「妻 殺害」の検索結果

今すぐ視聴する

元警察官に死刑判決 福岡・妻子3人殺害事件
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 元警察官に死刑判決 福岡・妻子3人殺害事件  おととし、自宅で妻と2人の子どもを殺害した罪に問われている福岡県警の元警察官の男の裁判で、福岡地裁は中田充被告に死刑の判決を言い渡しました。
イラン国籍の51歳の男を逮捕 元妻を殺害した疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 イラン国籍の51歳の男を逮捕 元妻を殺害した疑い  さいたま市岩槻区の公園でイラン人の50歳の女性の首をナイフで切って殺害したとして、元夫の51歳の男が逮捕されました。  イラン人のナセリ・ビジャン容疑者は、岩槻区の公園で元妻のシャヒーン・プール・ホセイン・タヘレさんの首を果物ナイフで切り、殺害した疑いが持たれています。タヘレさんは公園の植え込みの中から見つかりました。警察によりますと、タヘレさんが元夫からの暴力を警察に相談していたことからビジャン容疑者を特定し、東京・豊島区の駐車場で見つけて事情を聴いていました。ビジャン容疑者は「元妻が騒いで暴れたから刺した。殺すつもりはなかった」と供述しています。
東京・東久留米の男性殺害事件 内縁妻の次男を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 東京・東久留米の男性殺害事件 内縁妻の次男を逮捕  先月8日、東京・東久留米市の住宅で55歳の男性が約70カ所、刺されるなどして殺害された事件で、警視庁は今月2日午後に男性の内縁の妻の次男を強盗殺人の疑いで逮捕しました。
妻子殺害で死刑判決 “直接の証拠ない”裁判員苦悩
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 妻子殺害で死刑判決 “直接の証拠ない”裁判員苦悩  「間違いなく冤罪(えんざい)」との主張は退けられました。妻と子ども2人の首を絞めるなどして殺害した罪に問われた元警察官の父親に死刑判決が言い渡されました。  福岡県小郡市で起きた現職の警察官が妻と子ども3人を殺害したとされる事件の裁判。捜査段階から一貫して無罪を主張する弁護側と、警察官が家族を皆殺しにしたとして死刑を求刑した検察側。中田充被告(41)が犯人だと示す直接証拠がないなか、注目された裁判員裁判の判決が言い渡されました。判決は求刑通り、死刑でした。裁判の最大の争点は、中田被告が犯人であるかどうか。判決では、防犯カメラの映像や外から侵入した形跡や痕跡がないことから第三者による犯行を否定。さらに、事件当時、中田被告が在宅していたことや中田被告の腕に残っていた傷は妻が抵抗した痕跡と合理的に推測できるとし、中田被告が犯人であると認定しました。死刑が言い渡された中田被告は裁判長の方をじっと見つめて表情を変えることはありませんでした。
男から繰り返し暴行か 福島・同居男性“殺害”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 男から繰り返し暴行か 福島・同居男性“殺害”  福島市で男女3人が同居の男性を殺害したなどの疑いで逮捕された事件で、逮捕された男が男性に繰り返し暴行を加えていたとみられることが分かりました。  山形市の元除染作業員・武次翔太容疑者(32)は2014年、福島市の住宅で当時一緒に住んでいた渡辺大輔さん(当時28)に暴行を加え、殺害した疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、この事件を巡って保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された武次容疑者の妻(35)と養女(32)の話や遺体の状況などから、武次容疑者が渡辺さんに繰り返し暴行していたとみられています。捜査本部は凶器が使われた可能性は低いとみて、殺害された経緯を詳しく調べています。
「家族3人皆殺しの重大事案」元警察官に死刑求刑
