「妻 殺害」の検索結果

今すぐ視聴する

「妻が死にたいと言ったから」殺人未遂で82歳夫逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「妻が死にたいと言ったから」殺人未遂で82歳夫逮捕  東京・八王子市の住宅で83歳の妻の首を絞めて殺害しようとしたとして、82歳の夫が逮捕されました。妻は病院で死亡が確認されました。  無職の上野生護容疑者は22日、八王子市の自宅で妻のシヅ子さんの首を絞めて殺害しようとした疑いが持たれています。警視庁によりますと、上野容疑者から「妻の首を絞めた」と電話を受けた近隣住民が110番通報しました。警察官が駆け付けると、シヅ子さんは介護用ベッドの横で仰向けになって倒れていて、病院で死亡が確認されました。親族は上野容疑者がシヅ子さんの介護をしていて、「大変そうだった」と証言しているということです。上野容疑者は「妻が死にたい、死にたいと言ったことから殺した」と容疑を認めています。
第12話 レッド・ラム~殺人
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第12話 レッド・ラム~殺人 高校フットボールのスター選手が殺害される。そして、以前飼っている猫を彼に殺されたという近所の“自称 魔女”に殺人の容疑がかかる。だが、ジェーンは犯人が他にいると考え、ある罠を仕掛けて真相を探ろうとする。
第19話 12本の赤いバラ
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第19話 12本の赤いバラ ジェーンとCBIのメンバーたちは、ハリウッドへ向かう。ある映画プロデューサーが殺害されたからだ。そこで彼らは、ニセのチャップリンや、マリリン・モンローなど多くのニセ者と出会うが、殺人犯は“本物”だった。
予告編
無料
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 予告編 パトリック・ジェーンは“メンタリスト”と呼ばれる犯罪コンサルタントである。卓抜した観察力、洞察力、推理力を持ち、人の心を操る心理術を持つ。彼はその能力を犯罪捜査に発揮、スペシャリストとしてCBI(カリフォルニア州捜査局)に協力、数々の凶悪犯罪の謎を暴いていく。だが彼には殺人鬼“レッド・ジョン”によって妻子を虐殺された忌まわしい過去が・・・。彼の目的は、妻子を殺害した謎の殺人鬼レッド・ジョンの逮捕。心理学、推理を用いてまさに手に汗握る展開の連続。はたして“レッド・ジョン”の正体とは!?前代未聞の壮絶な犯罪捜査が幕を開ける!
第8話 赤信号
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第8話 赤信号 重要証人として法廷に招集されていたあるドラッグ・ディーラーと彼のガールフレンドが殺害される。ジェーンは、この事件の容疑者と動機について、警察とは違う見解を持っているが、真相を追求していくにつれて、驚くべき事実が明らかになっていく...。
第20話 レッド・ソース
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第20話 レッド・ソース ジェーンとCBIのメンバーたちは、あるギャングの殺害事件について調査を始めるが、 殺されたギャングが 証人保護プログラムの下にいたことから、事態は思わぬ方向に展開する。ジェーンは、何とかしてギャングのボスから話を聞き出そうとするが...。
“嘱託殺人”逮捕の医師の妻が明かす「バイト」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “嘱託殺人”逮捕の医師の妻が明かす「バイト」  難病「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」を患う女性に薬物を投与して殺害した疑いで逮捕されています。嘱託殺人で逮捕された医師のうち1人が厚生労働省の元医系技官だった事を元衆議院議員の妻が明かしました。  難病のALSの女性患者から依頼を受け、薬物を投与して殺害した疑いで逮捕された2人の医師・山本直樹容疑者(43)と大久保愉一容疑者(42)。妻の大久保三代元衆議院議員が24日に会見を開きました。  大久保容疑者の妻・大久保三代元衆院議員:「亡くなられた方、ご遺族に本当に申し訳ない…。深く反省しなきゃいけないし、きちっと説明をすべきだと思います」  妻によりますと、大久保容疑者は大学を卒業後、厚労省で約7年半勤務した後、複数の民間の医療機関に在籍。現在は宮城県内の病院で勤務医として働く一方、クリニックを開業。さらに不定期でアルバイトをしていたといいます。  大久保容疑者の妻・大久保三代元衆院議員:「お金に困ってるわけじゃないのに何でアルバイトに行くんだと、いつも夫婦げんかの種になってて、勤務医(の月給は)100万円ぐらいですかね。バイトいらないですよね?100万円ももらって」  山本容疑者の口座には女性から約130万円が振り込まれていて、警察では2人が報酬として金銭を受け取っていたとみています。女性とはSNSを介して知り合ったとみられています。  女性の元ヘルパー:「(女性が)パソコンをやっている間は、ヘルパーさんは『見んといて』という感じでシャットアウトされてたので」  女性の自宅…
ショーシャンクの空に
