「女 研究所」の検索結果

今すぐ視聴する

File32 マリコのネイルサロン
無料
科捜研の女 File32 マリコのネイルサロン 【毎週木曜 よる8時00分放送】 保険外交員の朝吹樹里(佐藤乃莉)が自室で刺殺された。臨場した榊マリコ(沢口靖子)は1ミリほどのパールを発見。 被害者の服装には合わない、派手な赤い爪に違和感を覚える涌田亜美(山本ひかる)。被害者の所持品には、ネイルサロン『ラ・カージュ』の会員証があった。 詐欺や恐喝の前科を持つ樹里は、死の直前、誰かを恐喝していたことが明らかに。事件当日、樹里の部屋を訪れた人物が恐喝を受け、殺害したのではないか…。 現場で発見されたパールにはエメラルドグリーンのネイル塗料が付着しており、事件当日、何者かが落とした模様。容疑者はエメラルドグリーンの爪をしている可能性が高い。心当たりがないか『ラ・カージュ』を訪ねるマリコ。なんと店長の篠宮佐和(佐藤江梨子)が、エメラルドグリーンの爪にパールのストーンをつけていた!
第24話 DearMyFriends
無料
とある科学の超電磁砲 第24話 DearMyFriends MARの研究所から子どもたちを移送する輸送車を追跡する木山の前に、美琴たちが現れる。輸送車がオトリであることに初春が気付き、急ぎ駆けつけたのだ。初春と佐天が木山を子どもたちの元へ導き、輸送車から降り立つ駆動鎧(パワードスーツ)を相手に黒子と婚后が奮戦。美琴は固法のバイクで木山を追い、第23学区の研究所を目指す。その前に立ちふさがる、テレスティーナの駆る巨大な駆動鎧。電撃は封じられ、「超電磁砲(レールガン)」は射程外。能力を計算に入れた攻撃に美琴たちは苦戦を強いられる。子どもたちのもとにたどりつかせてくれという木山の悲痛な言葉に、美琴は……。
陰性→陽性の女性 残存ウイルスがストレスで増殖か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 陰性→陽性の女性 残存ウイルスがストレスで増殖か  新型コロナウイルスに感染した大阪府の女性がいったん「陰性」となった後に再び「陽性」となったことを受けて、厚生労働省は専門家を大阪に派遣して原因を調査する方針です。  厚労省によりますと、先月に感染が確認された大阪府のツアーガイドの女性(40代)は治療を受けて退院し、今月6日のウイルス検査では陰性でした。その後、胸の痛みなどが続き、26日の検査で再び陽性と判定されました。原因は分かっていませんが、厚労省幹部は女性が退院した後に再び感染した可能性は低く、体内に残っていた微量のウイルスがストレスなどによって増殖したのではないかとみています。厚労省は国立感染症研究所の研究者を大阪に派遣して、再び陽性になった原因を調べる方針です。
#10 見果てぬ夢
GRANBLUE FANTASY The Animation Season2 #10 見果てぬ夢 突如現れたポンメルン率いるエルステ帝国軍によって、連れ去られてしまったグランとルリア。 魔晶の影響で苦しむノアも、同じく帝国の駐屯地にある研究所に囚われていた。 残されたラカム達の前にはロゼッタが現れ、グラン達の救出に力を貸してくれるという。 忘れていた遠い記憶を思い出したラカムは、一刻も早いノアの救出を決意する。 そして、連行されたグランとルリアはエルステ帝国宰相フリーシアと対面し……
第17話 弱肉強食!食べちゃうゾ♪
絶対可憐チルドレン 第17話 弱肉強食!食べちゃうゾ♪ バベルの研究所で模擬戦闘訓練が行われようとしていた。皆本が指揮するのは、もちろんチルドレンの3人・・・・・・ではなく、見慣れない少年と少女の二人組。少年の名は宿木明。そして少女の名は犬神初音。二人とも、特殊な超能力を持つバベルの特務エスパー候補生である。この戦闘訓練は、二人を正式採用するための試験なのだ。二人が試験に合格するための条件、それは、『ザ・チルドレン』に勝利すること!!最強最悪のレベル7相手に、皆本たちはどう戦うのか!?
第23話 いま、あなたの目には何が見えてますか?
