「夜の本気ダンス 動画」の検索結果

「夜の本気ダンス 動画」に関する情報は見つかりませんでした。
「夜の本」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

夜の繁華街への人出“増加傾向” 外出控え呼びかけ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 夜の繁華街への人出“増加傾向” 外出控え呼びかけ  東京都はいわゆる「夜の街」で新型コロナウイルス感染が多いとして注意を呼び掛けていますが、3日夜の繁華街への人出は2日に比べて15%近く増えました。  ソフトバンクの子会社「Agoop」によりますと、3日午後7時台の人出は2日に比べて新宿・歌舞伎町で14.9%、池袋駅で14.1%の増加でした。一方で、1週間前の先月26日と比べると歌舞伎町で19.1%の減少、池袋駅で5.6%の減少となりました。繁華街への人出は感染が拡大する前の6割から8割程度まで戻ってきていて、週末にかけての夜は特に増える傾向があります。東京都は新型コロナの新規感染者の数がいわゆる「夜の街」で増加しているとして、夜の繁華街への外出を控えるよう呼び掛けています。
“夜の街”保健所の体制強化 集中的な検査へ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “夜の街”保健所の体制強化 集中的な検査へ  都内で新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多を更新するなか、西村経済再生担当大臣と小池知事が会談して「夜の街」の対策を取りまとめました。  西村経済再生担当大臣:「この3つの対策をまさに国・自治体・専門家がワンチームで迅速に実行していきたい」  会談には繁華街を抱える東京・新宿区と東京・豊島区の区長も同席しました。新たに取りまとめた対策ではPCR検査を「夜の街」など感染の可能性が高い場所で集中的に実施し、幅広く受診を呼び掛けるとしています。また、保健所の体制を強化するために国や近隣の県から人的な支援をするほか、既存の保健所を補完する「夜の街」対策の新たな拠点を設けるとしています。
東京で75人感染 “夜の街対策”休業要請し協力金も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京で75人感染 “夜の街対策”休業要請し協力金も  東京では8日に新たな感染者が75人確認されました。こうしたなか、東京都は独自モデルで「夜の街」対策に乗り出すことを明らかにしました。  関係者によりますと、8日に都内で確認された感染者は75人でした。1日の67人以来の100人を下回る感染者数となりました。相変わらず多いのが「夜の街」です。100人を超えた2日以降で見てみると、253人が夜の街に関連する人々でした。全体の37%に上ります。  夜の街は地方でも問題になっています。これまで119人の感染者が確認された鹿児島県。そのうち少なくとも95人がショーパブ「NEWおだまLee男爵」でのクラスターとみられています。鹿児島県は8日から「接待を伴う飲食店」を対象に休業要請を行い、最大30万円の協力金を支払います。  都内でも新たな夜の街対策が打たれようとしています。豊島区が出した独自の休業要請案はこうです。まずホストクラブなどの全従業員にPCR検査を受けてもらいます。そこでクラスターが発生した場合、区として店に休業要請をします。要請に応じた店には協力金を支払い、その財源の支援を都に求めるものです。このピンポイントで行う休業要請に都も前向きな姿勢を示しています。ただ、ホストクラブからは店の存続を危ぶむ声が上がっています。池袋から他のエリアに客が流れることを危惧しています。  新たな様式に対応する“住宅”も販売されています。こちらの住宅ではテレワークのための部屋を完備。防音やWi-Fi環境も整っています。サラリーマンの切実な声をもと…
東京で67人感染 池袋で“夜の街”の感染者増加
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京で67人感染 池袋で“夜の街”の感染者増加  1日に東京都が確認した新型コロナウイルスの感染者は67人でした。夜の繁華街の感染者は、新宿区に加えて豊島区の池袋でも増加傾向であることが分かりました。  67人は緊急事態宣言が解除された後では最も多い人数です。東京都によりますと、67人のうち30代以下が約8割を占めています。夜の繁華街の接待を伴う飲食店の関係者は27人で、このうち10人は新宿区で感染が確認されました。一方、豊島区の池袋でも夜の繁華街で13人の感染が明らかとなり、このうち11人は同じ店で働く従業員と客でした。この店ではこれまでに複数の感染者が確認されているほか現在、検査を受けている人もいて、さらに感染者が増える恐れがあります。
