「女 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話 運命のホワイトデー
魔女の恋愛 第1話 運命のホワイトデー 雑誌記者のジヨンは39歳独身。自分にも他人にも厳しい仕事ぶりで、同僚からは“魔女”と呼ばれ恐れられている。ある日、大スクープを手にしたジヨンは急いで編集部へ戻ろうと、目の前にあった自転車を勝手に拝借して走りだした。アルバイトでサンタに扮し、子供にその自転車をプレゼントするはずだったドンハは慌てて彼女を追いかける。決して止まらないジヨンと必死に追いかけるドンハ。こうして出会った2人だったが...
第2話 始まりはキスから
魔女の恋愛 第2話 始まりはキスから ジヨンに不倫スキャンダルの記事を書かれた俳優キム・ジョンドは、テレビ番組で事実無根だと否定する。記事が事実であることを証明したいジヨンは忙しく取材を続ける一方、母親の頼みを断り切れず占いの館で厄払いをすることに。電気修理のアルバイトで占いの館を訪れていたドンハはジヨンと母親の会話を聞いてしまい、彼女のつらい過去の恋愛話を知ってしまう。その夜、1人で酒を飲んで酔っ払ったジヨンをドンハが家まで送り届けるが...
第3話 年下の彼氏?
魔女の恋愛 第3話 年下の彼氏? ドンハと14歳差だと分かったジヨンはショックを受けてドンハを家から追い出す。“バイトの達人”は「トラブルメーカー」の記事のせいで依頼のキャンセルが相次ぐ。ドンハは苦情を言いに「トラブルメーカー」へ行き、ジヨンと再会する。一方 「トラブルメーカー」の見習い記者はある男性からジヨン宛てのプレゼントらしき物を受け取り、ジヨンに渡すが...
第4話 予期せぬお見合い
魔女の恋愛 第4話 予期せぬお見合い 病院から抜け出して家へ戻り、割れた額からホッキョクグマの写真を取り出して泣くジヨン。そんなジヨンを見つけて慰めるドンハ。そしてホッキョクグマの写真を見てジヨンにつらい過去があることを察する。ジヨンの家は危険だと感じ、ドンハは居候しているスチョルの家にジヨンを連れていく。こうして同居することなった2人はスチョルの力を借りてキム・ジョンドへの反撃を準備するが...
第5話 ヒヤシンスの秘密
魔女の恋愛 第5話 ヒヤシンスの秘密 1泊2日のワークショップに出発する日、ジヨンはドンハが弟の手術費用の工面に困っていることを知る。ドンハのために体育大会で優勝して賞金を獲得しようと躍起になるジヨン。見事ジヨンのチームが優勝するが、事情を知らないドンハには勝敗にこだわるジヨンが理解できない。その日の夜、ウンチェに恨みを持つ男が現れウンチェを侮辱する。その男をウンチェに引き合わせたのがジヨンだと誤解したドンハは、激しくジヨンを責めたてる。
第6話 告白は突然に
魔女の恋愛 第6話 告白は突然に 亡くなった恋人ヨンチェからもらったヒヤシンスをジヨンが切ったことにドンハは激怒し、ジヨンに二度と会いたくないと言ってしまう。ヨンチェとの思い出の山に行ったドンハはウンチェに会い、ウンチェがヨンチェの妹だと知る。一方 ホテルに行ったジヨンは偶然隣で受付をしていた男性の浮気相手だと誤解され警察署へ行くはめに。ナレの居酒屋で飲んでいたドンハも知らせを聞き、警察署へ駆けつけるが...
第7話 切ない再会
魔女の恋愛 第7話 切ない再会 ドンハの告白でムードが盛り上がる同窓会に突然姿を現したジヨンの昔の恋人シフン。シフンに会って複雑な感情を抑えきれず1人になりたいと言ってジヨンは帰る。次の日サングラスをかけて出勤したジヨンは海外から来た有名なカメラマンのインタビューを担当してほしいと社長に頼まれる。ジヨンはしかたなくヨンシクと取材に行くが...
第8話 6年目の真実
魔女の恋愛 第8話 6年目の真実 シフンが記者たちの前でジヨンに告白したせいで、マスコミは一斉にシフンの恋について報道する。シフンが結婚式に来なかった理由について、助手がうそをついていると知ったドンハは、ジヨンに真相を伝える。一方、ジヨンはシフンが自分のために命を危険にさらしたと知り動揺する。そんなジヨンを見て、シフンの所へ行ってしまうのではないかと心配するドンハはシフンの家を訪ね...
