「天皇 ニュース 10」の検索結果

今すぐ視聴する

天皇陛下の即位受け55万人に恩赦 18日に閣議決定へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 天皇陛下の即位受け55万人に恩赦 18日に閣議決定へ  天皇陛下の即位を受けた恩赦は55万人程度になるということです。  自民党・鈴木総務会長:「(政府側から)おおよそ55万人程度と見込まれるとの発言がございました」  22日に天皇陛下の即位に伴う「即位礼正殿の儀」が行われるのに合わせて恩赦が実施されます。対象者数については約55万人程度になるということです。昭和から平成への改元時は昭和天皇の「大喪の礼」で約1000万人、上皇さまの即位礼正殿の儀で約250万人が恩赦の対象となりました。政府は18日に閣議決定する方針です。
天皇皇后両陛下 即位の礼翌日に王族招き茶会
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天皇皇后両陛下 即位の礼翌日に王族招き茶会  宮内庁は23日、前日の即位の礼に参列した外国の王族を招き、天皇皇后両陛下が茶会を開かれると発表しました。  宮内庁によりますと、茶会は天皇皇后両陛下の主催で午後3時ごろからお住まいの赤坂御所で行われ、前日の即位礼正殿の儀に参列するために訪日した外国の王族が招かれます。皇族方も同席し、両陛下は王族からの即位のお祝いに対して直接、感謝の言葉を伝えられる予定です。平成の代替わりの茶会は当時の両陛下が国王など元首級の王族を、皇太子さまがそれ以外の王族を招き、2つの会場で同時開催されましたが、今回は皇族の減少などを考慮して1カ所で行われるということです。
更生保護70年で陛下がお言葉「関係者の努力に敬意」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 更生保護70年で陛下がお言葉「関係者の努力に敬意」  天皇皇后両陛下が、犯罪を犯した人や非行歴のある人の社会復帰などを助ける制度ができてから70周年の記念式典に出席されました。  天皇陛下:「人知れぬ苦労を重ねながら、地道にそれぞれの地域の力となり、献身的に更生保護を支えてきた多くの関係者の努力に深く敬意を表します」  両陛下は7日午後、東京・千代田区で「更生保護制度施行70周年記念全国大会」に出席されました。犯罪を犯した人や非行歴のある少年の社会復帰などを助ける活動に尽力してきたボランティアの人たちが表彰を受けました。両陛下は表彰された保護司らと20分ほど懇談し、会場を後にされました。
陛下の祝賀パレード 50台の車列でリハーサル
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 陛下の祝賀パレード 50台の車列でリハーサル  天皇陛下の即位を祝うパレードのリハーサルが皇居から赤坂御所までの実際のコースで行われました。  即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」は、22日に皇居から赤坂御所までの約4.6キロのコースで行われます。6日のリハーサルでは天皇皇后両陛下が乗られるオープンカーは使われませんでしたが、本番とほぼ同じ約50台の車両が長さ400メートルほどの車列を組んでコースを進みました。警視庁は周辺を交通規制して本番を想定した警備態勢を敷き、音楽隊は車列に合わせて演奏を始めるタイミングを確認しました。パレードは、陛下が国内外に向けて即位を宣言される「即位礼正殿の儀」の後、午後3時半から行われます。
即位祝賀パレードの工夫凝らしたオープンカー公開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 即位祝賀パレードの工夫凝らしたオープンカー公開  約2週間後に行われる天皇陛下の即位を祝うパレードを前に、皇居では当日に使われるオープンカーが報道陣に公開されました。  22日に行われる「祝賀御列の儀」では、天皇皇后両陛下を乗せたオープンカーが皇居から赤坂御所までの約4.6キロを走行します。7日に公開された車は、通常の御料車にも使われているトヨタの高級車「センチュリー」をオープンカー仕様に改造したものです。両陛下の姿が沿道から見えやすいように後部座席は前よりも4センチ高く、背もたれの角度は25度に固定されています。約8000万円の予算が計上されていて、先月末に内閣府に納車されました。宮内庁の管理のもと、皇居内で試験走行を行ってパレード当日に備えるということです。
全国からパトカー集結 「即位の礼」厳戒リハーサル
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 全国からパトカー集結 「即位の礼」厳戒リハーサル  本番直前、全国から東京にパトカーが集結しています。  22日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」には約200カ国の要人が参列するとみられ、滞在する東京都内のホテル周辺でも厳戒態勢が敷かれます。14日は儀式の翌日に晩餐(ばんさん)会が開かれるホテルや皇居で警備のリハーサルがあり、要人の車を警護しながらスムーズに移動できるかなどを確認しました。警視庁は22日、最高レベルの警備態勢である「最高警備本部」を20年ぶりに設置します。
両陛下が「即位礼正殿の儀」習礼 台風被害に心痛め
