「増田康宏六段」の検索結果

今すぐ視聴する

[将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 菅井竜也七段 対 増田康宏六段 1/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 菅井竜也七段 対 増田康宏六段 1/2 本放送は将棋情報LIVEです。 叡王戦は全現役プロ棋士に加え、主催者の推薦により決定する女流棋士1名およびアマチュア1名が出場します。段位別予選と本戦を勝ち抜いた2名が決勝七番勝負を行い、先に4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得します(第4期以降は本戦優勝者が叡王への挑戦権を獲得)。
[将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 菅井竜也七段 対 増田康宏六段 2/2
将棋情報LIVE [将棋情報LIVE]第5期 叡王戦 本戦トーナメント 菅井竜也七段 対 増田康宏六段 2/2 本放送は将棋情報LIVEです。 叡王戦は全現役プロ棋士に加え、主催者の推薦により決定する女流棋士1名およびアマチュア1名が出場します。段位別予選と本戦を勝ち抜いた2名が決勝七番勝負を行い、先に4勝した棋士が「叡王」の称号を獲得します(第4期以降は本戦優勝者が叡王への挑戦権を獲得)。
独占!!第14回朝日杯 増田康宏六段 対 高野智史五段
無料
独占!!第14回朝日杯将棋オープン戦 独占!!第14回朝日杯 増田康宏六段 対 高野智史五段 予選開幕、独占!!第14回朝日杯オープン戦!7月はほぼ毎日生中継! 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。
第32期 竜王戦 挑戦者決定三番勝負 第二局 豊島将之名人 対 木村一基九段 1/2
竜王戦 第32期 竜王戦 挑戦者決定三番勝負 第二局 豊島将之名人 対 木村一基九段 1/2 豊島名人が竜王挑戦にも王手をかけている!対するは大器晩成の星、木村九段!2019年は圧倒的に豊島名人の強さが目立ち、竜王まで手にしようとするか。対する木村九段も本年の活躍が目立ち若手大隆盛の将棋界に一石を投じる中年世代のスターだ。広瀬竜王に挑戦するのはどちらか!?絶対に見逃せない一局。 竜王戦は全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われます。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行います。
第32期 竜王戦 挑戦者決定三番勝負 第二局 豊島将之名人 対 木村一基九段 2/2
竜王戦 第32期 竜王戦 挑戦者決定三番勝負 第二局 豊島将之名人 対 木村一基九段 2/2 豊島名人が竜王挑戦にも王手をかけている!対するは大器晩成の星、木村九段!2019年は圧倒的に豊島名人の強さが目立ち、竜王まで手にしようとするか。対する木村九段も本年の活躍が目立ち若手大隆盛の将棋界に一石を投じる中年世代のスターだ。広瀬竜王に挑戦するのはどちらか!?絶対に見逃せない一局。 竜王戦は全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われます。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、挑戦者を決めます。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行います。
予選Aブロック<前編>
第2回AbemaTVトーナメント 予選Aブロック<前編> 将棋界の早指し王を決めるAbemaTVトーナメント、第二弾ついに開幕!第1回では圧倒的な強さで藤井聡太七段が優勝し初代早指し王となり大きな話題を呼んだ。総勢14名の棋士・女流棋士が登場!12名で予選を戦い勝ち抜いた6名と、シード2名で行われる本戦トーナメントで優勝者を決める。前回準優勝した佐々木勇気七段が満を持して登場、雪辱に燃える。第1回女流AbemaTVトーナメントで優勝し初代早指し女王となった伊藤沙恵女流二段が登場、大注目だ。ほか10名の棋士が予選で集う。本戦トーナメントから登場するシード棋士は初代早指し王となった藤井聡太七段が2連覇をかけて登場!もう1名のシード棋士は初出場の渡辺明二冠!超早指しでどのような対局を見せるか大注目だ。この番組は、あの羽生永世七冠から着想を得て作られた「AbemaTVルール」で対局が行われる。 AbemaTVルールとは、チェスでよく知られるフィッシャールール(持ち時間5分切れ負け/1手ごとに5秒追加)を採用した新ルール。 三番勝負で行われ、二勝した棋士が勝ち上がる。 ※段位は収録当時のものになります