第9話 過去と未来
魔女の恋愛 第9話 過去と未来 シフンが再びアフリカへ旅立つと記事を見て知ったジヨン。シフンの家を訪ね、行かないでほしいと引き止めたことで2人はよりを戻すことに。そのことを知ったドンハはジヨンを祝福するが、平気な顔をして一緒には働けないと退職願を提出する。失恋のつらさからスチョルと酒を飲み、1人で泥酔して道端で寝てしまったドンハ。連絡を受け迎えに来てくれたジヨンに、もう自分には構わないでくれと声を荒げてしまう。
第10話 すれ違う想い
魔女の恋愛 第10話 すれ違う想い ジヨンへの思いを断ち切れず、すさんだ生活を送るドンハ。一方、本心を隠してシフンとやり直す決意をしたジヨンだったが、苦しむドンハの姿に胸を痛める。そんなある日、ドンハはスチョルたちと食事に出かけた店で偶然シフンとジヨンの仲むつまじい様子を見てしまう。いたたまれなくなったドンハは、スチョルとウンチェをクラブに行こうと誘う。クラブで若者に絡まれたウンチェを助けようと言い争いになったドンハは、相手を殴り全治3週間のけがを負わせ...
第11話 裏腹な気持ち
魔女の恋愛 第11話 裏腹な気持ち スチョルはジヨンに、ドンハとキスしているところを見たと話す。シフンはジヨンとデートをするが、ジヨンの性格が昔と変わっていて少し驚く。ジョンスクは家の前でドンハと会い一緒にナレの居酒屋に行く。ジョンスクがジヨンの結婚が決まったことを話すと、ドンハはジヨンのことが本当に好きだと告白する。一方シフンはジヨンにプロポーズをするが...
第12話 優しいウソ
魔女の恋愛 第12話 優しいウソ ジヨンを忘れようと決心したドンハは、スチョルの家を出ようと家探しを始める。そんなドンハが気になってしかたないジヨンはシフンとの結婚準備を進めながらも、これでいいのかと迷っていた。ウエディング写真の撮影当日、ジヨンがナレに付き添って病院へ行ったと知ったシフン。急いで病院へ駆けつけたシフンが見たのは、ジヨンを支えるドンハの姿だった。シフンが病院へ来たことを知らないジヨンは、その後スタジオへ行き写真撮影を終えるが...
第13話 失われた時間
魔女の恋愛 第13話 失われた時間 会う度に泣いているジヨンを見てドンハは心配する。ドンハはジヨンがシフンと別れたことを知らずジヨンと距離を置くため引っ越そうとするが、ちょっとした手違いでもうしばらくスチョルの家で暮らすことにする。一方「トラブルメーカー」では珍しく無断欠勤したジヨンをみんなが心配し、ヨンシクが隣人であるドンハに様子を見に行くよう頼むのだが...
第14話 舞い降りたキューピッド
魔女の恋愛 第14話 舞い降りたキューピッド ドンハはシフンと別れたジヨンを会社へ送るなど優しく接する。出勤したジヨンは同僚たちに結婚はしないとクールに告げる。ハンビッ病院を取材しているジヨンは遺族へのインタビューをウンチェに頼む。空港に着いたシフンはジヨンに電話をかけ別れの挨拶をする。ナレはドンハの気持ちを受け入れてあげるようジヨンに話すが、ジヨンは申し訳ないと悩み...
第15話 恋の駆け引き
魔女の恋愛 第15話 恋の駆け引き 晴れてつきあうことになったジヨンとドンハだが、ジヨンは同僚たちに知られることを恐れ、ドンハに「トラブルメーカー」を辞めることを提案する。しかし会社に着いてみるとライバルであるピョンチーム長がドンハを雇っていた。一方、ジヨンの母親はナレたちからジヨンがドンハとつきあっていることを聞く。ジヨンとドンハの年の差が14歳だということを知った母親は、ドンハにジヨンと結婚する気はあるのかと尋ねるが...
第16話 2人の未来(終)
魔女の恋愛 第16話 2人の未来(終) ドンハは偶然ジヨンの合格通知書を目にし、ヨンシクに交換記者について聞く。ジヨンはせっかくチャンスをつかんだにもかかわらず、ドンハと離れたくないという理由でイギリスには行かないと社長に申し出る。そんなことは知らず自分に相談されなかったことを残念に思うドンハに、ジヨンはあなたのほうが大切と伝える。ドンハは自分のせいでジヨンに夢を諦めてほしくないのだが...
Vカラ女子会
無料
Vカラ女子会 Vカラ女子会 人気Vtuberたちがカラオケ女子会を企画! デュエットや採点バトルなど、ここでしか観れない姿が盛りだくさん?! オフの日の彼女たちを応援しよう!
