「天皇 おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

「女性天皇・女系天皇検討すべき」共産・志位委員長
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「女性天皇・女系天皇検討すべき」共産・志位委員長  日本共産党の志位委員長は今後の皇位継承問題について、女性天皇・女系天皇も検討すべきだという考えを示しました。  共産党・志位委員長:「女性、女系、ともに当然、検討すべきだ」  志位委員長は、女性宮家の創設や女性天皇を認める制度改正の検討を示した理由として「天皇の地位を定める国民の総意は男女平等であるべきだ」と説明しました。共産党はかつて天皇制廃止を掲げていましたが、2004年に党の綱領から「君主制の廃止」という方針を削除し、天皇の条項も含めて憲法を守る立場となっています。9日に衆議院は本会議で天皇陛下の即位を祝う「賀詞」を議決しましたが、共産党も賛成して全会一致となっています。
国民・玉木代表「女性天皇容認、女系天皇は慎重」
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 国民・玉木代表「女性天皇容認、女系天皇は慎重」  国民民主党の玉木代表は、今後の皇位継承問題について女性天皇を認めるべきだという考えを表明しました。  国民民主党・玉木代表:「女性天皇については過去も数例ありますので、その意味では事例があるという意味では、それも一つの伝統かなと思いますが。男系の伝統を変えるということについては、現時点では私達は慎重に考えています」  玉木代表は、女性宮家の創設や女性天皇を認める制度改正の議論を速やかに行って結論を出すべきだと述べました。一方で、女性天皇が即位した場合にその子に皇位継承を認める女系天皇については、過去に例がないことから認めることには慎重な考えを示しました。
天皇陛下の即位を祝う「賀詞」奉呈議決 衆院本会議
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 天皇陛下の即位を祝う「賀詞」奉呈議決 衆院本会議  衆議院は本会議で天皇陛下の即位を祝う「賀詞」の奉呈を議決しました。  大島衆議院議長:「天皇陛下におかせられましてはこの度、風薫る良き日にご即位になりましたことは誠に慶賀に堪えないところであります。天皇皇后両陛下のいよいよの御清祥と令和の御代の末永き弥栄をお祈り申し上げます」  衆議院は本会議で天皇陛下の即位を祝う賀詞を全会一致で議決しました。天皇陛下の即位から間を置かずに賀詞を議決するのは憲政史上初めてのことです。参議院でも来週、賀詞を議決する見通しです。
ノーカット版 在位30年 天皇陛下「おことば」
無料
Abema最新NEWSはここでチェック! ノーカット版 在位30年 天皇陛下「おことば」 天皇陛下在位30年記念式典で、「天皇としての務めを行うことができたのは幸せなこと」と、天皇陛下が自らの思いを述べられた。
天皇陛下の即位を祝う「賀詞」 参議院本会議で議決
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 天皇陛下の即位を祝う「賀詞」 参議院本会議で議決  参議院は本会議で天皇陛下の即位を祝う「賀詞」の奉呈を議決しました。  賀詞起草特別委員会・末松委員長:「天皇陛下におかせられましては、風薫る良き日にご即位されましたことは誠に歓喜に堪えないところであります。天皇皇后両陛下がご清祥であられ、令和の時代が悠久の歴史に新たな希望と光を添えるものとなりますよう心からお祈り申し上げます」  参議院は本会議で天皇陛下の即位を祝う賀詞を全会一致で議決しました。これに先立ち、衆議院でも9日に賀詞が議決されました。
天皇ご一家と上皇ご夫妻が令和初の夕食会
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天皇ご一家と上皇ご夫妻が令和初の夕食会  天皇ご一家は上皇ご夫妻の住む吹上仙洞御所を訪れ、夕食をともにされました。  11日午後7時ごろ、天皇皇后両陛下と長女の愛子さまが皇居の半蔵門に居合わせた人たちに車から笑顔で手を振って皇居に入られました。夕食会はプライベートなもので、天皇ご一家が吹上仙洞御所を訪れて上皇ご夫妻と食事をともにされるのは代替わり後、初めてです。即位に伴って続いた行事が一段落したことの報告や愛子さまの近況などが話題になったとみられます。陛下は即位した1日に皇后さまとともに上皇ご夫妻を訪ね、あいさつをされています。