無料
とある科学の超電磁砲 第23話 いま、あなたの目には何が見えてますか? 暴走能力実験で昏睡状態に陥っていた子どもたちは無事保護され、木山のもとからMARの研究所へと移送された。ひとまず一件落着と胸をなでおろす黒子たちだったが、美琴と初春はいまひとつ納得のいかない顔。春上のお見舞いに行こうと準備をしていた初春は、子どもたちへの強い想いを抱いていた木山を思い出し、彼女のもとを訪れる。もう少しで子どもたちを救えたのにと気落ちする木山を、一緒に子どもたちに会いに行こうと励ます初春。しかし、テレスティーナは子どもたちに合わせるわけにはいかないと、すげなく断る。そして、彼女の正体を知った美琴は……。
第8話 「Item(アイテム)」
無料
とある科学の超電磁砲S 第8話 「Item(アイテム)」 『妹達』と、それにかかわる『実験』を中止に追い込むーーその決意を胸にした美琴の手によって、次々と稼動不能にされていった研究施設も、残すところあと二箇所。しかし、『実験』を行う者たちも、美琴に蹂躙されるまま、ただ手をこまねいていたわけではなかった。ターゲットは電気を操る能力者。施設に潜入したときのみ、その排除にあたるべし――。そんな奇妙な依頼を受け、とある暗部組織が動き出す。そのことも知らず、病理解析研究所に潜入を果たした美琴の前にめぐらされた数々の罠。そして彼女を誘うかのように、ひとりの少女が姿を現す。一方、残るひとつの施設、脳神経応用分析所には、布束が現れ――。
第4話 「妹達(シスターズ)」
無料
とある科学の超電磁砲S 第4話 「妹達(シスターズ)」 忍び込んだ研究所で、美琴は『クローン製造計画の中止』を知る。自分のDNAマップが悪用されなかったことを確認し、晴れ晴れとした気持ちになった美琴は、初春や佐天たちとショッピングに出かけることに。近く行われる『広域社会見学』に想いを馳せ、黒子が引いてしまうほどのテンションの高さを発揮する美琴。初春たちも少々戸惑い気味ながらも、かわいいものを前に心がときめく。意外な才能を発揮したりする美琴を中心に、四人は楽しい時間を過ごす。瞬く間に過ぎていく、夏休みの一日――。そんな学園都市の風景の裏側では、とある実験が静かに進行していた。
新型コロナ“受診の目安”37.5℃超でも待機?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型コロナ“受診の目安”37.5℃超でも待機?  厚生労働省が17日に新型コロナ対策として、ようやく受診の目安を発表しました。「37.5度以上の発熱が4日以上続く」などと示されていますが、実際にはどう行動すればいいのでしょうか。  17日も新たな感染者が…。感染が確認された神奈川県内の看護師の女性は先週、死亡後にウイルス感染が判明した80代の女性が入院していた相模原中央病院に勤めていました。  神奈川県健康医療局長・市川喜久江氏:「入院した患者さんから、この看護師が感染した可能性は非常に高いのではないかなと考えております」  この病院は安全が確認されるまで外来と入院患者への面会を中止しています。  また、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」では、11日から船内で業務にあたっていた厚労省の男性職員の感染が判明。濃厚接触者はいないとしていますが、厚労省は改めて「予防策をチェック」するとしています。  一方、このクルーズ船に乗っていたアメリカ人のうち、症状がない約340人が17日にアメリカ政府のチャーター便で帰国。搭乗者について国防省は14人が感染していることを明らかにしました。「ワシントン・ポスト」によりますと、船内には44人のアメリカ人感染者が残っていて、今後は日本の病院に入院するとのことです。これ以上の感染拡大を防ぐため、専門家はこう指摘しています。  国立感染症研究所・脇田隆字所長:「なるべく人混みを避ける行動をして頂くこと、あるいは不要不急な集まりをなるべく自粛をするようなことも検討していく必要があ…
第20話 「最終信号(ウイルス・コード)」
無料
とある魔術の禁書目録 第20話 「最終信号(ウイルス・コード)」 『ミサカネットワーク』を統括する個体として作られた「打ち止め(ラストオーダー)」。彼女を引き取ってもらおうと、『絶対能力進化(レベル6シフト)』計画の担当研究者・芳川桔梗の元にやってきたアクセラレータだが、芳川は「打ち止め」の危機的状況を示唆する。彼女の脳にとある命令が上書きされたことによって、『妹達(シスターズ)』が暴走、全世界が驚異にさらさせるというのだ。「打ち止め」を保護するかの選択を迫られるアクセラレータ。タイムリミットは九月一日午前〇時ちょうど。「打ち止め」と別れたファミレスで、天井の姿を見かけていたアクセラレータは、すでに閉鎖された実験の研究所で彼を発見する。逃げようとする天井を難なく捕え、「打ち止め」を確保するが、タイムリミットを前に、ウイルスが起動準備に入ってしまい――。
EPISODE 6 「ゼノグラシア」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 6 「ゼノグラシア」 査察という不意打ちに、一時的にも機能不全となってしまったS.O.N.G.本部。 その結果、無理矢理に行動実態を裸と剥かれるばかりか、非戦闘員を危険に巻き込んでしまう。 未来とエルフナインの安否を気遣う装者達の想いはひとつであったが、 疲弊に摩耗した翼は、マリアの心配をよそに周囲と軋轢を繰り返し、孤立していく。 一方で、ロスアラモス研究所より奪取した聖遺物を用いて準備を進めていくヴァネッサ。 そこにミラアルクが、エルフナインと口封じから免れた未来を伴ってシャトーに帰還する。 神の力をシェム・ハの腕輪より抽出、そして制御する計画は着々と進みつつあった。 防人の矜持を躙られ、寄る辺を失った翼を虐めているのは、他ならぬ翼自身。 そんな悪循環に滑り込んできた訃堂の言葉は、翼に侵略した「刻印」を容易く掌握。 健常であれば惑わされぬその揺さぶりは何故か甘く、だからこそ翼は頬を汚すしかなかった。 S.O.N.G.からの反撃に緊急出動を余儀なくされたヴァネッサであったが、 激突に己の不利を悟り、危地を覆すべく、やはりロスアラモスで得た情報で翻弄を試みる。 敵の搦め手に戸惑いながらも立ち向かう装者達。だが、勝利を目前としたその時――