224人感染の東京都 隣県や区と感染防止策協議へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 224人感染の東京都 隣県や区と感染防止策協議へ  9日、東京都内でこれまでで最も多い224人の新型コロナウイルスの感染が確認され、小池知事は10日午後に隣接する3県の知事や夜の繁華街がある新宿区、豊島区の区長らと感染拡大を防ぐための協議をすることになりました。  東京都によりますと、依然として夜の繁華街での感染が多い一方で、職場や友人らとの会食で感染する人も増えています。ホストの男性が同居する母親にうつしたケースも確認されるなど、感染が夜の繁華街の外に広がりつつあります。こうした状況を受けて小池知事は10日、夜の繁華街がある新宿区と豊島区の区長らとさらに検査数を増やすことなど具体的な対策を話し合います。また、神奈川、埼玉、千葉の3県の知事とオンラインで協議して感染の拡大を防ぐ対策を話し合います。
「感染拡大要警戒」小池知事“夜の街”注意呼びかけ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「感染拡大要警戒」小池知事“夜の街”注意呼びかけ  東京都で新たに107人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。小池都知事は緊急会見を開き、今の段階を「感染拡大要警戒」と位置付けたうえで、“夜の街”に注意するよう改めて都民に呼び掛けました。
#136:ブスの寂しい夜のおかず
おぎやはぎの「ブス」テレビ #136:ブスの寂しい夜のおかず ▼「どうして私だけ誘われてないの…!!!」ブスが寂しさを感じる夜… ▼はちみつチーズ!手作り二郎系ラーメン!寂しい夜に作っちゃうブステロ飯SP! ▼「一生〇〇なのかな…」「おもんねーな!」ブスの寂しい夜の独り言…
#6 夜の教会で2人きり、今日は眠れるわけない
恋する♥週末ホームステイ 2019・秋「約束」 #6 夜の教会で2人きり、今日は眠れるわけない ▷関西女子×全国センバツ男子▷ 別れ際、『たくま』が『ここ』にした約束「夜の教会で待ってる」。ロマンチックなアプローチに揺れる『ここ』は翌日、『ともき』に今の気持ちを伝える。一方、『ともき』に一途に想いを寄せる『みーちゃん』も動き出す。
感染急増の埼玉県が独自要請 “夜の街”に注意喚起
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 感染急増の埼玉県が独自要請 “夜の街”に注意喚起  感染者が再び増加傾向にある埼玉県では8日午後4時から対策本部会議を開き、県民に対して独自の協力要請を行うことを決めました。  埼玉県・大野元裕知事:「県内の新規陽性者数は昨日、緊急事態宣言解除後最多となる27人を記録し、大変、憂慮するべき状況にあります。最近の県内における新規陽性者の特徴として、東京都内の繁華街で感染をしたり、さいたま市や越谷市内のいわゆる夜の街の接待を伴う飲食店で感染するケースが多数確認されるようになっています。感染者増加の原因がある程度把握できている今こそ、感染拡大を効果的に防いでいかなければならないと考えています。そこで県民の皆様に対して特措法、法律に基づき要請をさせて頂きますが、夜の繁華街において感染症対策が十分に取られていない店の利用を避けて頂きたいと思います。そして、同様に法律に基づき事業者の皆様に対しては感染症対策を徹底して頂きたい、この2点について要請を致します」  埼玉県はこれまでのような包括的な外出自粛や休業要請は行わず、十分な感染症対策が行われていない夜の街の利用を避けることを強く要請しました。  埼玉県・大野元裕知事:「密閉、密集、そして、密接のいわゆる『3つの密』を引き続き回避をして下さい。2点目は大人数での会食については自粛をお願いを致します。3つ目は特に高齢者、基礎疾患がある方につきましては都内への不要不急の外出を自粛して頂きたいと思います」  埼玉県では今月に入って入院患者が増えたことから、必要な病床数をフェーズ「1」から「2…
コロナ感染で10万円…金目的で検査?SNSで憶測も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 コロナ感染で10万円…金目的で検査?SNSで憶測も  「夜の街」を中心に感染が拡大する東京・新宿。9日までに約900人の感染が確認されています。そうしたなか、新宿区が打ち出した独自の対策が波紋を広げています。それが「感染したら10万円を支給」。感染によって働けなくなった人の生活を支援する目的で、見舞金として10万円を支給することを決めました。ところが…。  10代・飲食業「10万円もらえるんでしょ?いいな、欲しい!」  ネット上では「10万円目当てで、ホストが検査しているのでは!?」「夜の街の関係者が見舞金目当てに積極的に検査を行っているのでは?」といった臆測もみられます。これに対して新宿区は戸惑いの声を上げています。  新宿区新型コロナウイルス見舞金担当・井出修副参事:「(ネット上で)面白おかしく注目を集める発言で遺憾。それ本当にうわさに過ぎない。(感染者が出た夜の店の)従業員全員に検査を受けてもらう取り組みと見舞金の取り組みをドッキングして考える人も多い…」  新宿区によりますと、そもそも見舞金は医療従事者などへの支援が目的だったといいます。現在、支給が決まっているのは約240人で、その多くを医療従事者や公務員が占めているといいます。一方で、夜の街関係者が検査を受ける呼び水になっているのではないかという考えについては…。  新宿区新型コロナウイルス見舞金担当・井出修副参事:「副次的な意味で経済損失を被るのであれば尻込みする人もいるかもしれないし、(見舞金で)補填されるのならPCR検査を受ける意識を喚起する」  見舞金は緊急事…