天皇陛下が初のお田植え 上皇さまから受け継いだ苗
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天皇陛下が初のお田植え 上皇さまから受け継いだ苗  天皇陛下が即位後、初めて田植えをされました。  20日午後、天皇陛下は長袖シャツにズボン姿で長靴を履き、皇居内の水田でもち米の「マンゲツモチ」の苗20株を慎重な手つきで植えられました。その後、うるち米の「ニホンマサリ」の苗も植えられたということです。これらの苗は先月、上皇さまが自ら種もみをまかれたもので、宮内庁によりますと、約20センチと順調に育っているということです。皇居での田植えは農作業の伝承を目的として昭和天皇が始め、上皇さまが退位するまで続けたものを陛下が引き継がれました。
「勅使発遣の儀」 即位の礼などの日程を報告へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「勅使発遣の儀」 即位の礼などの日程を報告へ  即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい)の期日を伊勢神宮などに報告するため天皇陛下が使いを派遣する儀式「勅使発遣の儀」が皇居・宮殿で行われました。  8日午後2時すぎ、冠に御引直衣(おひきのうし)と呼ばれる装束に身を包んだ天皇陛下が宮殿「竹の間」に入られました。伊勢神宮に派遣される装束をまとった勅使が即位の礼と大嘗祭の期日を記した文書を受け取ると、陛下は「よく申して奉れ」と述べられたということです。その後、神武天皇陵や昭和天皇陵への勅使も文書を受け取り、儀式は約20分で終了しました。一方、宮内庁は大嘗祭で使われる米を収穫する水田を決める「斎田点定の儀」で使う道具を公開しました。大嘗祭では天皇陛下が2つの地方の水田で収穫された米を食べ、国の安寧を祈ります。2つの地方は13日に甲羅を焼いて入った亀裂の形を見る「亀卜(きぼく)」という占いで決まります。甲羅はウミガメの捕獲が認められている東京・小笠原村で調達され、厚さ1ミリほどに加工されているということです。
天皇即位記念で「1万円金貨」と「500円銅貨」発行へ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 天皇即位記念で「1万円金貨」と「500円銅貨」発行へ  天皇陛下の即位を記念した硬貨が作られます。  発行される記念硬貨は額面が「1万円」の金貨と「500円」の銅貨の2種類で、1万円金貨の表面には「鳳凰(ほうおう)」とめでたいことの前兆として現れる雲を意味する「瑞雲(ずいうん)」が、500円銅貨の表面には奈良時代から天皇が即位される時に使われてきた「高御座(たかみくら)」がデザインされます。裏面の図柄はともに「菊花紋章」と天皇皇后両陛下のお印である「梓とハマナス」となっています。1万円金貨は5万枚が発行され、製造コストなどを含めて1枚14万555円で販売されます。500円銅貨は500万枚を発行し、10月に金融機関の窓口で普通の500円と交換できる予定です。
天皇陛下が即位後初の「内奏」 総理が内外情勢報告
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天皇陛下が即位後初の「内奏」 総理が内外情勢報告  天皇陛下が即位後、初めて総理大臣から国内外の情勢について報告を受けられました。  天皇陛下は14日午前10時前、安倍総理大臣との面会のためにお住まいの赤坂御所から車で皇居に入られました。同じころ、別の門から安倍総理も皇居に入りました。宮内庁によりますと、面会は午前10時から、宮殿・鳳凰(ほうおう)の間で総理と陛下だけで行われました。こうした面会は「内奏」と呼ばれ、総理が陛下に国内外の情勢について報告することが目的で行われます。14日の面会の詳しい内容については明らかにされていません。新元号の決定前後にも安倍総理は当時、皇太子だった陛下に複数回、面会しましたが、即位後は初めてです。
