「大学 野球 大会」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第7話 「二軍なのに一軍」
グラゼニ 第7話 「二軍なのに一軍」 第4の捕手・東光が一軍にあがってきた。32歳。年俸500万。大学時代スター選手として活躍し主将も務めたが、プロ入りしてからこれといった実績がない。この日も代打で結果を残せなかった。大学時代の親友でスポーツ紙のエース記者の北村が引退して就職することを勧めるが、東光はガンとして拒否する。翌日、スタメンで出場した東光の打棒が炸裂した。そしてリリーフで登板した夏之介とバッテリーを組んだ。
エピソード7
ワシントン・ハイツ~半人前のニューヨーカー~ エピソード7 [ 海外MTV の人気番組 ]フランキーとフレッドはワシントンハイツのアーティストたちが作品を発表するイベントを企画。ソロでは初舞台となるレイナは、別居中の父親が見に来てくれると知り大張り切りだ。エライザの経済的援助のおかげでジミーは野球に専念できているが、マイアミの大学への進学の件を黙っていたことでエライザとの関係にヒビが入り始める。
第12話 嘘つき!
メジャー 第4シリーズ 第12話 嘘つき! メンフィス・バッツは遠征12連戦で9勝3敗で東地区2位に。吾郎とサンダースが始めた意識改革も、選手たちに伝わりはじめた。同じころ日本では、小森が大学の野球部で練習に汗を流していた。だが、1年生の小森は球拾いばかり。ただ、155キロの速球で昨夏の甲子園をわかせたピッチャー・武内は別格の扱いだった…。
第1話 野球の故郷(ふるさと)へ
無料
メジャー 第4シリーズ 第1話 野球の故郷(ふるさと)へ メジャーリーグに挑戦するため、単身アメリカへ渡った吾郎。しかし、ロサンゼルスの空港に到着するなり、トラブルが!途方に暮れる吾郎を助けたのは、吾郎と同じくメジャー球団、サーモンズの入団試験を受けに来ていた日本人、八木沼だった。なんとか試験会場に着いた吾郎。しかし、待っていたのは思わぬ言葉だった。
第7話 度胸満点!
メジャー 第4シリーズ 第7話 度胸満点! クーガースを解雇され、テネシー州メンフィスにやって来た吾郎。空港で若い日本人女性とぶつかり、ひと揉めする隙にまた置き引きにあい、野球道具と紹介状を失ってしまう。気を取り直し、トライアウトを受けに3Aチーム、メンフィス・バッツのオフィスへ行った吾郎。そこではち合わせたのは、なんと先程揉めた女性だった!
第10話 無理じゃねえ
メジャー 第4シリーズ 第10話 無理じゃねえ オープン戦の終盤、快調に登板を重ねていく吾郎。英語もずいぶん上達している。そのころ日本では、高校の卒業式が…。海堂高校では、寿也たちプロへ進んだ選手がマスコミの注目を浴びる一方、吾郎不在の聖秀高校では、清水がソフト部の後輩たちに送られ、野球部では大河が田代や藤井たちを送り出しそれぞれの道へ…。
第23話 もう一つの決戦
メジャー 第4シリーズ 第23話 もう一つの決戦 吾郎とギブソン・ジュニアが、再戦を約束していた同じころ。日本のプロ野球は、ウォリアーズが優勝に王手をかけていた。だが、ここへきてブルーオーシャンズ3連戦に連敗。3戦目に本拠地での胴上げをかけることになった。オーシャンズの先発投手は、眉村。この試合には寿也と眉村の新人王争いもかかっていた!
エピソード11
ワシントン・ハイツ~半人前のニューヨーカー~ エピソード11 [ 海外MTV の人気番組 ]レイナは自立のためバイトと一人暮らしを始める。リコは俳優としての初仕事をゲット、弟フレッドはファッション工科大学に入学。JPは音楽プロデューサーから全米ツアーに参加できるかどうかの結果を聞く。皆が夢に向かって前進する中、自分だけ停滞しているように感じていたラドウィンもある決断を。それはフランキーにとっては辛いものだった...。
【全編】K-1甲子園2019~高校生日本一決定トーナメント~
K-1甲子園2019~高校生日本一決定トーナメント~ 【全編】K-1甲子園2019~高校生日本一決定トーナメント~ 2019年8月4日(日)に東京・GENスポーツパレスで行われた 「K-1甲子園2019~高校生日本一決定トーナメント~」「K-1 カレッジ 2019~大学生日本一決定トーナメント~」 優勝者には、K-1 JAPAN GROUPが主催するプロイベントにて、プロデビューする権利が与えられる大会をAbemaTVがお届け!!
K-1 OUTSTANDING #25
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #25 2度目の開催となったK-1大阪大会で、関西出身ファイターが続々参戦。復活を期す京都出身、“GOLDEN FIST”山崎秀晃は神戸出身のハードヒッター平山迅と豪腕対決。大阪出身で関西の大学に在学中の篠原悠人は、同じ大学の先輩にあたる大阪出身の川崎真一朗と対戦。地元の大声援を背に勝利の凱歌を上げるのは。