猟奇的な彼女
猟奇的な彼女 猟奇的な彼女 大学生のキョヌはある晩、地下鉄の中でベロベロに酔っぱらった超美人な“彼女”と出会う。可愛い顔をして、「ぶっ殺されたい?」が口癖で、過激な行動を繰り返す彼女のペースに飲み込まれ、困惑しながらもその魅力にひきこまれていくキョヌ。しかし、タフでワイルドに見える“彼女”には、ある切ない秘密があった...。予測できない恋の行方、心揺さぶられる驚きと感動のエンディング。そして、誰もが好きにならずにはいられない“猟奇的な彼女”! 史上最高に魅力的なヒロインと、傑作ラブストーリーが誕生した!!
#1 「4時44分の儀式」
あかねさす少女 #1 「4時44分の儀式」 黄金の輝きと漆黒の闇が混ざりあう黄昏時――「4時44分」。明日架、優、みあ、奈々、クロエは、別世界を開くための儀式を行っていた。彼女たちは「鉱石ラヂオ研究会」。恒例の儀式は、失敗するまでがお約束だった。ただひとつ、いつもと違っていたのは、変わった石を拾ったこと。それをきっかけに、ある周波数に辿りついた彼女たちは、再び儀式に挑む。次の瞬間、明日架らの目に映ったもの……それは一面金色の世界。さらに、奇妙な生物に襲われた彼女たちを救ったのは、明日架によく似た、いや、明日架そのものの外見を持つ少女で……!?
#2 「違う世界(フラグメント)」
あかねさす少女 #2 「違う世界(フラグメント)」 占い師に教えられた不可思議な数字を足掛かりにし、またも「4時44分の儀式」を執り行う一同。そのひとり、奈々が目を開けると、そこは先程までとは別の場所だった。眼の前にいるのは、いつもと違う制服のラヂ研メンバー。話の流れも様子がおかしく、明後日、自分は結婚するらしい……。自宅でも、母と継父から結婚前提の話をされる奈々。その不条理に継父への複雑な感情も入り混じり、声を荒げる彼女だが、そこに誰かが訪ねてくる。ドアを開くと現れたのは、今をときめく芸能人……。そう、彼女の結婚相手はなんと――。
#3 「ウェディング・ベルが鳴る前に」
あかねさす少女 #3 「ウェディング・ベルが鳴る前に」 芸能人・千波トモヤと結婚し、この世界で生きていく。そう事もなげに言う奈々。彼女が戻らなければ、元いた世界の奈々は行方不明となる。焦る明日架達だったが……千波トモヤの本名が判明するや否や一転、奈々は結婚宣言を撤回する。しかし彼女の意思は捨て置かれ、とにもかくにも式場へ連行される奈々。憂鬱な思いが晴れない奈々は、継父が結婚式に反対していたと知らされる。さらにその継父から渡された品から、本当の父が遺した「信念を持ってほしい」という言葉を思い出す。いよいよ迎えた式本番、奈々が出した答えとは?
#4 「荒野の五人、もしくは十一人」
あかねさす少女 #4 「荒野の五人、もしくは十一人」 「悪党には金塊より鉛玉がお似合いだぜ……」。テレビの前でそう呟いて、前髪を少し跳ねる少女。それはラヂ研メンバーの一員、みあだった。誰にも言ったことのない彼女の密かな憧れは、西部劇の主人公のような「正義の味方」。そんな彼女とラヂ研メンバーが次に訪れた異世界は、まさにその憧れに近しい世界だった。優は酒場の給仕、奈々とクロエはお尋ね者、明日架は賞金稼ぎという役割のなか、みあの立場は正義の体現者、保安官。次々と状況と人間関係が移り変わるさなかで、みあは自身がやるべきことを見出そうとする……。
#5 「ヒーローの条件」
あかねさす少女 #5 「ヒーローの条件」 「かわいいものが好きな自分」と、そうじゃないと思う自分。いつの頃からか、ふたつの感情が同居していたというみあ。そんなジレンマを和らげてくれたのは、かつて「ヒーローにならない?」とラヂ研に迎え入れてくれた明日架たちだった。そんな思い出を振り返っていた彼女のもとに、銀行強盗の知らせが届く。追い詰めたその先にいたのは……なんと明日架たちだった。裁判にかけられ、お互いに決闘することとなった明日架たち。絶体絶命の彼女らの状況に、みあは「自分なりの正義」を見つめ直す。彼女は本当のヒーローになれるのか?
