「大輝」の検索結果

今すぐ視聴する

#3 あの子のタイプは私が好きなカレ【ビデオ限定 Lilac #8】
無料
恋する♥週末ホームステイ 2020・冬「勇気」 #3 あの子のタイプは私が好きなカレ【ビデオ限定 Lilac #8】 ▷北海道・東北女子×全国センバツ男子▷ 最初のホームステイも終盤を迎えた2日目の午後。新メンバー女子“みく”の登場に心乱れる“かりん”。想いを寄せる“やまげ”にその不安をぶつける。一方、体調不良で午前中休んでいた“スタンリー”が合流。遅れを取り戻すように積極的に動き始める。
#4 気づいてる?君はアイツの話ばかりしてる。【ビデオ限定 Lilac #9】
恋する♥週末ホームステイ 2020・冬「勇気」 #4 気づいてる?君はアイツの話ばかりしてる。【ビデオ限定 Lilac #9】 ▷北海道・東北女子×全国センバツ男子▷ 週末だけのホームステイ2週目。安定カップル“かりん”と“やまげ”は2人の時間を積み重ねていくが“かりん”の心の中にはなんとも言えないモヤモヤが沸き立ち始める。一方、一途に“スタンリー”に想いを寄せる“おうた”に涙。一体なにが起きたのか?目まぐるしく動く高校生たちの恋は想像を超え始める。
#6 想定外の告白と残酷な宣告【ビデオ限定 Lilac #11】
無料
恋する♥週末ホームステイ 2020・冬「勇気」 #6 想定外の告白と残酷な宣告【ビデオ限定 Lilac #11】 ▷北海道・東北女子×全国センバツ男子▷ 最後の週末ホームステイの前日、男子から女子への「中間告白」が行われる。『ゆうな』『はるみ』『たくま』の三角関係が大きく動く。そして迎えた最終日前日、告白ルールに関して“想定外”の事態が。急激に動き始める高校生たちの恋にどんな結末が待っているのか?
#7 気持ち、届かないよ。声、小さすぎて。
恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」 #7 気持ち、届かないよ。声、小さすぎて。 ▷九州男子×東京女子▷ ▼「ティナを諦めたくない」2度目のサッカーで『そう』が『ティナ』に再アタック! ▼『かくと』と『りあ』が観覧車で急接近♡「手、つないでいい?」 ▷大阪男子×名古屋女子▷ ▼『スミレ』の助言が『しんや』を変える!?届かない『アンネ』への想いは届くのか? ▼「明日も誘っていいですか?」急接近の『はる』『まりくま』に『スミレ』が動く!
#8 中間告白!『第一印象はキミ』言われると意識しちゃう…
恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」 #8 中間告白!『第一印象はキミ』言われると意識しちゃう… ▷九州男子×東京女子▷ ▼「最初から気になってた。1人だけ輝いてたから」気づいてなかった好意に『ティナ』の心が動き出す。 ▼今、一番話したい男子に電話をかける『中間告白』。にやける男子&鬼凹む男子に二分される結果に…。 ▷大阪男子×名古屋女子▷ ▼“思ったよりガッシリしてる…”水着デートで男子が女子を鬼照れハグ♡ ▼『アンネ』じゃないと嫌やねん。『りお』『しんや』の三角関係がついに決着!?
#9 言わなくちゃ、この気持ち。カッコ悪くても。
恋する♥週末ホームステイ 2019・夏「秘密」 #9 言わなくちゃ、この気持ち。カッコ悪くても。 ▷九州男子×東京女子▷ ▼「一番話したかったから、ありがとう」ストレートな『アレク』に惹かれる『ティナ』 ▼温泉バックハグ!『りあ』&『かくと』はもはや安定?一方、『アル』に悲劇が... ▷大阪男子×名古屋女子▷ ▼大阪男子の中間告白!「アンネしか頭になかった」まっすぐな思いにキュン♥ ▼“言わなくちゃ、この気持ち”吹き荒れる恋の嵐!台風の目は『スミレ』
第2話 BORN THIS WAY
ナカノヒトゲノム【実況中】 第2話 BORN THIS WAY パカと名乗る謎の男の指示で、カウンターが一億をまわるまで様々なゲームのリアル実況を強いられることになったアカツキたち。今回は恋愛育成シミュレーションで、卵から産まれる女の子と学園のアイドルの仲を取りもつのがクリア条件。ゲームに参加したアカツキ・ヒミコ・アンヤ・マキノは協力し卵を温める。ひび割れた卵から生まれたのは……。
第3話 CLUMSY PRETENDER
