「夜 赤い」の検索結果

今すぐ視聴する

第20話 ベルトコンベアには気を付けろ
銀魂 第20話 ベルトコンベアには気を付けろ 蚊の多い夏の夜、真選組の隊士たちは怪談に興じていた。隊士稲山が語るその怪談は、真夜中の寺子屋に赤い着物を着た女の幽霊が現れるというものだったが、その幽霊が真選組屯所にも現れた。隊士の半分以上が倒れ、みな「赤い服を着た女」のことをうわ言の様に口にしていた。隊士たちは本当に幽霊に襲われたのか?見えない影に怯える近藤は、拝み屋を雇ってこの事態を乗り切ろうとする。しかし、やって来た拝み屋は、インチキ臭い集団だった。
第1話 ストロベリームーンは突然に
明治東亰恋伽 第1話 ストロベリームーンは突然に 赤い満月の夜、女子高生の綾月芽衣は、妖しげな奇術師チャーリーのマジックに誘われ箱の中へ。目を覚ますとそこは見知らぬ公園だった。状況が飲み込めない芽衣の前に現れたのは二人の美男子、森鴎外と菱田春草。言われるがまま馬車に乗せられ着いたところは、明治時代の絢爛豪華な洋館、高官たちが集う鹿鳴館だった!
第11羽 少女は赤い外套を纏い ウサギを駆りて聖夜の空を行く
ご注文はうさぎですか? 第11羽 少女は赤い外套を纏い ウサギを駆りて聖夜の空を行く クリスマスマーケットでの買い物中に、ココア達はクリスマスパーティーの計画を立てる。そしてクリスマス当日、ココア達にマヤ、メグ、青山さんも加わり賑やかなクリスパーティーが始まる。
第49話 迷えるシスター もっこりは愛のお導き!?
シティーハンター 第49話 迷えるシスター もっこりは愛のお導き!? 神に一生を捧げる誓いの日を前に、心残りのないようにと夜遊びするシスター・京子。ところが、酔った京子は大切なロザリオをどこかに落としてしまう。それを捜して欲しいと依頼されたリョウたちは、前夜の京子の行動をなぞってみるが、なかなか発見できず……。
第37話 サンタなんていねーんだよって言い張る奴こそホントはいるって信じたいんだよ/煩悩が鐘で消えるかァァ己で制御しろ己で
銀魂 第37話 サンタなんていねーんだよって言い張る奴こそホントはいるって信じたいんだよ/煩悩が鐘で消えるかァァ己で制御しろ己で 「サンタなんていねーんだよって言い張る奴こそホントはいるって信じたいんだよ」雪が降りしきる夜。銀時は道ばたで言い争う赤い服を着たじいさんとトナカイに出会うが…。 「煩悩が鐘で消えるかぁぁ己で制御しろ己で」更けてゆく大晦日の夜。ジャンプ合併号の最後の一冊に銀時が手を伸ばすと服部の手も同時に…。
第4話 花の浅草ランデブー
明治東亰恋伽 第4話 花の浅草ランデブー 縁談話をもってきた伯母に、芽衣がフィアンセだと言い放つ鴎外。そして、来月開かれる鹿鳴館の夜会で、フィアンセとしてお披露目すると言う。すっかり委縮してしまった芽衣を、鴎外は浅草へデートに誘う。明治時代の浅草をエスコートされ、ときめく芽衣。しかし、鴎外のフィアンセ候補の娘とその母が現れ……
第9話 愛しさと切なさのラビリンス
明治東亰恋伽 第9話 愛しさと切なさのラビリンス 芽衣は次の満月の夜、元の時代へ戻ることをチャーリーと約束していたが、鴎外のいる明治に留まりたいと思いはじめていた。一方、小説の執筆を始めた鴎外は、書斎に引きこもりがちになる。筆が思うように進まず、恋の物語を書いているはずなのに、表情はなぜか暗く曇っていた。その物語には、鴎外の過去が隠されていた。
第12話 ストロベリームーンに抱かれて
