「天野ひろゆき 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

アジ連発!メバルにシーバスも乱舞!福岡県相島のライトゲーム(2020年2月29日放送)
無料
ルアーパラダイス九州 アジ連発!メバルにシーバスも乱舞!福岡県相島のライトゲーム(2020年2月29日放送) 番組放送開始からタッグを組んできたルアースタジアムの後藤店長とルアーパラダイス九州の天野編集長。天野が異動を機に番組を卒業することから「では以前も一緒にロケをした相島で釣りをして思い出を作りましょう」と後藤店長が提案。暖冬の影響で期待していたササイカこそ接岸しなかったものの明るいうちから良型のアジやサバが釣れ盛り、日没後にもドラマが起こり、後藤店長の目論見どおりに思い出に残る回となりました。
#45『店舗営業の安全を変えた!犯人を“マーキング”する防犯ボール』双喜:天野 隆夫
無料
CHANGE YOUR LIFE ~あなたのくらしを変えたもの~ #45『店舗営業の安全を変えた!犯人を“マーキング”する防犯ボール』双喜:天野 隆夫 コンビニのレジや金融機関の窓口などで見かける「防犯ボール」。強盗などの犯罪が起きた時、犯人に投げつけて塗料を付着させることで追跡の手がかりになるだけでなく、目立つ場所に置けば防犯の役割も果たします。 天野さんの勤めるプラスチック製品製造会社が「防犯ボール」を開発したのは30年ほど前。警視庁からの依頼がきっかけでした。求められたのは、プラスチックの“強度”ではなく“割れやすさ”。会社が長年追求してきたものとは真逆の注文...開発の道のりは困難を極めたといいます。 それでも、何とか理想の“割れやすさ”を実現。成功のカギは、どの家庭にもある、”あの食材”でした。 いまや防犯だけでなく、火災や不審船対策などにも使われ、くらしの安全に貢献している「防犯ボール」。 開発にいたるまでの四苦八苦、そして「防犯ボール」に込められた思いを天野さんに伺いました。 【提供】日産自動車
第45話 ふるさとの唄
美味しんぼ 第45話 ふるさとの唄 東西新聞のアルバイト・天野は岩手出身の浪人生。お国訛りを気にする余り、無口が災いしてクビになる。士郎は途方に暮れる天野に彼の特技・民謡の喉を生かせるアルバイトを紹介するが・・・
第2球 「一緒に野球やりましょう」
球詠 第2球 「一緒に野球やりましょう」 野球部へ入部届けを提出した詠深たち。同じ1年生の川﨑 稜と藤田 菫もチームに加わるが、不祥事で停部していたため部員がほとんどいないことが発覚。残っていた2年生の岡田 怜と藤原理沙も復帰せず、外部のクラブチームに参加するつもりだという。詠深は強打者の怜に「私の球、打ってみませんか?」と勝負を持ちかける。
第3球 「私を連れていってよ」
球詠 第3球 「私を連れていってよ」 活気の戻ってきた新越谷野球部に、2人の1年生が体験入部してくる。1人は福岡の強豪チームでプレイしていた中村 希。もう1人は野球初心者だが剣道で全国優勝経験のある大村白菊。どちらもその日のうちに野球部の一員となり、ついにチームに必要な人数が揃った。「全国を目指そう!」と詠深が声を上げる一方、珠姫はどことなく複雑な表情を見せる。
第4球 「約束のあの球」
球詠 第4球 「約束のあの球」 野球部の顧問として藤井杏夏が就任し、さっそく練習試合が組まれることになった。迎える相手は今夏大会の注目チーム・柳川大附属川越だが、先発は2番手投手の大野彩優美。新越谷は3点を先制すると、詠深・珠姫のバッテリーも先頭打者を三振に仕留めてみせる。2回表、新越谷が三者凡退に抑えられた頃、ようやく学校に着いた柳大川越の2年生エース・朝倉智景の姿があった。
第5球 「ススメ!!泥沼連敗街道」
球詠 第5球 「ススメ!!泥沼連敗街道」 ゴールデンウィークに学校で合宿を行う新越谷ナイン。初日から予想だにしない杏夏のハードなノックに悲鳴が上がる一方、新越谷に控え投手の必要を感じていた芳乃はメンバーの投手適正を見極める。その夜、素振りをしていた理沙に怜が声をかける。停部になった去年のこと、中学時代に出会ったときのことを振り返る2人だったが、理沙が野球を続けてきたのは意外な理由からだった。
第6球 「希望を胸に…」
球詠 第6球 「希望を胸に…」 守谷欅台との練習試合。合宿中に芳乃が告げたとおり、4番は希。打点を上げられず悩んでいた希だったが、初回にタイムリーヒットを放つ。一気に6点を取った裏の守り、珠姫の提案で“あの球”を封印した詠深はピンチを招くものの、杏夏のノックと芳乃の分析が生きたバックの守備に助けられる。だが、守谷欅台の投手も立ち直り、ジリジリと追い上げられつつ試合は終盤を迎える。
第7球 「雨上がりの夜空に」
球詠 第7球 「雨上がりの夜空に」 夏の県大会の抽選に参加する怜と芳乃。不祥事で停部していた新越谷の名前が挙がると会場には不穏な空気が流れるが、柳大川越・大野の助け舟で事なきを得る。抽選の結果、初戦の相手は影森高校、勝ち上がった二戦目の相手は一昨年の優勝校・梁幽館高校が濃厚となった。さっそく梁幽館戦を想定した練習に入る詠深たち。一方、芳乃と息吹はデータのない影森へ偵察に出かけていく。
第8球 「ゼロから」
球詠 第8球 「ゼロから」 迎えた県大会の開会日。柳大川越ナインと健闘を誓い合う中、珠姫は中学時代の先輩でバッテリーを組んでいた梁幽館の投手・吉川和美に会い、その様子を見た詠深は吉川と張り合おうとする。影森戦ではエースの詠深を温存し、理沙が先発のマウンドに上がる。エラーもあり先制を許してしまうが、得点したにも関わらず、影森ベンチからは歓声が上がることもなく、不気味な雰囲気を漂わせる。