牲避けた?米側、抑制の一方で反撃の準備
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 イランは犠牲避けた?米側、抑制の一方で反撃の準備  司令官を殺害されたイランは、報復としてアメリカ軍が駐留するイラクの基地に弾道ミサイルを撃ち込みました。今回の攻撃を受けて、アメリカがさらに反撃する可能性はあるのでしょうか。ワシントンから報告です。  (高羽佑輔記者報告)  攻撃があった当時の状況について、少しずつ詳細が明らかになってきました。今回、攻撃を受けた2つの基地のうちの1つ、アサド空軍基地についてCNNは「初期の調査によると、ミサイルはいずれもアメリカ軍が生活の拠点としていないエリアに着弾した」と報じています。攻撃の時間が、多くの人が活動していない未明だったこともあり、イランがアメリカ側の被害をなるべく出さないようにしたのではないかとの見方も出ています。  また、アメリカはすぐに大規模な反撃には出ない可能性もあります。トランプ大統領は攻撃の直後、テレビで演説することを検討しましたが、一転してツイッターで被害の少なさを評価するにとどめました。ホワイトハウスで協議したポンペオ国務長官やエスパー国防長官のアドバイスを受け、抑制的な反応に努めたとみられます。  一方で、アメリカ軍は何百発の巡航ミサイルを用意し、命令があれば標的に対して発射する準備ができているという情報もあり、緊張は続いています。トランプ大統領が日本時間の8日夜に発表する声明でイランを刺激すれば、さらに緊張が高まる恐れもあります。