ナカノヒトゲノム【実況中】 第3話 CLUMSY PRETENDER パカを追って、ゲノムタワーの進入禁止エリアに潜入したカイコクとザクロだったが、あっさりと見つかってしまった。ペナルティとして難易度Sのゲーム「ミミクリー・マンイーター殲滅」に全員強制参加させられることになったアカツキたち。いきなりタワー内に巨大な植物が現れ、その蔦は13番街のメンバーに擬態して襲いかかってくる。
第4話 DAYDREAM AND NIGHTMARE
ナカノヒトゲノム【実況中】 第4話 DAYDREAM AND NIGHTMARE 今回のゲームは祭りが行われている街での「鬼退治」。しかし、クリア条件は生贄として鬼にさらわれた村娘たちを“奪還”することだった。パカ曰く、戦闘になると全滅確定になるほど、鬼はチート級の強さをもっているらしい。アカツキたちは鬼の情報を得るため、街の長老・キハチの家を訪れるが、そのとき! アカツキを狙う刃物が光る。
第9話 HEAVEN WHITE AND HELL BLACK
ナカノヒトゲノム【実況中】 第9話 HEAVEN WHITE AND HELL BLACK ベッドで目を覚ますカイコク。そこはほかのメンバーが一億ビューを達成しないと出られない、落脱者の独房・白の部屋だった。一方、カイコクがいなくなったわけをパカに追及するほかのメンバーたち。カイコクに会わせない限り、今後ゲームはやらないと言うアカツキたちに、パカは敗者復活のチャンスを与える。
第10話 HOLD ON AND LET GO
ナカノヒトゲノム【実況中】 第10話 HOLD ON AND LET GO カイコクが白の部屋にあった隠し通路の先で出会ったのは、13番街のメンバーより前にこの島へ連れさらわれた、ナナミ・ヒロ・サクラの3人だった。彼らからこの島の情報を聞くカイコク。そのころ、アカツキたちはユズの指示のもと、白の部屋に通じる扉のパスワードを得るため、ピースの数が膨大なジグソーパズルを解いていた。
第12話 JOURNEY GOES ON
ナカノヒトゲノム【実況中】 第12話 JOURNEY GOES ON 好調に進んでいる13番街メンバーは、褒美としてボーナスステージにチャレンジできることに。その内容は配られたコインを様々なゲーム機で増やし、景品と交換するというものだった。景品はパカチューシャやパカンヅメなど、アカツキしか喜ばないガラクタばかり。だが、その中には「なんでもリクエストを叶える券」があった。
第51Q 全力でやってるだけなんで
黒子のバスケ 第3期 第51Q 全力でやってるだけなんで ウインターカップ準決勝進出を決めた誠凛高校バスケットボール部。「キセキの世代」の青峰擁する桐皇学園、紫原擁する陽泉を立て続けに撃破し、すっかり注目校の一つとなった誠凛は、準決勝へ向けて決意を新たにする。黒子に背中を押され、氷室と和解するために場外へ出た火神は、男に絡まれる氷室とアレックスの姿を目にして助けに入る。その男は福田総合学園の灰崎祥吾。帝光中出身で、黄瀬が入部する以前は1軍スタメンだったというが…。
第52Q オレのもんだ
黒子のバスケ 第3期 第52Q オレのもんだ もうひとつの準々決勝、海常VS福田総合の試合が始まった。黄瀬にとって灰崎は、一度も勝てなかった因縁の相手。帝光中スタメンの一人だっただけあり、灰崎の実力は確かなものだったが、チームを省みない傍若無人な態度に海常メンバーは憤りを感じる。堅実なプレイで攻める海常だが、灰崎を止めることができない。さらに灰崎は見せつけるように森山の変則3Pを打ってみせる…! それは黄瀬の“コピー”に似て非なる灰崎の必殺技だった!
第59Q ナメんじゃねぇ!!
黒子のバスケ 第3期 第59Q ナメんじゃねぇ!! エース対決で白熱する誠凛対海常戦。攻守が逆転し、攻め上がる誠凛。「キセキの世代」と同じ才能を持つ最後の覚醒者…火神はその才能を開花しつつあった。その脅威を誰よりも感じ取る黄瀬。だからこそ絶対に負けたくない! しかし痛めた足を悪化させた黄瀬は、一度ベンチに下がることとなる。一気に誠凛有利の流れかと思われたが、エースを欠いた海常はチーム一丸となって粘り強さを見せる。さらに、紫原さえも止められなかった黒子のファントムシュートが、笠松によって破られた!