明治東亰恋伽 第12話 ストロベリームーンに抱かれて 芽衣は失っていた現代の記憶を取り戻す。お化けの声が聞こえることで孤立してしまったこと、傷つくことを恐れて様々なことから耳をふさいでいたこと……。すべてを思い出した芽衣の心に、ある感情が芽生え始める。そして、約束の満月の夜がやってくる――
第10話 危険な家庭教師? 女子高生に愛の手料理
シティーハンター 第10話 危険な家庭教師? 女子高生に愛の手料理 知人のヤクザ・竜神会組長から、娘のさやかの護衛を依頼されたリョウ。さやかは女番長で、暴走族ブルー・オイスターに狙われているという。家庭教師に扮したリョウは、依頼を嫌がるさやかに構わず付き添う。だがある夜、さやかがブルー・オイスターに拉致されてしまい……。
第33話 仮面ノ暗殺者
文豪ストレイドッグス 第33話 仮面ノ暗殺者 「異能力者に死を」――。深夜、人気のない路地裏を一人歩いていた武装探偵社の社長・福沢諭吉が、仮面の男に襲われた。福沢は、武術の達人である。しかし、思わぬ〝赤い閃光〟の餌食となり、一命は取りとめたものの意識を失ってしまう。この頃、夜ともなれば同様の事件が横行し、死者も出ていた。「夜の管理者」たるポートマフィアが、そのような事態を黙って見過ごすわけもなく、すでに犯人は追い詰められていたのだが……。
第5話 グッバイ槇村 雨の夜に涙のバースデー
シティーハンター 第5話 グッバイ槇村 雨の夜に涙のバースデー ある日槇村は、秘められた香の過去をリョウに明かす。香は槇村の実の妹ではなく、香の二十歳の誕生日にその真実を告げると決めているという。だが当日、槇村は麻薬組織の殺し屋に襲われ、リョウの腕の中で息を引き取る。槇村の遺志を胸に、リョウは組織壊滅に立ち上がり……。
第18話 夏の夜のお告げ?! 祈禱師に恋の手ほどき
シティーハンター 第18話 夏の夜のお告げ?! 祈禱師に恋の手ほどき ある日リョウは、政財界の有力者も従っているという巫女・稚姫の護衛を引き受ける。お付きの老婆・千寿院によれば、巫女の言葉通りに裏金を隠し摘発を逃れた議員の金田が、事実を知る彼女の口封じを企んでいるという。金田の雇った殺し屋の攻撃から何度も稚姫を救うリョウだが……。
第2話 牛鍋は湯気にかすむロマン
明治東亰恋伽 第2話 牛鍋は湯気にかすむロマン 鹿鳴館で警官の藤田五郎から不審者扱いされた芽衣を、「僕の大事なフィアンセ」だと言い抱き寄せる鴎外。そのまま行き場のない芽衣を連れ帰り、記憶が戻るまでの間、屋敷にいて構わないと言う。鴎外の優しく甘い言葉に翻弄される芽衣。一方、同じ居候で美術学生の春草は、迷惑そうな様子で態度もつれないが……
第3話 ゴーストホテルでつかまえて
明治東亰恋伽 第3話 ゴーストホテルでつかまえて 芽衣が物の怪の姿を視ることができる“魂依”であることがわかり、春草の絵から“化ノ神”となって抜け出した黒猫を一緒に探すことに。途中、小泉八雲と泉鏡花に遭遇した二人は、八雲からホテルに現れる物の怪の調査を頼まれる。物の怪は八雲の幼馴染だという。芽衣の身を案じた鴎外は、その調査に反対するが……
第5話 はるかなるフィアンセへの道
明治東亰恋伽 第5話 はるかなるフィアンセへの道 鴎外のフィアンセとして相応しい女性になる為、芸者の音奴から厳しい指南を受ける芽衣。着物の着方や所作、礼儀作法などを苦戦しながらも必死に学ぶ。そんな芽衣を見て、「そういう女は嫌いじゃない」と言う音奴。芽衣は、時折雄々しい声を出す音奴の正体が川上音二郎とは気づかず、目の前で着替えをしてしまい!?