陛下も留学中に訪問 ロンドンの漱石記念館が再開
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 陛下も留学中に訪問 ロンドンの漱石記念館が再開  天皇陛下も訪れたロンドンの漱石記念館が再びオープンしました。  「ロンドン漱石記念館」には長年研究を続けてきた恒松郁生さんが集めた1万点以上の資料が収められています。前身の記念館にはイギリス留学中の天皇陛下も訪れましたが、3年前に閉館していました。しかし、要望が相次いで恒松さんが自宅をリフォームし、再開に至ったということです。
皇后さま「おすべらかし」と伝統衣装 初の宮中祭祀
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 皇后さま「おすべらかし」と伝統衣装 初の宮中祭祀  8日、即位後初めての宮中祭祀(さいし)に臨まれた天皇皇后両陛下ですが、皇后さまの拝礼の様子が入ってきました。  8日の儀式は皇室の祖先や神々を祭る宮中三殿で、秋の即位の礼や大嘗祭(だいじょうさい)の日程を報告するものです。午前、天皇陛下に続いて皇后さまも拝礼されました。皇后さまは「おすべらかし」と呼ばれる髪形に結い、薄い緑色の生地を外側に着て、何枚も服を重ねた装束姿で臨まれました。穏やかな表情でゆっくりと足を進め、賢所の奥で深く一礼されたということです。
令和初の「信任状捧呈式」 着任大使が馬車で皇居へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 令和初の「信任状捧呈式」 着任大使が馬車で皇居へ  新任の外国大使と会う儀式に即位後、初めて臨まれました。  16日午前10時ごろ、ルクセンブルクの大使を乗せた馬車列がJR東京駅を出発して皇居に向かいました。新しく日本に着任した外国の大使が本国からの信任状を天皇陛下に手渡す「信任状捧呈式(ほうていしき)」は、憲法に定められた天皇の国事行為の一つです。陛下は、宮殿の「松の間」でルクセンブルクとブルネイの大使からそれぞれ信任状を受け取り、大使らと握手を交わされました。陛下は皇太子時代、上皇さまの外国訪問や入院の際に臨時代行としてこの儀式に臨まれています。
陛下から秋篠宮さまに 「みどりの愛護のつどい」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 陛下から秋篠宮さまに 「みどりの愛護のつどい」  秋篠宮さまが天皇陛下から引き継いだ公務「みどりの愛護のつどい」の式典に初めて出席され、皇嗣としてお言葉を述べられました。  秋篠宮さま:「新たな緑を創り出し、育てていくためには多くの人々がその大切さを理解し、幅広く運動に参加していくことが重要でありましょう」  みどりの愛護のつどいは緑化運動の推進を目的とした全国大会で、1990年の第1回は今の上皇ご夫妻が出席され、以降は天皇陛下が毎年、出席されてきました。代替わりに伴って今回から皇嗣の秋篠宮さまに引き継がれました。ご夫妻は式典の後、会場の植栽を担当した高校生らをねぎらい、ナシの木の記念植樹に臨まれました。
大嘗祭へ向けて「斎田点定の儀」 亀の甲羅で占う
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大嘗祭へ向けて「斎田点定の儀」 亀の甲羅で占う  秋の大嘗祭(だいじょうさい)で使われる米の生産地を決めるため、皇居ではカメの甲羅を焼く「亀卜(きぼく)」と呼ばれる占いの儀式が行われました。  即位に伴って11月に行われる大嘗祭で、天皇陛下は2つの地方で収穫された米を食べて国の安寧を祈られます。この2つの地方を決める「斎田点定の儀」が13日午前10時から約40分間、宮中三殿のうち、国中の神々を祭る神殿で行われました。儀式の詳細は明らかにされていませんが、加工したカメの甲羅を火であぶってできた亀裂の形などから吉凶を占う「亀卜」により、生産地となる都道府県が決まったということです。公表は午後になる見込みですが、天皇陛下は結果の報告を受けるため赤坂御所を出て皇居に入られました。
集団提訴!「同性婚」は憲法違反か?