第60Q 勝つために
黒子のバスケ 第3期 第60Q 勝つために 誠凛対海常は後半戦に突入! 驚異的な成長を見せる火神は、海常のダブルチームをものともせず、エース黄瀬を欠いた海常を圧倒していく。海常は気迫で誠凛に追いすがるも、誠凛の流れは止められずその差は次第に開いていく。絶体絶命と思われたその時、ついに黄瀬がコートに戻ってきた! 黒子もそれに合わせるかのようにコートに戻る。出るなりパーフェクトコピーで猛攻する黄瀬に、黒子のイグナイトパス廻でカウンターを仕掛けるが、ブロックされてしまい…。
第61Q 今度こそ
黒子のバスケ 第3期 第61Q 今度こそ エース黄瀬の復帰により猛追する海常。観客たちはその懸命な姿に沸き上る。海常応援ムードに包まれる会場。そのプレッシャーは誠凛にとって初めての経験だった。苦しい状況の中ミスが相次ぐ。さらに火神のディフェンスがファウルに…。しかし、火神は観客からのブーイングを激しい闘志で振り払う! その強い心に触れ、チームは落ち着きを取り戻すことができた。そして黒子がついに黄瀬のパーフェクトコピー攻略の糸口を見つける…!
第65Q 僕らはもう
黒子のバスケ 第3期 第65Q 僕らはもう 「キセキの世代」の活躍によって、帝光バスケ部は全中二連覇を達成する。しかし、周囲との力の差は広がるばかり。才能を持て余した「キセキの世代」同士の関係にも亀裂が生まれ始めていた。練習をさぼるようになった青峰。さらには紫原までが反発し、赤司に1on1対決を提案してきた。受けてたった赤司だが、圧倒的な強さの紫原に追い詰められてしまう。これまで何事にも勝ち続けてきた赤司が、初めて意識した「敗北」。その瞬間、赤司の中に眠っていた何かが目覚める…!
第66Q 勝利ってなんですか?
黒子のバスケ 第3期 第66Q 勝利ってなんですか? 中学3年生になり3度目の全中制覇に向けて始動した黒子たちだが、もはや敵なしの「キセキの世代」にとって勝利はただのノルマでしかなくなっていた。退屈を紛らわすために、公式の試合中に点取り合戦を始める青峰たち。そんな態度でも、チームは圧倒的な強さで全中本選を勝ち進む。一方、荻原率いる明洸中も着実にコマを進め、ついに帝光中との決勝戦の切符を勝ち取った。しかし、準決勝で負傷した黒子は決勝戦を欠場。赤司に「全力で戦ってほしい」と託すが…。
第68Q 最高じゃねーの?
黒子のバスケ 第3期 第68Q 最高じゃねーの? ゾーンに入った火神のスタミナ切れを恐れたリコは、一旦黒子を下げ、ディフェンスを2年生メインで強化し、火神をオフェンスに専念させる作戦に出た。しかし自ら火神のマークについた赤司は、ゾーン状態の火神の攻撃すらもエンペラーアイによって押さえ込んでしまう。再び黒子が戻っての攻撃。黒子のパスでボールをつなぐ誠凛だが、ことごとく洛山の守備に阻まれてしまう。洛山メンバーには、「影」であるはずの黒子の姿が見えているようで…。
第69Q 奇跡は起きない
黒子のバスケ 第3期 第69Q 奇跡は起きない 謎に包まれていた黛の能力がついに明らかになった。黒子と同じ特性を持ち、ミスディレクションを武器とする洛山の「幻の6人目(シックスマン)」。しかも自らシュートを決めることもできる“新型”ともいうべき実力を持っていた。思わぬ伏兵に攻めあぐねる誠凛。リコは降旗を赤司のマークに付けて揺さぶりをかけるが…。点差を縮めるためには、オフェンスでも勝負を仕掛けるしかない。アウトサイドの要・日向と実渕、インサイドの要・木吉と根武谷が激しくぶつかり合う!
第70Q 覚悟の重さ
黒子のバスケ 第3期 第70Q 覚悟の重さ 誠凛VS洛山戦は第3Qに突入。誠凛は諦めることなく、スコアラーの日向と火神に希望を託す。しかしわずかな希望すらも赤司は摘み取ろうとしていた。その矛先は日向に。攻める気持ちを逆手に取るような実渕のシュート「地」の罠にかかりファウルを取られた日向は、審判に反論し痛恨の4つ目のファールを取られてしまう。絶体絶命のピンチの中で、再び黒子がコートに立つ。「影の薄さ」という武器を失った黒子に勝算はあるのか?! 新旧「幻の6人目(シックスマン)」黒子と黛が対決する!
第73Q 諦めませんか
黒子のバスケ 第3期 第73Q 諦めませんか チームメイトを見限った赤司は、自らの力でゾーンに入り、オフェンスだけでなくディフェンスまでも一人でこなし始めた。その圧倒的な強さに対抗しようと焦るあまり思うように動けない火神に、黒子はふたりで赤司と戦うことを提案する。その言葉の通り、火神の動きを読んで逆方向へと動いた黒子が、ついに赤司を止めることに成功する。それはまさに、ふたりの力を合わせた擬似「天帝の眼(エンペラーアイ)」だった! そして、光と影の連携に追い詰められた赤司に変化が現れ…?!