第6話 夢と情熱のエレキテル
明治東亰恋伽 第6話 夢と情熱のエレキテル 音奴の手伝いで芸者として座敷に上がる芽衣。鏡花も燃やしてしまった畳代を稼ぐ為、しぶしぶ芸者の恰好をして働くことに。今宵は岩崎桃介の呼びかけで「流行会」と呼ばれる宴会が行われ、その中には八雲、藤田、春草、そして鴎外がいた。内緒でフィアンセ修行をしていた芽衣は、鴎外を避けて接待するが……
第7話 逢いたくて逢いたくてレイニーデイ
明治東亰恋伽 第7話 逢いたくて逢いたくてレイニーデイ 雨の中、不忍池で鏡花と遭遇する芽衣と春草。なんでも執筆中の戯曲から化ノ神となって抜け出た竜神・白雪が、この池にいるのだと言う。白雪は離れ離れになった恋人に会いたいと願うばかりで鏡花の説得には応じず、連日雨を降らせていた。芽衣は、鏡花の手伝いをしたいと鴎外に相談するが、危険だと反対される。
第8話 真砂町猫カフェー事変
明治東亰恋伽 第8話 真砂町猫カフェー事変 芽衣と春草が黒猫探しをしていると、道で八雲と鉢合わせる。八雲の行きつけのカフェーにはよく猫が集まると聴き、一緒に向かうことに。途中、鏡花と知らない男がポストの前で押し問答をしているところに遭遇。その後も音二郎とばったり会い、なぜかみんなで一緒にカフェーに向かうことに。しかし着いたところは……
第10話 エスケープ午後三時
明治東亰恋伽 第10話 エスケープ午後三時 芽衣がいつか去ってしまうのではないかと不安に駆られた鴎外は、芽衣との恋を進めるために、執筆することで過去に置き去りにした恋と向き合おうとする。しかし、過去の恋人エリスの幻が現れ、精神的に追い詰められていく。その苦しみから、執筆を止めると言いだす鴎外。理由を知らない芽衣は書いて欲しいと伝えるが……
第11話 シャノワールは振り向かない
明治東亰恋伽 第11話 シャノワールは振り向かない 黒猫が見つからず絵の制作も捗らないせいか、最近、春草の様子がどこかおかしい。春草が忘れた筆箱を芽衣が学校まで届けにいくと、春草の同級生たちが恋人だと勘違いして大騒ぎに。逃げるように教室を出た2人のところへ、親友の横山大観がやってくる。大観は春草の目の異変に気付き、すぐに医者に行けと言いだし!?
第15話 「御使堕し(エンゼルフォール)」
とある魔術の禁書目録 第15話 「御使堕し(エンゼルフォール)」 「一方通行(アクセラレータ)」を倒した無能力者(レベル0)として、一躍有名人となってしまった上条。統括理事会は、混乱が収拾するまでの間、彼に一時学園都市の外に出るように命令する。行先は海。不法滞在者のはずがなぜか問題なく学園都市を出られたインデックスとともに、温泉旅館「わだつみ」に腰を落ち着ける上条。しかし、小萌先生の配慮で久しぶりに会えることになっていた両親と幼なじみの従妹は、諸事情で到着が遅れていた。翌朝、到着した父親の刀夜たち。……だったのだが、なぜか母親の詩菜はインデックスで、従妹の乙姫は美琴の姿をしていた。どんなたちの悪いいたずらだよ!と憤る上条だったが、どうやら、世界的に「人間の外見と中身が入れ替わってしまう」現象が起きているようだった。そんな上条の前に、赤い外套を着た奇妙なシスターが現れる――。