「天皇陛下 おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

天皇陛下の即位受け55万人に恩赦 18日に閣議決定へ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 天皇陛下の即位受け55万人に恩赦 18日に閣議決定へ  天皇陛下の即位を受けた恩赦は55万人程度になるということです。  自民党・鈴木総務会長:「(政府側から)おおよそ55万人程度と見込まれるとの発言がございました」  22日に天皇陛下の即位に伴う「即位礼正殿の儀」が行われるのに合わせて恩赦が実施されます。対象者数については約55万人程度になるということです。昭和から平成への改元時は昭和天皇の「大喪の礼」で約1000万人、上皇さまの即位礼正殿の儀で約250万人が恩赦の対象となりました。政府は18日に閣議決定する方針です。
天皇陛下の即位パレード 11月10日に あす閣議決定
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 天皇陛下の即位パレード 11月10日に あす閣議決定  台風19号の甚大な被害を受けて延期されることになった天皇陛下の即位に伴う祝賀パレードは、来月10日に行われることが決まりました。今月18日の閣議で正式に決定します。
トルコ大統領の訪日中止 「即位礼」参列見送りへ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トルコ大統領の訪日中止 「即位礼」参列見送りへ  トルコのエルドアン大統領が天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて予定していた日本への訪問を中止することが明らかになりました。  トルコ大統領府は16日にANNの取材に対し、エルドアン大統領の訪日が中止になったと明らかにしました。エルドアン大統領は当初、天皇陛下が即位を内外に宣言する22日の即位礼正殿の儀に参列する予定でした。一方、トルコメディアはエルドアン大統領が22日にロシアを訪問すると伝えました。トルコ軍がシリア北部で進めているクルド人勢力への軍事作戦を含めたシリア情勢について、プーチン大統領と議論するとみられます。また、アメリカのペンス副大統領とポンぺオ国務長官が16日にトルコに向けて出発しました。事態の収拾のため、エルドアン大統領と会談する予定です。
装束は?予算はいくら? 「即位の礼」ポイント解説
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 装束は?予算はいくら? 「即位の礼」ポイント解説  22日に行われる天皇陛下の即位の行事。注目すべき3つのポイントについて、宮内庁担当・大山智由貴記者の解説です。
即位パレード突然の延期検討 なぜこのタイミング?
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 即位パレード突然の延期検討 なぜこのタイミング?  5日後に予定されていた天皇陛下の即位を祝うパレード。このギリギリのタイミングで政府は延期を検討していると発表しました。総理官邸から報告です。  (政治部・吉野真太郎記者報告)  (Q.延期の検討に突然入ったという事情に関して、どんな背景が考えられるか?)  必ずしも突然というわけではなかったようです。台風の被害が伝えられるなかでも複数の官邸関係者が「粛々と進める」とか「延期は考えていない」と表向きは話していました。ただ、別の関係者は「あらゆることを想定している」と話していて、水面下では延期も含めた検討を行っていたんです。政府高官によりますと、延期の方向にかじを切ったのは3連休明けの15日だったということです。  今回のパレードは憲法に定められた国事行為として内閣が主導して行われます。一連の天皇陛下の退位と即位、そして、式典の準備で安倍政権が重視してきたのは「多くの国民の納得感」という点です。「両陛下に笑顔で国民に手を振って頂いて良いのか」あるいは「両陛下のお姿を見たら被災地も勇気付けられるのではないか」という意見が政府部内でも聞かれました。最終的に安倍総理大臣自身が「多くの国民の納得感を得られる状況ではない」としてパレード延期の方向性を打ち出したものとみられます。
