「天皇 ニュース 5」の検索結果

今すぐ視聴する

両陛下、「親謁の儀」で昭和、大正天皇陵を参拝
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下、「親謁の儀」で昭和、大正天皇陵を参拝  天皇皇后両陛下は即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい)が終わったことを報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨み、昭和天皇と大正天皇の陵墓を参拝されました。  両陛下は3日午前10時ごろ、東京・八王子市の武蔵陵墓地を訪問されました。墓地の前には多くの人が集まり、お二人は笑顔で応えられました。陛下と皇后さまはそれぞれ昭和天皇、大正天皇の順で参拝に臨み、玉串を捧げて一礼されました。親謁の儀は皇室の祖先とされる天照大神を祭る伊勢神宮や歴代天皇に報告する儀式で、両陛下は先週までに伊勢と奈良、京都での儀式を終えられました。4日は皇居・宮中三殿での親謁の儀に臨み、5月から続いた即位に伴うすべての行事が終了します。
愛子さまが18歳の誕生日 宮内庁が新たな映像公開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 愛子さまが18歳の誕生日 宮内庁が新たな映像公開  天皇皇后両陛下の長女・愛子さまが1日に18歳の誕生日を迎えられ、宮内庁が新たな映像を公開しました。  映像は高校3年の愛子さまが学校で習っているアフリカの地理について天皇陛下と話されている場面です。陛下は愛子さまにそれぞれの国やサハラ砂漠の位置などを説明されたということです。愛子さまは今年、天皇陛下の即位の一連の儀式をテレビなどで見て、伝統的な装束や華やかなパレードの様子を深い関心を持ってご覧になっていたということです。お住まいの赤坂御所では日頃、学校の課題や予習・復習などに励み、学校で経験したことを天皇皇后両陛下に話されているということです。愛子さまは来年3月に学習院女子高等科を卒業される見込みです。
誕生日の愛子さま、上皇ご夫妻に挨拶 笑顔で御所へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 誕生日の愛子さま、上皇ご夫妻に挨拶 笑顔で御所へ  天皇皇后両陛下の長女・愛子さまは1日に18歳の誕生日を迎え、午後に上皇ご夫妻にあいさつのため皇居を訪問されました。  愛子さまは午後4時ごろ、皇居に入って吹上仙洞御所の上皇ご夫妻に誕生日のあいさつをされました。誕生日にあたって宮内庁が公開した映像には、高校3年の愛子さまが学校で習っているアフリカの地理について天皇陛下と話されている場面が収録されています。愛子さまは今年、天皇陛下の即位の一連の儀式を深い関心を持ってテレビなどでご覧になっていたということです。
登山経験170回以上の陛下 日本山岳会の夕食会に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 登山経験170回以上の陛下 日本山岳会の夕食会に  登山が趣味の天皇陛下が、山にまつわる活動をする「日本山岳会」の夕食会に出席されました。  天皇陛下は7日午後5時すぎ、東京・新宿区のホテルに到着されました。夕食会は登山や植物の調査など山にまつわる活動をする日本山岳会が開いたもので、170回以上の登山経験を持つ陛下は1987年から会員になっています。陛下が会場に入ると、出席者約500人から拍手で出迎えられました。会場ではなじみの会員らと約3時間、懇談を楽しまれました。スポーツクライミングの関係者とは、来年のオリンピックの話題で盛り上がったということです。
一連の即位行事が終了 皇居賢所で「御神楽の儀」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 一連の即位行事が終了 皇居賢所で「御神楽の儀」  天皇皇后両陛下が即位の一連の行事を終えられました。  皇居では4日夕方、「御神楽の儀」が行われ、天皇陛下は剣と勾玉(まがたま)を携えて皇居に入られました。皇后さまは午前中の儀式から皇居にとどまり、儀式に臨まれました。御神楽の儀は5月1日から続いた即位行事の最後の儀式で、夕暮れのなか、天照大神を祭る賢所ではたいまつとあんどんに火が付けられ、陛下が黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)を着て拝礼した後、装束姿の皇后さまが拝礼されました。両陛下の参拝後は皇族方が賢所の前に進み、拝礼されました。
