「増税 ポイント還元」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

景気の落ち込み“震災以来”…増税反動、台風が影響
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 景気の落ち込み“震災以来”…増税反動、台風が影響  10月の景気動向指数は消費増税後の売り上げの落ち込みなどで大幅に悪化し、東日本大震災以来の下げ幅となりました。  内閣府が発表した10月の景気動向指数は94.8で、前の月に比べて5.6ポイント下がりました。下落は3カ月連続で、下げ幅は5年前の消費増税の後よりも大きく、東日本大震災のあった2011年3月以来の大きさとなりました。内閣府は消費増税の駆け込み需要からの反動減で自動車や家電の売り上げが落ち込んだほか、台風で自動車や掘削機の部品調達が遅れて生産が減ったことなどが原因だとしています。
大手百貨店 11月の売上高が増税の反動減続く
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 大手百貨店 11月の売上高が増税の反動減続く  消費増税に伴う駆け込み需要の反動減で、大手百貨店4社の11月の売上高は前の年の同じ月を2カ月連続で下回ったことが明らかになりました。  大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングの11月の売上高は、前の年の同じ月に比べ8.9%減ったほか、三越伊勢丹ホールディングスは7.3%減、そごう・西武は5.3%、高島屋は4.2%それぞれ減少しました。10月に続いて消費増税前の駆け込み需要の反動で宝石や貴金属などの高額品が苦戦しました。さらに、気温が高い日が続いたため、コートなどの冬物衣料の売れ行きが伸び悩んだということです。消費が活発になる年末商戦に向け、軽減税率の対象となるおせちやクリスマスケーキなどの販売で売り上げを回復させたい考えです。
今年のお歳暮 お得な「軽減税率」活用法教えます
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 今年のお歳暮 お得な「軽減税率」活用法教えます  今年も残すところあと1カ月余り、お歳暮の季節となりました。増税後、初の年末を迎えるにあたって賢いお歳暮の選び方がありました。  受け取る人を思いながら選ぶお歳暮。ところが、増税したことでお歳暮の予算が高くなったといいます。しかし、今年ならではの買い物上手な方法がありました。  今年のお歳暮を選ぶ時のポイントは軽減税率です。消費税増税後、生活の負担を軽くするための軽減税率。お歳暮でも食料品は税率8%で据え置きですが、定番であるビールなどのお酒は対象外のため10%のままの税率となってしまいます。しかし、都内の大手百貨店ではビールなど酒類が入っても軽減税率が適用される方法で販売を開始しているといいます。  その条件は2つあります。まずは、値段です。条件の1つ目は様々な食品などが一緒に入ったお歳暮のセット商品は消費税抜きで1万円以下の商品を選ぶことです。さらに、商品の割合です。  条件の2つ目は、2つのお歳暮セットに秘密が隠されています。両方に軽減税率が対象外のビールが入っていますが、なぜか片方は軽減税率の対象で、もう片方は対象外です。対象のお歳暮セットにはビールの他にも定番のハムやソーセージ、ベーコンなどが入っています。ここで大事なのが商品の価格の割合です。実は、軽減税率の対象食品価格のほうが多くなっているといいます。対象食品の価格が3分の2以上を占めていれば、たとえ酒類が入っていても8%で購入が可能となるのです。  さらに1000円ほどで購入できる気軽なお歳暮も登場。今年は十二…
#45 ゲストに竹中平蔵氏を迎え消費税増税・軽減税率についてほろ酔いトーク
無料
NewsBAR橋下 #45 ゲストに竹中平蔵氏を迎え消費税増税・軽減税率についてほろ酔いトーク 今回のゲストは元経済財政政策担当大臣の竹中平蔵さん! 関西電力の会長・社長が辞任を表明した件に対して橋下さんの見解とは? また消費税増税がスタートし国民の生活はどう変わるのか? 更に視聴者からの子供に対する「お金の教育」についての質問に竹中さんが真意に答える! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式アカウント @abemanews_barHT
#53 ゲストに上念司氏を迎え増税後の消費についてほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下 #53 ゲストに上念司氏を迎え増税後の消費についてほろ酔いトーク! 今回のゲストは経済評論家の上念司さん! 総理vs野党!「桜を見る会」の進展に関して 過去に「桜を見る会」に参加した事がある上念さんが熱弁! そして増税後の家計の支出について視聴者の思いとは? 更に中曽根康弘元総理大臣について橋下さんが思いを語る! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式アカウント @abemanews_barHT