予選Aブロック<後編>
第2回AbemaTVトーナメント 予選Aブロック<後編> 将棋界の早指し王を決めるAbemaTVトーナメント、第二弾ついに開幕!第1回では圧倒的な強さで藤井聡太七段が優勝し初代早指し王となり大きな話題を呼んだ。総勢14名の棋士・女流棋士が登場!12名で予選を戦い勝ち抜いた6名と、シード2名で行われる本戦トーナメントで優勝者を決める。前回準優勝した佐々木勇気七段が満を持して登場、雪辱に燃える。第1回女流AbemaTVトーナメントで優勝し初代早指し女王となった伊藤沙恵女流二段が登場、大注目だ。ほか10名の棋士が予選で集う。本戦トーナメントから登場するシード棋士は初代早指し王となった藤井聡太七段が2連覇をかけて登場!もう1名のシード棋士は初出場の渡辺明二冠!超早指しでどのような対局を見せるか大注目だ。この番組は、あの羽生永世七冠から着想を得て作られた「AbemaTVルール」で対局が行われる。 AbemaTVルールとは、チェスでよく知られるフィッシャールール(持ち時間5分切れ負け/1手ごとに5秒追加)を採用した新ルール。 三番勝負で行われ、二勝した棋士が勝ち上がる。 ※段位は収録当時のものになります
第78期 順位戦 A級 第5回戦 広瀬章人竜王 対 羽生善治九段 1/2
名人戦・順位戦 第78期 順位戦 A級 第5回戦 広瀬章人竜王 対 羽生善治九段 1/2 羽生善治九段登場!現在2勝2敗となったが、2敗ラインをキープし続ければ名人挑戦は圏内!最終一斉対局まで羽生九段の動向は見逃せない!対する広瀬章人竜王は3勝1敗、と2位の位置につけ初の名人挑戦へ向け勢いに乗りたいところ。本局が一気に名人戦への挑戦切符獲得を左右する!絶対に見逃せない対局。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。
第78期 順位戦 A級 第5回戦 広瀬章人竜王 対 羽生善治九段 2/2
名人戦・順位戦 第78期 順位戦 A級 第5回戦 広瀬章人竜王 対 羽生善治九段 2/2 羽生善治九段登場!現在2勝2敗となったが、2敗ラインをキープし続ければ名人挑戦は圏内!最終一斉対局まで羽生九段の動向は見逃せない!対する広瀬章人竜王は3勝1敗、と2位の位置につけ初の名人挑戦へ向け勢いに乗りたいところ。本局が一気に名人戦への挑戦切符獲得を左右する!絶対に見逃せない対局。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。
第78期 順位戦 C級1組 第8回戦 小林裕士七段 対 藤井聡太七段 1/2
名人戦・順位戦 第78期 順位戦 C級1組 第8回戦 小林裕士七段 対 藤井聡太七段 1/2 藤井聡太七段登場!現在C級1組唯一無傷の無敗7連勝!本日リーグ昇級可能性もある本局。2位には7勝1敗で3名が並ぶ混戦状態!昨年同様1敗も許されない順位戦。本局の勝敗がリーグ昇級の趨勢を決める!藤井七段は次局に高野秀行六段と対局する。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。
第78期 順位戦 C級1組 第8回戦 小林裕士七段 対 藤井聡太七段 2/2
名人戦・順位戦 第78期 順位戦 C級1組 第8回戦 小林裕士七段 対 藤井聡太七段 2/2 藤井聡太七段登場!現在C級1組唯一無傷の無敗7連勝!本日リーグ昇級可能性もある本局。2位には7勝1敗で3名が並ぶ混戦状態!昨年同様1敗も許されない順位戦。本局の勝敗がリーグ昇級の趨勢を決める!藤井七段は次局に高野秀行六段と対局する。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。