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下が「即位礼正殿の儀」習礼 台風被害に心痛め  即位の儀式まで1週間、両陛下が予行練習に臨まれました。  天皇皇后両陛下は15日午後2時ごろに皇居に入り、22日の「即位礼正殿の儀」を前に儀式の予行練習である「習礼」に臨まれました。両陛下は台風19号で多数の犠牲者や安否不明者がいることに大変、心を痛めていて、被災した人々の生活が早く元に戻ることを心から願われているということです。また、台風被害による即位の礼への影響について、宮内庁は「現時点では計画通り」としています。
「即位礼正殿の儀」 韓国は李首相の参列で最終調整
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「即位礼正殿の儀」 韓国は李首相の参列で最終調整  22日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に韓国からは文在寅(ムン・ジェイン)大統領ではなく、李洛淵(イ・ナギョン)首相が参列する方向で最終調整していることが分かりました。  日本政府関係者によりますと、李首相は式典に出席するほか、戦後最悪ともいわれる日韓関係を巡って日本側の要人との会談を検討しているということです。一方、文大統領は式典を欠席する見通しです。日本政府関係者は「文大統領が来日しても今の状況では安倍総理大臣との会談を行えない」と話していて、政権ナンバー2の李首相を通じて関係改善を模索する考えです。日韓関係は元徴用工訴訟をきっかけに対立が深まり、去年9月を最後に1年以上、首脳会談が行われていません。
栃木と京都の斎田で収穫 古式ゆかしく「新穀供納」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 栃木と京都の斎田で収穫 古式ゆかしく「新穀供納」  11月に行われる即位の儀式の大嘗祭(だいじょうさい)に使用される栃木県と京都府の斎田で収穫された新米が皇居に納められました。  大嘗祭では栃木と京都の2カ所の斎田で収穫された米を天皇陛下が食べ、国の安寧を祈られます。皇居・東御苑につくられた大嘗祭の会場「大嘗宮」では、15日午前10時ごろから先月に斎田で収穫された米を納める儀式「新穀供納」が行われました。儀式は栃木、京都の順で行われ、大嘗宮の一角にある「斎庫」と呼ばれる倉庫に米の生産者「大田主」が箱に入った米を納め、宮内庁職員が確認しました。その後、米は神職のおはらいを経て収納されました。大嘗祭は来月14日夕方から夜を徹して行われ、栃木の米は14日午後6時半から、京都の米は15日午前0時半からの儀式に使われます。
祝賀パレード見るなら…撮影のプロが薦めるポイント
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 祝賀パレード見るなら…撮影のプロが薦めるポイント  祝賀パレードが間近に迫りましたけど、どこで見ようかなと悩んでいる人も多いと思います。6日に行われたリハーサルでは、テレビ朝日取材部は8台のカメラを出して撮影しました。実際に取材した花田克治デスクがおすすめする場所はこちらなんです。  撮影ポイント。皇居から赤坂御所まで4.6キロに及ぶんですが、まず1つ目は「皇居とのコラボ」。二重橋前から国会の間です。皇居前の道を挟んだ場所から見ると、皇居を背景に走る車列を見ることができるんです。車の左側に乗られた皇后さまのお姿をよく見ることができます。ただ、少し遠いので良いカメラ(望遠)を持っていくと良いと思います。  2つ目のおすすめポイントは、「スマホで撮影OK」です。国会図書館前の通りです。ここは植え込みなど遮るものがないので、天皇陛下のお姿がよく見えます。ここだったらスマホでもバッチリ撮影できそうです。  そして、最後が「一体感を味わう」ならということで、赤坂御所に面した青山通りです。一番、人が多く集まる場所でかつ、直線道路ですので長い時間車列を楽しむことができます。
領土問題は日本と「同じ悲劇」 ウクライナ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 領土問題は日本と「同じ悲劇」 ウクライナ大統領  トランプ大統領のウクライナ疑惑で渦中にあるウクライナのゼレンスキー大統領がANNの取材に応じ、安倍総理大臣と会談した際に両国がロシアとの間に抱える領土問題について協議する考えを明らかにしました。  ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「(Q.日本は領土問題についてロシアにどう対処すべきか?)安倍総理と議論したい。どんな質問にも答える。もし、私の答えが総理の助けになれば大変、幸せだ」  ゼレンスキー大統領は10日にウクライナの首都キエフでANNのインタビューに応じ、北方領土問題を抱える日本と、ロシアによってクリミア半島を併合されたウクライナは「同じ悲劇を抱えている」との見方を示しました。そのうえで、天皇陛下の「即位の礼」に参列するため日本を訪問する今月後半に安倍総理と会談し、日本とウクライナが抱えるロシアとの領土問題について意見を交わす考えを示しました。  一方、トランプ大統領が大統領選挙のライバルであるバイデン前副大統領の息子の汚職疑惑を追及するようゼレンスキー大統領に圧力を掛けたとされる疑惑については、安倍総理と議論するかについて明言を避けました。