即位パレードのオープンカー公開 ナンバーの意味は
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 即位パレードのオープンカー公開 ナンバーの意味は  天皇陛下の即位パレード「祝賀御列の儀」で使用されたオープンカーの一般公開が28日から始まりました。この車は今後、どう使われるのか。新たに取り付けられたあるものがそれを示唆していました。  迎賓館の前でオープンカーを取り囲み、カメラで撮影したり、一緒に写してもらったり。祝賀御列の儀で天皇皇后両陛下が乗られたオープンカーが28日から来年1月5日まで公開されます。ナンバープレートはパレードの日付、11月10日を表しています。  ところで、このナンバープレート、パレードの際はオープンカーに付いていませんでした。8000万円の予算が用意されたこの車ですが、これまで祝賀御列の儀と伊勢神宮参拝で馬アレルギーの皇后・雅子さまが乗られただけです。今後、どう使っていくのか。新たなナンバープレートがそれを示唆していました。  これまでオープンカーには、皇室の車を示すメダルのような10番のプレートが付いていました。しかし、オープンカーの管理が宮内庁から内閣府に移されたためナンバーが替えられたのです。オープンカーは今後、政府が有効活用する方針で、東京オリンピック・パラリンピックの後のパレードの使用なども考えられるといいます。  一方、28日に両陛下が乗られた車は通常のナンバーではなく、フロント左に皇室の丸いナンバーが付いていました。京都市で明治天皇陵を参拝された陛下と雅子さま。午後には京都御所で関西各界の代表を招いた茶会が催されました。関西での日程を終えた両陛下は、まもなく東京に戻られます。
両陛下、宮中三殿に拝礼 きょう一連の即位行事終了
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下、宮中三殿に拝礼 きょう一連の即位行事終了  天皇皇后両陛下は4日午前と午後に皇居で行われる儀式をもって、即位の一連の行事をすべて終えられます。  午前8時ごろ、まず皇后さまが赤坂御所を出発されました。そして、その1時間後に天皇陛下が出発して皇居に入られました。午前は即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい)が終わったことを皇居の宮中三殿に報告される「親謁(しんえつ)の儀」が行われました。儀式は非公開で、陛下、皇后さまの順で拝礼されたということです。午後には宮中三殿のうち天照大神を祭る賢所で「御神楽の儀」が行われます。両陛下は再び装束を着て拝礼に臨まれます。この儀式をもって、5月1日から続いた即位の一連の行事がすべて終わります。
雅子さま、56歳誕生日「沢山の笑顔が大きな支えに」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 雅子さま、56歳誕生日「沢山の笑顔が大きな支えに」  9日、皇后・雅子さまが56歳の誕生日を迎えられました。この一年を振り返り、「日本各地で出会った笑顔が大きな支えになっている」との思いを文章で寄せられました。  9日は雅子さまの56歳の誕生日。それにあたり、雅子さまは一年の感想をつづられました。天皇陛下の即位に伴い様々な行事が行われた今年。国民が直接、お二人にお祝いの気持ちを伝える場面が幾度となくありました。  心が痛むこととして台風などの災害で多くの被害が出たことを挙げられました。  誕生日に際し、医師団からの見解も発表されました。皇后として今年、多くの行事に臨むことができたのは皇后陛下の努力によるところが大きいとしたうえで…。  医師団の見解:「本年は天皇陛下のご即位に伴う諸行事を中心に、特に強い責任感を持ってお務めに取り組んでこられましたが、これをもって過剰な期待を持たれることは今後のご快復にとって、かえって逆効果となり得ることをご理解頂ければと思います」
宮内庁長官に西村次長 山本氏の退任に伴い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 宮内庁長官に西村次長 山本氏の退任に伴い  宮内庁は山本信一郎長官が17日付で退任して、次長の西村泰彦氏が新しい長官に就任すると発表しました。  宮内庁長官への就任が決まった西村氏は、警視総監や内閣危機管理監を経て3年前から宮内庁の次長を務めています。退任する山本長官は2016年9月、上皇さまの退位の気持ちがにじんだビデオメッセージの1カ月後に宮内庁次長から長官に就任し、代替わりの儀式を宮内庁のトップとして担当しました。次長には元総務省大臣官房審議官の池田憲治氏が就任します。池田氏は天皇の側近である侍従職も経験しています。
