「奈緒 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

第3話
トリック 第3話 TRICK3 「密室」 奈緒子(仲間由紀恵)は青木(河原さぶ)の家で霧島澄子(菅井きん)の肖像を発見。青木は信者? 上田(阿部寛)と共に青木に詰め寄る奈緒子。矢部刑事(生瀬勝久)たちを前に、奈緒子は津村(山崎一)たちが帰ろうとするのを引き止め、トリックを暴いていく。 昨晩、青木が作ったキジ汁は睡眠薬入りで、奈緒子と美和子(伊藤裕子)がそれを食べて眠ったのを見計らい、津村は青木の手引きのもと、美和子を殺した、というのが奈緒子の推理だった。 しかし証拠はない...。
第8話 ナオクラキソラ
ヨスガノソラ 第8話 ナオクラキソラ 奈緒と気持ちを確かめ合った悠は、穹に2人の仲を許してもらおうとしていた。だが穹は、話そうとする悠を避ける。そんなある日、奈緒はカレーを作ってみんなで食卓を囲むことを提案する。穹が自室で昼寝をしていると知らずカレーを作り終えた悠と奈緒は、2人で昔の写真を見ているうちに自然と身体を重ね合う。そのとき、異変を感じて居間に飛び込んだ穹が、「また誘ったのね!」と奈緒に言い放つ。穹は、奈緒が犯した過ちを知っていたのだった。奈緒を悲しませまいと決意した悠は、穹に責められて憔悴した奈緒を励ましながら、穹に様々なアプローチを試みる。そんな2人を気遣った亮平は、親睦を深めようと悠や奈緒、穹も含めてみんなで海水浴に出かけようと提案。だが肝心の穹だけが、海水浴に来ようとはしなかった。
第9話
トリック 第9話 TRICK9 「父を殺した真犯人」 夜、奈緒子(仲間由紀恵)の元に、父・剛三(岡田眞澄)の名を語る男から電話が入る。イタズラと思いつつも不安にかられる奈緒子・・。 翌朝、奈緒子は差出人不明の手紙を受け取った。意味深な内容を怪しんだ奈緒子が封筒から浮かび上がった住所に向かうと、黒津次男(鴻上尚史)と三男(正名僕蔵)という兄弟が待っていた。 彼らは南方の、里見(野際陽子)が生まれた島・黒門島(こくもんとう)からやってきたという。
最終回
トリック 最終回 TRICK10 「真犯人はお前だ」 奈緒子(仲間由紀恵)を案じアパートを訪れた上田(阿部寛)は、里見(野際陽子)と出会う。里見から奈緒子に霊能力があり、その力で剛三(岡田眞澄)が死んだと聞くが、信じられない上田。「こうなる運命だったのだ」という里見に彼は・・。その頃奈緒子は、黒津兄弟と黒門島に着き、早速、婚礼の儀式「アナアキー」が行われることに...!
第7話 ツミナオトメラ
ヨスガノソラ 第7話 ツミナオトメラ ある日、春日野家に奈緒が蚊取り線香を届けにやってきた。だが彼女は、幼馴染である悠によそよそしい態度を取る。それは過去に奈緒が強引に悠と身体を重ねたこと原因があった。過去を後悔しつつも、悠を忘れられない奈緒。そんな雰囲気を察してか、穹は奈緒に対して陰ながら嫌悪感を抱いていた。一方、亮平は、悠と奈緒が親しくなれるよう、一計を案じて2人をプールに誘い出す。奈緒との距離に戸惑いを感じながらも、昔から彼女に憧れていた悠は、カナヅチを克服するためにレッスンをお願いする。そして泳ぎ終わった後、女子更衣室で起きた事件をきっかけにお互いの気持ちを確かめ合った悠と奈緒は、自然にキスを交わすのだった……。
第2話
トリック 第2話 TRICK2 「壁抜け」 上田(阿部寛)と共に話題の集団“母之泉”2度目の儀式に参加した奈緒子(仲間由紀恵)は、ある悩みを書いて封筒を提出した。封筒を取り上げた澄子(菅井きん)は見事『貧乳の悩み』を言い当てたが、 奈緒子はそのトリックを暴く。澄子はアルコールで封筒を透かして中を読み、香を焚きアルコール臭を隠していたのだった...。
第1話