第26Q こんな所で会うとはな
黒子のバスケ 第2期 第26Q こんな所で会うとはな 誠凛高校バスケ部は、ウィンターカップでの『キセキの世代』との全面戦争へ向けて、激しい練習を積んでいた。そんなある休日ストリートバスケの大会に参加した黒子たちは、会場で火神のアメリカ時代の兄貴分・氷室辰也と出会う。かつてともにバスケを学び、技術を競い、決着をつけられないまま別れてしまった因縁の相手に対し、煮え切らない態度を見せる火神。そんな火神だが…? さらにそこへ、氷室と同じく陽泉高校バスケ部に所属する『キセキの世代』紫原敦が現れる。
第28Q 始動!!!
黒子のバスケ 第2期 第28Q 始動!!! いよいよウィンターカップ予選が始まった。誠凛の初戦の相手は、大型新人センター・鳴海を擁し、インサイドに強い丞成高校。火神を徹底マークしインサイドを封じにかかってくる丞成。しかし誠凛のインサイドは、木吉の復帰により遥かにパワーアップしていた。木吉は久しぶりの試合で浮かれつつも、ポイントガード並のパスセンスと、相手の出方を見てから手を変える「後出しの権利」を駆使し『無冠の五将』と呼ばれる実力を遺憾なく発揮。それを見た黒子、火神ももちろん黙ってはいない!
第29Q 答えはひとつに決まっている
黒子のバスケ 第2期 第29Q 答えはひとつに決まっている ウィンターカップ東京代表二校を決める決勝リーグの出場校四校が出そろった。まず誠凛は王者泉真館を撃破。また緑間擁する秀徳高校も霧崎第一を難なく下すが、霧崎の一軍メンバーは、秀徳戦には出場せず誠凛戦を観戦・分析していた。霧崎を率いるのは、『無冠の五将』の1人である花宮真。「悪童」と呼ばれるその理由は…? そしてついに誠凛と秀徳の運命の再戦が始まる。インターハイ予選での敗北を機に、火神を完全にライバルと認めた緑間は、ただならぬ闘志を漂わせていた…!
第30Q 待ってたぜ
黒子のバスケ 第2期 第30Q 待ってたぜ 第2クォーターに入ってもひたすら続く、緑間のシュートを火神がブロックする、という光景。振り切られまいと粘る火神に対し緑間が見せたプレイは、かつての彼では有り得ないプレイスタイルだった。これにより飛躍した秀徳のチームとしての力が誠凛に襲い掛かる! しかし誠凛も木吉加入によるインサイド強化と、高速パス回し・ラン&ガンスタイルの進化で、ハイペースな点の取り合いに持ち込む。そして迎えた第3クォーター。新生・緑間を相手にし続けている火神の体力は限界に近づいていた…!
第31Q とうの昔に超えている
黒子のバスケ 第2期 第31Q とうの昔に超えている 第3クォーター終了直前、誠凛は切り札として黒子を投入。黒子は、緑間、高尾を新技バニシングドライブでブチ抜き、連続得点に繋げ、同点にまで追いついた。第4クォーターも、高速パスワークに黒子が加わることによる、変幻自在のラン&ガンスタイルで勝負するが、秀徳・緑間も限界を超えてなおも3Pを放ち続ける。一進一退の攻防は、誠凛の1点ビハインドの残り2秒、木吉がディフェンスファウルを得る。勝敗の行方は木吉のフリースロー2本に託された…!
第36Q ふざけるな
黒子のバスケ 第2期 第36Q ふざけるな 日向、リコらの説得を受け、満身創痍の木吉はベンチに下がった。両チームの激しいせめぎ合いが続く中、花宮に対する怒りに囚われていた日向は、木吉との約束が「花宮を倒すこと」ではなく「日本一になること」だったと気付き、ついに本来の実力を取り戻す。止まらない日向の3Pをきっかけに、完全に勢いに乗った誠凛は逆転に成功。しかしそんな想いのこもった猛攻をもあざ笑う「悪童」花宮の卑劣なプレイに、ついに黒子が…!
第39Q ムダな努力だ
黒子のバスケ 第2期 第39Q ムダな努力だ 試合開始早々、青峰の攻撃で先制した桐皇に対し、誠凛も黒子の新技『イグナイトパス廻』や木吉の『後出しの権利』で対抗するが、桐皇の地力の強さをなかなか上回ることができない。白熱するかと思われた火神と青峰のエース対決も、火神が攻め込もうとせず観客を驚かせる。さらに試合は日向と桜井の3ポイントシュートの打ち合いとなり、決め手にかけたまま同点で第1Qを終える。そして迎えた第2Q、先手を取るべく黒子は青峰に1ON1を挑む!