今年の顔は?「変わり羽子板」 リーチ主将も登場
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 今年の顔は?「変わり羽子板」 リーチ主将も登場  1年を振り返る毎年恒例の「変わり羽子板」が披露され、今年のニュースを彩った時の人たちが続々と登場しました。  人形の久月が令和最初の変わり羽子板のモデルに選んだのは、5月に即位された天皇皇后両陛下やノーベル化学賞の受賞が決定した吉野彰さん、令和婚のビックカップルとして大きな注目を集めた小泉進次郎環境大臣と滝川クリステルさんら13人です。そのうち6人がスポーツ界から選ばれ、ラグビーワールドカップで日本代表のキャプテンを務めたリーチ・マイケル選手、全英女子オープンで優勝し「スマイルシンデレラ」の愛称で人気となった女子ゴルファーの渋野日向子選手など、今年活躍した顔ぶれがずらりと並びました。
秋篠宮さま 54歳の誕生日 上皇ご夫妻にあいさつ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 秋篠宮さま 54歳の誕生日 上皇ご夫妻にあいさつ  秋篠宮さまは30日に54歳の誕生日を迎えられ、午前に上皇ご夫妻にあいさつされました。  秋篠宮さまは午前11時ごろ、上皇ご夫妻へのあいさつのために皇居の吹上仙洞御所を訪問されました。続いて、赤坂御所で天皇皇后両陛下へのあいさつも予定されています。誕生日にあたっての記者会見で、秋篠宮さまは長女・眞子さまの結婚の延期が発表されてから来年2月で2年が経つことについて、「何らかのことは発表する必要があると私は思っております」と述べられました。また、眞子さまと「結婚のことについて話をする機会はありません」と話し、小室家との連絡は「私は取っておりません」と答えられました。去年の会見で「身の丈に合った儀式に」と言及した大嘗祭(だいじょうさい)の在り方については「気持ちは変わりません」と話されました。
皇后さまが56歳の誕生日 即位行事での祝福を感謝
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 皇后さまが56歳の誕生日 即位行事での祝福を感謝  皇后さまは9日、56歳の誕生日を迎えられました。即位の行事で国民から寄せられた祝福を「思いがけないほど本当に温かいお祝い」と表現し、感謝を述べられました。  皇后さまは一年の感想をつづった文書で「多くの国民の皆様から思いがけないほど本当に温かいお祝いを頂きましたことに心から感謝しております」「各地で出会ったたくさんの笑顔は、私にとりましてかけがえのない思い出として心に残り、これからの歩みを進めていくうえで、大きな支えになってくれるものと思います」と述べられました。天皇陛下には体調への気遣いに感謝を述べ、「健康の一層の快復に努めながら、皇后としての務めを果たし、ご一緒に国民の幸せに力を尽くしていくことができますよう努力して参りたい」とつづられました。
売り切れ続出“公衆電話” 手のひらサイズで6種類
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 売り切れ続出“公衆電話” 手のひらサイズで6種類  スマホ全盛のこの時代に公衆電話が売り切れ続出です。  6日朝、都内のカプセルトイ専門店。女性も男性もお客さんがひっきりなしです。補充しても補充しても足りないというガチャが手のひらサイズの公衆電話です。1971年に設置された赤電話から現在の公衆電話まで全6種類。  人気の理由はその精巧さ。受話器を外すことができ、フックも上下します。ボタンを押せてコインの返却口も開閉します。  日本に公衆電話が登場したのは明治時代。当初は硬貨でしか使えませんでしたが、後にテレホンカードが登場。どこの公衆電話も混んでいました。  1993年に登場したのは金色の公衆電話。天皇陛下のご成婚を記念して当時、25台だけ設置されたものです。これもミニチュアになりました。  開発のきっかけはNTT東日本からの提案。携帯電話の普及で公衆電話の利用が減り、去年の調査では約8割の小学生が使ったことがないことが分かったためです。災害時には有効な通信インフラ。子どもにも使えるようになってほしいというのが開発の理由です。  そんなミニチュア公衆電話。なかにはレアアイテムがあるそうで…。20年ほど前に登場した3人同時に通話できるデュエットホンです。現在、日本に3台ですが、貴重な1台が川崎市の中原区役所にありました。