トリック 第1話 TRICK1 「透視」 売れない奇術師・山田奈緒子(仲間由紀恵)は、ある日、唯一の収入源である見世物小屋の仕事をクビになった。 彼女はそこで雑誌に掲載された、若手物理学者・上田次郎(阿部寛)から霊能力者たちへの挑戦状を見つける。『私の目の前で、超能力者であると証明できたら賞金を支払います』 手品を見せて賞金を...。金欠の奈緒子は、上田の研究室を訪ねることに。
第5話
トリック 第5話 TRICK5 「村が消えた...解決篇」 上田(阿部寛)らしき首なし死体が現れた・・。奈緒子(仲間由紀恵)と矢部(生瀬勝久)が村の外へ向かうと、村の出口は消えていた・・。家に戻った2人は改めて死体を調べるが、この死体が上田か確証が持てないままだった。その後、奈緒子はミラクル三井(篠井英介)のビデオに映る家で怪しげな絵を発見。意味ありげな絵の裏には不可思議な言葉が書かれていて...。
第6話
トリック 第6話 TRICK6 「瞬間移動殺人の秘密」 上田(阿部寛)の研究室を奈緒子(仲間由紀恵)が訪ねているところへ、矢部(生瀬勝久)が、霊能力で人を3人殺すと警察に申し出た女性・黒坂美幸(佐伯日菜子)を連れてきた。矢部は彼女の監視を上田に依頼。 上田と奈緒子は美幸と3人で一晩過ごすことになった。 美幸は霊能力でイメージしたことを現実にすると言う。突然立ち上がった美幸は2人の目の前で・・・。
第8話
トリック 第8話 TRICK8 「千里眼を持つ男...」 大家さん(大島蓉子)が奈緒子(仲間由紀恵)にとげぬき地蔵の『びっくり人間コンテスト』のチラシを持ってきた。それは、家賃の代わりに優勝商品の温泉旅行を取ってこいという暗示・・。 コンテストの審査員席には上田(阿部寛)が・・。唖然とする上田を尻目に、手品がバカ受けする奈緒子。が、仕掛けがバレた! 怒る観客たちの前に現れた男・桂木(橋本さとし)が、「口直しに私が本物の超能力を見せましょう」と、観客や上田が書いた数字を次々と当てていき...。
第10話 トリノソラネハ
ヨスガノソラ 第10話 トリノソラネハ 悠とキスをかわした奈緒は、穹に2人のことを話したいと提案するが、悠は煮え切らない。なぜなら悠は、穹のことを異性として意識し始めていたからだ。だが悠は穹への思いを断ち切るために、奈緒と2人っきりのデートを約束する。一方、悠と奈緒の関係に気づいた穹は、先に約束があるとウソをついて、悠が自分と奈緒のどちらを選ぶのか試そうとした。そうとは知らない悠は奈緒との迷いつつもデートを優先。そして帰宅後、自分が置き去りにされた夢を見て泣く穹を強く抱きしめた悠は、改めて自分達がたった2人っきりの家族であることを認識するのだった。
#11 男の意地と女のプライド
あひるの空 #11 男の意地と女のプライド クズ高バスケ部の練習を見学していた奈緒は、「このチームで試合に勝てるとは思えない」と言い放つ。奈緒の分析が正しいかを検証するために、女子バスケ部と試合をすることになった。女子が負けたら円が裸になると奈緒が勝手に約束したため、俄然やる気になった空たちは順調に得点を重ねていくが、奈緒が「作戦」を円たちに実行させると、試合状況が少しずつ変わっていく。
#12 TEAM
あひるの空 #12 TEAM 男子バスケ部と女子バスケ部の試合は続いていた。千秋は奈緒の作戦に穴があることに気づいているようで、奈緒自身もそれを察知する。トビは試合の様子を見ながら、勝てる様子がないことに愚痴るが、そんなトビに奈緒はこのチームには勝つために足りないものがあるのだと話す。勝敗が決し、やる気をそがれてしまった様子の男子バスケ部を見て奈緒は落ち込んでしまうが……。
第7話
トリック 第7話 TRICK7 「遠隔殺人意外な真実」 美幸(佐伯日菜子)が見えないナイフで行った殺人で、彼女が被った鮮血は被害者の血液と一致、凶器のナイフの指紋も美幸のものだと判明...しかし霊能力殺人では、逮捕はできない。 「最後の一人を殺す時もあなたたちに証人になってもらいます」と言い、悠々と部屋を出る美幸を奈緒子(仲間由紀恵)は悔しく見送って...!