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「家族3人皆殺しの重大事案」元警察官に死刑求刑  妻と子ども3人を殺害した罪に問われている元警察官に死刑を求刑しました。  福岡県警の元警察官・中田充被告(41)は2017年6月、福岡県小郡市の自宅で妻・由紀子さん(当時38)と長男・涼介くん(当時9)、長女・実優ちゃん(当時6)の首を絞めて殺害した罪に問われています。検察側は論告で「現職の警察官が家族3人を皆殺しにした重大事案。自らの犯行をかたくなに否定している」などと指摘し、死刑を求刑しました。一方、弁護側は、仮に中田被告が犯人であるとしても計画性はなく、「死刑は回避されるべき」と主張しました。
中国騒然! 20年超逃亡「美人殺人犯」逮捕の瞬間
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国騒然! 20年超逃亡「美人殺人犯」逮捕の瞬間  中国で7人を殺害したとして、20年以上も逃げ続けた女の逮捕の瞬間をカメラが捉えました。地元メディアで「美人殺人犯」と報じられた女とは。  上目遣いで瞬き。逮捕直後のアヒル口の女から緊張感は感じられませんでした。地元メディアが「美しい蛇」「美人殺人犯」の逮捕と報じた労栄枝容疑者(45)。彼女を知る人は30代だと思っていたといいます。中国の各メディアは今回の逮捕劇を一斉に報じています。新聞には大きく写真入りで7人の命を奪った女が20年経って網に落ちたと伝えています。  1996年、江西省南昌市。当時22歳の労容疑者、彼女には恋人がいました。10歳年上の法子英元死刑囚です。後に逮捕されて死刑執行されました。労容疑者はキャバクラで働き、彼女が誘惑して連れ込んだ地元企業経営者の男性から恋人の男が金を奪って殺害。さらに、男性の自宅で妻と3歳に満たない娘を殺害したというのです。2件目の事件は1997年。2人の女性から金をだまし取って殺害。逃走を続けます。そして1999年。3件目の強盗殺人事件が起きます。警察に囲まれて部屋の片隅でうずくまる男。自作の銃を手に立てこもったのです。労容疑者が男性を誘惑して自宅に連れ込み、恋人の男が身代金を要求して殺害。さらに、工事をすると嘘をついて大工の男性を呼んで殺害したというのです。催涙弾を撃ち込まれた男は発砲して応戦。しかし、足を2発撃たれて逮捕されました。男は取り調べに対し、3件の強盗殺人の他にも2人の殺人を認めています。  恋人の男は裁判で死刑判決を…
除染作業で同居の4人に何が…男性を暴行、殺害か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 除染作業で同居の4人に何が…男性を暴行、殺害か  4人は一緒に福島に移り住み、除染作業で生計を立てていたとみられています。  武次翔太容疑者(32)は2014年、福島市の住宅で当時同居していた渡辺大輔さん(当時28)を暴行して殺害した疑いが持たれています。また、武次容疑者の妻の吾委子容疑者(35)と養子の明日香容疑者(32)は重篤な状態だった渡辺さんを放置して死亡させたとして逮捕されました。取り調べに対し、武次容疑者は殺意については否認しています。知人関係にあった4人は一緒に福島に移り住み、除染作業で生計を立てていたとみられています。
第3話「命がけの脱走」
TWO WEEKS 第3話「命がけの脱走」 ミスク殺害容疑で拘束されたテサンは、それがかつても自分に無実の罪を着せたイルソクの罠と気づく。警察の取調べに無実を主張するも、不利な証拠ばかりで窮地に陥るテサン。さらに留置場でも命を狙われ、テサンはスジンの手術のためにもどうにか生き延びなければならないと思う。そして、友人のマンソクにある頼み事をする。
第5話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第5話 陰狂症という心の病にかかった夫とその妻がいた。妻が栄華館に相談に行くとゲウォルは夫婦で治色を受けることを勧めるが、妻は夫を妓房に連れてくることを強く拒否した。妻はゲウォルの教えに従い自ら夫の治療にあたるが、心に怒りを持つ妻にその問題を解決することはできなかった。そしてある日、ダンビは栄華館の外で刺客に命を狙われる。それを助けたウンも重症を負った。その刺客を送ったのは...