台風被害に陛下の思いは… 祝賀パレード日程いつ?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 台風被害に陛下の思いは… 祝賀パレード日程いつ?  22日に予定されていた天皇陛下の即位を祝うパレード。このギリギリのタイミングで政府は延期を検討していると発表しました。宮内庁前から報告です。  (社会部・大山智由貴記者報告)  (Q.陛下の思いや宮内庁の考えなどは情報として入ってきている?)  延期が決定ではないことから、天皇皇后両陛下のお考えや思いというのはまだ入ってきていません。ただ、両陛下は台風の被害について多数の犠牲者や行方不明者が出ていることに大変、心を痛めていて、対応に従事している関係者に対してもねぎらいの気持ちを持たれているということです。  また、天皇陛下は水の研究をライフワークとしていて、国連の会合や国際会議で何度も講演をされている、いわば「水害の専門家」でもあります。こういったことから、「パレードは大切な行事だが、被害が広範囲で出ているなか、両陛下が笑顔で手を振られる状況ではない」という話は以前から宮内庁内で聞かれていました。  皇居の内側は22日の一連の儀式の準備が大詰めを迎えていますが、延期検討の報道が出ると職員や作業中の業者に至るまで驚きが広がった一方、「早く日程を決めてほしい」という声もありました。  (Q.日程に関してはどんな話が出ている?)  日程がいつになるかについては、これから即位の関連行事を多く控えている宮内庁にとっても喫緊の課題と言えます。来月14日には飛鳥時代から続いているとされる皇室の最重要行事「大嘗祭(だいじょうさい)」があり、この前に即位の礼を行うという伝統が守られてきました…
あす即位礼正殿の儀 全国から警官集結し厳戒態勢
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 あす即位礼正殿の儀 全国から警官集結し厳戒態勢  天皇陛下の「即位礼正殿の儀」を22日に控え、東京都内は全国から警察官が集まり、厳重な警備態勢が敷かれています。  警視庁は22日、最高レベルの警備態勢である最高警備本部を設置して、皇居など重要施設の警備を強化します。パレードは来月10日に延期されましたが、要人が宿泊するホテルや皇居の周辺などでは22日と23日に大規模な交通規制が行われます。
全国からパトカー集結 「即位の礼」厳戒リハーサル
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 全国からパトカー集結 「即位の礼」厳戒リハーサル  本番直前、全国から東京にパトカーが集結しています。  22日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」には約200カ国の要人が参列するとみられ、滞在する東京都内のホテル周辺でも厳戒態勢が敷かれます。14日は儀式の翌日に晩餐(ばんさん)会が開かれるホテルや皇居で警備のリハーサルがあり、要人の車を警護しながらスムーズに移動できるかなどを確認しました。警視庁は22日、最高レベルの警備態勢である「最高警備本部」を20年ぶりに設置します。
即位宣言の「高御座」 皇居で組み立て完了 公開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 即位宣言の「高御座」 皇居で組み立て完了 公開  22日の「即位礼正殿の儀」で天皇陛下が即位を宣言される高御座(たかみくら)の組み立て作業が完了し、報道陣に公開されました。  皇居の宮殿「松の間」では、陛下が上がられる高御座と皇后さまの御帳台(みちょうだい)の組み立て作業が先月末に完了しました。22日の即位礼正殿の儀では、高御座の中央で陛下が即位を国の内外に宣言するお言葉を述べられます。高御座と御帳台は去年9月に京都御所から運ばれ、約半年かけて修繕されました。
美智子さま85歳の誕生日 朝の散策は上皇さまと今も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 美智子さま85歳の誕生日 朝の散策は上皇さまと今も  上皇后美智子さまが20日、85歳の誕生日を迎えられました。  上皇后さまの誕生日にあたり、宮内庁は5月に行われた天皇陛下の即位関連行事の写真を上皇ご夫妻がご覧になる様子を公開しました。上皇后さまは陛下が滞りなく務めを果たされていることを喜び、安心して日々を過ごされているということです。日課の朝の散策は上皇さまとともに続けていて、食事は3食必ず一緒に取られているということです。上皇ご夫妻は来年1月から3月末までに皇居を離れ、東京・港区高輪に一時的にお住まいを移される予定です。
上皇后さま85歳の誕生日 台風被害を受け祝賀は中止
