「奪い愛 冬 1話」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第5話「逆転...奪い返す日」
奪い愛、冬 第5話「逆転...奪い返す日」 元カノ・光(倉科カナ)と妻・蘭(水野美紀)の前で、「俺はまだ、光のことが好きだ」と、衝撃の告白をした信(大谷亮平)。その現場を目撃した光の婚約者・康太(三浦翔平)は頭に血が上り、信につかみかかる。ところが、制止に入ろうとした光を弾みで突き飛ばし、気絶させてしまう結果に...。康太は警察の厄介になり、会社からも謹慎処分を食らってしまう。
第6話 最終章「妻の秘密...衝撃の結末!」
奪い愛、冬 第6話 最終章「妻の秘密...衝撃の結末!」 光(倉科カナ)はすべてを振り切り、元カレ・信(大谷亮平)のもとへ。愛を確かめ合った2人は「ずっと一緒にいよう」と誓う。一方、結婚目前で愛する光を奪われた康太(三浦翔平)は自暴自棄に...。信の妻・蘭(水野美紀)もまた、夫への未練と光への恨みで、ますます取り乱していく。そんな中、蘭は康太に接触。ところが何を思ったか、康太が不意を突く行動に...! 蘭に何やら重大な秘密があると感づいた康太は、その秘密を暴こうと暗躍し始める。
最終回「雪山で涙の最終決戦!」
奪い愛、冬 最終回「雪山で涙の最終決戦!」 婚約者だった康太(三浦翔平)と別れ、ようやく奪い返した元カレ・信(大谷亮平)と一緒になる道を選んだ光(倉科カナ)。だがその矢先、信が病で余命わずかであることが判明...。さらに、康太が信の妻・蘭(水野美紀)の重大な秘密を暴いてしまった! それは、蘭と信が結婚するきっかけとなった、蘭の足のケガに関する秘密で...!?
第3話「妻の復讐...熱海へ」
奪い愛、冬 第3話「妻の復讐...熱海へ」 光(倉科カナ)は婚約者の康太(三浦翔平)と2人きりで、一泊で熱海へ温泉旅行に出かけることに。光は完全にぬぐい去ることのできない元彼・信(大谷亮平)の存在を必死にかき消しながら、康太との時間を楽しもうとする。かたや、康太の胸の奥にも、どうしてもぬぐい去れない感情が渦巻いていた。同僚・秀子(秋元才加)のいらぬ入れ知恵のせいで、光が今も信の誕生日をスマホの暗証番号にしているのではないか...と疑っていたのだ。そんな2人の前に突如、結婚に猛反対する康太の母・美佐(榊原郁恵)が出現! “猛烈パンチ”を、立て続けに浴びせ...!?
第4話「波乱のWデート旅行」
奪い愛、冬 第4話「波乱のWデート旅行」 元彼・信(大谷亮平)とキスしたところを、その妻・蘭(水野美紀)に見られてしまった光(倉科カナ)。その日から、彼女のSNSには「淫乱」「泥棒」といった罵詈雑言の数々が書き込まれることに...。そんな折、光の婚約者・康太(三浦翔平)を狙う同僚・秀子(秋元才加)が、蘭と接触。女同士が結託し、光に“天罰”を与えようと画策しはじめる。 一方、どういう風の吹き回しか、あれほど結婚に猛反対していた康太の母・美佐(榊原郁恵)は、態度を軟化。光を家に招き、これまで散々嫌がらせをしたことを詫びる。ところが、そこへ思いがけない宅配便が届く。その中身を見た康太は突然、光の目の前でとんでもない行動に出る!
第2話「結婚直前...裏切りのホテル」
奪い愛、冬 第2話「結婚直前...裏切りのホテル」 3年前に突然姿を消した元彼・信(大谷亮平)との再会を果たし、心が大きく揺れ動く光(倉科カナ)。そんな中、光はよく足を運ぶお気に入りの場所で、信とまたも遭遇してしまった。自分の心は今や信にない――そう自らに言い聞かせるためにも、翌日、光は2人で会った事実を婚約者・康太(三浦翔平)に告白。だが、その際、アクシデントで信に抱きしめられたことだけは、どうしても言えなかった...。 康太に頼まれ、光は信との思い出の場所へ康太を連れて行くことに。ところがそこで、信の妻・蘭(水野美紀)と会ってしまう! 実は、蘭は日々GPSで信の動きを監視しており、彼がこの場所で光と会っていた証拠までも見つけていた...! もちろん、光も康太も、蘭が何者であるか知る由もない。そんな2人の前で、蘭は一突きで光の心臓をえぐるような、陰険な行動に出る!
第11話 威厳ある先任者は時に[X]にかしづく
無料
ぼくたちは勉強ができない 第11話 威厳ある先任者は時に[X]にかしづく 夜の繁華街。真冬はいかがわしい店に入ろうとする成幸を見つけて呼び止める。そこは真冬の元・教え子のあすみがバイトするメイド喫茶だった。店内で成幸を注意する真冬だが、事故で店員にケガをさせてしまった! 彼女は代わり働くことを申し出るが…!?。  成幸の心配通り、ドジっ娘メイド・真冬は失敗の連続。そんな自分を前向きにフォローする成幸に、真冬は優しさを感じる。そして真冬が彼に告げた言葉とは――。
第1話【ゲスト:ヒョンシク(ZE:A)】
三食ごはん 漁村編2 第1話【ゲスト:ヒョンシク(ZE:A)】 冬の過酷な吹雪と荒波にも負けず、自給自足漁師ライフを成し遂げた“チャおばさん”ことチャ・スンウォンと“真の海さん”ユ・ヘジン!島はこりごりと言う彼らを誘惑するナPDの“夏の晩才島(マンジェド)は海産物も作物も豊富”という言葉に釣られ、再び7時間の航路に。しかし待っていたのは豊かな夏の食卓ではなく、スーパー台風並みの暴風雨。そんな中、最初のゲスト“純粋青年”ZE:Aのヒョンシクが訪ねてくるが...
第11話(終)
三食ごはん 第11話(終) 最後の最後まで終わらない?タカキビ刈りに続き、脱穀でもフル稼働したソジンとテギョン。玉筍峰のタカキビ地獄の脱出記、その最終話だ。秋から冬まで続いた2人の男の孤軍奮闘、秋冬編の最後を飾る待望の料理を公開!タカキビ奴隷からの完全な解放を告げる、その料理の味とは?未公開秘話の数々を見るには、24時間あっても足りないかも?「三食ごはん」の番外編を大公開!
第11話 甘えんぼうになった
のんのんびより りぴーと 第11話 甘えんぼうになった 冬休み、一条蛍と越谷小鞠が歩いていると朝練帰りの富士宮このみがやってきた。このみが持っている携帯電話に興味津々の小鞠だったが、電波の届く場所がこの付近にはこのみの家の庭にしかないという。そこでこのみがメールをしている様子を見て小鞠も挑戦したのだが……。一方、宮内家では宮内れんげが年賀状を描いていた。姉の宮内ひかげは、れんげが何を描くのか気になりのぞき見ようとするのだが…。