無料
みのもんたのよるバズ!【土曜よる8時〜生放送】 集団提訴!「同性婚」は憲法違反か? 今週のよるバズは... ■憲政史上、初めて生前退位された天皇陛下。最後の「お言葉」は閣議決定されたもので、「譲位」という表現はなかった。陛下自らの意思で皇位を譲ると、天皇の国政関与を禁じた憲法4条に触れるからだ。今回は皇室典範特例法による一代限りの「退位」。しかし、菅官房長官は将来も特例法で退位を認める可能性に言及した。新天皇が、皇位の証である剣や勾玉などを受け継ぐ「剣璽等承継の儀」。列席できるのは皇位継承資格のある成年皇族だけで女性皇族の姿はなかった。一方、菅長官は女性宮家創設など皇族減少対策について、秋以降、本格的に検討する考えを示した。 ■今年2月、全国13組の同性カップルが国に損害賠償を求める集団提訴に踏み切った。憲法24条は「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立する」と規定しているが、原告は憲法14条「すべての国民は法の下に平等」に違反すると主張する。立憲民主党がまとめ、他の野党とともに国会に提出した「LGB法案」は、国や自治体・企業に「差別禁止」を求め、学校長にも「相談体制の整備」を義務付けるものとなっている。一方、自民党特命委員会で稲田朋美議員らが検討している「LGBT法案」は、「性的志向に関する多様性についての理解増進法」で、「同性婚やパートナーシップ制度とは一線を画した考え」だという。
29年ぶりの“亀甲占い” 大嘗祭の米産地が決まる
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 29年ぶりの“亀甲占い” 大嘗祭の米産地が決まる  宮内庁は13日に秋の大嘗祭(だいじょうさい)で使われる米の生産地を決める儀式を行った。選ばれたのは、栃木県と京都府だ。  大嘗祭は天皇陛下の即位に伴って行われる儀式。2つの地方で収穫された米を食べ、国の安寧を祈るという宮中祭祀(さいし)だ。代替わりを受けて今年11月、29年ぶりに大嘗祭が執り行われる。  この大嘗祭に向けて13日に行われたのは「斎田点定の儀」。「亀卜(きぼく)」という占いで米を作る田んぼ「斎田」を設ける2つの都道府県を決める。この占いに使われるのは厚さ1ミリほどに加工したアオウミガメの甲羅で、これを火であぶってできた亀裂の形を見るという。この結果、栃木県と京都府が選ばれた。天皇陛下はこの結果の報告を受けるため、皇居に入られた。  選ばれた栃木県の福田富一知事は。  栃木県・福田富一知事:「那須連山や日光連山の良質な水でおいしいお米が県内各地で採れている」  京都の西脇隆俊知事は。  京都府・西脇隆俊知事:「秋には滞りなくお納めできるようしっかりと取り組んでいきたい」  どの水田にするのかはそれぞれの調整を行い、選定することになる。前回、平成の代替わりの際に選ばれたのは秋田県と大分県。秋田では、あきたこまちを作る農家の田んぼが選ばれたが、その連絡が入ったのは収穫の儀式が行われる1カ月ほど前のことだったという。収穫の儀式の前日にはおはらいなどの神事、そしてその翌日には「斎田抜穂の儀」が行われ、大嘗祭で使う米が収穫された。
「支えてくれた国民に心から感謝」天皇陛下のお言葉
無料
AbemaTV×Twitter特番!平成から令和へ 25時間テレビ 「支えてくれた国民に心から感謝」天皇陛下のお言葉 AbemaTVとTwitterが平成最後の日に初の本格タッグ!テーマは、#平成最後にありがとう。 平成から令和に変わる歴史的な1日を人々はどう過ごすのか、Twitterでバズった言葉やヒト、場所を生直撃! さらに、令和を彩る論客とAI、ネット、メディア、政治の未来も生討論。アベマで新元号を迎える歴史的瞬間をお届けします。
秋篠宮ご夫妻が鳥取へ 皇嗣として初の地方訪問
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 秋篠宮ご夫妻が鳥取へ 皇嗣として初の地方訪問  皇嗣の立場として初めての地方訪問です。  17日からの鳥取県への訪問は秋篠宮さまが皇位継承順位1位である皇嗣という立場になって初めての地方訪問です。秋篠宮ご夫妻は、鳥取砂丘の成り立ちを紹介する施設を視察したほか、県立の盲学校で生徒によるスポーツや楽器の演奏をご覧になりました。秋篠宮さまは目の不自由な生徒に歩み寄って「こんにちは、秋篠宮です」と手を握り、演奏の感想や練習の頻度を質問されていました。18日は、天皇陛下から引き継いだ「みどりの愛護のつどい」に出席し、お言葉を述べられる予定です。
「刺そうと思った」男 悠仁さまの机の上に刃物