予告編『被告人』
無料
被告人 予告編『被告人』 誰を信じ、誰を疑う一 ソウル地検のエース検事ジョンウ(チソン)は、どんな不正や悪も見逃さない熱血漢。今日も暴力団のボスを逮捕し、華々しく活躍した。その日、愛娘の誕生日を祝ったあと、幸せな気持ちで眠りについたジョンウ。ところが目を覚ますと、そこは監獄。妻と娘を殺した罪で服役していたのだ。まるで状況が理解できないジョンウ。彼は4ヶ月間の記憶を失っていた。いったいなぜ、彼は殺人犯になったのか――? ――4ヶ月前。チャミョングループの副社長ミノ(オム・ギジュン)は殺人未遂の罪でジョンウに追われていた。双子の兄ソノ(オム・ギジュン/2役)に自首をすすめられたミノは、ソノを殺害。自分が自殺したように見せかけ、ソノに成りすましていた。偽装工作を見破ったジョンウは、ミノを逮捕する寸前だったのだが...。
凶器は“記念品” 元農水次官が起訴内容認める
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 凶器は“記念品” 元農水次官が起訴内容認める  長男を殺害した罪に問われた元事務次官の男は、11日の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めました。また、検察側は凶器が農林水産省時代の記念品だったことを明かしました。  44歳の長男を刺殺したとして殺人罪に問われた熊沢英昭被告(76)の初公判。熊沢被告は起訴内容について聞かれるとはっきりとした声で「間違いありません」と答えました。  起訴状などによりますと、熊沢被告は今年6月1日、東京・練馬区の自宅で長男の英一郎さんの首などを包丁で何度も刺して殺害。その後、「息子を刺し殺した」と自ら110番通報したとされます。  11日、検察側が明かしたのは長男殺害を決意した熊沢被告の手紙でした。熊沢被告は、事件の2日前までに妻に原稿用紙1枚に書かれた手紙を渡していたというのです。一体、何が熊沢被告を追い詰めたというのでしょうか。  検察側によりますと、長男は学校でいじめに遭うなどして家庭内暴力を行うようになり、別の家に住んでいたといいます。10年ほど前から働かずにゲームをして過ごしていて、事件1週間ほど前に練馬区の実家に戻り、再び被告夫婦に暴力を振るったというのです。一方で、弁護側は事件は衝動的だったと主張しました。検察側によりますと、凶器の包丁は農水省時代に事業の記念品として贈られたものだったそうです。次回の公判は12日で被告人質問が行われます。
【独自】熊谷6人殺害 “死刑破棄”遺族が心中を吐露
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 【独自】熊谷6人殺害 “死刑破棄”遺族が心中を吐露  埼玉県熊谷市で2015年、小学生2人を含む男女6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われているペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)に対し、二審の東京高裁は5日、「精神障害の影響が非常に大きく、責任能力が十分ではなかった」として、一審の死刑判決を破棄し、無期懲役の判決を言い渡しました。  事件の遺族代理人を務める高橋正人弁護士は、今回の判決は「あきれた不公平な裁判」だったと批判しています。高橋弁護士によりますと、高裁の判決は「被告は自分が襲われるという妄想によって犯行に及んだ可能性は否定できない」と指摘して死刑を回避、無期懲役としています。一方、去年3月の一審判決は「妄想だけでは説明しきれない行動がある」として、被告に責任能力があったと認定し、死刑を言い渡していました。高橋弁護士は、この「妄想だけでは説明できない行動」について、二審ではほとんど言及されず、妄想だけに支配されて殺害したという裏付け、根拠は十分に示されていないと訴えています。  BS朝日「日曜スクープ」(日曜午後6時54分~)では、事件で妻の美和子さん(当時41)、長女の美咲さん(当時10)、次女の春花さん(当時7)の命を奪われたご遺族の加藤さん(46)と電話をつなぎ、今回の死刑破棄についてどのように捉えているのか、お話を伺いました。  大木優紀アナウンサー:「お時間頂きましてありがとうございます。よろしくお願いします」  加藤さん:「よろしくお願いします」  大木優紀アナウンサー:「…