ショーシャンクの空に(字幕) ショーシャンクの空に ショーシャンク刑務所に、若き銀行の副頭取だったアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と間男を殺害した罪で入所してきた。最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達係”のレッド(モーガン・フリーマン)は彼に他の受刑者達とは違う何かを感じていた。そんなアンディが入所した2年後のあるとき、アンディは監視役のハドレー主任(クランシー・ブラウン)が抱えていた遺産相続問題を解決する事の報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得する。この一件を機に、アンディは刑務所職員からも受刑者仲間からも、一目置かれる存在になっていく・・・。
第10話 赤レンガの虚栄
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第10話 赤レンガの虚栄 著名な科学研究者が毒殺される。第一容疑者が研究者の妻だということ、そして彼女がかつて、ジェーンの担当精神科医だったということを知り、ジェーンは、この事件に対して個人的な興味を抱く。
予告編『被告人』
無料
被告人 予告編『被告人』 誰を信じ、誰を疑う一 ソウル地検のエース検事ジョンウ(チソン)は、どんな不正や悪も見逃さない熱血漢。今日も暴力団のボスを逮捕し、華々しく活躍した。その日、愛娘の誕生日を祝ったあと、幸せな気持ちで眠りについたジョンウ。ところが目を覚ますと、そこは監獄。妻と娘を殺した罪で服役していたのだ。まるで状況が理解できないジョンウ。彼は4ヶ月間の記憶を失っていた。いったいなぜ、彼は殺人犯になったのか――? ――4ヶ月前。チャミョングループの副社長ミノ(オム・ギジュン)は殺人未遂の罪でジョンウに追われていた。双子の兄ソノ(オム・ギジュン/2役)に自首をすすめられたミノは、ソノを殺害。自分が自殺したように見せかけ、ソノに成りすましていた。偽装工作を見破ったジョンウは、ミノを逮捕する寸前だったのだが...。
第3話 赤潮
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第3話 赤潮 女子高生の遺体が海岸に打ち上げられる。事件の手掛かりを握るのは彼女のサーファー仲間ではないかと察したジェーンは、彼らから巧みに話を聞き出していくが、しだいに驚くべき真実が明らかになっていく。
第7話 朱をそそぐ
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第7話 朱をそそぐ ジェーンは、自称“霊能者”に、殺人の疑いをかけている。彼は、その霊能者が詐欺師であり殺人犯でもあることを証明するために降霊会を開き、正面からぶつかり合う。だが果たしてジェーンの推測は当たっているのだろうか?
第11話 レッド・ジョンの友人
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第11話 レッド・ジョンの友人 有罪判決を受けたある殺人犯が、自分の無実を証明してくれたら、レッド・ジョンに関する情報を提供すると言う。ジェーンは、その情報を得たいがために、単独捜査に乗り出した上、CBIをやめようとするが...。
第14話 深紅の情熱
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第14話 深紅の情熱 CBI捜査官のチョウが、ナンパの名人であり偽メンタリストでもある殺人犯を捕まえようとする。チョウは、甘い言葉を女性にささやく色男に見事になりすまし、ジェーンの助けも借りて、おとり捜査に乗り出すのだが...。
第16話 血眼
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第16話 血眼 ジェーンは爆破事件に巻き込まれ、一時的に視力を失ってしまう。爆破の犯人と、ある殺人犯を追う彼は、視力以外の感覚だけに頼ることを余儀なくされる。だが、犯人が本当に狙っているのは意外な人物だった...。
第17話 狙われたカーネリアン
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第17話 狙われたカーネリアン シエラネバダの丘陵地帯にある企業の保養所で、連続殺人事件が起き、CBIが捜査に乗り出す。ジェーンはそこで、欲望と裏切りにまみれたアメリカの実業界を目の当たりにし、彼らと立ち向かうことになる。
第18話 血染めのジャガイモ
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第18話 血染めのジャガイモ ジェーンとCBIのメンバーたちは、ある人物を追跡し、捕らえようと奔走する。彼は、人々に催眠術をかけ自分の命令を実行させる恐ろしい人物なのだ。しかもその命令というのは、殺人だった...。
第21話 ミス・レッド
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第21話 ミス・レッド 一人の資産家が自分のヨットで殺される。彼はソフトウエア会社のCEOで、ガールフレンドは 精神分析医だ。ジェーンは、事件の真相を導き出すために、容疑者同士を戦わせようとするが、そこで驚くべき事実に直面する。
第1話 レッド・ジョンの影
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第1話 レッド・ジョンの影 パトリック・ジェーンと 上級捜査官のテレサ・リズボンが率いるCBIの捜査チームが、パームスプリングスで起きた殺人事件を解決しようと奔走する。殺人現場にはあるマークが残されているが、それはジェーンの過去に深く関わる殺人鬼のものだった。