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「刺そうと思った」男 悠仁さまの机の上に刃物  秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまの机に刃物が置かれているのが見つかった事件で、男は「刺そうと思った」と供述していることが分かりました。  長谷川薫容疑者(56)は先月26日、東京・文京区のお茶の水女子大学付属中学校に侵入した疑いが持たれています。秋篠宮ご夫妻の長男・悠仁さまの机の上からはピンク色に塗られた刃物が見つかりました。その後の捜査関係者への取材で、長谷川容疑者が「刺そうと思った」と供述していることが分かりました。取り調べに対し、容疑を認めています。これまで長谷川容疑者は天皇制を批判するような内容の供述をしていて、警視庁は悠仁さまに危害を加える目的だったとみて詳しく調べています。
終始和やかな雰囲気 即位後初めて外国大使と懇談
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 終始和やかな雰囲気 即位後初めて外国大使と懇談  天皇皇后両陛下が9日午前、今月で離任する中国の駐日大使と懇談されました。即位後に両陛下が外国の大使と懇談されるのは初めてです。  両陛下は午前11時から、お住まいの赤坂御所で今月で離任する中国の程永華駐日大使夫妻と懇談されました。宮内庁によりますと、懇談は20分余りで、終始和やかな雰囲気で行われたということです。両陛下が即位後に外国からの賓客や駐日大使らと懇談されるのは今回が初めてです。皇后さまの体調を考慮して当初、この懇談には陛下一人で臨まれる予定でしたが、朝の時点で体調に支障がなかったため、お二人そろっての懇談となりました。
上皇ご夫妻 即位の儀式無事終わり喜ぶご様子
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 上皇ご夫妻 即位の儀式無事終わり喜ぶご様子  宮内庁は退位された上皇ご夫妻の近況を明らかにしました。即位に伴う一連の儀式が無事に終わったことには喜ばれている様子だったということです。  宮内庁によりますと、上皇ご夫妻はお住まいの皇居・吹上仙洞御所で剣璽(けんじ)等承継の儀や一般参賀など即位に関する一連の行事をテレビを通じて見守られ、天皇皇后両陛下が無事に即位の行事を終えられたことを喜ばれている様子だったということです。退位後の生活については毎朝、皇居内を散策するなど規則正しい生活を送られ、即位30年にあたって全国から寄せられた記帳に目を通すなどゆっくり過ごされているということです。ご夫妻は24日には東京・新宿でコンサートを鑑賞される予定です。
百舌鳥・古市古墳群が世界遺産へ 地元大阪は歓喜
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 百舌鳥・古市古墳群が世界遺産へ 地元大阪は歓喜  大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」がユネスコの世界文化遺産に登録される見通しとなり、地元では喜びの声が広がっています。  世界遺産登録を応援するハニワ課長:「土器だけにドキドキしていた。ただただ感無量でした。言葉に表せない」  百舌鳥・古市古墳群は宮内庁が「仁徳天皇陵」としている国内最大級の前方後円墳など、大阪府南部の3つの市にまたがる49基からなる古墳群です。事前審査を行ってきたユネスコの諮問機関「イコモス」は13日に「登録が適当」と勧告し、来月の世界遺産委員会で正式に決定される見通しです。  堺市民:「前から言ってたんですよ。これ絶対に(世界遺産に)なるよって」「率直にうれしいです。本当にうれしいです」  百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に認められれば大阪府からは初となります。
F35B搭載計画の護衛艦「かが」 トランプ氏視察へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 F35B搭載計画の護衛艦「かが」 トランプ氏視察へ  今月下旬に来日するアメリカのトランプ大統領が海上自衛隊最大の護衛艦「かが」を視察する方向で最終調整していることが分かりました。  トランプ大統領は25日から28日にかけて、「令和」初の国賓として日本を訪問します。関係者によりますと、最終日に海上自衛隊の横須賀基地を安倍総理大臣とともに訪れ、護衛艦「かが」を視察する予定です。かがは今後、アメリカから購入する最新鋭のステルス戦闘機「F35B」を搭載し、事実上の空母として運用される計画です。両首脳がそろって視察することで、強固な日米同盟をアピールする狙いがあるとみられます。また、安倍総理とトランプ大統領は26日午前中に千葉県でゴルフをし、午後には大相撲5月場所の千秋楽を観戦する方向で調整が進められています。さらに、27日午前中に天皇皇后両陛下との会見、夜には宮中晩餐(ばんさん)会が行われる予定です。