男性遺体に多数の傷 内縁妻の次男、恨みが動機か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 男性遺体に多数の傷 内縁妻の次男、恨みが動機か  東京・東久留米市の住宅で男性を殺害したとして、被害男性と内縁関係にある妻の次男が逮捕された事件。次男が「男性を恨んでいた」という趣旨の話をしていたことが新たに分かりました。  強盗殺人の疑いで逮捕された三ツ本寛己容疑者(28)。第一発見者を装い、警察に通報していたのが実は三ツ本容疑者だったのです。現場となった住宅には亡くなった二岡一浩さん(55)と内縁の妻、そして妻の長女3人が暮らしていました。事件当時、内縁の妻と長女はイタリア旅行に行っていて、二岡さんは1人で留守番をしていたということです。二岡さんの会社から「出勤してこない」と旅行中だった内縁の妻に電話があり、2キロほど離れたアパートに住むこの妻の次男・三ツ本容疑者が様子を見に行って第一発見者となりました。その時の様子を近くにいた人が目撃していました。  現場に駆け付けた人:「『誰かいませんか?』って泣き叫ぶような声がしたんで、バーって行ったんです」「(Q.三ツ本容疑者の様子は?)吐いちゃったりして、気が動転していて」  室内は荒らされ、また、窓ガラスには熱を加えて割る焼き切りといわれる窃盗犯が使う侵入手口の跡などが残っていたといいます。このため、強盗事件との見方もありましたが、捜査関係者への取材で、二岡さんの財布が現場に残っていたことや割られた窓ガラスが人目に付く場所など不自然な点が多く、偽装の可能性が浮上。さらに、三ツ本容疑者の携帯電話を解析したところ、事件前にインターネットで「焼き切り」というワードを検索していたこ…
福岡妻子殺害事件 元警官に死刑判決
無料
【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! 福岡妻子殺害事件 元警官に死刑判決 いま、世の中で起きている最新ニュースをアベマが厳選してラインアップ。緊急ニュースや災害情報などの速報はもちろん、話題のテーマを独自目線で掘り下げた企画や、注目の記者会見もノーカットでお届けします!さらに、独自取材を重ねたこだわりのドキュメンタリーも配信中です。
第15話「残された時間」
無料
帰ってきて ダーリン! 第15話「残された時間」 車にはねられたヨンスは余命少なく帰還が早まってしまうと知ったホンナンは、自分に残された時間をヨンスに分け与える。ソクチョルの策略で、ジェグクがギタク殺害を教唆したことをうかがわせる音声が出回り、イヨンはショックを受ける。
第1話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第1話 ム・ジニョク刑事の妻ホ・ジヘが殺害され、容疑者コ・ドンチョルに対する裁判が行われる。ジヘが殺害される直前、ジヘ本人から通報を受けた緊急通報センター勤務の警察官カン・グォンジュが、証人として出廷するが、コ・ドンチョルは犯人ではないと証言。結局裁判は中断され、事件は未済事件となり、3年の月日が過ぎる。
ペギー・スーの場合
ミスコン女王殺人 ペギー・スーの場合 ワシントン州に住むペギー・スー・トーマスは完璧な妻であり母親であるように見えた。背が高く赤い髪の美しい女性で、2人の子供に恵まれている。美人コンテストではタイトルも獲得した。しかし親友の夫が射殺されると、警察の捜査線上に彼女の名前が挙がってくる。果たして、ペギーは親友の夫の殺害に関わっているのだろうか。それとも犯人の次のターゲットなのだろうか。
〔土曜〕#68:真犯人は?紀州のドンファン殺人事件の謎に迫る
The NIGHT 〔土曜〕#68:真犯人は?紀州のドンファン殺人事件の謎に迫る 紀州のドンファン殺害事件の真犯人に迫る/ 紀州のドンファンのゴーストライターだったジャーナリスト吉田隆が登場/ 55歳下の妻との出会い/ 結婚後もほとんど一緒に生活していない/ 家政婦の大下さんは会社の役員でもあった/ 妻さっちゃんのAV出演問題/ 死因の覚せい剤は発見されず/ 金庫の2億円が消えていた/ なぜ焦って7000万の報酬を取ったのか/ ドンファンの遺言書偽造疑惑/ 文春に嘘の遺言をリークした奴がいる/ 真犯人は誰なのか!?/ 近いうちに遺族が遺言書が嘘だと訴える/ お盆前に解決しなければ年越し
第1話 敏腕検事
無料
被告人 第1話 敏腕検事 妻ジス、愛娘ハヨンと充実した生活を送っているジョンウ。多少危険なやり方でも、次々と容疑者を検挙する敏腕検事のジョンウをスカウトに来る法律事務所も後を絶たないが、ジスは検事のジョンウが一番魅力的だと言って一蹴する。今日はハヨンの6歳の誕生日。誕生日を祝い、幸せな眠りにつくジョンウだったが...。
第2話 兄弟
無料
被告人 第2話 兄弟 殺人未遂の疑いで、ジョンウにマークされていたチャミョングループの次男ミノ。そのチャ・ミノがマンションから落ちて病院に搬送される。長男ソノは自宅に戻るも、妻ヨニは彼が誰なのかに気付いてしまう。病院に駆けつけたジョンウは、患者が一瞬だけ意識を取り戻した時に発した、「ミノ...」という言葉を聞き逃さなかった。
第3話 記憶喪失
無料