第310話 奈緒子の意外な一日
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第310話 奈緒子の意外な一日 奈緒子の作る署内新聞に、とってもはずかしい姿をスッパ抜かれた両津。復讐に燃え、奈緒子のスクープをとってやろうと 尾行を開始するが・・・
第9話 ハルカナオモイ
ヨスガノソラ 第9話 ハルカナオモイ 一人自宅に残ったものの、気になって海水浴場に出かけた穹は、溺れた悠に人工呼吸する奈緒の姿を見てしまう。このまま自分は捨てられると考えた穹は、家を出ることを企てる。「ここから出よう ハル」というメールを穹から受けた悠は、懸命に穹の姿を探す。一方、穹は母との思い出が詰まった黒ウサギのぬいぐるみを持って、バスの停留所で悠が来るのを待っていた。だが、雷雨の中現れたのは奈緒だった。優しく手を差し伸べる奈緒に、涙ながらに「悠を取らないで」と叫ぶ穹。そのとき、停留所に雷が直撃。穹の大切な黒ウサギが炎に包まれる。そんな穹の大切な黒ウサギを命がけで助け出したのは、奈緒だったのだ。
第4話
トリック 第4話 TRICK4 「村人が全員消えた」 とある離村の駐在所に赴任したばかりの警官から、本署に不可思議な電話が入った。赴任先の村人が全員消えている...。捜索隊が村に派遣されるが、その捜査隊も行方不明に...。 この謎の解明が上田(阿部寛)に依頼された。上田が駐在所の警官から話を聞くと、警官は村でミラクル三井(篠井英介)という男に会ったという。 上田は渋る奈緒子(仲間由紀恵)を連れ、矢部刑事(生瀬勝久)と生き残った警官と共に村へ出発したのだが...。
#13 温度の違い
あひるの空 #13 温度の違い インターハイの予選まで1か月と迫ったある日、奈緒の提案でバスケ部は合宿をすることになった。クズ高がインターハイに出場できると信じる奈緒は、部員たちにハードなトレーニングを課し、部員たちもそれに必死についていこうとする。しかし、安原が真面目に自主練習をしようとする一方、奈緒のアドバイスを聞かず、鍋島と茶木が練習後に遊んでいる姿を見て、トビは辛辣なひと言を放つ。
第11話 ソラメクフタリ
ヨスガノソラ 第11話 ソラメクフタリ 悠の名を呼びながら自分を慰める穹を見てしまった悠は、その日以来、膨らみ続ける妹への恋愛感情を抑えることができなかった。そんな想いを断ち切ろうと、奈緒に軽はずみな行動を取ってしまう悠。だが「好き? 私のこと」と尋ねる奈緒に、悠の答えは分からなかった。そんな時、穹が高熱を出して寝込んでしまう。悠に汗を拭いてもらいながら、体に触れられる指の感触を心地よく想う穹は、居眠りしていた悠の唇を奪う。そんな穹に悠も、自らの気持ちを抑えることができず、穹と体を重ねてしまうのだった。恋愛関係に陥った悠と穹。ところがある日、2人の行為を奈緒と梢に目撃されてしまう…。
#10 マネージャー
あひるの空 #10 マネージャー 関東大会での丸高の試合を見て、さらにやる気に燃えるクズ高のメンバーだったが、練習中に空のバッシュが壊れてしまう。母からもらった大事なバッシュを修理してもらおうと駆け回って見つけたスポーツショップは、隣のクラスの七尾奈緒の家だった。そそっかしいところのある奈緒だが、空のプレーに合わせたシューズのアドバイスをしたり、修理の間にも練習できるよう、自分のバッシュを貸してくれるなど丁寧な応対。しかも空がバスケをする姿をかっこいいと…。初めての経験にドキドキする空が翌日体育館に行くと、そこにはマネージャーとして入部した奈緒の姿があった。
#14 勝利に向かって
あひるの空 #14 勝利に向かって 鍋島と茶木が合宿から逃げ出し、空は二人を探しに出かけた。中学生とのバスケ対決に手も足も出ず、すっかり落ち込んでいた二人だが、その中学生が女の子からバスケを褒められたところを見た途端やる気になり、合宿に復帰する。合宿初日に食あたりで倒れた百春も復調したところで、奈緒が練習試合を提案。奈緒のいとこの蒲地太郎属する北住吉高校との練習試合が始まる。
#16 最高の始まりと最悪の始まり
あひるの空 #16 最高の始まりと最悪の始まり クズ高と北住との練習試合が続く。奈緒を巡って千秋が蒲地にライバル意識を燃やす一方、百春は中学時代の後輩・小西からの挑発を受け、いらだちを募らせていく。流れが北住に傾いていると感じた空だが、追い打ちをかけるように、蒲地にシュートを決められてしまう。タイムアウトを取った奈緒は、空に蒲地を抑えるように指示。空は蒲地に張り付き、これ以上点を取らせないと心に決める。