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 上皇后さま85歳の誕生日 台風被害を受け祝賀は中止  上皇后・美智子さまは20日、85歳の誕生日を迎えられました。  誕生日にあたり、宮内庁は上皇ご夫妻が5月の天皇陛下の即位関連行事の写真をご覧になる様子を公開しました。お二人は陛下が滞りなく務めを果たしていることを喜び、安心して日々を過ごされているということです。20日は祝賀行事が予定されていましたが、台風19号の被害を受けて取りやめになりました。被害の状況についてご夫妻は他に比較できる災害の記憶がなく、大変、心を痛められているということです。
安倍総理が韓国首相と会談へ 24日を軸に最終調整
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 安倍総理が韓国首相と会談へ 24日を軸に最終調整  関係改善に向けて韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相と首脳会談を行う方向です。  安倍総理大臣:「我々は対話は常に続けなければならないと考えております。そういう機会について、我々は閉ざす考えは全くないわけでございます」  韓国の李洛淵首相は天皇陛下の即位に伴う「即位礼正殿の儀」に出席するため22日に来日する予定です。政府関係者によりますと、安倍総理との会談は24日の午前中を軸に最終調整が行われています。会談は10分程度の短時間のものとなる見通しです。
即位パレード 来月10日への延期を閣議決定
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 即位パレード 来月10日への延期を閣議決定  政府は18日朝の閣議で、22日に予定されていた天皇陛下の即位のパレード「祝賀御列の儀」を来月10日に延期することを決定しました。  延期となった最大の理由は台風19号の被害が深刻化していることです。政府高官は「多くの方が避難されているなかで、間を置くべきと考えた」と話しています。パレードのスケジュールは日が短くなることを考慮して30分、繰り上げます。午後3時に皇居を出発して、約30分かけて赤坂御所に向かいます。予備日は設定されず、来月10日に実施できなければ中止となります。
即位記念「500円」硬貨 菊花紋章などのデザインも
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 即位記念「500円」硬貨 菊花紋章などのデザインも  天皇陛下の即位を記念した特別な500円玉と交換できます。  記念硬貨は500万枚発行され、金融機関の窓口で500円分のお金と交換できます。硬貨には天皇が即位する時に使われてきた「高御座(たかみくら)」や「菊花紋章」などがデザインされています。記念硬貨は交換初日の18日は財務省が1人2枚までと制限していましたが、その後は各金融機関が交換できる枚数を判断しています。記念硬貨がなくなり次第、交換終了となります。また、自動販売機などでは使えないということです。
「即位礼正殿の儀」約55万人に恩赦実施を閣議決定
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「即位礼正殿の儀」約55万人に恩赦実施を閣議決定  天皇陛下が即位を宣言される来週の「即位礼正殿の儀」に合わせて、政府は恩赦を実施することを閣議決定しました。  政府は、交通違反などで罰金刑を受けた人が制限されている資格を回復する「復権」の政令恩赦を実施することなどを閣議決定しました。恩赦を受けられるのは罰金を納めてから3年以上が経過している人で、約55万人と見込まれています。法務省によりますと、8割が交通違反や交通事故で罰金刑を受けて運転免許の再取得を制限されている人などだということです。恩赦が実施されるのは1993年の天皇皇后両陛下のご結婚以来、26年ぶりです。
「即位礼正殿の儀」前に 皇居宮殿前の様子を公開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「即位礼正殿の儀」前に 皇居宮殿前の様子を公開  22日に行われる「即位礼正殿の儀」を前に宮内庁は準備が進められている皇居宮殿前の様子を19日朝、報道陣に公開しました。  天皇陛下が即位を宣言される正殿の建物には大きな階段が設置され、平安時代からの伝統とされる飾りの幕「帽額(もこう)」が取り付けられています。正殿の前の庭には「旛(ばん)」と呼ばれる旗を掛ける戟(ほこ)が立てられ、儀式で合図をするための楽器「鉦鼓(しょうこ)」も置かれました。参列者のスペースには椅子が並べられていて、平成の時の2倍にあたる30台のモニターも設置されています。即位礼正殿の儀は22日午後1時から行われ、陛下は各国の代表者らを前にお言葉を述べられます。
