「天皇陛下 おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

天皇陛下 60歳の誕生日「国民を思い、寄り添い」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天皇陛下 60歳の誕生日「国民を思い、寄り添い」  天皇陛下は23日、60歳の誕生日を迎えられ、即位後初めてとなった会見では「常に国民を思い、国民に寄り添う」などと話されました。  天皇陛下:「常に国民を思い、国民に寄り添い、象徴としてあるべき姿を模索しながら務めを果たし、今後の活動の方向性についても考えていきたいと思っております」  陛下は即位されてから初めての会見を開き、天皇としての役割について「憲法を遵守(じゅんしゅ)し、象徴としての務めを誠実に果たして参りたいと考えております」と話されました。23日に予定していた一般参賀は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となりましたが、宮殿などでのお祝いの行事は行われる予定です。
天皇陛下 60歳誕生日 一般参賀は新型コロナで中止
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天皇陛下 60歳誕生日 一般参賀は新型コロナで中止  天皇陛下は23日、60歳の誕生日を迎えられました。皇居ではお祝いの行事が行われる一方、一般参賀については新型コロナウイルスの感染拡大を受けて異例の中止になりました。  天皇陛下:「常に国民を思い、国民に寄り添い、象徴としてあるべき姿を模索しながら務めを果たし、今後の活動の方向性についても考えていきたいと思っております」  陛下は即位されてから初めての会見を開き、天皇としての役割について「憲法を遵守(じゅんしゅ)し、象徴としての務めを誠実に果たしてまいりたいと考えております」と話されました。陛下は午前8時すぎに皇居に入られ、宮中三殿での儀式に臨まれました。その後、皇后さまや秋篠宮さまらも皇居に入り、関係者らとお祝いの行事に臨まれています。一方、国民が祝意を伝える一般参賀は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止になりました。陛下は、誕生日の会見で「罹患(りかん)した方々と御家族にお見舞いを申し上げます」「感染の拡大ができるだけ早期に収まることを願っております」と述べられています。
天皇陛下、きょう60歳の誕生日 会見全文
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 天皇陛下、きょう60歳の誕生日 会見全文  天皇陛下は23日、60歳の誕生日を迎え即位後初めてとなる会見で現在の心境などを語られました。  (問)陛下は昨年5月、約200年ぶりの退位によって皇位を継承し、一連の即位儀式を終えられました。即位の感想とともに、天皇として約10カ月を振り返り、お気持ちをお聞かせください。また、平成時を踏襲した儀式のあり方についてのお考えをお聞かせください。  (回答)私は、昨年の5月1日に皇位を継承いたしました。平成の時代には、皇太子として、上皇陛下のお近くで様々なことを学ばせていただき、準備をしてまいりましたが、剣璽等承継の儀、即位後朝見の儀に際しては、これから先、我が身が担う重責に思いを致し、身の引き締まる思いがし、厳粛な気持ちになりました。それから約10か月、一つ一つの公務に真摯に向き合い、心を込めて大切に務めを果たすべく努めてまいりました。天皇の一つ一つの公務の重みと、それらを行うことの大切さを感じております。この間、常に私の傍らに寄り添い、相談に乗り、公務に共に取り組みながら支えてくれている皇后雅子に、感謝しております。振り返りますと、上皇上皇后両陛下が、30年以上の長きにわたり、国民に寄り添い、国民と苦楽を共にされながら、公務に取り組んでこられたお姿に尊敬の念を新たにいたします。そして、天皇皇后としての私たちの新たな門出を、温かい目でお見守りくださったことに厚く感謝を申し上げます。この10か月の間に、最も印象に残っていることの一つに、都内や地方での諸行事や諸儀式の際などに、多く…
天皇誕生日の一般参賀を中止 新型コロナ拡大で