IMF「消費税を15%に」提言 ネットに“違和感”も
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 IMF「消費税を15%に」提言 ネットに“違和感”も  増税したばかりということもあってか、不満の声が上がっています。  先月、消費税率を10%に引き上げた日本。家計の負担が気になるなか、来日していたIMF(国際通貨基金)専務理事のこの発言が波紋を広げています。  IMF・ゲオルギエワ専務理事:「IMFの見解としては徐々に消費税率を引き上げることが有効だと考えています」  IMFは消費税率を2030年までに15%、さらに2050年までには20%まで段階的に引き上げる必要があると提言したのです。これに対し、ネット上では反発の声が上がっています。  消費税率を引き上げたばかりのこの時期にIMFの増税の提言に違和感を持つ人も多いようです。そもそもIMFとは加盟する約190カ国の貿易の促進や国民所得の増大などを目指す機関で、国際通貨制度の番人として1944年に設立されました。消費税率を段階的に引き上げる理由としてIMFは、日本の高齢化を挙げ、働き手が減る一方で、年金や医療費などが増え続け、国の財政運営が厳しくなると指摘しています。それにしても、なぜ日本へここまで具体的に提言するのでしょうか。  第一生命経済研究所・永濱利廣首席エコノミスト:「IMFというのは、日本の財務省からも職員が出向しています。政策提言的な部分は各国の財務省の意向が色濃く反映されているのが特徴。ある意味、直接、自国の国民に言いにくい耳の痛い話をIMFという外的機関を使って発言することはよくあることです」
今年は“自宅でサーモン”イオンがXmasメニュー発表
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 今年は“自宅でサーモン”イオンがXmasメニュー発表  今年のクリスマスは平日で、意外な食材が注目を集めています。流通大手「イオン」は増税後、初となるクリスマスメニューを発表しました。  今年は約30年ぶりに12月23日から25日までの3日間がすべて平日です。イオンはクリスマスが平日で軽減税率の導入などもあるため、今年は外食ではなく、自宅で楽しむ人が増えると予想してサーモンを使った商品を展開します。サーモンは価格が手頃で色合いもきれいなほか、フランスではクリスマスの定番食材とされています。
社会保障費抑制で負担増を 財政審が麻生氏に意見書
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 社会保障費抑制で負担増を 財政審が麻生氏に意見書  財務省の有識者会議である「財政制度等審議会」は、来年度の予算編成に向けた意見書を麻生財務大臣に提出しました。社会保障費の抑制のため、医療に関する負担増などを盛り込んでいます。  今回の意見書では「低金利環境に安住せず、歳出改革を進めるべき」として、財政健全化の重要性を改めて強調しました。そのうえで、膨らみ続ける社会保障費について、病院などで受診する際の定額負担の導入や新たに75歳以上になる人の窓口負担を現在の1割から2割にすることなどを求めています。また、消費税率の引き上げは「長い道のりの一里塚」だとして、10%より先の増税もにじませました。
12月から銀行の窓口手数料や水道料金などが値上げ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 12月から銀行の窓口手数料や水道料金などが値上げ  12月に入りましたが、今月から銀行の窓口手数料、水道料金などが値上げになります。  三井住友銀行は2日から店頭の窓口で硬貨を入金する時や海外へ送金する時の手数料を値上げします。メガバンクはそろって窓口での手数料を引き上げ、インターネットでの取引手数料を据え置いています。また、消費増税の経過措置として先月まで税率が8%に据え置かれていた東京都の水道料金が値上げされます。さらに、東京ディズニーリゾートは年越し特別営業の入場料を4年ぶりに値上げし、一人9900円とします。一方、電力・ガスは原油や天然ガスの値下がりを受け、大手がそろって値下げします。
消費増税とは無関係!?“ばらまき“批判も 経済政策に13兆円「解散への布石」
無料
けやきヒルズ【平日ひる12時〜生放送】 消費増税とは無関係!?“ばらまき“批判も 経済政策に13兆円「解散への布石」 ネット×TV報道 にとことんこだわったランチタイムの1時間!通勤通学、ちょっとした空き時間、そしてお昼休みに今日のニュースをアップデート!最新ニュースはもちろん、SNSで話題のモノ/ヒトもスピーディーに独自中継を交えて徹底リサーチ!気になる午後のお天気や交通情報もお届け。元SKE48のキャスター柴田阿弥とママキャスター大木優紀が地上波とは一味違った個性派コメンテーターと共に皆さんのランチタイムに厳選したニュースをお届けします。