即位パレード延期を検討 台風19号の影響
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 即位パレード延期を検討 台風19号の影響  22日の天皇陛下の即位に伴う祝賀パレードを政府が延期する方向で検討を始めたことが分かりました。台風19号の甚大な被害を考慮したものとみられます。  祝賀パレードは22日午後に東京都内で行われる予定でした。コースは皇居から赤坂御所まで約4.6キロで、6日には約50台の車両が400メートルほどの車列を組んでリハーサルを行いました。12日に上陸した台風19号では12都県に大雨特別警報が発表され、全国64の河川の111カ所で決壊し、これまでに76人が死亡し、12人が行方不明になっています。政府は台風19号による甚大な被害を考慮したとみられます。
「即位礼正殿の儀」へ 陸自の部隊が予行演習
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「即位礼正殿の儀」へ 陸自の部隊が予行演習  22日に控えた天皇陛下の即位礼正殿の儀で敬意を表するために空砲を撃つ陸上自衛隊の部隊が予行演習を行いました。  皇居にある北の丸公園で静岡県の北富士演習場から来た陸上自衛隊の第1特科隊の隊員70人が即位の礼のために手順などの本番に向けた確認作業を行いました。礼砲はこれまでスペイン国王らが来賓で日本を訪れた時などに実施していて、敬意を表するために空砲を打つ任務です。当日の即位の礼の際は安倍総理大臣が万歳を言い終わった瞬間に1発撃ち、その後に4門の大砲で5秒間隔で空砲を撃ち続け、計21発を発射します。部隊はこの後、朝霞駐屯地に戻って本番に向けて備えるということです。
「即位礼正殿の儀」 韓国は李首相の参列で最終調整
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「即位礼正殿の儀」 韓国は李首相の参列で最終調整  22日に行われる天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に韓国からは文在寅(ムン・ジェイン)大統領ではなく、李洛淵(イ・ナギョン)首相が参列する方向で最終調整していることが分かりました。  日本政府関係者によりますと、李首相は式典に出席するほか、戦後最悪ともいわれる日韓関係を巡って日本側の要人との会談を検討しているということです。一方、文大統領は式典を欠席する見通しです。日本政府関係者は「文大統領が来日しても今の状況では安倍総理大臣との会談を行えない」と話していて、政権ナンバー2の李首相を通じて関係改善を模索する考えです。日韓関係は元徴用工訴訟をきっかけに対立が深まり、去年9月を最後に1年以上、首脳会談が行われていません。
両陛下 台風被害に心痛め… 即位パレード延期検討
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 両陛下 台風被害に心痛め… 即位パレード延期検討  22日に予定されておりました天皇陛下の即位を祝うパレード。このギリギリのタイミングで政府は延期を検討していると発表しました。10月22日の予定を確認します。午前中の宮中祭祀(さいし)、そして、世界各国から王族や首脳などが参列する即位礼正殿の儀までは予定通り行われるということです。ただ、午後3時半ごろから30分かけて行われることになっていた祝賀パレードについては今回、延期する方向で調整がされています。そしてその後、夜に予定されています世界各国の参列者とお祝いの食事をともにされる饗宴(きょうえん)の儀、こちらも予定通り行わるということです。そして、パレードが延期になったとしても22日が祝日であることには変更はありません。
栃木と京都の斎田で収穫 古式ゆかしく「新穀供納」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 栃木と京都の斎田で収穫 古式ゆかしく「新穀供納」  11月に行われる即位の儀式の大嘗祭(だいじょうさい)に使用される栃木県と京都府の斎田で収穫された新米が皇居に納められました。  大嘗祭では栃木と京都の2カ所の斎田で収穫された米を天皇陛下が食べ、国の安寧を祈られます。皇居・東御苑につくられた大嘗祭の会場「大嘗宮」では、15日午前10時ごろから先月に斎田で収穫された米を納める儀式「新穀供納」が行われました。儀式は栃木、京都の順で行われ、大嘗宮の一角にある「斎庫」と呼ばれる倉庫に米の生産者「大田主」が箱に入った米を納め、宮内庁職員が確認しました。その後、米は神職のおはらいを経て収納されました。大嘗祭は来月14日夕方から夜を徹して行われ、栃木の米は14日午後6時半から、京都の米は15日午前0時半からの儀式に使われます。