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 天皇誕生日の一般参賀を中止 新型コロナ拡大で  23日に皇居で行われる令和になって初めての天皇誕生日の一般参賀について、新型コロナウイルスの感染が広がっていることから取りやめることになりました。一般参賀では、今年60歳の還暦を迎えられる天皇陛下が皇后さまらとともに宮殿のベランダに姿を見せられる予定でした。高齢者を含む多くの人が訪れるため、感染拡大防止の観点から中止となりました。

おすすめの作品

即位礼の「高御座」 京都御所に 来月一般公開へ
最新の社会ニュース【随時更新】 即位礼の「高御座」 京都御所に 来月一般公開へ  去年、天皇陛下が即位を宣言した際に上がられた「高御座(たかみくら)」が皇居から京都御所に戻りました。  解体され、8台のトラックで運ばれた高御座と「御帳台(みちょうだい)」は皇居を出て11日、京都御所に到着しました。去年10月に行われた「即位礼正殿の儀」で、天皇陛下が即位を宣言した際に上がられた高御座と皇后さまが十二単(ひとえ)姿で上がられた御帳台。普段は京都御所で保管されていますが、即位礼正殿の儀に合わせて皇居に移されていました。今回の移送で約3000点の部品に解体されていた高御座と御帳台はこの後、組み立て直して来月1日から22日まで一般公開されます。
愛子さま、学習院大文学部に進学へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 愛子さま、学習院大文学部に進学へ  天皇皇后両陛下の長女・愛子さまが4月から学習院大学文学部の日本語日本文学科に進学されることが分かりました。  愛子さまは現在、高校3年生で、来月に学習院女子高等科を卒業されます。関係者によりますと、愛子さまは4月から学習院大学文学部の日本語日本文学科に進学されるということです。愛子さまは日頃お住まいの赤坂御所で両陛下からアドバイスを受けながら勉強に取り組んでいて、現在は卒業レポートの提出に向けて準備を進めているということです。
第107話 「万葉集きっての歌姫、額田王!」
ねこねこ日本史 第4期 第107話 「万葉集きっての歌姫、額田王!」 飛鳥時代、万葉集にいくつもの歌が取り上げられている額田王(ぬかたのおおきみ)は、猫たちに大人気の歌人だった。額田王を気に入った天皇は、2匹の息子どちらかと結婚させたいと考える。モテモテとなった額田王だったが、果たしてどちらを選ぶ!?
両陛下が花の展覧会に「かわいい色ですね」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下が花の展覧会に「かわいい色ですね」  天皇皇后両陛下は、東京都内で開かれている花の展覧会でランなどをご覧になりました。  両陛下は14日に東京・文京区で始まった花の展覧会を訪れ、展示されているランなど900点以上の花々をご覧になりました。両陛下は高円宮妃久子さまと久子さまの次女で展覧会の名誉顧問を務めている千家典子さんらの案内で、100万輪のランでできた作品などを見て「ランというのはとても奥深いものですね」「可愛い色ですね」と話されたということです。会場には久子さまの三女の守谷絢子さん夫妻も訪れていました。
第7話 今度は誰にも壊させない
奪い愛、夏 第7話 今度は誰にも壊させない 桜(水野美紀)の脳に腫瘍があり、余命いくばくもないことを知った椿(小池徹平)と杏(松本まりか)。杏は椿よりも桜のことが好きだったことに気づく。 杏は、目を覚ました桜に自分の気持ちを伝える。「壊れるほどに愛してくれて、ありがとうございます」。桜と杏は気持ちが通じ合うが椿は納得ができず、こみあがる怒りを二人にぶつける。 傷心の椿の前に井川(田中みな実)が現れ、「杏さんの大切なものを奪えば、椿さんの気持ちに気づくかも」と、桜の殺害を提案する。椿は井川と共謀し、桜が入院する病室に忍び込む。 杏は以前屋形船で会った医者の大和に、桜の病気を直して欲しいと懇願、だが紹介された凄腕の脳外科医に、手術の成功率は1%だと告げられる。手術に踏み切るか、残り1ヶ月を大切に生きるか、杏は桜にその未来を委ねる。桜が出した回答は……。
第8話 あなたとは縁が切れないわね