#38 ピアス
あひるの空 #38 ピアス バスケ部を復活させるために校長が空たちに与えた条件は、教師たちの前で練習試合を行うこと。その相手は、ナベが勝手に練習試合を受けてしまった横浜大栄高校。インターハイにも出場したことがある強豪校相手におののくクズ高メンバーだったが、奈緒はそれ以上にチームがどこかバラバラなことを気にしていた。そんな中、空と奈緒は神奈川県予選決勝ブロックの会場へと向かう。
#22 ラストピース
あひるの空 #22 ラストピース クズ高球技大会でバスケの試合に参加する空だが、3ポイントシュートを1度も打たないことを奈緒に指摘される。さらに千秋には北住との試合のトラウマで“打てなかった”ことを見抜かれ、「オマエにポイントガードは無理だった」と告げられるが、空はどちらもやってやると奮起する。そんな中、バスケの準決勝は、空のクラスとトビのクラスの直接対決。試合を観ていた奈緒は、バスケ部が強くなるにはもう一人メンバーがいればと考える。その時、別のバスケ準決勝に出場していた高身長の生徒・茂吉の姿が目に留まる。
#26 RUSH AND RUSH
あひるの空 #26 RUSH AND RUSH 地区予選初戦、クズ高の相手は新城東和学園。「個々の能力ならウチのほうが上」という奈緒の言葉もあってか、クズ高は優位に試合を進めていく。しかし、茂吉は全員の能力が新城に勝っているとは思っていなかった。試合が進むにつれ、高橋の戦略と抜群のバスケセンスに牽引された新城のチームプレーに千秋が持ち味とするパスセンスが狂わされる。いらだちを隠せなくなる千秋。一度はタイムアウトを取ろうと考えた奈緒だったが……。
#34 光跡
あひるの空 #34 光跡 バスケ部の部室が全燃。その原因として、百春たちが吸おうとしたたばこの火の不始末が疑われた。五月から問い詰められ、たばこを吸おうとしたという事実を伝えた百春に、五月や奈緒は厳しい言葉を口にした。空が居ない中、クズ高バスケ部はバラバラになってしまった。それでも五月は校長や教職員に対し、事実を伝えたうえで、彼らがこの1か月どれだけ頑張ってきたのかを訴え、なんとか彼らを守ろうとする。
#36 KIDS ARE ALLRIGHT
あひるの空 #36 KIDS ARE ALLRIGHT 百春たちが停学している中、奈緒や千秋ら残されたメンバーは「バスケ同好会」を作るべく奔走していた。しかし、同好会にも顧問がいなければ認められないと分かる。長野から戻ってきた空も事件のことを知るが、「一番辛いのは百春たち」と話す。一方、百春は五月の家を訪れていた。
#40 STOP & GO
無料
あひるの空 #40 STOP & GO クズ高は横浜大栄の試合の映像を見て、練習試合での策を練っていた。その圧倒的な実力に驚愕する面々。しかし奈緒は、ポジションを変えることで勝機を見出そうと告げる。そんな中空は、チームの力になるため、新たな技を習得するべく、太郎のいる北住吉高校を訪れる。
#23 月とリング
あひるの空 #23 月とリング 球技大会で茂吉のフックシュートを見た空と奈緒は、プレーヤーとしての彼に俄然興味を持つ。ドリブル音に惹かれて体育館に来た茂吉をバスケに誘うが、医者から運動を止められていると断られてしまう。茂吉がやりたくてもできないと感じた空は、茂吉を由夏に重ねる。そして、ついに高校総体予選の組み合わせが発表され、クズ高メンバーは練習にもやる気を見せる。一方、トビは茂吉がバスケ部の勧誘を断るために「医者から止められている」とウソをついたと知り、彼に食ってかかる。
#27 THE HARD PLAY
あひるの空 #27 THE HARD PLAY クズ高がリードした状態で、第2クォーターが始まった。高身長のオールラウンダー、バスケの理想型とも言える高橋を中心とした新城の果敢な試合運びに押され、クズ高は逆転を許してしまう。それでも強気で攻め返し、勢いを取り戻しつつあったそのとき、千秋が3つめのファウルをとられてしまう。主力の退場を避けるため、千秋とヤスを一時下げ、メンバーに指示を出していく奈緒。千秋の代わりにポイントガードを任され、千秋の穴を埋められるかと鼓舞された空は、改めて気合いを入れ直す。