22日の即位パレード延期へ 饗宴の儀などは予定通り
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 22日の即位パレード延期へ 饗宴の儀などは予定通り  台風19号による甚大な被害を受けて政府は、22日の天皇陛下の即位に伴う祝賀パレードについて延期する検討に入りました。  安倍総理大臣:「パレードにつきましては今回の被災状況を踏まえて、延期する方向で検討しております。新たな日時については現在調整中であります」  祝賀パレードは22日の午後に東京都内で行われる予定でした。コースは皇居から赤坂御所まで約4.6キロで、6日には実際に車列を組んだリハーサルが行われていました。菅官房長官は会見で台風19号による被害拡大を受け、今週に入って延期する検討に入った説明しています。22日の午前中に行われる宮中祭祀(さいし)や各国の王族や首脳ら参列する即位礼正殿の儀や祝宴にあたる饗宴(きょうえん)の儀は予定通り行われる予定です。
領土問題は日本と「同じ悲劇」 ウクライナ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 領土問題は日本と「同じ悲劇」 ウクライナ大統領  トランプ大統領のウクライナ疑惑で渦中にあるウクライナのゼレンスキー大統領がANNの取材に応じ、安倍総理大臣と会談した際に両国がロシアとの間に抱える領土問題について協議する考えを明らかにしました。  ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「(Q.日本は領土問題についてロシアにどう対処すべきか?)安倍総理と議論したい。どんな質問にも答える。もし、私の答えが総理の助けになれば大変、幸せだ」  ゼレンスキー大統領は10日にウクライナの首都キエフでANNのインタビューに応じ、北方領土問題を抱える日本と、ロシアによってクリミア半島を併合されたウクライナは「同じ悲劇を抱えている」との見方を示しました。そのうえで、天皇陛下の「即位の礼」に参列するため日本を訪問する今月後半に安倍総理と会談し、日本とウクライナが抱えるロシアとの領土問題について意見を交わす考えを示しました。  一方、トランプ大統領が大統領選挙のライバルであるバイデン前副大統領の息子の汚職疑惑を追及するようゼレンスキー大統領に圧力を掛けたとされる疑惑については、安倍総理と議論するかについて明言を避けました。
祝賀パレード延期でツアー困惑 恩赦に賛否両論も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 祝賀パレード延期でツアー困惑 恩赦に賛否両論も  台風19号の影響を受け、天皇陛下の即位に伴う祝賀パレードを22日から来月10日に延期することが決まりました。その影響は意外な所にまで及んでいます。  本番4日前に迫っての祝賀パレードの急な延期決定に困惑している人たちがいます。あるツアー会社はパレードの見学ツアーを約15種類も企画していました。  ツアー会社「ポケカル」広報・豊泉晴菜さん:「丸の内ビル35階にあるフレンチレストランで食事をして頂き、祝賀パレードを自由観覧して頂くツアーがある」  これらのツアーは合わせて定員の約9割、1000人の予約が入るほど人気でした。しかし、延期のニュースを受けて大変です。  ツアー会社「ポケカル」広報・豊泉晴菜さん:「きのうの夜から社員総出でお客様に(ツアー延期の)連絡をしている」「(Q.(客)1000人全員ですか?)そうですね。8割ほどのお客様は11月10日に参加頂けるという返答を頂いております」  また、皇居周辺で交通規制のすぐ近くにある人気仕出し弁当店は、そもそも予定されていた22日は予約を通常の3分の1ほどに抑えていたといいます。  日本橋浜町えび寿屋・田中敏光社長:「皇居周辺の交通規制の影響で周辺の道も混雑しますので、デリバリーの配達にかなり影響がありまして、お客様に遅延とか混乱の迷惑を掛ける可能性がある」  これから再び予約を受け付けても通常より少ない見込みだそうです。そして、新たに決まった来月10日に関しても予約を制限するということです。また、都内のホテルも10日に合わせて…