奪い愛、夏 第8話 あなたとは縁が切れないわね 手術から3週間後、桜(水野美紀)がようやく目を覚ました。だが杏(松本まりか)が自分のために大和に抱かれたことを知った桜は怒りに震える。病み上がりで思うように体を動かせない桜は、同じく大和を許せないと言う椿と手を組み、復讐を企てる。 土筆(小手伸也)が大和を呼び出し、井川(田中みな実)の色仕掛けでホテルへ。姿を表さない椿に苛立つも、計画を始める桜。だが大和は騙されたふりをしていただけだった。ピンチに陥る桜……。 復讐を遂げた椿と桜は、どちらに杏を愛する資格があるか、命をかけた勝負を始める。病院の屋上の縁に、目隠しをして立つ二人。勝つのは果たして。杏が最後に選ぶのは、桜か、椿か。 そして物語は、衝撃の結末へ……。
【副音声スペシャル】第8話 あなたとは縁が切れないわね
奪い愛、夏 【副音声スペシャル】第8話 あなたとは縁が切れないわね \【副音声スペシャル】水野美紀、小池徹平、そして『奪い愛、夏』生みの親である鈴木おさむの3人が最終回の裏側を暴露!?/ 手術から3週間後、桜(水野美紀)がようやく目を覚ました。だが杏(松本まりか)が自分のために大和に抱かれたことを知った桜は怒りに震える。病み上がりで思うように体を動かせない桜は、同じく大和を許せないと言う椿と手を組み、復讐を企てる。 土筆(小手伸也)が大和を呼び出し、井川(田中みな実)の色仕掛けでホテルへ。姿を表さない椿に苛立つも、計画を始める桜。だが大和は騙されたふりをしていただけだった。ピンチに陥る桜……。 復讐を遂げた椿と桜は、どちらに杏を愛する資格があるか、命をかけた勝負を始める。病院の屋上の縁に、目隠しをして立つ二人。勝つのは果たして。杏が最後に選ぶのは、桜か、椿か。 そして物語は、衝撃の結末へ……。
第4話 ここからクイズの時間です!
無料
奪い愛、夏 第4話 ここからクイズの時間です! 二人で逢っているのが桜(水野美紀)にバレた椿(小池徹平)と杏(松本まりか)。二人は椅子に手錠で拘束され、桜から突然クイズを出題される。「椿が私と結婚してから、二人はキスをした?」椿と杏の答えが揃わなかったら不正解、罰として杏の爪が削られてしまう。緊迫する空気の中、二人が出した答えは……。 翌日、医者の大和との会食に呼ばれた椿と杏。場所は屋形船、大和から身の毛もよだつ手術の話を聞いた椿はその場にいるのが限界になり外へ。そこで椿は桜に屋形船から突き飛ばされ、海に落ちてしまう。近くのホテルでシャワーを浴びようと、桜・椿・杏の三人でホテルへ。「ここで今日は一緒に泊まりましょう」と桜。 椿がシャワーから出てくると、血だらけの包丁を持った桜が立っていた……。
第2話 裏切ったら...許さないから!!
無料
奪い愛、夏 第2話 裏切ったら...許さないから!! 桜(水野美紀)と結婚した椿(小池徹平)だが、杏(松本まりか)と別れることができず、まだ引き払っていない部屋で逢瀬を重ねていた。椿は同じ広報部の姜(テジュ)にだけ、杏と付き合っていることを打ち明ける。 ある日、椿は桜からブラックカードを手渡され、個人の銀行口座は今週中に解約しなさいと迫られる。住んでいた部屋も解約させられ、途方に暮れる椿。 そんな中、桜が3日間シンガポールに出張することに。ここぞとばかりに椿は杏を旅行に誘う。伊豆の温泉旅館で、愛をたしかめ合う二人。だがそこに桜から突然の電話が。急用で急遽日本に戻り、今、保養所を作るために伊豆に来ているという。急いで逃げようとする二人の前に、桜の姿が……。
第3話 ここにいるよ!!!
無料
奪い愛、夏 第3話 ここにいるよ!!! 桜(水野美紀)と椿(小池徹平)は夫婦で雑誌の取材を受けることに。会社の広報として杏(松本まりか)も立ち会うが、心中穏やかではない。取材中、桜が椿の股間のファスナーを執拗に弄るのを見ていた桜は、耐えきれず席を外してしまう。 椿は杏のためにプラネタリウムの貸切サービスを申し込み、夜から朝まで一緒にいようと誘う。同僚の姜(テジュ)と口裏を合わせ、彼の家に泊まると言うつもりだった。だが椿は桜に捕まってしまい、彼女の目の前で白い1000ピースのパズルを組み立てろと命令されてしまう。一人プラネタリウムで待ちぼうけする杏。 深夜になり、寝入った桜の隙をつきプラネタリウムに向かう椿。だが、そこで待っていたのは……。