#6 「ひとりのアイランド」
あかねさす少女 #6 「ひとりのアイランド」 ひとりが好きな少女、クロエ。彼女の一時の楽しみは、本を読みながらカフェオレを飲むこと。そんな彼女とラヂ研のメンバーが、次にたどり着いたのは見渡す限り海のなか、一人ひとつ小さな島が与えられるというフラグメントだった。この世界の自分の家で、クロエは音楽や本を楽しむ。そんな中、VRマシンを立ち上げた彼女は、映し出されたフランスの光景に、自身の過去を見た。ひとりでいることが、真に豊かだったあの頃。だが、そんな彼女も日本に来てから、別の価値観が生まれる。ラヂ研のみんなといる時に感じる、その不安とは……。
#7 「Tu n'es pas seule.」
あかねさす少女 #7 「Tu n'es pas seule.」 このフラグメントは様子がおかしい。そのきな臭さに勘付いたクロエは、この世界の自分が残したメッセージを見つける。「僕たちは一見つながっているようでいて、その実ホワイトゴートによって一人きりにされている……」クロエはその言葉とともに、ウィルスをインストールしたメモリユニットを受け取った。これをサーバーに取り付ければ、インフラを統括しているAIの破壊が可能になるという。明日架らと合流し「一人きりじゃなくなった」彼女は、サーバー島でクラッターに相対する。その胸に、ある覚悟が生まれるのを感じながら……。
#8 「明日架とアスカ」
あかねさす少女 #8 「明日架とアスカ」 今日もオクターヴに集まるラヂ研の面々。そこで彼女たちは怪我をしたマスターの代わりに、様々な衣装で店員として手伝う。別世界のアスカも混ざり、忙しいながら楽しいひとときを過ごす一同。さらに明日架はアスカを家に泊めることを決め、夕食を共にすることに。そこで進路の話になった明日架は、味噌屋を継ぐという考えを父親に反対され不満を漏らす。だが、アスカは明日架の進路について、自分がいる世界のことを引き合いに出し、自由でいてほしいと語るのだった。その夜、ふたりは同じ夢を見る。彼女たちの弟である今日平の夢を……。
#9 「そこに在る黄昏」
あかねさす少女 #9 「そこに在る黄昏」 アスカの世界にやってきたラヂ研の面々。すでに黄昏に飲まれていたそこは、これまでとはまるで違う、静謐で朽ち果てた世界だった。アスカから新たなアストラルモジュールを手渡された一行は、黄昏の王がこの世界に現れる兆候があること、そして黄昏を退けるエネルギー体を守る御神木のことを知る。だが、その事実を受け止める間もなく、基地内は突如黄昏の侵食に襲われ、雪うさぎたちが現れる。その原因となったのは、御神木に触れ、なんらかの作用を与えるひとりの子供だった。侵食を止めるため、戦う一行。加勢に現れたアスカも、なんとか子供の行動を防ごうと決死の一撃を放つ。だが、その行動は仇となって……。
#10 「うそつきの宴」
あかねさす少女 #10 「うそつきの宴」 ラヂ研の面々が、元の世界へと戻って数日が経った。無念を抱きつつ普段どおりの生活を続けていた彼女たちに、明日架は「他のフラグメントに出現したクラッターをやっつけよう」と明るく提案する。それを自然と受け入れる一同。だが、優だけは彼女の態度に違和感を感じていた。それは今日平がいなくなり、味噌屋を継ぐと言い始めた、あの時の明日架にとても似ていたから……。「明日架は嘘をついている」。その疑念はわだかまりとなって明日架にも伝わり、ふたりの間には大きな溝ができてしまう。さらに折悪しく、この世界に不気味な気配が忍び寄り――。
#11 「優等生」
あかねさす少女 #11 「優等生」 黄昏の王と対面する明日架。この世界における黄昏化を止めるよう、そしてアスカを彼女の世界ごと全て蘇らせるように、彼女は懇願する。だが、その代償として明日架は黄昏の王と共に往くことを促される。「私には黄昏とひとつになる素質があった、そしてそれは……あなたにもある」。その言葉が明日架を揺れ動かしていく。誰かを失った事実を変えることはできない。でも、悲しみを忘れることはできる。そう言葉を掛け、さらに促す黄昏の王。その手を、ついにとろうとする明日架。その時、彼女は聞いた。彼女がよく知る友人の叫びを。
#12 「いつか、黄昏の降る空の」
あかねさす少女 #12 「いつか、黄昏の降る空の」 黄昏の使者とともに変わらぬ景色を歩き続ける明日架。ちくわを食べにいかないかと提案する彼女に、黄昏の使者は付き合うことに。その最中で、ちくわを好きになった理由を語る明日架。それは幼い頃の今日平との思い出に起因するものだった。それをきっかけに、フラグメントを渡り歩きながら、今日平を探そうとするふたり。その中で、明日架はある告白をする。それは今日平がいなくなった時に彼女が泣いた理由だった。それこそが彼女の受けた罰であり、黄昏の使者が受けるべき罰でもあった。罰を言い訳にしてきた明日架は、今、ひとつの決意をする。

表示できるのは100ページまでです。