被告人 第3話 記憶喪失 ソノになりすましたミノは急いで兄の葬儀を済ませるが、自分を疑うジョンウに強い苛立ちを覚える。妻子殺しの罪で服役中のジョンウは、何度も記憶喪失を繰り返しては刑務所で大暴れしている。最後の記憶は4ヶ月前のハヨンの誕生日。国選弁護人もサジを投げる中、ジョンウの事件に興味を持ったウネは弁護に名乗り出る。
恋は盲目
タブロイドな事件 恋は盲目 ニューヨークのあるクラブのオーナーは、妻がいるにも関わらず女性と愛人関係に。関係が壊れそうになった時、オーナーは恐ろしい事件を起こし、愛人に大ケガを負わせてしまう。そして事件は意外にもラブストーリーに発展する。カンザスでは優秀な大学生だったエミリーが殺害される。彼女には危険な別の顔があった。インターネットで秘密の仕事をしていたのだ。それが事件につながったのだろうか。
第1話
無料
太陽を抱く月 第1話 朝鮮王朝、成祖(ソンジョ)の時代。成祖の母、大妃(テビ)は甥のユン・デヒョンに、成祖の異母弟を逆賊に仕立てて殺害させる。真相を知った巫女(みこ)アリは王が信頼する臣下ホ・ヨンジェの妻に助けられるものの、ユンの手下に捕まり処刑される。アリは死ぬ前にホの娘を守ると約束し、巫女ノギョンに意味深な言葉を残す。同じ頃ホの妻は娘を産む。 13年後、ホの娘ヨヌは兄ヨムの科挙合格発表を見に王宮に行き、塀を乗り越えようとしている世子(セジャ)のフォンを泥棒と勘違いしてしまう。 一方、フォンの異母兄である陽明君(ヤンミョングン)は世子の地位を強固なものにしようとする成祖に疎んじられていた。彼は傷心の旅から戻るとヨヌに会いに行く。 その頃、フォンの謎めいた手紙を見ていたヨヌはフォンの正体に気づいて驚くのだが...。
熊谷6人殺傷で死刑破棄 遺族「納得いかない」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 熊谷6人殺傷で死刑破棄 遺族「納得いかない」  死刑判決が無期懲役に減刑されたことを受け、遺族が会見しました。  被害者の遺族・加藤さん(46):「6人も亡くなった。私含め他の家族もやりきれないと思うんですけど、本当に納得のいかないというか、精神的なショックでならないです」  東京高裁はナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(34)に対し、心神耗弱の状態だったとして一審の死刑判決を破棄して無期懲役を言い渡しました。ナカダ被告は埼玉県熊谷市で2015年に6人を殺害した罪などに問われていて、このうち3人は加藤さんの妻と小学生だった2人の娘でした。加藤さんは「検察側には最高裁に上告してほしい」としています。
「ラブホテル602」第一幕
劇団スフィア 「ラブホテル602」第一幕 9月15日、ラブホテル602号室で事件が起こった――。血だらけの女性が発見される。その場にはデリヘル嬢の亜紀と、お客の一志、そして一志と不倫関係にいる蒔絵、蒔絵の友人の梨花とラブホテルでバイト中の翼が居合わせた…。この事件を解明する中で、二か月前に不倫関係にある一志の妻が殺害された事件と密接に関係していく。時間と空間を交錯しながら、二つの殺人事件が解明される。犯人は誰なのか?!
「ラブホテル602」第二幕
劇団スフィア 「ラブホテル602」第二幕 9月15日、ラブホテル602号室で事件が起こった――。血だらけの女性は、デリヘル嬢・亜紀の友人・由美子が、亜紀の誕生日を祝ってサプライズを仕組んだはずが、とんでもない事件へと発展していく。そして二か月前に不倫関係にある一志の妻が殺害された事件の容疑者が、この事件の容疑者と同一人物でないかと嫌疑がかかる。時間と空間を交錯しながら、二つの殺人事件が解明される。犯人は一体誰なのか?!
第2話「殺人の濡れ衣」
TWO WEEKS 第2話「殺人の濡れ衣」 検査の帰り、娘のスジンに呼び止められたテサンは、彼女から宝物の人形を預けられる。愛らしいスジンが病気であることを思い、胸が痛むテサン。検査の結果、骨髄が適合し病院に呼ばれたテサンは、2週間後の手術に必ず来ることをイネと約束する。娘を助けられることを喜ぶ中、具合が悪いという店の客ミスクの家に向かい...。
第4話「生き延びるために」
TWO WEEKS 第4話「生き延びるために」 ミスクを潜入捜査させていた検事のジェギョンは、自ら志願しテサンの脱走事件の担当として捜査の指揮を執ることに。警察と検察が必死で捜す中、テサンは逃走に使ったバイクを捨て、トラックに乗り込んで逃亡。手錠を外そうと画策する。テサンの脱走を知ったイルソクも、ジェギョンより先にテサンを見つけ出そうとしていた。
第6話「第2の犠牲者」
TWO WEEKS 第6話「第2の犠牲者」 変装したテサンは、バスに乗り込みソウルに戻る。刑事のスンウはテサンの通話記録に恋人イネの番号が残っていたことを知り、ある疑惑を抱く。そんな中、テサンはイネに電話し、何があってもスジンの手術の日には病院に行くと話す。そして、テサンはイルソクとミスクの関係を調べさせていたマンソクと会う約束をするが...。