第2話 赤毛と銀色のテープ
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第2話 赤毛と銀色のテープ ナパバレーのレストランで、若いウエイトレスが殺され、CBIのリズボンと彼女が率いるチームのメンバーたちが、調査に乗り出す。だがジェーンは、新人捜査官のバン・ペルトを使い、独自のおとり捜査を密かに始めるのだった。
第4話 紅の涙
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第4話 紅の涙 裕福な投資銀行家が殺されているのが、鍵の掛かった隠し部屋で発見される。捜査を進めるうちに、その銀行家が二重生活をしていたことや、クライアントから多額の金を集めていたことが発覚し、事件は意外な方向へと展開していく。
第5話 アカスギの森
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第5話 アカスギの森 殺人事件の現場付近に、被害者の親友が現れる。彼女は血だらけであるばかりか、凶器を持っているため、明らかな容疑者と見なされるが、記憶を失っている。彼女が無罪であると判断したジェーンは、ある危険な策を講じるのだが...。
第6話 冷血
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第6話 冷血 カジノのオーナーが殺される。捜査のため、そのカジノに乗り込んでいくジェーン。彼は、真相を突き止めるために、得意の読心術を使って犯人を罠に掛けようとする。そして、トランプの賭けで大儲けするという幸運にも恵まれるのだが...。
第9話 真っ赤な炎
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第9話 真っ赤な炎 小さな農業の町で、放火による殺人事件が起きる。そして、ジェーンとCBIのメンバーの調査によって、過去の放火事件にも共通点がいくつかあることが明らかになっていく。ジェーンたちは、そこで小さな町の人間関係を知っていくのだった...。
第13話 血塗られた絵画
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第13話 血塗られた絵画 5000 万ドルの絵画が盗まれる。そして、絵画があった場所では、その絵画の所有者である石油王の義理の息子にあたる男が遺体で発見される。ジェーンが事件を捜査していくにつれて、その絵画にまつわる不可解な事実が次々と明らかになる。
第15話 口紅のメッセージ
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第15話 口紅のメッセージ ジェーンとCBIのメンバーたちは、あるカントリークラブの“女王様”殺人事件を捜査する。彼女は、自宅で開いたカクテルパーティーで毒殺されたのだが、捜査が進むにつれ、彼らは、カントリークラブがいかに秘密に満ちていたかを思い知る。
第22話 血の結束
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第22話 血の結束 ジェーンは、証人保護プログラムの下にいる問題を抱えた子供たちと打ち解ける。だが、仲間が死んだ時、本当は何が起きていたのかを聞き出そうとすると、彼らは固く口を閉ざしてしまう。そこでジェーンは、ある物語を話し始める。
第23話 レッド・ジョンの足跡
THE MENTALIST/メンタリスト(字幕) 第23話 レッド・ジョンの足跡 ファースト・シーズンの最終話。少女が殺され、彼女の双子の姉妹が誘拐される。リズボン捜査官は、その事件に連続殺人犯のレッド・ジョンが関わっていること、そして彼がジェーンを罠に陥れようとしていることを知り、あらためて戦慄を覚えるのだった...。
就寝中の夫を包丁で襲う 直前にボウガンも…妻逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 就寝中の夫を包丁で襲う 直前にボウガンも…妻逮捕  夫を包丁で切り付けたとして妻が逮捕されましたが、その直前にはボウガンを撃ったともみられています。  樽井未希容疑者(33)は26日午前6時ごろ、神戸市内の自宅で36歳の夫の首を包丁で切り付けて殺害しようとした殺人未遂の疑いが持たれています。就寝中の夫が頭に何かが当たったために目を覚ましたところ、横にボウガンの矢が1本落ちていることに気が付きました。さらに樽井容疑者が包丁で首を切り付けてきたため、包丁を取り上げると、樽井容疑者が自ら警察に通報したということです。夫は意識があり、命に別状はありません。樽井容疑者は、「間違いない」と容疑を認めているということです。警察は夫婦の間にトラブルがあったかどうかやボウガンを入手した経緯などを調べています。
第1話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第1話 ム・ジニョク刑事の妻ホ・ジヘが殺害され、容疑者コ・ドンチョルに対する裁判が行われる。ジヘが殺害される直前、ジヘ本人から通報を受けた緊急通報センター勤務の警察官カン・グォンジュが、証人として出廷するが、コ・ドンチョルは犯人ではないと証言。結局裁判は中断され、事件は未済事件となり、3年の月日が過ぎる。