「大韓民国 映画」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第4話 再び心臓がときめく
ゴー・バック夫婦 第4話 再び心臓がときめく ナムギルは「お前を好きではない」と言いつつ、ジンジュが気になって仕方ない。一方、バンドはバレエの練習中に倒れた“初恋のひと”ソヨンを病院に連れていき、ストレスに苦しむ彼女を和ませてやる。そんな中、ジンジュはきもだめしイベントで梯子から落ちそうになったところをナムギルに助けられる。自分をかばって怪我をしたナムギルを気にかけるジンジュだが...。
第6話 自分らしくいる時が最も輝くのだ
ゴー・バック夫婦 第6話 自分らしくいる時が最も輝くのだ ジンジュは大学の学園祭でなりゆきから出店を手伝うことに。そんなジンジュを微笑ましそうに見守るナムギル。一方、バンドはソヨンと学園祭の催し物を楽しんでいた。そんな中、ミスキャンパスの学部代表がドタキャン。ジンジュは先輩から代打出場を頼み込まれてしまう。服が汚れていると断るジンジュに、ナムギルは新調の服を差し出し...。
第7話 ウソと偽りの間に真の気持ちがある
ゴー・バック夫婦 第7話 ウソと偽りの間に真の気持ちがある 学園祭の後、ジンジュに再び心がときめくバンドだが、彼女とナムギルが一緒にいるところに遭遇し、動揺を隠せない。そして、ジンジュのもとにはヒョンソクから誘いのメールが。彼に遊ばれていると知ったジンジュはバンドの話から、現代でヒョンソクがバンドをパシリにしていたことを知る。ジンジュはバンドの協力を得て、復讐に乗り出し...。
第8話 世の中に立ち向かう自分だけの武器
ゴー・バック夫婦 第8話 世の中に立ち向かう自分だけの武器 ジンジュに痛い目にあわされ、彼女の跡をつけるヒョンソク。危険を察したジンジュはバンドに連絡するが繋がらず、窮地に現れたのはナムギルだった。その頃、バンドは家出したソヨンから連絡を受け、彼女のもとへ。翌日ジンジュに会ったバンドは、「いつも必要な時にいない」と言われてしまう。そんな中、ソルが休学届を出し姿を消す。
第9話 私たちが愛した時間
ゴー・バック夫婦 第9話 私たちが愛した時間 バンドはいつもの仲間で旅行に行くことを思いつく。皆で楽しく過ごす中、結婚式がよみがえるジンジュとバンド。そんな中、旅行先にナムギルが現れる。ジンジュをはさみ、バンドとナムギルは敵対心むき出しに。その晩、散歩に出ていったジンジュを追いかけたナムギルは彼女をある場所に連れて行く。そこはジンジュとバンドの思い出の場所で...。
第10話 当たり前などない
ゴー・バック夫婦 第10話 当たり前などない 旅行の帰り道、ジンジュはソルの気遣いでナムギルの車で帰ることに。そんな2人が気に食わないバンド。翌日、生理痛でつらそうなジンジュを察したバンドは、薬を買って渡し、彼女の腰を叩いてやる。それは長年バンドがジンジュにやってあげていたことだった。ソヨンの公演の日、バンドはヒョンソクがジンジュを襲おうとしていたことを知り...。
第11話 こじれた心はほっとくと悪化する
ゴー・バック夫婦 第11話 こじれた心はほっとくと悪化する ジンジュの家を訪ね、泣きながら胸の内を吐露するバンド。そこに偶然顔を出したジンジュの母は、バンドに食事をしていけと家に招く。その晩、ヒョンソクに襲われた時の話になり、ジンジュとバンドは互いの本心を初めて知り、心揺れる。もう一度やり直すには指輪が必要だと気づいたバンドは、2人で買った思い出のペアリングを探し歩くが...。
最終話 愛する私の戦友よ
ゴー・バック夫婦 最終話 愛する私の戦友よ ジンジュをかばい、車に轢かれるバンド。動転するジンジュの姿を目にしたナムギルは、2人の関係に疑いを抱く。バンドを案じ病院に通うジンジュだが、回復後もバンドはジンジュを避け続ける。一方、母親のことでジンジュに慰められたナムギルは、改めて「お前が大好きだ」と話す。そんな中、ジンジュとバンドは愛息ソジンのことを思い出し...。
映画音楽の巨匠が91歳で死去 旭日小綬章も受章
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 映画音楽の巨匠が91歳で死去 旭日小綬章も受章  映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の音楽などで知られるエンニオ・モリコーネ氏が亡くなりました。  モリコーネ氏は1928年にローマで生まれ、500本以上の映画音楽に関わってきました。1987年に映画「アンタッチャブル」でグラミー賞を受賞した後、映画「ニュー・シネマ・パラダイス」の世界的大ヒットでその地位を確立しました。モリコーネ氏は転倒して足を骨折した後、治療を受けていたローマの病院で6日に亡くなったということです。去年には日本とイタリアの映画音楽による交流に寄与したとして旭日小綬章を受章しています。91歳でした。
映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)
映画ドラえもん 映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ) ある日、テレビのヒーローに憧(あこが)れたのび太は、みんなでヒーロー映画を創(つく)ろうと言い出す。ドラえもんは、ひみつ道具<バーガー監督(かんとく)>を出して、のび太たちが「銀河防衛隊(ぎんがぼうえいたい)」というヒーローになって宇宙(うちゅう)の平和を守るという映画を撮影(さつえい)し始めた。 ところがその時、地球に不時着(ふじちゃく)していたポックル星人のアロンに、本物のヒーローとまちがわれて一緒(いっしょ)に宇宙(うちゅう)へ行くことになってしまう……。